「世界広布新時代 青年拡大の年」に思う

 2017年(平成29年)、「世界広布新時代 青年拡大の年」 明けましておめでとうございます。本年も何とぞ “創価教学随想” をよろしくお願い申し上げます。

 S G I 会長 池田大作先生は、“「地涌の青年」よ 人類の希望の光源に” という 新年メッセージ を、S G I グラフ 1月号に発表してくださいました。
 そこには、「青年の心」 について指導されていますので、少々ですが引用させていただきます。

 青年こそ、人類の宝です。
 青年こそ、正義の力です。
 青年こそ、未来の希望です。
 戦後の日本の焼け野原に一人立って、「人間革命」 の民衆運動を開始された、わが師・戸田城聖先生が徹して光を当てられたのも、青年でした。
 ………
 「青年の心」 ―― それは、第 に 「挑戦の心」 でありましょう。
 御聖訓には、「月月・日日につより給へ・すこしもたゆ(撓)む心あらば魔たよりをうべし」(1190P) と説かれています。
 人生は、誰しも、思いも寄らぬ試練や行き詰まり、また、忍び寄る惰性や停滞との戦いでしょう。それらの一切を突破していく究極の力が、題目の獅子吼です。何があっても、「唱題の人」 は負けません。
 ………
 第 に、「青年の心」 とは 「学びの心」 です。
 S G I「行学の二道をはげみ候べし」(1361P) との仰せのままに、御書根本の実践で、世界広布を推し進めてきました。
 とりわけ、近年・各国・各大陸の教学運動の進展は、誠に目を見張るものがあります。
 ………
 第 に、、「青年の心」 とは 「開かれた対話の心」 です。
 広宣流布は、「友情」 の拡大であり、「共感」 そして 「信頼」 の拡大であります。
 わが家庭で、わが職場で、わが地域で、わが世界で、勇気と誠実の対話を重ね、温かな人間の絆、心の結合を築き広げていくことであります。


 「青年の心」 について、三点に亘って指針を示していただきました。
 特に私は、第 3 点の 「開かれた対話の心」 は、青年のみならず、すべての学会員は肝に銘じて、実践修行すべき大切な指針だと思います。
 池田先生は、“各地で分断の危機が憂慮(ゆうりょ)される今だからこそ、ありとあらゆる差異を超えて、世界市民を結ぶ創価の 「人間尊敬」 の対話によって、地球の未来を彩(いろど)る 「平和と共生の虹」 を懸(か)けていこうではありませんか” と指導されています。

 ところで今月29日、北九州市議会選挙があります。議会定数 4減の 57議席のところ、公明は 2増の 13議席めざしての戦いです。
 増やすところは、小倉北区(定数11)と小倉南区(定数12)で、共に 1増の 3議席での挑戦です。特に、小倉北区は 1減のうえに 1増の戦いです。
 これまでのところ、定数が減になったところで、公明が議席増の戦いをしたということを聞いたことはありません。それだけに、厳しい戦いになると覚悟しています。

 北九州は、先生より 「先駆の北九州」 という指針を頂いております。
 「北九州は、今や広宣流布の 『先駆の中の先駆』 である。 学会が嵐の渦中にあった時、暗雲を切り裂く暁のごとく、幾たびとなく、友の胸の空に、勇気と希望の旭日を昇らせて下さったのは、我が北九州の同志であった。 九州が立てば、全国が立つ 九州が勝てば、全国が勝つ この雄々しき先駆の大闘争心こそ、九州の魂だ。 愛する九州の同志よ 世界広宣流布の扉を開け 21世紀を、よろしく頼む」  (H11-3-16 ・随筆・人間革命「先駆の使命・大九州」)
 
 いよいよ、『新・人間革命』 第30巻(大山の章)も、聖教の本年元旦号より連載が開始されました。
 明2018年11月18日、広宣流布大誓堂 建立周年記念日を目指し、師匠に見守られながら戦う この 年間が、世界広布の未来を決する大事な時であると思います。
 まず 「先駆の北九州」 がその突破口を開き、“北九州が勝てば、東京が勝つ 全国が勝つ” の規範を示し、もって、池田先生に大勝利のご報告を申し上げる決心です。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR