法華経の心(3)(怨嫉謗法)

 「法華経の心」 について、日蓮大聖人の御精神(御本尊) を知(信じ)られなければ、ならないと申し上げましたが、今度は同じ御本尊にお題目を唱えても、修行する者の信心の姿勢の如何によって、その功徳に差が出てくるのであります。
 その功徳を消す信心のなかに、同志の批判をしたり、うわさ話をして回ったりする人が、まま見受けられます。このことについては、『松野殿御返事』 の御指導を拝したいと思います。

 日蓮大聖人は、門下の松野殿が質問された題目の功徳の多少について、次のように仰せられています。
 「但し聖人の唱えさせ給う題目の功徳と我れ等が唱へ申す題目の功徳と何程の多少候べきやと云云、更に勝劣あるべからず候、其の故は愚者の持ちたる金(こがね) も智者の持ちたる金も・愚者の然(とも) せる火も智者の然せる火も其の差別なきなり、但し此の経の心に背いて唱へば其の差別有るべきなり」(1381P)

 大聖人は、題目の功徳には勝劣はないけれども、但し此の経(法華経) の心に背いて唱えれば、その差別が出てくると仰せです。その要因について、十四種の悪の因を挙げられています。

 「悪の因に十四あり・一に憍慢(きょうまん)・二に懈怠(けたい)・三に計我(けいが)・四に浅識(せんしき)・五に著欲(じゃくよく)・六に不解(ふげ)・七に不信・八に顰蹙(ひんしゅく)・九に疑惑(ぎわく)・十に誹謗(ひぼう)・十一に軽善(けいぜん)・十二に憎善(ぞうぜん)・十三に嫉善(しつぜん)・十四に恨善(こんぜん)なり」 此の十四誹謗は在家出家に亘(わた) るべし恐る可し恐る可し、(1382P) 
 
 このなかで、一から十までの分は、御本尊を持っている方々は、基本的に謗法にあたりませんが、後の十一から十四までの怨嫉謗法は、たとえ御本尊を持っていても充分に気を付けねばなりません。
 現在、聖教新聞に連載中の 『新・人間革命第26巻』 の “法旗” の章に、愛媛県幹部会での御指導のなかに、この十四誹謗のことが掲載されていましたので、ご紹介させて頂きます。

 山本伸一は、厳しい口調で語っていった。
 「『松野殿御返事』 には、十四の法華経への誹謗、つまり十四誹謗について記されています。
 誹謗とは、“そしる” ことですが、そのうちの最後の四つは、軽善(きょうぜん)、憎善(ぞうぜん)、嫉善(しつぜん)、恨善(こんぜん)といって人に対するものです。御本尊を持つ人を、軽蔑したり、憎んだり、嫉妬したり、恨んだりすることです。一言すれば、同志への怨嫉(おんしつ) であり、いがみ合いです。
 日蓮大聖人は、十四誹謗の罪は極めて重いので、『恐る可し恐る可し』(1382P) と、戒められている。怨嫉というのは、自分の功徳、福運を消してしまうだけでなく、広宣流布の組織を破壊していくことになる。だから怖いんです。
 皆が心から団結できない。どうも、組織がすっきりとまとまらない。皆、頑張っているのに、功徳を受けられないでいる ―― そうした組織をつぶさに見ていくと、必ず、怨嫉問題が潜んでいます」

 なぜ、御本尊を持った人同士が、時には幹部同士が、怨嫉し合うことが生ずるのか。
 大聖人は、「十四誹謗も不信を以て体と為せり」(97P) と御指摘になっている。
 皆が仏の使いであり、地涌の菩薩であることや、生命の因果の理法など、妙法を信じることができないところに、その根本的な要因があるのだ。
 (法旗・31)

 池田先生は、“そのうちの最後の四つは、軽善、憎善、嫉善、恨善 といって人に対するものです” と指導されています。この “善” というのは、“御本尊を持つ人” のことであり、“同志への怨嫉” は、“広宣流布の組織を破壊していく” すなわち、破和合僧(五逆罪の一つ) という極重罪に当たることになります。

 大聖人は、「或は 『若実(にゃくじつ)若不実』 とも説かれたり、之れを以つて之れを思ふに忘れても法華経を持つ者をば互に毀(そし) るべからざるか、其故は法華経を持つ者は必ず皆仏なり仏を毀りては罪を得るなり」(1382P) と仰せです。

 「若実若不実」 とは、『普賢菩薩勧発品第二十八』 の文で、「若(も)し復是の経典を受持せん者を見て、其の過悪を出さん。若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ、此の人は現世に白癩の病を得ん」 とあります。
 もし事実であっても、事実でない作りごとであっても、御本尊を受持する者を誹謗すれば、大罰を受けるのである。
 「若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ」 というこの経文は、一般の世間法の概念をつき抜けて、生命根源の一法から発せられたものであろうと思います。
 
 引きつづき大聖人は、「釈に云く阿鼻(あび)の依正は全く極聖(ごくしょう)の自身に処し毘盧(びる)の身土は凡下の一念を逾(こ)えず云云、十四誹謗の心は文に任せて推量あるべし」(1382P) と仰せられ、地獄の生命といっても、仏の生命に内在しているものであり、仏といっても凡夫の生命に、もともと具わっているのである。
 たとえ、極悪人といえども妙法の当体であり、ましてや、同志であればなお更である。ゆえに、この 「凡夫が仏である」 という 「法華経の心」 に反する怨嫉謗法は、重々・気を付けなければならないのである。

 さらに大聖人は、「何なる鬼畜なりとも法華経の一偈一句をも説かん者をば 『当(まさ)に起(た)ちて遠く迎えて当に仏を敬うが如くすべし』 の道理なれば仏の如く互に敬うべし」(1383P) と仰せです。
 『御義口伝・普賢品』 に、「此の品の時最上第一の相伝あり、釈尊八箇年の法華経を八字に留めて末代の衆生に譲り給うなり八字とは当起遠迎当如敬仏(とうきおんごう・とうにょきょうぶつ)の文なり、…… 当の字は未来なり当起遠迎とは必ず仏の如くに法華経の行者を敬う可しと云う経文なり、…… 但此の八字を以て法華一部の要路とせり」(781P) と、この “八字” をもって、法華経一部八巻の肝要としたのである。すなわち、「法華経の心」 であります。
 「最上第一の相伝」・「法華一部の要路」 と、これ程までに、人間生命の尊厳を謳い上げた哲理はありません。

 したがって、御本尊を持つ者はみな 「仏」 である。仏を謗ることは罪を受けるのである。「若しは実にもあれ、若しは不実にもあれ」(勧発品) の戒文の重きことに、心せねばならない。この教えを信受する者は 「法華経の心」 を知る正信の人であります。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

多数の法華経の行者を罵り、誹謗しました。その後御書を通して罪の重さを知り、懺悔の題目を唱えていますが、一度法に背いた私の題目には功徳はないのでしょうか。無間地獄に堕ちるまでに少しでも罪障消滅したいと思っています。

Re: タイトルなし

 コメント 有り難うございます。

> 懺悔の題目を唱えていますが、一度法に背いた私の題目には功徳はないのでしょうか。

 懺悔の題目を唱えていますとの事、大変素晴らしく尊いことです。
 このお題目に功徳のないことはありません。

 釈尊滅後900年ごろ、インドに世親(天親)菩薩という大論師がいた。
 兄の無著の勧めで大乗経に帰伏した。
 世親はこのとき大乗経を誹謗した罪を悔い、舌を斬りたいと申し出ると、無著はその舌をもって大乗経を讃歎せよと言った。
 世親は小乗教を一生語らないと誓い、大いに大乗経を宣揚し、弘教に努め、千部の論師といわれた。

 過去遠々劫の自身の謗法罪障など誰もわかりません。
 我らは生身の凡夫です。少々の謗法を犯したとしても、御本尊受持の功徳のほうが大です。
 あたかも、マッチの火をバケツの水で消しているようなものです。
 前に向かって、御本尊と学会と池田先生を宣揚して行ってください。
 ご活躍のほどを願います。

ご教示いただきありがとうございます。不特定多数の法華経の行者に対してここには書けないほどのひどい誹謗、中傷をした者でございます。懺悔の題目を唱える日々ではありますが、『謗法の人がいかに祈っても、諸仏・諸神は守護の働きをあらわしてくれない』(新池御書)
『法に背いた題目には差別がある』(松戸殿御返事)が念頭から離れません。謗法を犯した者の題目についてはいかに思われますでしょうか。

Re: タイトルなし

>『法に背いた題目には差別がある』(松戸殿御返事)が念頭から離れません。
 
 大聖人は「十四誹謗も不信を以て体と為せり」とおおせです。
 現在 あなた様は、御本尊や学会員を誹謗中傷しておるのですか?

 そうではなく、懺悔の題目を唱える日々でるとのことですから、謗法ではありません。
 いつまでも過去のことに捉われることなく、唱える題目に確信を持ってください。

 ご健闘をお祈りします。 

ありがとうございます。丁寧なご指導に心から感謝いたします。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR