宗教

 宗教というものを考えてみたいと思いました。辞書を引いても、いろいろ多数の解説があり、中々まとめることができない。哲学という言葉も同じである。

 仏法には、信・行・学という仏道修行の基本がある。仏の教えを信じて、実践をし、その理を学ぶという事であり、これを繰り返し修行することが大切であるというのである。

 この三つの中で、「学」 すなわち理論だけの研鑚にとどまっておれば、それは 「哲学」 というものであろう。「信」 と 「行」 があって、はじめて 「宗教」 というものになると思います。

 信じて行ずるということは、何も特別なことでは無く、我々が日常茶飯事に行っておることである。食事をとるのに、毒が入ってないかと疑えば食事もとれない。乗り物に乗るのも、人と付き合うのも、一事が万事で、生活は 「信」 から成り立っています。

 そのように考えますと、信じることから成り立っている生活は、宗教的なものであり、いな、宗教活動そのものであると思います。ただ、あまりにも日常的な事柄でありますので、別段にそのことを信じているという意識は湧かないのである。

 世間でも “鰯の頭も信心から” という諺があるように、何を信じても宗教には成るが、それ故に、宗教の高低・浅深・邪正を厳しく正さなければならない。

 人を殺すことを教える、オウム真理教のような宗教もある。人を信じることは良いことではあるが、中には、詐欺・泥棒・殺人者もおるのである。これ等の者を信じれば、こちらが損害を受けるのである。

 宗教であっても、原理は同じである。中には、倫理・道徳論でお茶を濁したり、少々の通力を示し・功徳を謳い・詐欺まがいに信者を騙しておるのが大半である。

 宗教の 「宗」 の字は、おおもと、根本という意味であり、我々にとって根本とは、生命のことである。生命のことを、完全に解き明かしている宗教が、本当の正しい宗教である。それ以外は、みな淫祠邪教の類いなのである。ゆえに、宗教の正・邪によって、人の幸・不幸は決まるのである。

 法華経には、「十界互具・百界千如・一念三千」 という大生命哲理が説かれているのである。
 『観心本尊抄』 に曰く 「一念三千を識らざる者には、仏・大慈悲を起し五字の内に此の珠を裹(つつ)み、末代幼稚の頸に懸けさしめ給う」(御書254P) と仰せです。
 日蓮大聖人は、末代の凡夫のために大慈悲を起こして、「三大秘法の南無妙法蓮華経の大御本尊」 を顕わされたのである。

 なんと有り難きことでしょう。末法の衆生は、この正しき御本尊によってのみ、絶対的幸福境涯(成仏)を得ることが出来るのです。ただただ、報恩感謝申し上げるのみである。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

理を貴ぶ

 連載中の新・人間革命の中で、戸田先生の 「信は理を求め、求めたる理は信を深からしむ」 のご指導が載っていて、男子部時代のことを想いだして懐かしく感じました。

 1月度の拝読御書は 『日女御前御返事』 であった。別名を 『御本尊相貌抄』 といい、御本尊の御姿等の深義を明かされた御書です。この様な重書を、大檀越である南条時光殿や四条金吾殿ではなく、女性信徒の日女御前に授けられたということは、“仏教は男女差別の宗教である” と、巷間言われているようなことは、決して無いのである。それどころか、ただ一人 「聖人」 という尊号を授けられた日妙聖人も、これまた女性信徒なのである。

 引き続きこの御書には、日女御前に対し御本尊への信心の大切さについて、ご教授なされています。
 「南無妙法蓮華経とばかり唱えて仏になるべき事尤も大切なり、信心の厚薄によるべきなり仏法の根本は信を以て源とす」
 「円信と言うは理に依って信を起す、信を行の本と為す」(1244P)
 と指導され、法華経の信と言うのは、理論によって信心が生ずるのである。その信が修行の基本となる、と言うことであります。

 ところが、他宗においてはこの理論面が、はなはだいい加減なのである。たとえば、戦時中、靖国神社の歌を歌わされていた。歌詞は 「何にも言えず靖国の ……… そうだ感謝のその気持ち …… 揃う気持ちが国護る」 とこの様な歌だった。

 何にも言え無いなんて、理論・対話は無しである。そうだ感謝その気持ちとは、気分や感情ばかりである。その気持ちで国を護ると言うが、護れなかったことは皆知っている。

 一般的に神社仏閣等は、人と神仏の間に広い空間を設け、両側には樹木を植え、鬱そうとした森林の中を、内宮や奥ノ院に向かって、長い石畳の階段や玉砂利を踏んで歩けば、人は皆誰でも・清々しい・神々しい・何となく理屈抜きで有り難い・頭が下がる、と言う感情を懐くものである。境内は、この様な気持ちを起させる、舞台設定になっているのである。

 この様なことに、騙されてはいけない。何となく・理屈抜きでと言うことが、一番危ないのである。理屈抜きの思考停止で、国民は戦争への道を歩まされたのである。

 又止の一に云く 「何が円の法を聞き・円の信を起こし・円の行を立て・円の位に住せん」(1244P) と仰せです。 円とは、円融・円満の義で法華経を指します。如何にして正しい法華経の法を聞き、正しい信・行を立て、正しい位即ち成仏の位に住せんと願っているのである。ここでは常に、如何にしてと問いかけ、正しき論理・文義を求めているのである。

 一般的に日本人の宗教観は、先祖伝来の宗教だから、親・親戚から言われている、葬式など世間体があるから等々、主観的ではなく、ぜんぶ他人任せである。

 そのようなことでは無く、自らが主体的・能動的に、正しき法を求めなければならないのである。宗教は、自分にとって一番大切な 「生命」 を対象とした学問である、と言えるからである。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

久成は永遠論

 『法華経の智慧・第四巻』 を読んでいましたら、池田先生が 「始成正覚」 と 「久遠実成」 について、戸田先生にお伺いしたところがありました。戸田先生は、譬えを引かれて解かり易く説明なされていますので、引用させて頂きます。(同書101P)

 戸田先生は、「始成とは、いわば今世論である。何でも今世限りで考える」 と。 夫婦になるのも今世だけの縁、信心したのも今世だけ、人間として生まれて死んでいくのも今世だけ、親子兄弟の縁も今世だけ、すべて今世だけで考えていくのが 「始成」 の思想である、と。その思想が個人においても、世界においても、不幸をもたらしている。

 すべて今世限りであれば、つきつめて言えば、「この世界を面白おかしく暮らして、行き詰まったら、こっそり悪いことでも何でもやり、どうにもならなくなれば死ねばいい」 となりかねない。事実、そういう日本、世界になっています。

 一方、「久遠実成とは永遠論である」 と。 夫婦になったのも過去の縁、信心したのも偶然にしたのではない。
 過去において、法華経に縁していた。根本的には地涌の菩薩であった。
 ゆえに今世で妙法を信受できた。未来もまた同じである。同志も永遠の同志である。

 宇宙には何十億以上、無数の星がある。今世が終われば、また自在にそれらの星に生まれることもできる。そこで人々を救っていくのです。

 人類も、永遠に生命は続いていくのです。そうわかれば核爆弾なんかつくるのが、どれほどの罪業かわかる。永遠に生命が続いていくのだから、戦争など考えずに、もっと仲良く、励まし会い、助け合い、力を合わせて、平和で幸福な生活をつくろう――という考えになっていく。

 全人類が仏なのだから、「殺人」 などということは、もう考えられなくなる。生きとし生けるものに仏性があるのだから、無益な環境破壊なんかできなくなる。この心を教えていくのが法華経です。


 以上の先生のご指導を拝して、夫婦は過去世からの縁であると聞いて知ってはいたが、日頃はそんな意識はなく、あらためて深い縁であることを思い知らされました。諺に “袖振り合うも多生の縁” とあるが、袖振り合うどころか、45年間も同じ屋根の下で、しかも法華弘通の戦友であり同志である。この深い縁を思えば、お互いに尊敬し合わねばならないのである。実際は、なかなか……努力目標である。

 戸田先生は、「その始成の思想が個人においても、社会においても、世界においても、不幸をもたらしている」 と述べられています。
 この頃の政治家の姿勢を見れば、国家百年の大計とまでは言わないが、せめて20~30年位のことは考えて貰いたい。彼らの頭の中は、自分の次の選挙のことで一杯なのである。故に、票が減らないよう選挙民の甘心をかうことのみに腐心しておる。その結果、税収よりも国債発行額が大きくなるという、まことに憂慮すべき事態なのである。

 むかし、“日本沈没” という映画があったが、今回の東日本大震災と福島第一原発事故の多大なる損害と環境破壊等を考えると、日本沈没が全くの絵空事である、とは言い切れないと思いました。

 華厳経に云く 「心は工(たくみ)なる画師の種種の五陰を画くが如く一切世間の中に法として造らざること無し」(156P) と。仏法では、世間で起きている法(現象) は、人間の心(生命・一念) が造ったものであると説いています。そうであるならば、解決の道がない分けではありません。

 寿量品の 「永遠の生命」 こそが、この問題解決の 「良薬」 なのです。永遠の生命と言っても、観念だけでは成就しません。それは寿量品の 「永遠の仏」 と 「永遠の法」 すなわち、南無妙法蓮華経に帰命・信順しなければなりません。

 それは即ち、三大秘法の大御本尊を受持し、自行・化他に亘る “南無妙法蓮華経” を唱え、広宣流布をする以外にないのです。 

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR