「希望の源泉」(8)(現実を変革する哲学)

  「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 8 回 は、〔『法華経の智慧』 と 「世界宗教の条件」〕 であります。 (雑誌・第三文明3月・52P)

 〔なぜ 「法華経の智慧」 だったのか〕
 佐藤 優  『法華経の智慧』 は池田会長が創価学会の 「世界宗教化」 を見据え、「S G I が世界宗教となった時代」 のために用意した書物であると、私は捉えています。 「世界宗教としての創価学会」 が、全編に通底する大きな テーマなのです、 と。
 そして、世界宗教化の途上にあるということを、日本の識者たちも少しずつ認めつつあるとの見解を示されています。

  その端的な例として 「朝日新聞」 に、原田創価学会会長への インタビュー記事(2016‐9‐22日付)が掲載された。
 佐藤  何が重要かといえば、第一に、“現在の創価学会は、原田会長をはじめとした執行部で相談して大きな方向性を定める 「集団指導体制」 になっている。 ただし、重要な問題については、執行部は池田会長に報告し、指導を受け、判断を仰いでいる” ということを明言している点です。
 これは、世間にはびこる無責任な噂(うわさ)を打ち破る発言だと思いますし、それを 『朝日新聞』 が掲載したことに大きな意義があります。………
 さまざまな客観的事実から、原田会長は真実を語っていると朝日が判断したからこそ、掲載された発言なのです。

 朝日新聞といえば、我が国一流の新聞社である。私はどちらかといえば、学会に対して非友好的な考えの新聞社であると思っていました。
 しかしその新聞社からして、創価学会の世界192ヵ国に亘る 「世界宗教化」 という現況を鑑みたとき、もうそれを無視することができない時代に入った、ということだろうと思います。

 第二に、原田会長の発言のなかに、「世界宗教」 という ワーディング(言い回し)がきちんと入っている点が重要です。 「(創価学会は)どのような行動原理なのですか」 という質問に対して、会長は次のように答えているのです。
 「(宗祖である)日蓮の思想には世界の民衆を救うという目的がある。 私たちが国内にとどまらず 『世界宗教』 を目指すのもそれが根本にあるからです」

 創価学会が、ただ単なる特殊的な日本の教団ではなく、普遍的な価値観を持ち、実践して、世界宗教になりつつあることを、偏見を持たず、“正視眼” で物事を判断できる優秀な編集幹部がいるということだと思います、と語られています。 

 ――  日蓮仏法の卓越性を訴えるためには、『法華経の智慧』 ではなく、ストレートに 『日蓮の智慧』 『日蓮仏法の智慧』 などとしたほうが、ある意味で 「手っ取り早かった」 かもしれません。 との問いに、

 佐藤  私は思うに、あえて 『法華経の智慧』 を テーマに据えたのは、日蓮仏法よりも釈尊と法華経のほうが、現時点での世界的知名度・浸透度が大きく上回っているからでしょう。 つまり、釈尊と法華経を表に出したほうが、世界の人々にすんなり受け入れられやすかった。………
 ただ、これだけの消極的な アプローチだけではなく、
 むしろ、釈尊と法華経という入り口から入り、そこから日蓮仏法へと論を展開していくからこそ、釈尊と日蓮の関係性や、「正法・像法・末法」 という仏教史的 スケールにおける日蓮と創価学会の位置づけ、「地涌の菩薩」 の意義などが、くっきりと浮かび上がる構成になっているのです。

 釈尊の法華経は、末法では “時と機” が違い役に立たないと切り捨てしまえば、日蓮仏法はその存立基盤が失われることになります。日蓮仏法といえども、法華経を根底として打ち立てられた法門なのである。
 日蓮大聖人は、法華経の文の底に秘し沈められていた大法、久遠元初の妙法を “南無妙法蓮華経” と名付けて、我ら衆生に与えて下さいました。
 これを証明するためには、法華経に説かれている、“久遠j実成” “上行菩薩” “虚空会” 等々の法理を援用することが必要である。 ゆえに、「日蓮仏法の智慧」 より、『法華経の智慧』 のほうが、的を射ているように思います。

 〔「現実変革の哲学」 としての法華経〕
 佐藤  私が学会員の皆さんと接するなかで、大きな魅力の一つとして感じるのは、決して極端に走らない バランスのよさです、 と語られています。
 ………
 池田会長の次のような発言を読んで、学会員の皆さんの 「バランスのよさ」 は、法華経そのものが内包する志向性の反映なのだなと感じたからです。
 「“この世に埋没する” 現実追従。 “この世に目をつぶる” 現実拒否。 “あの世に逃げる” 現実逃避――。 大聖人は、旧来の天台宗を、また禅宗・念仏宗を強く批判された。 それらはすべて 『諸法の実相』 に背いているのです」 (「普及版」上巻・206P)

 「現実追従」 は天台宗に対応している。天台本覚思想によれば、人間の本性は仏そのものなのであり、成仏を目指しての修行は何ら必要なかった。現実のすべてをありのままに受け入れ、変革の努力を放棄したところに宗教思想としての堕落の面を見ることができる。
 「現実拒否」 は禅宗である。戒・定・慧の三学のうち、特に定を強調している。坐禅入定の修行によって、我が身が即仏する(即身即仏)というもので、仏祖にもよらず、画像木像をも否定し、教外別伝・不立文字といって仏典をも否定する。仏の所説に従わないのは、魔の所為以外の何ものでもない。ゆえに、大聖人は 「禅宗は天魔の所為」(1073P) と喝破されている。
 「現実逃避」 は念仏宗である。浄土の三部経以外の一切経を 「捨・閉・閣・抛(しゃへいかくほう)」 といって、“聖道を捨て……定散の門を閉じ……聖道門を閣(さしお)き……諸の雑行を抛(なげう)ち” して、現実の娑婆世界を穢土として厭い、在りもしない弥陀の西方十万億土を欣求するとは、実に はかなく虚しい宗教である。
 日蓮仏法における現実との向き合い方は、このいずれでもないのである。

 佐藤  池田会長は同じ個所で、次のように言葉を続けています。
 「法華経の諸法実相は 『現実を変革する』 哲学です。
 運命論には従わない。あきらめにも同調しない。それ等の無力感をはね返す “ばね” を開発する。 『だからこそ変えていくのだ』 と闘志を奮い立たせる。 そして 『自分は今、何をすべきか』 と問い続ける責任感を呼び起こすのです」
 (同)
 この一節にはまさに、運命の波浪のなかでも自分の使命というものを決して忘れない。 学会員の皆さんの 「強さ」 と 「バランスのよさ」 が、見事に表現されていると感じます。

 「現実を変革する」 まさに、“人間革命” のことであります。引き続き、先生のご指導がありますのでご紹介します。  (「法華経の智慧1巻・237P)
 池田先生は人間革命は即、社会革命・環境革命になる。
 ………
 依報も正報も、別々のものではない。 不二です。 ここから、人間の変革が国土・社会の変革に通じるという原理が生まれる。
 諸法実相という仏眼から見れば、森羅万象は、ひとつの生命体です。 正法だけの幸福はありえない。 依報だけの平和もありえない。 自分だけの幸福もなければ、他人だけの不幸もない。 人を幸福にした分、自分も幸福になるし、だれか一人でも不幸な人がいる限り、自分の幸福も完全ではない。 こう見るのが諸法実相であり、ゆえに、「現実変革への限りなき挑戦」 が、諸法実相の心なのです。
 ………
 民衆を苦悩から救うために仏法はある。 創価学会はある。 人類を幸福にするために創価学会は戦う。 それ以外に存在意義はありません。
 その学会とともに進む人生は、どれほど偉大か。 どれほど尊いか。
 諸法実相の眼で見れば、「いま」 「ここ」 が、本有の舞台です。 本舞台なのです。 「此(ここ)を去つて彼(かしこ)に行くには非ざるなり」(781P) です。
 「宿命」とも思えるような困難な舞台も、すべて、本来の自己の 「使命」 を果たしていくべき、またとなき場所なのです。
 その意味で、どんな宿命をも、輝かしい使命へと転換するのが、諸法実相の智慧を知った人の人生です。
 そう確信すれば希望がわく。 出会う人々、出あう経験のすべてが、かけがえのない 「宝」 となる。
 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「希望の源泉」(7)(宗教と科学)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第 7 回 は、〔『法華経の智慧』 に見る 宗教の全体観の重要性〕 であります。
 
 〔宗教と科学 全体観と部分観〕
 「方便品」 の章の続きです。今回は、宗教と科学の関係について論じられています。
 佐藤 優  個々の生命が、実は大いなる宇宙生命と一体なのだという、「諸法実相」 の現代的解釈をふまえた部分ですね。一つの D N A (デオキシリボ核酸)の中に、身体全体の遺伝子情報がすべて入っていることが、「個に全体が含まれていることを示す科学的知見」 (「普及版」上巻・212P) の例として挙げられているあたり、興味深く読みました。 と語られています。

 私も解り難かったが、興味深く読みました。
 池田先生は、“自然も人間も同じ宇宙生命の部分であり全体である。自然と人間は一体です。 自然を破壊することは、人間を破壊することです。
 大聖人は 「生住異滅の森羅三千の当体悉く神通之力の体なり」(753P) と仰せです。 消滅し、変化してやまないすべての現象は、それ自体、如来の神通の力であると。
 変化、変化を続ける万物も、実は、そのまま常住であり、中道であり、実相であり、如来なのです”
と述べられています。

 そして、これらの現象について 「こと」 と 「もの」 という言葉で説明されています。
 名誉会長  諸法とは現象と訳せる。 仏法では、物質をも、固定化した “もの” ではなく、生滅変化する現象、すなわち “こと” の次元で見ているのです。 生命も同じく生滅変化する “こと” です。
 “こと” というのは、私たちが普通、ものを見るときのように 「有る」 と言って固定化してみると間違いになる。 だからといって 「無い」 のでもない。 「有」 でもなく 「無」 でもない。 しかし場合によっては、「有る」 と言ってよい時もあるし、「無い」 と言ってよい時もある。 こう見るのを 「中道」 といいます。 「有」 「無」 のいずれにも、とらわれないので 「中道」 です。 ありのままに正しくとらえた 「実相」 と同じです。


 遠藤  …… 空・仮・中 の三諦にも応用できそうです。
 物質でいえば、“こと” であって “もの” ではないという真理(諦)を 「空諦」 といい、しかし仮に “もの” として見ることもできるので 「仮諦」 といい、どちらにもとらわれないのを 「中諦(中道)」 という。 天台は、この三つの面から総合的に諸法の実相を把握し、欠けることがないことを 「円融の三諦」 と呼び、これをもって 「実相」 としています。

 名誉会長  すべては “こと” であり、生住異滅、つまり生成し、安定し、変化し、消滅していくのです。 その一時の安定期の姿を、物質については仮に “もの” と言っているわけです。  (法華経の智慧1巻・251P)

 以上のところは、「希望の源泉」 には記載されていませんが、興味が湧きましたので取り上げました。
 現代人は往々にして、全体を部分に還元し、部分観を全体観に押し広げようという誤った 「科学信仰」 「還元主義」 におちいりがちである。 先生は次のように述べられています。
 「科学信仰におちいらないためには、生命の全体観を示した真の哲学が必要でしょう。 科学には本来、部分観を部分観として示す節度があると思う。 また、真実に迫ろうという要求が科学の根底にあるから、それまでの部分観が行き詰まれば、それを打ち破って、より深く実在に迫る創造的な新理論が発見される。 つまり “科学革命” がなされる」 (上巻・221P)

 〔宗教否定は 「科学の自殺行為」〕
 ――  “科学の健全性” が損なわれるもう一つのありようとして、科学の知見によって宗教を全否定してしまう、ということが挙げられると思います。 宗教の全体観は本来、科学の部分観で推し量れるものではないのに、部分観・分析知に執着することによって、「科学で宗教のすべてが否定できる」 と思いあがってしまうのです。

 佐藤  私は、科学による宗教否定は 「科学の自殺行為」 であるとすら思います。 というのも、科学史上の画期的な発見は、その着想の源に宗教的情熱があることも多いからです。

 そのたとえとして、条件反射で名高い ソ連の生理学者 イワン・パブロフは、敬虔なロシア正教徒であり、パブロフの科学者としての業績と信仰は、実に深い所で密接に結びついていた。
 また、古典力学の アイザック・ニュートンも キリスト教徒で、重力の原因を 「神の遍在」 に求めようとしていた。 ニュートンの研究の根底には、宗教的情熱があったのです、と語られている。
 池田先生は、アインシュタインについて次のように述べられている。
 「アインシュタインは自分の真理探究の情熱を支えたものを 『宇宙的宗教性』 と表現しています。 それは、この宇宙を 『ただ一つのもの』 『意義あるもの』 として、その 『全体を体験しょうと志す』 気持ちであり、自然の世界や思考の世界に、崇高さを感じ、驚くべき秩序を感じとる感覚です。 彼は、この 『宇宙的宗教性』 は、仏教にとくに強く表現されていると書いています」 (上巻・222P)
 
 科学の世界しか知らない人には、科学の枠を超えた着想は持ち得ないのである。このことを、佐藤氏は 「回し車」 のたとえをもって説いています。
 佐藤  科学が分析知にとどまる以上、科学的思考のみになってしまうと考え方が偏ってしまいます。 それはたとえて言うなら、リスや ハムスターが カゴの中の 「回し車」 をいつまでもぐるぐる回しているようなもので、カゴの外の広い世界を見る視点はそこから生まれてこないのです。 なぜなら、科学というものは “常に視点を内部に置き、すべてを自己完結的に語りたい” という志向を持つ体系知であるからです。
 ゆえに、一方で宗教的全体観・宇宙観も持つ必要がある。 それがあってこそ、「この世界」 の外部、あるいは超越性に目を向けられるのです。


 アインシュタイン博士等・一流の科学者たちは宗教を持することによって、その宗教的全体観・宇宙観を信じ、科学史上・偉大な業績を残しております。
 戸田先生は、「科学が進めば進むほど、仏法の正しさが証明されるようになる」 と、よく言われていたそうです。
 池田先生は、アインシュタインは、科学と宗教が対立するとすれば、その主因は人格神の概念にあると考えていた。……
 仏法のような 「生命の法への謙虚な探求」 は、彼の見方からすれば、科学的であり、同時に宗教的でもある。
 仏法の立場から端的に言えば、仏法は生命の全体を対象にした総合知であり、科学は生命の 「仮有」 の面を対象にした 「仏法の一部」 とさえ言えるのではないだろうか。 ゆえに両者は、対立するものでは絶対にない。 一切世間の善論は皆これ仏法なのです。
 (同書1巻・254P) 
 まことに的確に、“仏法と科学” の関係について述べられています。

 21世紀に入り科学は、ますます長足の進歩を遂げております。しかし、思想・宗教、ひいては生命(正報)の乱れが、社会・国土(依報)の乱れとなり、世界は先の見えない混沌とした状態である。
 かかる世に科学の成果である、核・遺伝子・人工頭脳など、その使い道を誤れば、人類の・地球の未来も、無に帰してしまいかねないのである。
 これを救済する指導原理は、ただ一つ、日蓮大聖人の大生命哲学(南無妙法蓮華経)だけであると確信いたします。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「希望の源泉」(6)(秘妙方便と師弟不二)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く)の第 6 回は、〔『法華経の智慧』 は世界に向けて開かれた書〕 であります。
 1月号は、カラーページでなく モノクロページに記載されています。

 〔法華経方便品の 「秘妙方便」 とは〕
 引き続き、法華経方便品の 「方便」 について語られています。
 佐藤 勝  衆生を 「真の教え」 へと導くための 「仮の教え」 …… 『法華経の智慧』 では、池田会長が 「要するに 『方便』 とは、衆生を成仏へと導く 『教育』 の方法であり技術です」 (「普及版」上巻・134P) と述べています。

 天台大師は 『法華文句』 で、次の三つの方便を説いています。
 ① 法用(ほうゆう)方便 とは、衆生の機根に合わせて種々の法を説き、その法の働き(用)で、人々に応じた利益を与える教えです。これは当面の利益を与える面と言えます。
 ② 能通(のうつう)方便 とは、真実に入る門となる教えを言います。通り過ぎる門なので能通(よく通る)といいます。これは真実へと導く面と言えます。
 ③ 秘妙(ひみょう)方便 とは、一切衆生が仏であるという真実は、仏のみが知っていることで 「秘」 である。
 その真実は秘められているにもかかわらず、縁にふれて顕現する。そうした不思議な生命の実相を 「妙」 という。「方便品」 の方便 は、この 「秘妙方便」 をいうのである。捨てるべき方便ではなく、そのまま 「真実」 であるとする方便である。 
 戸田先生は、「われわれが、ただの凡夫でいるということは秘妙方便であり、真実は仏なのであります。 すなわち御仏壇にある御本尊即私たちと信ずるところに、この信心の奥底があります」 
 池田先生は、「凡夫がそのまま仏である。 これは不思議です。 思議し難い。 『妙』 です。 法華経を信じない人には、とても分からない。 『秘』 です」 と述べています。このようなことを 「秘妙方便」 といいます。 
 
 〔「師弟の道」 と 「師弟不二の道」〕
 ここでは、「師弟の道」 と 「師弟不二の道」 の違いについて語られています。
 佐藤  法華経以前の経典では二乗(声聞・縁覚)は成仏できないとされていたから、仏と弟子の間には超えられない壁があり、師弟は 「不二」 ではあり得なかった。それに対して、法華経では 「十界互具」 が説かれるため、弟子もまた成仏を目指すことができ、「師弟不二の道」 が初めてそこで可能となった …… という論理展開ですね。
 少し長くなりますが、池田会長がその点について語られた部分を引用しましょう。

 「『三乗』 の中の菩薩は 『二乗不作仏』 という差別を残した菩薩です。 『十界各別』 であり、ゆえに菩薩が衆生を救うこともできず、菩薩自身が仏になることもできない。
 それに対し、仏の願いは一切衆生を仏にすることにある。
 師弟の境涯の違いはいたしかたないとしても、師と弟子の 『心』 が、『願い』 が、『哲学』 が、根本的に違っているのです、
 一方、『開三顕一』 された後の菩薩は、“蘇生した声聞たち” も含め、すべての衆生が平等に成仏できるという 『十界互具』 の法理に立っている。
 そして、この大哲学の上に、すべての人々を仏にしょうという大闘争の軌道に入った。 そこで初めて、仏が歩んでいるのと同じ道に入った。 根本の一念において、師弟が目的を同じくする同志となり、『不二』 の道歩む先輩と後輩の関係になった。 そのように進んでいくのが、真の師弟なのです」
 (上巻・171~172P)

 ――  そう考えると、法主一人だけに特別な血脈が流れ通うと考える 「法主絶対主義」 に立つ現在の日蓮正宗宗門は、法華経の師弟不二を根本的に理解していないというか、法華経以前の段階にとどまっていると言えますね。

 佐藤  また、池田会長は 「現実社会という “海” に飛び込み、民衆一人一人をを幸福への “大船” に乗せていく ―― この戦いにおいては、仏もまた菩薩なのです」 (上巻・172P) と、仏も弟子と同じ立場で民衆救済の戦いを続けていくと語っています。

 師の心は 「如我等無異」 です。すなわち方便品に 「一切の衆をして 我が如く等しくして異なること無からしめんと欲しき」(法華経・176P) とある。すべての衆生に、仏と不二の境涯を得させようという慈悲です。これが仏の 「本誓願」 である。
 法華経以前の三乗の仏弟子たちも、仏を信じてついてきて、それなりに 「師弟の道」 歩んできた。しかし、そこには自分は自分、仏は仏という断絶の心があった。すなわち師の心を知らなかったのである。 
 方便品で 「開三顕一(三乗を開いて一仏乗を顕す)」 が開顕され、すべての衆生が平等に成仏できるという 「十界互具」 の法理が説かれた。ゆえに、「開三顕一」とは、「師弟の道」 から 「師弟不二の道」 へと、弟子の一念、弟子の生き方を、根底から変革させるものであった。
 ここで初めて、一切衆生救済という目的を同じくする 「師弟不二の道」 がひらけたのである。「不二」 とは “合一” ということである。

 池田先生は、「師弟不二」 こそ法華経の魂であり、日蓮大聖人の仏法の真髄です。その一番大事なものを壊し、切り離そうとする。
 それが 「摩=奪命者」 の特徴です。
 「不二の道」 の否定は、十界互具の否定、人間の平等に対する冒瀆(ぼうとく)にほかならない。 この一点に、日顕宗の本質が顕れている。
 (法華経の智慧・1巻・201P) と述べられています。

 〔世界宗教化を見据えたテキスト〕
 この項目で 佐藤氏は 『法華経の智慧』 について少々述べられています。
 * 『法華経の智慧』 が “民衆に開かれた教学書” になっている。言い換えれば、学術書の体裁をとっていない。
 * そもそも座談の形式で作られていること自体、一般民衆に読みやすいものになっている。
 * 世界宗教化を見据えていたからこそ、学術書にしなかった。インテリにしか理解できないなら、世界宗教の テキストにはなり得ない。
 * 『法華経の智慧』 は、民衆に開かれた本であると同時に、学会員以外にも開かれた本です。
 そして、末尾のところには、
 佐藤  「学会内部だけに向けた “閉じた教学” ではなく、民衆に向け、世界のあらゆる宗教・文明の人に向け、法華経を解説する開かれた書であること ―― それが、『法華経の智慧』 という書物の大きな特徴と言えるでしょう」 と語られています。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR