六難九易

 法華経の宝塔品には、末法において御本尊を受持することの難しさを、六つの難しいことと九つの易しいことを、対比させて説明しています。

 六つの難しいこととは、
(一)仏の滅後に悪世のなかで、法華経を説くこと。
(二)仏の滅後に法華経を書き、人に書かせること。
(三)仏の滅後に悪世のなかで、暫らくの間でも法華経を読むこと。
(四)仏の滅後に一人のためにも、法華経を説くこと。
(五)仏の滅後に法華経を聴受して、その義趣を質問すること。
(六)仏の滅後によく法華経を受持すること。

 九つの易しいこととは、
(一)法華経以外の無数の経を説くこと。
(二)須弥山をとって他方の無数の仏土に擲(な)げ置くこと。
(三)足の指で大千世界を動かして、遠くの他国に擲げること。
(四)有頂天に立って、無量の余経を説法すること。
(五)手に虚空・大空をとって遊行すること。
(六)大地を足の甲の上に置いて、梵天に昇ること。
(七)枯草を負って、大火に入っていっても焼けないこと。
(八)八万四千の法門を演説して、聴者に六通を得させること。
(九)無量の衆生に阿羅漢位を得させて、六神通をそなえさせること。

 九易といっても、不可能と思えるほどの大難事であるが、それでも滅後・末法に法華経を受持することから比べれば、容易なことであるというのである。

 九易の中で(二・三・五・六・七)は、物理的なことであり、現在では、科学技術の発達によって、可能になりつつあります。
 後の(一・四・八・九)は、教理的なことであり、一見同じように難しく思われますが、法華経以外の経、たとえば、八万四千の法門(総じて音楽・スポーツ等も入ると思います)等の公演や競技場で、数万の人々を熱狂的に陶酔させておる姿を想えば、これらは易きことであると、御理解願えると思います。

 では何故、法華経がかくも難しいかといえば、池田先生は次のようにご指導されています。

 名誉会長 イデオロギーというと難しくなるけど、どんな社会であれ、またいかなる時代であれ、そこには必ず人々の意識を支えている世界観なり、価値観がある。それと抵触するものが現れると、反動が起きるというのは古今東西変わることがない。
 ………
 法華経とは 「生命変革の法」 であり、煎じつめれば 「元品の無明」 を克服するための大法です。「元品の無明」 とは、生命にもともと具わる 「根本的な迷い」 です。
 これには、いろいろな観点があるが、日蓮大聖人は 「元品の無明は第六天の魔王と顕われたり」(997P) と仰せです。
 (法華経の智慧第3巻・68P)
  
 法華経を弘通することは 「元品の無明」 との戦いであり、それゆえに何よりも 「難しい」 のです。また、それは 「第六天の魔王」 との戦いでもあるゆえに、「難」 が起きるのです。 
 
 名誉会長 ともかくポイントは 「外面世界を動かす」 よりも 「内面世界を変える」 ほうが難しいということです。このことを 「六難九易」 は教えているとも言える。(同・72P) と指導されています。

 『開目抄』 に、「法華経の六難九易を弁うれば一切経よまざるにしたがうべし」(223P) と仰せです。

 大聖人は、末法の御本仏であらせられる。一切経を読まなくとも、一切経の仏菩薩が大聖人に随って、かつ一切経の功徳が集まり、法華経の行者を守護するのである。
 池田先生のもと地涌の菩薩の自覚にたって、日夜広宣流布のために戦っている創価学会員は、この六難九易を弁えている方々であります。必ずや、大宇宙の仏菩薩が来って、我らを守護することは間違いありません。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

難信難解 (草木成仏)

 前に 「難信難解」 を世間の事象に寄せて述べてみましたが、もう少し、教理的に述べてみたいと思います。

 日蓮大聖人は、「天台の難信難解に二あり、一には教門の難信難解、二には観門の難信難解なり」(御書239P) と仰せられています。

 教門の難信難解とは、爾前経の教えと法華経の教えが、全く相反しており、一仏が二言となり水火の如き関係になって、誰人も信ずることができないのである。

 爾前経では、二乗(声聞・縁覚)・一闡提(不信・謗法) の者、及び、悪人・女性も絶対に成仏しないと説かれていたが、法華経の迹門にいたって、劫・国・名号等の成仏の記を授けられたのである。

 また、爾前・迹門までは、始成正覚・すなわち、十九歳で出家し、三十歳で、伽耶城近くの菩提樹の下で成仏したと説いてきたのだが、法華経の本門寿量品にきたって、実は五百塵点劫という久遠に成道していたと、久遠実成を顕わし、九界の衆生も仏と共に永遠の生命であることを明かしたのである。

 観門の難信難解とは、「百界千如・一念三千・非情の上の色心の二法十如是是なり」(御書239P) と仰せです。
 これは一念三千の法門自体が、難信難解であるということである。特に非情にも仏性があるとすることである。

 「乃ち是れ一草・一木・一礫・一塵・各一仏性・各一因果あり縁了を具足す」(御書239P) とあり、一個の小石にも仏性があり、成仏するというのである。これを信じられない者は、わが耳を惑わし・心を驚かすのである。

 伝教大師云く 「此の法華経は最も為れ難信難解なり随自意の故に」(御書245P)  随自意とは、仏自らの内証の悟りそのままを説き示した経なる故に、衆生にとっては難信難解なのである。

 このように法華経と爾前経との差は、一仏二言・水火天地ほどの差があり 「難信難解」 でありますが、法華経への信・不信のみが、自身の成仏・不成仏を決定するのであります。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

法華経展

 10月1日、九州講堂で開催されている 「法華経 平和と共生のメッセージ展」 に行ってきました。
 会場は広々としていて、平日の昼間だったからか、あまり混んでなく、ゆっくり見学ができました。開催は14日までですので、混まないうちに、早く行かれることをお勧めします。

 会場に入って、直ぐ左手の “法華経流布のコーナー” は、インドから日本までの仏教正統の流れの歴史が、絵を描いたパネルで、簡潔に分かり易く説明されていました。

 “日蓮真蹟コーナー” では、国宝の 『立正安国論』『観心本尊抄』、重要文化財の 『妙一尼御前御消息』(冬は必ず春となるの事)の真筆の原寸大複製を展示、それから、日蓮所持の 『注法華経』(法華経の行間に、日蓮自ら経論の要文を二千百ヵ所、書き込む)の寿量品の冒頭のところが展示されていた。行間の注釈も漢文で書かれていましたが、私には読めませんでした。
 「安国論」 の本文中に使われている “国” の字は、はじめは普通の 「国」 が(11ヶ)、「國」 が(5ヶ)使っているのですが、だんだん 「★」(くにがまえに民)の字になって、全部で56カ所、約8割になるそうです。この 「★」 の文字も、分かり易く展示されています。
 大聖人は 「国」 の概念を、「王」 が支配する、「或」 は武力で守るところという意味から、「民」 即ち、民衆が生活している所であると考えられていた。これ即ち、庶民が主人であるという「主権在民」の思想であり、「立正安国論」は「世界最初の民主宣言書」であると言えます。

 “仏教経典コナー”では、サンスクリット語、その外多くの言語に訳され書写された、貴重な文献が数多く展示されている。発掘・発見された領域は、シルクロードと言われる広大な地域で、その中で法華経が一番多く、各民族間で信じられていた。パネルには、 
 無数の苦難を超えて 「法」 を運んだのは、「人」 であった。いずこにも素朴に幸福お求め、平和を求める民衆がいた。それらの人々の胸中を 「だれでも、今どんな状況にある人でも、必ず仏になれる」 と説く法華経は、太陽のごとく希望の光で満たしていった。その意味で 「法華経伝来の道」 は 「希望の伝来の道」 であった、 と。

 法華経を弘通したのは、王侯貴族や特権化した僧侶ではない。名もない一般庶民の在家の菩薩たちである。法を求める求道心を起こし、一切衆生救済の誓願を立て、法をして久住せしめんがために身を犠牲にして法を護ったのである。これらの在家の菩薩たちの尊い信心の戦いのお蔭であることを、ゆめゆめ忘れてはならない。

 日蓮大聖人の 『顕仏未来記』 の御予言を実証したのは、名もない庶民の 「創価学会」 である。決して宗門や僧侶ではないのである。ここのところを、はき違えてはならない。
 
 きょうの聖教新聞に、“世界広布の本陣 総本部が竣工”とあった。そして、引渡式が行われたとある。
 原田会長は総本部は、「1930年の創価学会の創立以来、83年にわたって民衆勝利の歴史を刻んできた一つの総決算」であり、「世界192カ国・地域の全メンバーの希望そのもの」であると力説。
 「総本部は、創価の新しい歴史を開く偉大な一歩である。ここから、世界の平和・文化・教育の興隆に、ますます貢献してまいりたい」と訴えた、
 とありました。
 総本部は、池田先生の御指導のもと、名もなき庶民が世界192カ国までに、妙法流布した大偉業の金字塔であると思う。そして21世紀の歴史を開く創価の新たな第一歩であると確信します。
 
 参考:仏教東漸の羅什・鑑真の戦い ―→ ここから 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR