原水爆禁止宣言

 昭和32年(1957年)の9月8日、横浜の三ツ沢競技場において、創価学会青年部体育大会 「若人の祭典」 が開催されました。
 その席上、戸田城聖先生より 「諸君らに今後、遺訓すべき第一のもの」 と言われて、「原水爆禁止宣言」 が発表されました。そのご講演の一部をご紹介させて頂きます。

 「それは、核あるいは原子爆弾の実験禁止運動が、いま世界に起こっているが、私はその奥に隠されているところの爪をもぎ取りたいと思う。
 それは,もし原水爆を、いずこの国であろうと、それが勝っても負けても、それを使用したものは、ことごとく死刑にすべきであるということを主張するものであります。
 なぜかならば、われわれ世界の民衆は、生存の権利をもっております。その権利をおびやかすものは、これ魔ものであり、サタンであり、怪物であります。それを、この人間社会、たとえ一国が原子爆弾を使って勝ったとしても、勝者でも、それを使用したものは、ことごとく死刑にされねばならんということを、私は主張するものであります」
  (文庫人間革命第12巻・124P)

 この宣言がなされて53年になります。創価学会は、遺訓を胸に今や、世界192ヶ国に妙法の種を植えました。しかし、全世界からみれば、まだまだほんの一部分です。

 昨年、アメリカのオバマ大統領が、チェコのプラハで 「核のない世界を目指す」 と演説し、核兵器の削減に着手しましたが、まだ、緒に就いたばかりです。
 「プラハ宣言」 の後、核兵器削減の気運の盛り上がる中、核廃絶のリーダーたるべき被爆国・日本の首相は、アメリカの核の傘は必要であると、広島・長崎の被爆者の感情を逆なでする様な発言をしました。まだまだ、この問題の根の深さを思わずには居れません。

 池田先生は、「戸田は、原水爆の背後に隠された爪こそ、人間に宿る魔性の生命であることを熟知していた。そして、その魔性の力に打ち勝つものは、仏性の力でしかないことを痛感していたのである。
 原水爆をつくり出したのも人間なら、その廃絶を可能にするのも、また人間である。人間に仏性がある限り、核廃絶の道もかならず開かれることを、戸田は確信していた。
 その人間の仏性を信じ、仏性に語りかけ、原水爆が 『絶対悪』 であることを知らしめる生命の触発作業を、彼は遺訓として託したのである。
 以来、この宣言は、創価学会の平和運動の原点となっていった」
 と、仰せられています。 (同書・129P)

 この原水爆禁止宣言は、『小説人間革命・第12巻』 〔宣言の章〕 に、詳しく記されております。是非、お目をとおして頂ければ幸いに存じます。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏教の正統の流れ(三国四師)

 『顕仏未来記』 に 「安州の日蓮は恐らくは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す、三に一を加えて三国四師と号(なず)く」(509P) とあります。三師とは、印度の釈尊・中国の天台大師・日本の伝教大師であります。この三大師の方は、皆それぞれの国で、法華経を弘通した大聖(仏)であります。

 日蓮大聖人は、仏教の正統の釈尊、天台、伝教の三師に相承して、南無妙法蓮華経を、末法に弘通する正師(末法の御本仏)であるとの御宣言です。

 仏教の正統の流れを簡単に述べれば、釈尊―竜樹・天親―天台―伝教―日蓮大聖人となります。天台大師は、法華経より理の一念三千の珠を取り出だし、末法流布の大法を理論的に証明した。
 日蓮大聖人は、本門寿量品の文底より “南無妙法蓮華経” という根源の一法を取り出だし、見宝塔品の虚空会の儀式をかりて “三大秘法の御本尊” を顕わして下さいました。

 では、日蓮大聖人の正統は、どこが受け継いでいるのかと言えば、それは創価学会のみである。一般的には、700年の伝統がある日蓮正宗(日顕宗) ではないかと思われていますが、日顕宗をはじめ・日本の旧仏教界は、伝統の上に胡坐をかいて、釈尊の精神も、日蓮大聖人の民衆救済・広宣流布の精神等も、何一つ受け継いで無いのである。

 その証拠は、釈尊の出世の本懐である法華経を行ずれば、三障四魔・三類の強敵が競い起ることは経文に明白である。現代において、誰が・どこの団体が、法華経のゆえに難を受けたのかとお聞きしたい。それは創価学会のみである。
 創価学会は、戦時中・軍事国家の弾圧を受け、初代牧口先生は獄中にて殉教、二代戸田先生も共に獄に下られました。三代池田先生は、戦後・公職選挙法違反の疑いで入獄、創価学会の初・二・三代の会長は共々に王難に遭われたのである。
 この名誉の大法難の中、戸田先生は獄中にて法華経を読みきられ、不思議な仏の境界を感得なされました。いわゆる 「獄中の悟達」 と言われているものです。

 池田先生は、「戸田城聖のこの時の悟達の一瞬は、将来、世界の哲学を変貌せしむるに足る、一瞬であったといってよい。…… 彼の明晰な悟達は、仏法を見事に現代に蘇らせ、近代科学に優に伍して遜色のないものとした、といえよう。そして、仏法に鮮明な性格と、現代的な理解とを与えたのである。いや、そればかりではない。日蓮大聖人の生命哲学を、あらゆる古今の哲学のうえに位置せしめた、記念すべき強力な発条であったというべきではなかろうか。
 法華経には 『生命』 という直截な、なまの言葉はない。それを戸田は、不可解な十二行に秘沈されてきたものが、じつは真の生命それ自体であることを、つきとめたのである」 
(人間革命四巻・生命の庭)と述べられています。

 この 「獄中の悟達」 は、日蓮大聖人の法華経の正統の血脈は、戸田先生の創価学会にしか流れていない証左であります。広布破壊の日顕宗が、大御本尊があると主張しようとも、「信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」(御書1338P) なのである。戸田先生の悟達は、「創価学会の原点」 であり、「広宣流布の原点」 と成っておるのであります。
 池田先生は、戸田先生に師事なされて、日蓮仏法を見事に現代に蘇らせ、近代科学に優に伍して遜色のないものとし、あらゆる古今の哲学のうえに位置せしめました。それは現代の病める人類・病める地球を救うことが出来る大生命哲学であります。

 日蓮大聖人は、仏教の正統の正師を 「三国四師」 と名づけました。日蓮仏法の正統の流れは、御遺命たる広宣流布を実践するところにあります。私は末法広宣流布を考えたとき、釈尊・天台・日蓮大聖人に、戸田城聖先生を加えて 「新・三国四師」 と、称することも可能ではないかと思っています。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏教の正統の流れ (その2)

 前に 「仏教の正統の流れ」 というブログを書き、そのなかで 「私は末法広宣流布を考えたとき、釈尊・天台・日蓮大聖人に、戸田城聖先生を加えて 『新・三国四師』 と、称することも可能ではないかと思っています」 と書きました。

 そうしますと、“「新・三国四師」は、大変誤解を与える表現ではないでしょうか? ” “学会が今まで多くの誤解を招いたのも、そういうことが原因だったと、わたしは考えています” と、ご心配されているコメントがありました。

 私は誤解を恐れたり、理解して欲しいと思ってブログを書いているのではありません。しかしながら、もともと法華経は 「難信難解」 「猶多怨嫉・況滅度後」 の経であります。
 日蓮大聖人は、「信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり」(552P) と仰せられています。私はただ、自分の学んだ考えを述べさせてもらって、その中の一つでもご理解いただければ、望外の喜びとするものです。

 「三国四師」 は日蓮大聖人が、仏教史の上から法華経の正統の正師を述べられ、ご自身が末法の正師(御本仏) であるとのご確信を述べられたご金言です。
 私が 「三国・五師・六師」 と言えば、エスカレートしているとのご批判もありましょうが、「三国四師」 の範囲内で、かつまた、大聖人御入滅後・末法流布の700年のことを考え、法華経の正師はいらっしゃっるのか・どうかを見る分には、何ら差し障りもないし、ご金言の意に反しているとは思っていません。

 大聖人門下には、六人の高弟(六老僧) がいましたが、第二祖日興上人以外の五人は、大聖人の文底独一本門の奥義が解からず、御入滅後は自分勝手に自説を唱え、てんでんばらばらに自宗派を開いたが故に、門下は分裂状態になりなした。

 時代は下って江戸時代の中期、大石寺第二十六世・日寛上人は、これまでに蔓延した日蓮宗各派の邪義をことごとく破し、文底下種・三大秘法の御本尊の奥義を示され、日蓮仏法の正義を宣揚なされました。しかし、流布にまでは至りませんでした。

 それは徳川幕府の宗教政策(檀家制度) によって、仏教の衆生救済の精神を忘れてしまい、明治政府の 「肉食妻帯勝手たるべし」 との布告により、僧侶の堕落はここに極まったのである。これによって日本の仏教界は、祖師の精神を実践する者はなく、ただ死者と関わる葬式仏教に成り下がったのである。

 日蓮正宗(日顕宗) もご多分に漏れずこれらと同じで、特に戦時中、軍部から徴用された堂塔に、神棚をまつるという大謗法を犯し、挙げ句の果てに、客殿の焼亡と法主の焼死という仏罰を被った。ここに日蓮仏法は、存亡の危機にひんしたのである。
 このころ創価教育学会は、神札を拒否したことにより、不敬罪と治安維持法違反で、牧口会長・戸田理事長は、逮捕・入獄されていました。この両先生の師弟不二の 「不自惜身命」 の信心により、辛うじて日蓮仏法の命脈は保たれたのである。

 大聖人御入滅後・700年、日蓮門下の中で、国家権力と対峙して弾圧を被ったものがいるのでしょうか。それは創価学会のみである。牧口先生は獄中にて殉教、戸田先生は法華経を身読なされ、不思議なるご境界を感得なされました。いわゆる 「獄中の悟達」 と称されるものです。 
 この 「獄中の悟達」 こそ、戸田先生の法華経であり、また創価の法華経であり、学会の原点であり、誇りであり、財宝であり、独自性であり、正統性であり、血脈のある証左であり、広布大願の使命と責任と決意があると思っています。

 戸田先生は、死身弘法のうえ七十五万世帯の大願を成就なされました。池田先生はこの使命を引き継がれ、今や世界192ヶ国にまで広宣流布の拡大を達成し、仏教史上に燦然と輝く未曽有の大偉業を成し遂げました。この大偉業を成された戸田先生が、「法華経の正統の正師」 でなければ、何方が正師でしょうか。

 業績を考えれば、池田先生は戸田先生を超えられていますが、広宣流布の原点も 「獄中の悟達」 にあると思いますので、「新・三国四師」 の中の 「正統の正師」 に、創価学会を代表して戸田城聖先生の名をお入れして、顕彰申し上げても良いのではないかと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR