此経難持 (心の財)

 前回、妙法の難信難解を取り上げましたが、これに類似する語に、「此経難持」(此の経は持ち難し)というのがあります。

 如何して、持ち難いのかと申しますと、御書に 「此の経を持たん人は難に値うべしと心得て持つなり」(1136P)  と。また、別の御書には 「よ(善)からんは不思議・わる(悪)からんは一定とをもへ」(1190P) と、仰せられています。

 一般の人々は、なにか信仰をしょうとするのは、みな何らかの功徳を求めて行ずる訳であります。
 然るに、大聖人はそれとは真反対に、例えば、事故に遭ったり・病気になったりしても、当然であると心得て、ご本尊を受持し・信行に励めよ、とのことであります。

 このように言われましても、凡夫は “はい、そうですか、分かりました” と、素直には納得できません。この辺のところが、法華経は 「難解難入」・「此経難持」 と言われる所以ではないかと思います。

 事実、学会員の中でも、途中で止められた方は、数多くおります。御書に 「受くるは・やすく持つはかたし・さる間・成仏は持つにあり」(1136P)  と仰せです。
 大聖人は、信仰の目的とするところ 「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり・身の財より心の財第一なり、此の御文を御覧あらんよりは心の財をつませ給うべし」(1173P)  と仰せられています。

 仏と凡夫は、この目的観が違う分けです。凡夫は、蔵の財・身の財を求め、仏は、心の財(信心・仏性・仏界)を目的としています。

 この 「心の財」 を積むために、絶対に必要不可欠なのが、難・煩悩・悪業・等であり、その苦悩の戦いの中でしか、仏性は生じないのであります。
 ゆえに、「難即悟達」 であり、信仰に徹するところ、難は喜びであり、歓喜の中の大歓喜と成るのであります。

 この仏法定理を 「煩悩即菩提・生死即涅槃」 とも言います。御義口伝に 「今日蓮等の類いの修業は妙法蓮華経を修業するに難来るを以て安楽と意得可きなり」(750P)  と仰せです。

 日蓮大聖人は 「凡夫の仏になる又かくのごとし、必ず三障四魔と申す障いできたれば賢者はよろこび愚者は退くこれなり」(1091P)) と。 
 ゆえに、絶対に愚者にならぬよう自戒すると共に、一人でも多くの方々に、この仏法定理を知らしめんと願うものである。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

己心の中の法

 時が経つのは早いもので、もう1年が暮れようとしている。今年も別に大したこともやってないが、あえて言えば74歳にしてブログを始めたことぐらいかなぁ!
 文を作るのが遅く、月に3~4編ぐらいしか出来ませんが、まぁ 呆け防止にはなると思って、続けて行きたいと思います。

 主な内容は、私が創価学会にお世話になって、法華経について、学んだこと・感じたこと等でありますので、あまり面白くは無いと思いますが、人生にとって宗教問題は非常に大事なものですので、ぜひ見に来て下さい。

 お正月には数多くの人々が、神社仏閣にお参りするでしょう。そのとき “厄除け・家内安全・所願満足” などとか言って、お札やお祓いなどを受けているが、本当に効果があると思っているのでしょうか?
 “気が安らぐ・運試しだ” など、また “個人の自由だ、心の問題だからとやかく言うな” と言われそうであるが、会社が商品を偽造し、効能を偽って言えば、偽証や詐欺罪が成立する。

 宗教だって道理は同じである。ただ、心に関する事柄であるだけに、紛らわしく解からないのである。消費者の立場にある民衆は、聖職者等の言動に騙されることなく、賢く道理を見極めなければならない。

 人々は往々にして、神仏等の力にすがり、救済を願い求めるものであるが、自身は何もせず、ただお札や聖職者から祈願して貰うだけで、“功徳があり、罪業が消滅する” と思うのは誤りである。
 本当の問題解決の力は、自身の生命の中にあるのである。この哲理を教えているのが 「法華経」 である。

 『一生成仏抄』 に、「但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず麁法なり」(御書383P) と仰せです。麁法(そほう) とは、不完全な法という意味です。

 己心の外に、何か解決の道があると思うのは法華経の信心ではないのである。“南無妙法蓮華経は我が己心の中にあり” と信じることが、全ての問題解決の基本である。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

大功徳を感じて

 統一地方選の前半戦が終た。公明は残念ながら、二ヶ所落としました。後半戦は油断なく、全員当選で勝利しましょう。

 戦った会員の方々に、先生よりご伝言を頂きました。「私は、永遠の大勝利の輝きを放つ、信心の大勲章を贈ります。形のない勲章といわれるかもしれない。しかし、己の三世の生命の根本に永劫に輝きわたる、最高無二の誉れ高き大勲章である。どうか大功徳を感じとって下さい。(趣意)」 と、当落ともに “大功徳を感じとって” いける信心を致したいと思います。

 今回の大震災に際しましても、「難即悟達」・「生死即涅槃」であり、「大功徳を感じとって」いけるのが日蓮仏法であります。

 海外の メディアは、日本の民衆が、災害に遭っても理路整然と行動し、ボランティアなど助け合いの心に満ちて活動している姿に感動し、日本は絶対に立ち直ることが出来ると報道しているそうである。

 諸外国では、往々にしてこのような災難の時には、暴動や略奪が起こるのである。救援物資を運んでいるトラックを、途中で武装グループが襲撃したり、イラク戦争のとき国立博物館の貴重な収蔵品の大半が、略奪されたことは記憶に残るところである。

 戦後66年、焼け野原の中より立ち上がり、幸福を求めてひた走ったが、その幸福は 「天界」 止まりであった。“天人五衰” と言われるように、天界の喜びはやがて衰える。それは欲望を追求する欲界の頂上には 「第六天の魔王」 がいて、この世界を支配するからである。

 池田先生は 「行き詰まりの根本は、目が 『外』 ばかりを見て、『内』 を見ていないところにある。なかんずく、『生老病死』 という人間の根本問題から目をそらしているところにある。その閉じた目を開くのが法華経であり、寿量品です。
 人間は生死を見つめてこそ、真の人生へと開眼する。生と死という淵に立てば、浅はかな自己満足など吹っ飛んでしまうでしょう」
と指導されています。(法華経の智慧四巻・192P)

 今回の大震災は不幸な出来事であるが、現代人に人生の生老病死の実相を、むき出しで見詰めさせているために、かえって、人生の正道への道・四聖への道に、目覚めさせるものになると信ずるものである。

 大震災で多くの方々の心身が傷つきました。そういう人たちに癒しの手を差し伸べなければならない。その 「人間の絆」 が、人々に生きる力を与えるのである。

 池田先生は、「学会は、ありがたいところだね。人の面倒をみた分だけ――つまり、人の 『生きる力』 を引き出した分だけ、自分の 『生きる力』 も増していく。人の生命を拡大してあげた分だけ、自分の生命も拡大する。これが菩薩道の妙です。『利他』 と 『自利』 の一致です。
 利他だけを言うと、傲慢になる。人を救ってあげているという偽善になる。自分のためにもなっていることを自覚してはじめて、『修行をさせてもらっている』 という謙虚さが出る。自他不二です。ゆえに菩薩道しかないのです」
と指導されています。(同書237P)

 “菩薩道しかないのです” と、菩薩道が人類を救うのです。社会の底流を自分中心から人類愛へ、利己主義から慈悲へと変えていく戦いです。
 
 日本がどうなるのかと、世界の国々が固唾をのんで見守っています。この難関を見事に突破し、人類を救う道・地球を救う道の規範を示すべき使命が、日蓮大聖人御生誕の国・法華経種性の国・日本国民にはあると思います。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

円信 (妙法の信)

 仏教においては、「生命」 は永遠であると説いている。仏教だけでなく他の宗教も、何らかのかたちで生命の永遠性は説いています。しかし、それらは死後の霊魂などの不滅を説く、「常見」 と言われる不完全な生命観である。

 『開目抄』 に、「本門十四品も涌出・寿量の二品を除いては皆始成を存せり、雙林最後の大般涅槃経・四十巻・其の外の法華・前後の諸大経に一字一句もなく法身の無始・無終はとけども応身・報身の顕本はとかれず」(198P) と述べられている。

 「法身の無始・無終はとけども」 と、法華以外の経は、三身(法身・報身・応身) の中の法身の無始無終は説いても、三身常住までは説いてなく、特に応身の無始無終は難信難解なのである。私かて解かりません。

 池田先生は 『生死一大事血脈抄講義』 において、「釈尊は、如来の生命が死後に続くのか、続かないのかと問われて、どちらとも答えなかったと伝えられています。どちらに答えても、相手を高めるための教えにはならず、むしろ死をめぐる迷いと苦しみを深める結果になりかねないからです」(同書12P) と述べられています。

 釈尊ほどの仏さまでも、この死後の問題は、なかなか説くことが出来なかったと言うことである。これは説く方よりも、教えを受ける方の資質・機根の問題ではないかと思う。

 『法華経譬喩品第三』 に、「汝舎利弗すら 尚此の経に於いては 信を以って入ることを得たり …… 仏語を信ずるが故に 此の経に随順す 己が智分に非ず」 とあります。あの智慧第一の舎利弗さえも、自分の頭では理解できず、信を以って慧に代え、成仏することができたのである。
 このように法華経は、釈尊の “随自意” の経であり、最上の真実で嘘のない経であるがゆえに、「信」 を強調するのである。

 日蓮大聖人は、女性門下の日女御前に対して、重要な御本尊の相貌(そうみょう)について、述べられた御書を送られています。したがって、お手紙の後半の部分には 「信」 の重要性についてご指導されています。

 仏法の根本は信を以て源とす、されば止観の四に云く 「仏法は海の如し唯信のみ能(よ)く入る」 と、弘決の四に云く 「仏法は海の如し唯信のみ能く入るとは孔丘(こうきゅう)の言(ことば) 尚信を首(はじめ)と為す況や仏法の深理をや信無くして寧(むし)ろ入らんや、故に華厳に信を道の元・功徳の母と為す」 等、…… 弘の一に云く 「円信と言うは理に依つて信を起す信を行の本と為す」(1244P) と仰せです。

 「円信と言うは理に依つて信を起す信を行の本と為す」 と、円信とは、妙法・御本尊への信、真実に対する信である。それは円の法理を聞くことによって、円信が起き、その信が修行の本と為るのである。

 「信」 について、二つの意味があります。
 一つは、「多宝仏・大地より出現して皆是真実と証明す」(188P) とありますように、説く方が 「真実を言う」 ということです。
 二つ目は、「疑い無きを信と曰い明了なるを解と曰う」(725P) とありますように、今度は受ける方が 「疑わない」 ということである。

 この両者が合致して 「信」 の意義も満たされ、仏と衆生が一つに結ばれて、境智冥合し即身成仏の大利益が得られるのであります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR