創価の法華経(その1)(法華経について)

 初信のころよく聞かされたのが、“釈迦は謗法だ、日蓮大聖人様だけだ(趣意)” という言葉である。何か、仏教の創始者のお釈迦さまを悪く言っているようで、違和感がありました。
 後から考えてみますと、“釈迦は謗法だ” と言ったのは、旧仏教界の念仏・真言・禅宗などを指していて、お釈迦さまを悪く言っているのではないのです。

 信仰するにあたって、釈尊の法華経ではなく、末法においては、日蓮大聖人の法華経でなければならないと強く言われました。一般的に法華経と云えば、釈尊の妙法蓮華経のみと思っていたら、日蓮大聖人の法華経というものがあるのである。
 その後、教学講義などで、三種類の法華経があると学びました。戸田先生は、正法・像法・末法という三時において、それぞれに法華経があると述べられています。

 正法時代の法華経は、釈尊の二十八品の法華経。
 像法時代の法華経は、天台大師の摩訶止観。
 末法時代の法華経は、日蓮大聖人の三大秘法の南無妙法蓮華経。

 この外にも、過去の日月燈明仏・大通智勝仏・威音王仏・不軽菩薩なども、法華経を説いたとされる。不軽菩薩は 「我深く汝等を敬う。敢えて軽慢せず。所以は何ん。汝等皆菩薩の道を行じて。当に作仏することを得べし」(常不軽品) という 「二十四文字の法華経」 を説いて、衆生を礼拝した。

 この 「二十四文字の法華経」 は、一切衆生にすべて仏性があることを示唆したものである。諸仏の悟りの法である 「一仏乗」 を説いた教えは、どの仏が説いたとしてもすべて 「法華経」 なのである。説き明かす悟りの 「法」 は共通で同じものでも、その説き方は、時代によって異なってくるのである。
 創価学会は、日蓮大聖人の教えを正しく受け継いだ教団である。正しく受け継ぐと言っても、何も一文一句、その言文を間違いなく受け継いでおるという意味では無い。そもそも、鎌倉時代と現代では、言葉も・生活様式も・時代背景も違って来ている。宗教だって根本の法体(本尊)は変わらないが、教え方や修行の仕方は、時代と共に変わってきて当然である。

 たとえば、「本門の教主釈尊を本尊とすべし」(328P)・「久遠実成の釈尊と皆成仏道の法華経と……妙法蓮華経と唱え奉る」(1337P) と仰せられているところの 「釈尊」 を、インド応誕の釈尊と採るのではなく 「久遠元初の自受用報身如来、即、本因妙の教主・日蓮」 と採らなければ、大聖人のご真意を理解することはできません。
 
 末法の初め、赫々たる日蓮仏法の太陽は出現しましたが、無明の雲は厚く太陽を蔽い隠して、当時の人々はそれを理解することができなかった。その暗雲を解き払い、仏法の真髄を教えて下さったのが、ご歴代の会長であり、なかんずく、現在は池田大作先生であります。

 日蓮仏法と言えども、創価学会の出現がなければ、日顕宗や身延・池上のような旧態依然の姿から脱することは出来なかったであろうと思います。
 創価学会は、日蓮大聖人の法華経を根底として、“平和主義・文化主義・教育主義・人間主義の思想” を、池田先生のご指導のもと、世界192ヶ国に広げました。

 この法華経の新思想を 「創価思想」 「池田思想」 「第三文明」 等々と言われていますが、私はもう一つ、創価学会の法華経、「創価の法華経」 と称しても良いのでないかと思っています。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏教の正統の流れ(三国四師)

 『顕仏未来記』 に 「安州の日蓮は恐らくは三師に相承し法華宗を助けて末法に流通す、三に一を加えて三国四師と号(なず)く」(509P) とあります。三師とは、印度の釈尊・中国の天台大師・日本の伝教大師であります。この三大師の方は、皆それぞれの国で、法華経を弘通した大聖(仏)であります。

 日蓮大聖人は、仏教の正統の釈尊、天台、伝教の三師に相承して、南無妙法蓮華経を、末法に弘通する正師(末法の御本仏)であるとの御宣言です。

 仏教の正統の流れを簡単に述べれば、釈尊―竜樹・天親―天台―伝教―日蓮大聖人となります。天台大師は、法華経より理の一念三千の珠を取り出だし、末法流布の大法を理論的に証明した。
 日蓮大聖人は、本門寿量品の文底より “南無妙法蓮華経” という根源の一法を取り出だし、見宝塔品の虚空会の儀式をかりて “三大秘法の御本尊” を顕わして下さいました。

 では、日蓮大聖人の正統は、どこが受け継いでいるのかと言えば、それは創価学会のみである。一般的には、700年の伝統がある日蓮正宗(日顕宗) ではないかと思われていますが、日顕宗をはじめ・日本の旧仏教界は、伝統の上に胡坐をかいて、釈尊の精神も、日蓮大聖人の民衆救済・広宣流布の精神等も、何一つ受け継いで無いのである。

 その証拠は、釈尊の出世の本懐である法華経を行ずれば、三障四魔・三類の強敵が競い起ることは経文に明白である。現代において、誰が・どこの団体が、法華経のゆえに難を受けたのかとお聞きしたい。それは創価学会のみである。
 創価学会は、戦時中・軍事国家の弾圧を受け、初代牧口先生は獄中にて殉教、二代戸田先生も共に獄に下られました。三代池田先生は、戦後・公職選挙法違反の疑いで入獄、創価学会の初・二・三代の会長は共々に王難に遭われたのである。
 この名誉の大法難の中、戸田先生は獄中にて法華経を読みきられ、不思議な仏の境界を感得なされました。いわゆる 「獄中の悟達」 と言われているものです。

 池田先生は、「戸田城聖のこの時の悟達の一瞬は、将来、世界の哲学を変貌せしむるに足る、一瞬であったといってよい。…… 彼の明晰な悟達は、仏法を見事に現代に蘇らせ、近代科学に優に伍して遜色のないものとした、といえよう。そして、仏法に鮮明な性格と、現代的な理解とを与えたのである。いや、そればかりではない。日蓮大聖人の生命哲学を、あらゆる古今の哲学のうえに位置せしめた、記念すべき強力な発条であったというべきではなかろうか。
 法華経には 『生命』 という直截な、なまの言葉はない。それを戸田は、不可解な十二行に秘沈されてきたものが、じつは真の生命それ自体であることを、つきとめたのである」 
(人間革命四巻・生命の庭)と述べられています。

 この 「獄中の悟達」 は、日蓮大聖人の法華経の正統の血脈は、戸田先生の創価学会にしか流れていない証左であります。広布破壊の日顕宗が、大御本尊があると主張しようとも、「信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」(御書1338P) なのである。戸田先生の悟達は、「創価学会の原点」 であり、「広宣流布の原点」 と成っておるのであります。
 池田先生は、戸田先生に師事なされて、日蓮仏法を見事に現代に蘇らせ、近代科学に優に伍して遜色のないものとし、あらゆる古今の哲学のうえに位置せしめました。それは現代の病める人類・病める地球を救うことが出来る大生命哲学であります。

 日蓮大聖人は、仏教の正統の正師を 「三国四師」 と名づけました。日蓮仏法の正統の流れは、御遺命たる広宣流布を実践するところにあります。私は末法広宣流布を考えたとき、釈尊・天台・日蓮大聖人に、戸田城聖先生を加えて 「新・三国四師」 と、称することも可能ではないかと思っています。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏菩薩の歓喜

 5月号の “勝利の経典 「御書」 に学ぶ” は、『法華初心成仏抄』 です。唱題行について、種々の観点から重要なご指導がなされておりますので、何回も何回も熟読玩味し実践して参りたいと思います。

 講義の中で、私たちが唱題して得る功徳を、「諸天の加護」 と 「仏菩薩の歓喜」という二つの観点からご指導されております。
 
 まず、諸天の加護について 「梵王・帝釈の仏性はよばれて我等を守り給ふ」 と仰せです。私たちが妙法の題目を唱えれば、必ず、諸天善神が呼ばれて私たちを守護するということです。諸天善神の守護とは、妙法の力用の顕現です。それが自身の仏性を呼び現す唱題の実践によって起こります。…… 
 諸天善神を動かすのは、どこまでも私たちの信心の一念です。
と、

 仏菩薩の歓喜が明かされています。 「仏菩薩の仏性はよばれて悦び給ふ」 と仰せです。…… 
 ここで、仏や菩薩が歓喜するとは、唱題によって得る真の功徳であります。すなわち、広大にして一切を包む仏界の境涯、そして、どこまでも妙法蓮華経を求め、他の人にも伝えいく菩薩界の慈悲の生命が、生き生きと顕現し、躍動していくのです。………
 「自他共に喜ぶ」(788P) とあるように、慈悲の発露として、人々のため、社会のために行動していくことは、まさに仏や菩薩の行動です。一切の仏菩薩が歓喜し、賞讃しないわけがありません。
と以上のようにご指導されています。

 唱題の功徳の 「仏菩薩の歓喜」 を考えてみますと、その国土は常寂光土であり、「仏国其れ衰んや、十方は悉く宝土なり宝土何ぞ壊れんや」(32P)・「吹く風枝をならさず雨壤(つちくれ)を砕かず」(502P) の世界であり、福島第一原発事故の根本的な解決の道は、これ以外には無いと思います。

 放射能という、目にも見えない・匂いもない・音もない・それでいて人間の命を奪う奪命者であり、まさに第六天の魔王の所業としか言い様がありません。

 では、第六天の魔王は何処から来るのでしょうか。大聖人は、「元品の法性は梵天・帝釈等と顕われ、元品の無明は第六天の魔王と顕われたり」(997P) と仰せです。 元品の無明とは、南無妙法蓮華経を信じ切れないという、全ての人々の生命にもともと具わる根本的な迷いです。その迷いのゆえに、誹謗正法・即ち、謗法行為を犯し、三災七難を招いてしまうのである。

 想えば、阪神大震災の時の首相は、社会党の村山富市氏であった。今回の東日本大震災は、民主党の菅直人氏である。社会党・民主党は、「四月会」(反創価学会の広宣流布を阻止せんとする団体) の流れを汲む政党であり、その所属議員が首相となった時に、大震災に遭遇するなんて、ただ単なる、偶然の一致だけのことであろうか。私にはそうとは思えません。

 大聖人は、蒙古国の襲来について、「此等の経文のごときんば正法を行ずるものを国主あだみ、邪法を行ずる者のかたうどせば大梵天王・帝釈・日月・四天等・隣国の賢王の身に入りかわりて其の国をせむべしとみゆ」(313P) と。蒙古襲来も仏法上の観点から見れば、日蓮大聖人を迫害した北条幕府が、招き寄せた大難なのであります。

 それ故に、問題解決の方途は、元品の無明を 「元品の法性」 へと転換させなければなりません。大聖人は 「此の本法を受持するは信の一字なり、元品の無明を対治する利剣は信の一字なり無疑曰信の釈之を思ふ可し」(751P) と仰せられています。三大秘法の御本尊に唱題し、一切の仏菩薩の仏性が歓喜・躍動し、宇宙大の功徳力を満喫していく以外にありません。

 池田先生は、なぜ、諸仏が歓喜するのか。それは、三世諸仏も、妙法蓮華経の五字によって仏になっているからです。南無妙法蓮華経こそ、「三世の諸仏の出世の本懐」 であり、「一切衆生・皆成仏道」 の法です。
 ………
 御本尊への信仰が、生活革命、人間革命に直結し、更に社会の変革へと展開していくことを教えられたのが、牧口先生であり、戸田先生です。本抄に仰せのごとく、ひたぶるな唱題で 「仏になる道」 を厳然と歩み抜いている団体は、創価学会以外にありません。「題目第一」 「御本尊根本」 の信心は、学会の中に脈動しています。
 ………
 今こそ、「妙とは蘇生の義」 なりと、変毒為薬の功力を実証する唱題を
 今こそ、「大悪起れば大善来たる」 の原理を証明していく唱題を
 今こそ、わが国土を仏国土に変革しゆく 「立正安国」 の唱題を
 我ら創価学会は、妙法の音声を朗々と響かせながら、精神界の王者として、社会的使命を一段と果たしつつ、凱歌の創立100周年へ、勇躍、前進していきたい。
(同抄講義) とご指導されています。
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

無問自説 (四箇の格言)

 『御義口伝』 に、「無問自説とは釈迦如来・妙法蓮華経を無問自説し給うなり、今日蓮等の類いは無問自説なり、念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊と喚(さけ)ぶ事は無問自説なり、三類の強敵来る事は此の故なり」(713P) と述べられています。

 無問自説とは、仏が 「問い無くして自ら説く」 ことであり、『法華経方便品第二』 の 「爾の時に世尊、三昧より安詳として起ちて、舎利弗に告げたまわく、諸仏の智慧は甚深無量なり、其の智慧の門は難解難入なり」 と説き出したように、衆生の質問がないのに自ら説くことを言います。

 一般的には、衆生の側から質問があり、それに応じて法を説くのが通常で、これを 「随他意」 の説法と言います。法華経は、釈尊の悟りの法そのものであり、衆生が質問しようにも仕様がなく、仏の無問自説となるのである。これを 「随自意」 の説法と言います。

 日蓮大聖人の場合も、三大秘法の南無妙法蓮華経をはじめ多くの法門は、無問自説であり、随自意の説法であります。その中で、立宗宣言と同時に発せられた、念仏無間・禅天魔・真言亡国・律国賊という 「四箇の格言」 も、当然のこととして無問自説なのであります。

 四箇の格言は、学会草創期の折伏の戦いのときには良く使いましたが、この頃はあまり使用されて無いようです。しかし、だからと言って、時代遅れでも・賞味期限が切れている訳でも有りません。末法の民衆を救うため邪宗の魔性との闘争の中で結実した格言です。大聖人の慈悲と智慧の結晶のご金言であります。

 ただ、現代の無信仰者の多い時に、四箇の格言を大上段に振りかざして叫んでも、誤りを正してくれていると思うより、侮辱された・名誉棄損だと、反発し・聞く耳を持たないという人々が、大半だと思います。宗教のことは、自分は知らないものだからと謙虚な気持ちで、仏の金言を聞いて貰いたいと思います。

 四箇の格言は、諸宗を破折するにあたって、その宗が一番に主張していることを、端的に打ち破っているのである。

 念仏宗は、厭離穢土・欣求浄土と云って、念仏によってのみ極楽往生できると主張した。大聖人は、極楽往生を無間地獄に差し替えて、その排他的主張で、法華経を否定している謗法性を 「念仏無間」 と破折された。

 禅宗は、教外別伝・不立文字を立て、仏の所説に従わず経典を否定し、未だ得ざるをこれ得たりと思う増上慢の一面を、端的に 「禅天魔」 と破折された。

 真言宗は、鎮護国家の祈祷を売り物にしていた。大聖人は、護国を亡国に差し替えて、何が鎮護国家だ、亡家・亡国の法だと、その欺瞞的な呪術性を 「真言亡国」 と破折された。

 律宗は、小乗の戒を持し、外には賢善をあらわし・内には貪嫉を懐きながら、生き仏とか国宝とか崇められていた。大聖人は、国宝を国賊に差し替えて、その欺瞞性を 「律国賊」 と破折された。

 池田先生は、次のようにご指導されています。 
 四箇の格言の本質は、当時の各宗の独善性と、その独善性を宗教的権威で隠す欺瞞性を見破り、厳格に指摘された大聖人の 「智慧」 の発現だということです。
 また、その根底に、民衆を守る 「慈悲」 が漲っていたことは言うまでもありません。
 つまり、各時代において、民衆の幸福を妨げる思想・宗教を見破っていく智慧を発揮していくことが、四箇の格言の 「継承」 になるといっていいでしょう。……
 四箇の格言は、民衆を惑わす魔性とは断固として戦うという、大聖人の確固たる信念の現れです。
(御書の世界第1巻・93P)
関連記事

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR