「希望の源泉」(6)(秘妙方便と師弟不二)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く)の第 6 回は、〔『法華経の智慧』 は世界に向けて開かれた書〕 であります。
 1月号は、カラーページでなく モノクロページに記載されています。

 〔法華経方便品の 「秘妙方便」 とは〕
 引き続き、法華経方便品の 「方便」 について語られています。
 佐藤 勝  衆生を 「真の教え」 へと導くための 「仮の教え」 …… 『法華経の智慧』 では、池田会長が 「要するに 『方便』 とは、衆生を成仏へと導く 『教育』 の方法であり技術です」 (「普及版」上巻・134P) と述べています。

 天台大師は 『法華文句』 で、次の三つの方便を説いています。
 ① 法用(ほうゆう)方便 とは、衆生の機根に合わせて種々の法を説き、その法の働き(用)で、人々に応じた利益を与える教えです。これは当面の利益を与える面と言えます。
 ② 能通(のうつう)方便 とは、真実に入る門となる教えを言います。通り過ぎる門なので能通(よく通る)といいます。これは真実へと導く面と言えます。
 ③ 秘妙(ひみょう)方便 とは、一切衆生が仏であるという真実は、仏のみが知っていることで 「秘」 である。
 その真実は秘められているにもかかわらず、縁にふれて顕現する。そうした不思議な生命の実相を 「妙」 という。「方便品」 の方便 は、この 「秘妙方便」 をいうのである。捨てるべき方便ではなく、そのまま 「真実」 であるとする方便である。 
 戸田先生は、「われわれが、ただの凡夫でいるということは秘妙方便であり、真実は仏なのであります。 すなわち御仏壇にある御本尊即私たちと信ずるところに、この信心の奥底があります」 
 池田先生は、「凡夫がそのまま仏である。 これは不思議です。 思議し難い。 『妙』 です。 法華経を信じない人には、とても分からない。 『秘』 です」 と述べています。このようなことを 「秘妙方便」 といいます。 
 
 〔「師弟の道」 と 「師弟不二の道」〕
 ここでは、「師弟の道」 と 「師弟不二の道」 の違いについて語られています。
 佐藤  法華経以前の経典では二乗(声聞・縁覚)は成仏できないとされていたから、仏と弟子の間には超えられなお壁があり、師弟は 「不二」 ではあり得なかった。それに対して、法華経では 「十界互具」 が説かれるため、弟子もまた成仏を目指すことができ、「師弟不二の道」 が初めてそこで可能となった …… という論理展開ですね。
 少し長くなりますが、池田会長がその点について語られた部分を引用しましょう。

 「『三乗』 の中の菩薩は 『二乗不作仏』 という差別を残した菩薩です。 『十界各別』 であり、ゆえに菩薩が衆生を救うこともできず、菩薩自身が仏になることもできない。
 それに対し、仏の願いは一切衆生を仏にすることにある。
 師弟の境涯の違いはいたしかたないとしても、師と弟子の 『心』 が、『願い』 が、『哲学』 が、根本的に違っているのです、
 一方、『開三顕一』 された後の菩薩は、“蘇生した声聞たち” も含め、すべての衆生が平等に成仏できるという 『十界互具』 の法理に立っている。
 そして、この大哲学の上に、すべての人々を仏にしょうという大闘争の軌道に入った。 そこで初めて、仏が歩んでいるのと同じ道に入った。 根本の一念において、師弟が目的を同じくする同志となり、『不二』 の道歩む先輩と後輩の関係になった。 そのように進んでいくのが、真の師弟なのです」
 (上巻・171~172P)

 ――  そう考えると、法主一人だけに特別な血脈が流れ通うと考える 「法主絶対主義」 に立つ現在の日蓮正宗宗門は、法華経の師弟不二を根本的に理解していないというか、法華経以前の段階にとどまっていると言えますね。

 佐藤  また、池田会長は 「現実社会という “海” に飛び込み、民衆一人一人をを幸福への “大船” に乗せていく ―― この戦いにおいては、仏もまた菩薩なのです」 (上巻・172P) と、仏も弟子と同じ立場で民衆救済の戦いを続けていくと語っています。

 師の心は 「如我等無異」 です。すなわち方便品に 「一切の衆をして 我が如く等しくして異なること無からしめんと欲しき」(法華経・176P) とある。すべての衆生に、仏と不二の境涯を得させようという慈悲です。これが仏の 「本誓願」 である。
 法華経以前の三乗の仏弟子たちも、仏を信じてついてきて、それなりに 「師弟の道」 歩んできた。しかし、そこには自分は自分、仏は仏という断絶の心があった。すなわち師の心を知らなかったのである。 
 方便品で 「開三顕一(三乗を開いて一仏乗を顕す)」 が開顕され、すべての衆生が平等に成仏できるという 「十界互具」 の法理が説かれた。ゆえに、「開三顕一」とは、「師弟の道」 から 「師弟不二の道」 へと、弟子の一念、弟子の生き方を、根底から変革させるものであった。
 ここで初めて、一切衆生救済という目的を同じくする 「師弟不二の道」 がひらけたのである。「不二」 とは “合一” ということである。

 池田先生は、「師弟不二」 こそ法華経の魂であり、日蓮大聖人の仏法の真髄です。その一番大事なものを壊し、切り離そうとする。
 それが 「摩=奪命者」 の特徴です。
 「不二の道」 の否定は、十界互具の否定、人間の平等に対する冒瀆(ぼうとく)にほかならない。 この一点に、日顕宗の本質が顕れている。
 (法華経の智慧・1巻・201P) と述べられています。

 〔世界宗教化を見据えたテキスト〕
 この項目で 佐藤氏は 『法華経の智慧』 について少々述べられています。
 * 『法華経の智慧』 が “民衆に開かれた教学書” になっている。言い換えれば、学術書の体裁をとっていない。
 * そもそも座談の形式で作られていること自体、一般民衆に読みやすいものになっている。
 * 世界宗教化を見据えていたからこそ、学術書にしなかった。インテリにしか理解できないなら、世界宗教の テキストにはなり得ない。
 * 『法華経の智慧』 は、民衆に開かれた本であると同時に、学会員以外にも開かれた本です。
 そして、末尾のところには、
 佐藤  「学会内部だけに向けた “閉じた教学” ではなく、民衆に向け、世界のあらゆる宗教・文明の人に向け、法華経を解説する開かれた書であること ―― それが、『法華経の智慧』 という書物の大きな特徴と言えるでしょう」 と語られています。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「世界広布新時代 青年拡大の年」に思う

 2017年(平成29年)、「世界広布新時代 青年拡大の年」 明けましておめでとうございます。本年も何とぞ “創価教学随想” をよろしくお願い申し上げます。

 S G I 会長 池田大作先生は、“「地涌の青年」よ 人類の希望の光源に” という 新年メッセージ を、S G I グラフ 1月号に発表してくださいました。
 そこには、「青年の心」 について指導されていますので、少々ですが引用させていただきます。

 青年こそ、人類の宝です。
 青年こそ、正義の力です。
 青年こそ、未来の希望です。
 戦後の日本の焼け野原に一人立って、「人間革命」 の民衆運動を開始された、わが師・戸田城聖先生が徹して光を当てられたのも、青年でした。
 ………
 「青年の心」 ―― それは、第 に 「挑戦の心」 でありましょう。
 御聖訓には、「月月・日日につより給へ・すこしもたゆ(撓)む心あらば魔たよりをうべし」(1190P) と説かれています。
 人生は、誰しも、思いも寄らぬ試練や行き詰まり、また、忍び寄る惰性や停滞との戦いでしょう。それらの一切を突破していく究極の力が、題目の獅子吼です。何があっても、「唱題の人」 は負けません。
 ………
 第 に、「青年の心」 とは 「学びの心」 です。
 S G I「行学の二道をはげみ候べし」(1361P) との仰せのままに、御書根本の実践で、世界広布を推し進めてきました。
 とりわけ、近年・各国・各大陸の教学運動の進展は、誠に目を見張るものがあります。
 ………
 第 に、、「青年の心」 とは 「開かれた対話の心」 です。
 広宣流布は、「友情」 の拡大であり、「共感」 そして 「信頼」 の拡大であります。
 わが家庭で、わが職場で、わが地域で、わが世界で、勇気と誠実の対話を重ね、温かな人間の絆、心の結合を築き広げていくことであります。


 「青年の心」 について、三点に亘って指針を示していただきました。
 特に私は、第 3 点の 「開かれた対話の心」 は、青年のみならず、すべての学会員は肝に銘じて、実践修行すべき大切な指針だと思います。
 池田先生は、“各地で分断の危機が憂慮(ゆうりょ)される今だからこそ、ありとあらゆる差異を超えて、世界市民を結ぶ創価の 「人間尊敬」 の対話によって、地球の未来を彩(いろど)る 「平和と共生の虹」 を懸(か)けていこうではありませんか” と指導されています。

 ところで今月29日、北九州市議会選挙があります。議会定数 4減の 57議席のところ、公明は 2増の 13議席めざしての戦いです。
 増やすところは、小倉北区(定数11)と小倉南区(定数12)で、共に 1増の 3議席での挑戦です。特に、小倉北区は 1減のうえに 1増の戦いです。
 これまでのところ、定数が減になったところで、公明が議席増の戦いをしたということを聞いたことはありません。それだけに、厳しい戦いになると覚悟しています。

 北九州は、先生より 「先駆の北九州」 という指針を頂いております。
 「北九州は、今や広宣流布の 『先駆の中の先駆』 である。 学会が嵐の渦中にあった時、暗雲を切り裂く暁のごとく、幾たびとなく、友の胸の空に、勇気と希望の旭日を昇らせて下さったのは、我が北九州の同志であった。 九州が立てば、全国が立つ 九州が勝てば、全国が勝つ この雄々しき先駆の大闘争心こそ、九州の魂だ。 愛する九州の同志よ 世界広宣流布の扉を開け 21世紀を、よろしく頼む」  (H11-3-16 ・随筆・人間革命「先駆の使命・大九州」)
 
 いよいよ、『新・人間革命』 第30巻(大山の章)も、聖教の本年元旦号より連載が開始されました。
 明2018年11月18日、広宣流布大誓堂 建立周年記念日を目指し、師匠に見守られながら戦う この 年間が、世界広布の未来を決する大事な時であると思います。
 まず 「先駆の北九州」 がその突破口を開き、“北九州が勝てば、東京が勝つ 全国が勝つ” の規範を示し、もって、池田先生に大勝利のご報告を申し上げる決心です。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「希望の源泉」(5-b)(諸法実相)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 5回は、〔生命論として 「諸法実相」 を読み解く書〕 であります。
 前回の第 5回から 「方便品」 に入っていますが、方便品は何と言っても 「諸法実相」 を論じなければ、画竜点睛を欠くことになるし、片手落ちになりますので、2回に分けての記載となります。

 〔「実相」を「宇宙生命」と捉える視座〕
 「諸法」 とは森羅万象のことで、「実相」 とは 「ありのままの真実」 という意味になります。
 『法華経の智慧』 での池田先生の指導が引用されています。

 ――  「戸田先生は、『宇宙生命それ自体が、南無妙法蓮華経なのです』 と言われていた。(中略)
 現代人に分かりやすく、まとめて言えば、『諸法』 は個々の生命、その諸法の 『実相』 は一つの大いなる宇宙生命、と表現することも可能でしょう」
 「『実相』 という永遠の生命の世界は、いつ、どこにあるか。 『いま』 『ここに』 ある。 それを悟れば仏、悟らなければ九界です。 ゆえに、菩薩界が仏界に近いのでもなければ、地獄界が仏界から遠いのでもない。 平等に、自己に即して仏界を開くことができるのです」
 (上巻・191~192P)

 佐藤  そのように、「諸法実相」 の 「実相」 を、宇宙生命=南無妙法蓮華経=仏界と捉えて点が、創価学会の独創性なのでしょうね。
 私は語らいのなかで、斉藤(当時教学部長)さんが 池田会長に次のように応じている点に、強い印象を受けました。

 「多くの哲学が 『現象の奥に』 真理を見ようとしたり、『現実の根底』 に根源の一者を立てたりしました。 しかし、法華経は、そうではないのですね」 (上巻・193P)
 「『現象の奥に』 真理を見ようとしたり」 「『現実の根底』 に根源の一者を立てたり」 とは、言い換えれば、「諸法」 と 「実相」 の間に越えられない壁を設定するということですね。 それに対して法華経は、現象がそのまま根源的真理であり、諸法が即実相そのものだと捉える …… というのが、ここで展開されている池田会長の解釈です。

 池田先生は、“真理(実相)と言っても、どこか遠い別世界にあるというのではない。 具体的な現象(諸法)から絶対に離れず、あくまで、この具体的な現実((諸法)の真実の姿(実相)に、英知を集中させている。
 寿量品第十六にも 「如来は如実に、三界の相を知見す」(法華経・499P) とあります。 三界とは現実世界です。
 現実世界(諸法)から決して離れない決心 ―― これが仏の心です。
 同時に、現実世界(諸法)の表面にとらわれず、そこに秘められた偉大なる真実の姿(実相)をとらえ、教え、開いていく ―― これが仏法の智慧です。
 「諸法実相」 という言葉のなかに、仏法の徹底した 「現実主義」 と、「現実を超えていく智慧」 が込められているのです”
 と指導されています。

 ここで、当時流布していた 「天台本覚思想」 について語られています。
 ――  ただ、日蓮在世当時の日本の天台宗に生まれた 「天台本覚思想」 のように、“衆生は本来、そのままで仏なのだから、どんな欲望も、どんな現実も、そのまま肯定していいのだ” という 「諸法実相」 の曲解に陥りかねない危険性もあります。

 佐藤  そうですね。 そのような曲解は ニヒリズム(虚無主義)つながるでしょうし、戦争肯定にもつながりかねません。 池田会長が次のように仰っているとおりです。
 「諸法即実相 と言っても、あくまで仏が見た究極の真理です。 迷いの凡夫が見る現実とは隔(へだ)たりがある。 ゆえに 『人』 は 『真理』 の実現に向かって、絶えず近づかねばならない。 それが 『修行』 です。 諸法実相という 『理想』 に向かって、絶えず 『現実』 を超えていかねばならない。 それが 『変革』 です。
 この挑戦を忘れると、諸法実相という立派な法理を隠れミノ にして、人は現実に埋没して無気力になってしまいます。 これは恐ろしいことです」
 (上巻・203P) と指導されています。

 仏法では、「凡夫 即 極」 や 「煩悩 即 菩提」 など、「即」 の字を用いて多くの法理を説明しています。「諸法 即 実相」 の 「即」 を 「イコール(等しい)」 と とってしまったのが 「天台本覚思想」である。
 大聖人は 「即の一字は南無妙法蓮華経なり」(732P) と仰せです。
 「即の一字」 はあくまでも、御本尊に南無妙法蓮華経と唱題修業して、はじめて “凡夫が仏” となり “煩悩が菩提” へと変革できるのである。

 池田先生は、次のように指導されています。
 人間革命は即、社会革命・環境革命になる。
 諸法実相抄で大聖人は、妙楽の 「依報正報・常に妙経を宣(の)ぶ」(1358P) との釈を挙げられています。 依報(環境世界)も、正報(主体となる生命)も、常に妙法蓮華経を顕していると。
 天台も言っている。“国土にも十如是がある” と。
 依報も正報も、別々のものではない。 不二です。 ここから、人間の変革が国土・社会の変革に通じるという原理が生まれる。
 諸法実相という仏眼(ぶつげん)から見れば、森羅万象は、ひとつの生命体です。 正法だけの幸福はありえない。 依報だけの平和もありえない。 自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。 人を幸福にした分、自分も幸福になるし、だれか一人でも不幸な人がいる限り、自分の幸福も完全ではない。 こう見るのが諸法実相であり、ゆえに、「現実変革への限りなき挑戦」 が、諸法実相の心なのです。
 大聖人は、立正安国論を著された御心境を 「但偏(ひとえ)に国の為法の為人の為にして身の為に之を申さず」(35P) と述べられています。 どんな大難の嵐も、この民衆救済への炎を消せなかった。
 この御精神を受け継いで、「立正安国」 の旗を高く高く掲げ、牧口先生は獄中に殉教なされた。 戸田先生は、敗戦の荒野に一人立たれた。
 「法華の心は煩悩即菩提 生死即涅槃なり」 「一念三千は抜苦与楽なり」(773P)
 民衆を苦悩から救うために仏法はある。 創価学会はある。 人類を幸福にするために創価学会は戦う。 それ以外に存在意義はありません。
 その学会とともに進む人生は、どれほど偉大か。 どれほど尊いか。
 諸法実相の眼(まなこ)で見れば、「いま」 「ここ」 が、本有(ほんぬ)の舞台です。 本舞台なのです。 「此(ここ)を去つて彼(かしこ)に行くには非ざるなり」(781P) です。
 「宿命」 とも思えるような困難な舞台も、すべて、本来の自己の 「使命」 を果たしていくべき、またとなき場所なのです。
 その意味で、どんな宿命をも、輝かしい使命へと転換するのが、諸法実相の智慧を知った人の人生です。
 そう確信すれば希望がわく。 出会う人々、出あう経験のすべてが、かけがえのない 「宝」 となる。
 (法華経の智慧1巻・237P)

 本年、まことに有り難うございました。 2017年、“世界広布新時代 青年拡大の年” も、世間がどう動こうとも、御本尊にお題目をしっかり唱え、広布拡大に頑張りましょう。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR