禅天魔

 禅宗は菩提達磨を初祖として、坐禅修行によって悟りを得ようとする宗派である。霊山会上で釈尊が黙然として花をつまんで大衆に示したとき、その意味を理解できたのは迦葉尊者一人であったとし、法は不立文字・教外別伝されて迦葉に付属された(粘崋微笑)。これは作り話なのである。こんな偽経(大梵天王問仏決疑経)を根本としているのである。

 迦葉より第二第三祖と代々相伝して、第二十八祖の達磨に至ったとしている。日本では鎌倉時代に、栄西の臨済宗・道元が開いた曹洞宗などがある。

 禅宗の教義は、“戒・定・慧” の三学のうち、特に “定” を強調している。すなわち仏法の真髄は決して煩雑な教理の追求ではなく、そのために文字を立てず(不立文字)、教法は仏より伝えられたものではなく(仏祖不伝)、別に伝えられたもので(教外別伝)、仏の経法は月をさす指のようなものであり、月が分かれば経は無用とし、禅法を修することにより、わが身が即仏になり(即身即仏)、人の心が直ちに仏性を見ることが出来る(直指人心・見性成仏)というもので、仏祖にもよらず、仏の教法をも修せず、画像木像の仏菩薩をも否定する。

 禅宗では 仏祖不伝 と言いながら、達磨は付法蔵の二十八祖と称し、東土の六祖より相伝されていると主張されている。また迦葉は一枝の花房を釈尊より授けられ、それを理解して心の一法を伝えたものが禅宗の根源であるとしているが、これとて仏祖から伝えられたものではないのか。

 また、祖師無用 と言いながら、達磨を禅祖としている。祖師無用ならば達磨も無用なはずである。また仏の教法を無用と言いながら、朝夕に真言陀羅尼や首楞厳経や金剛経、円覚経を読誦している。仏・菩薩を信用しないと言いながら、禅法の中で南無三宝と行住坐臥に唱えている。すなわち、言っている事とやっている事が、全てバラバラなのであり、自語相違も甚だしい。

 『涅槃経』 に 「若し仏の所説に順わざる者有らば、当に知るべし是の人は是れ魔の眷属なり」(152P) とあるように、教外別伝・不立文字といって仏典を否定し、仏の所説に従わないのは、魔の所為以外の何ものでもない。 
 ゆえに、日蓮大聖人は禅宗を判別して、「禅宗は天魔の所為」(1073P) と喝破されている。客観的な法理・教説よりも、自身の凡夫の無明の心を基準にしていくもので、その悟りは仏力・法力の裏づけのない、ただ凡夫の魔に支配された観念にしか過ぎないのである。

 日蓮大聖人の禅宗破折のご金言は、数多くありますが、その一部分を記させて頂きます。

 涅槃経に云く 「願つて心の師と作つて心を師とせざれ」云云、愚癡(ぐち)無懺(むざん)の心を以て即心即仏と立つ豈未得謂得・未証謂証の人に非ずや。(152P)
 禅宗は理性の仏を貴んで己れ仏に均しと思ひ増上慢に堕(お)つ定めて是れ阿鼻の罪人なり、故に法華経に云く 「増上慢の比丘は将(まさ)に大坑に堕ちんとす」(152P)
 
 若し教を離れて之を伝うといわば教を離れて理なく理を離れて教無し、理全く教・教全く理と云う道理汝之を知らざるや、拈華微笑(ねんげみしょう) して迦葉に付属し給うと云うも是れ教なり、不立文字と云う四字も即教なり文字なり此の事・和漢両国に事旧(ふ)りぬ、(488P)

 若し教文にとどこほり言説にかかはるとて教の外に修行すといはば、此の娑婆国にはさて如何がして仏事善根を作すべき、さように云うところの禅人も人に教ゆる時は言を以て云はざるべしや、其の上仏道の解了を云う時文字を離れて義なし、(488P)

 文字は是一切衆生の心法の顕れたる質(すがた)なり、されば人のかける物を以て其の人の心根を知つて相する事あり、凡そ心と色法とは不二の法にて有る間かきたる物を以て其の人の貧福をも相するなり、然れば文字は是れ一切衆生の色心不二の質(すがた)なり、汝若し文字を立てざれば汝が色心をも立つ可からず、汝六根を離れて禅の法門一句答へよと責む可きなり、(380P)

 次に修多羅の教は月をさす指の如しと云うは月を見て後は徒(いたずら)者と云う義なるか若其義にて候わば御辺の親も徒者と云う義か又師匠は弟子の為に徒者か又大地は徒者か又天は徒者か、如何となれば父母は御辺を出生するまでの用にてこそあれ御辺を出生して後はなにかせん、人の師は物を習い取るまでこそ用なれ習い取つて後は無用なり、夫れ天は雨露を下すまでこそあれ雨ふりて後は天無用なり大地は草木を出生せんが為なり草木を出生して後は大地無用なりと云わん者の如し、是を世俗の者の譬に喉(のど)過ぬればあつさわすれ病愈(い)えぬれば医師をわすると云うらん譬に少も違わず相似たり、所詮修多羅と云うも文字なり文字は是れ三世諸仏の気命(いのち)なりと天台釈し給へり、(380P)

 若し達磨の禅観に依るといわば教禅は未顕真実妄語方便の禅観なり法華経妙禅の時には正直捨方便と捨てらるる禅なり、祖師達磨禅は教外別伝の天魔禅なり、共に是れ無得道妄語の禅なり仍て之を用ゆ可からず、若し天台の止観一心三観に依るとならば止観一部の廃立・天台の本意に背く可からざるなり、若し止観修行の観心に依るとならば法華経に背く可からず止観一部は法華経に依つて建立す一心三観の修行は妙法の不可得なるを感得せんが為なり、故に知んぬ法華経を捨てて但だ観を正とするの輩は大謗法・大邪見・天魔の所為なることを、其の故は天台の一心三観とは法華経に依つて三昧開発するを己心証得の止観とは云う故なり。(527P)
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

他力と自力

 世間では、弥陀の本願にすがって往生を願う念仏宗などを、「他力・他力本願」 という。一方、壁に向かって坐禅を組み自らの力で悟りを得ようとする禅宗などを、「自力・自力本願」 の宗派であると言われている。

 では、法華経ではどうなのかと云えば、他力でも・自力でもなく、その両方をも含んでいるのである。妙法の四力から云えば、自力とは修行者自身の持つ 「信力・行力」 であり、他力とは本尊の具えている 「仏力・法力」 である

 日蓮大聖人は、法華経の十界互具論の立場から、次のように仰せられています。
 「今の法華経は自力も定めて自力にあらず十界の一切衆生を具する自なる故に我が身に本より自の仏界・一切衆生の他の仏界・我が身に具せり、されば今仏に成るに新仏にあらず」(御書403P)

 今の法華経は自力も単なる自力ではない。わが身に一切衆生の他の仏界も具えている。ゆえに我が身に本から自己の仏界も・他の仏界も具しているのである。ゆえに単なる自力ではないのである。
 だから今、仏に成るということは全く新しく別の存在として仏に成るということではなく、自己に本来具する自他の仏界を顕現することに他ならないのである。
 
 「又他力も定めて他力にあらず、他仏も我等凡夫の自具なるが故に又他仏が我等が如く自に現同するなり」(同403P)

 また、法華経は他力も単なる他力ではない。外道でいう自力から隔絶している他力ではなく、他の仏も我ら凡夫自身に具するゆえに単なる他力ではない。また他の仏も我ら凡夫と同じように、自らに仏界を具して顕現するのであります。

 上記のように法華経は、自力とか・他力とか言って、片一方に偏ることなく、円融・円満なる法理なのである。我らが御本尊を信じて唱題する仏道修行は、御本尊の 「仏力・法力」 と、衆生の 「信力・行力」 との境智冥合によって即身成仏するのである。

 たとえば鐘の音は、鐘がひとりで鳴るのでもない、撞木(しゅもく) が鳴るのでもない。両方がぶつかり合って、音が出るのである。信心も同じである。私どもの信力・行力に、御本尊の仏力・法力とが、相まって感応するから功徳が顕われるのである。

 池田先生は 円教とは、いずれにも偏ることなく、「自力と他力の一致を説き、その力に基づく人間変革を説く宗教」 と言えるでしょう。
 「自力と他力の一致」 とは、自分を超える力(他力) を自分のなかに見ることです。
 つまり、大聖人の仏法で説かれる 「仏界の内在と涌現」 が、それに当たります。これは、まさに日蓮仏法の真髄にほかなりません。
 (御書の世界第1巻・95P) と仰せられています。

 そのほかに、ご講演 「21世紀文明と大乗仏教」 の中に、他力と自力について、述べられているところがありますのでご参照ください。 ―→ ここから
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

8.14の日に思う

 「名字の言」 に、◆64年前のきょう、19歳の池田名誉会長は戸田第2代会長と出会った。終戦による社会の混乱、価値観の揺らぎの中、「正しい人生とは何か」 を真摯に問う池田青年に、戸田会長は明快に答えていった。
 ◆この一日が、名誉会長の人生を決めた。のみならず、今日の世界広宣流布の源泉となり、不戦と核兵器廃絶を目指す学会の平和運動の出発となった。師弟の “原点の出会い” に感動を新たにし、平和後継を誓いたい。(聖教・8/14) とありました。

 私が “ブログ” を書き始めて、早いもので丁度一年になります。初めはヨチヨチ歩きで、今でもブログの機能を完全には使いこなし切れていません。どうにか文章は書いていますが、写真やイラストや音楽など無く、取っ付きにくく、読みにくいのでは無いかと思っています。御辛抱して読んで頂ければ幸いに存じます。

 この一年間の出来事では、何と言っても一番のものは、3.11 の東日本大震災と福島第一原発の事故です。未だに復興の見通しさえ立たず、経済は疲弊し、政治は混乱して改革は一歩も進まず、庶民の嘆きは大なるものであります。

 きょうの 「世界の論調」 は、デューイ協会元会長の ジム・ガリソン博士です。「戸田第2代会長との初めての出会いを語った時、80歳のSGI会長の瞳が19歳の青年の輝きを放ち始めたことに、深い感動を覚えました」 と語っています。そのほかの記事の内容を見ましても、学会員である我々よりも、池田先生の偉大さ・本当のお姿を熟知されていると思いました。

 それは池田先生が、人類救済・核廃絶・世界平和のために、30以上の世界一流大学での講演、数千人に上る各界の有識者との対談・SGIは192ヶ国に発展・等々、お命を懸けた世界広宣流布の戦いの賜であります。

 それに引き換え、「此の世界は第六天の魔王の所領なり、一切衆生は無始已来彼の魔王の眷属なり」(1081P) の我が国の衆生は、邪智謗法なる故に、法華経の正意に目覚めようとせず、謗法行為を繰り返しています。この故に、今度の大災害も起ったのである。
 『立正安国論』 には 「是れを以て魔来り鬼来り災起り難起る、言わずんばある可からず恐れずんばある可からず」(同17P) と仰せである。
 このような目覚めない状態では、かえって外国の方から、日蓮仏法の真髄・池田思想の偉大さを、逆に教えられ兼ねないと危惧するものである。

 我が地域の広宣流布は、わが身にある。地涌の久遠の誓いを思い出し、8.14の “師弟の出会い” の原点の日に、心新たに池田先生のご指導のもと、いま再びの前進を開始するものである。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

創価の法華経(その2)(総別の二義)

 前に 「創価の法華経」 のタイトルで書きましたところ、コメントがありました。そのコメントには、「創価の法華経」 は、“矛盾だらけの 「暗雲」” “「ご都合」 に即したもの” “日蓮大聖人の御書に反する創価学会の思想は、「法華経」 などとは呼べないと判断します” と言ってきました。

 私はここまで来れば、もう暴論としか言いようがないと思いました。そこで理論が重複するかも知れませんが、引きつづき 「創価の法華経(その2)」 として、私の考えを述べさせて頂きたいと思います。

 まずはじめに、「創価の法華経」 すなわち、“創価学会が実践している法華経” と言うことですが、これをそのように呼称することが、出来るのか・どうかと言うと、私は出来ると思っています。
 創価学会は、日蓮大聖人の法華経の精神を、寸分も違わず実践している教団である。「創価の法華経」 と言っても、何も日蓮大聖人の法華経と別のものを、立てようとか・示そうとか・行なうとか しているのではありません。

 ただ、“日蓮大聖人の法華経を実践している” と言うだけならば、大聖人を御本仏と認めていない身延や池上・法主信仰の日顕宗など、みな我が宗こそが、本山だ・直系だ・血脈があるなどと称している。
 ゆえに、同じ “南無妙法蓮華経” を唱えていても、教義内容や修行方法は、マチマチで違うのである。したがって、これ等のエセ日蓮宗との違いを際立たせるためにも、「創価学会」 の名は、強調しても強調し過ぎることはないと思います。

 つぎに法華経には 「総別の二義」 があり、別して言えば、法華経とは 「日蓮大聖人の三大秘法の南無妙法蓮華経の御本尊」 のみである。
 総じて言えば、過去の日月燈明仏・大通智勝仏・その外三世十方の諸仏も、みな 「法華経」 を説いたのである。大聖人の本因妙のお立場からすれば別ものであるけど、「一仏乗」 を説いている分ではみな同じで、総じて 「法華経」 と言うのである。
 創価学会が “大聖人の南無妙法蓮華経” を現代に約して実践し、広宣流布している仏法も、また 「一仏乗」 である。しからば、創価学会の思想哲学・指導実践は、どこをとっても、「法華経」 と言えるのである。

 しかし、「又是には総別の二義あり総別の二義少しも相そむけば成仏思もよらず輪廻生死のもといたらん」(1055P) とのご遺誡があります。あくまでも、総じて・広義に釈した立場である・ことを、ご了解ください。

 「一仏乗」 とは、凡夫の己心に仏界を具していると云うことであり、この法理は法華経にきて初めて説かれたものである。では、その前の権教はと云えば、
 「法華経已前の諸経は十界互具を明かさざれば仏に成らんと願うには必ず九界を厭う、九界を仏界に具せざるが故なり、されば必ず悪を滅し煩悩を断じて仏には成ると談ず、凡夫の身を仏に具すと云わざるが故に」(403P) と仰せられています。
 
 池田先生は、次のようにご指導されています。
 爾前権経では、「仏」 と 「凡夫」 の間に超えがたい懸隔(けんかく)があります。 凡夫の中のごく一部の修行の達人だけが歴劫修行の果てに仏を目指すことができるのであり、反対に、仏になってから凡夫に戻ることはありえません。
 原則として仏が住む世界もまた、凡夫の住む娑婆世界ではありません。両者の間は、徹底的に隔絶しています。
 「仏界」 と 「九界」 の間に断絶がある限り、万人の成仏は現実の上であり得ません。どこまでも、理想とされる仏とは、人間とかけ離れた存在であり、その仏による救済を願うしか、凡夫がなしうることはありません。
 この九界と仏界の断絶を破ったのが法華経の一念三千の法であり、端的に言えば、「九界即仏界」 「仏界即九界」 の法理です。いかに法華経の十界互具の思想が卓越しているか。
 日蓮大聖人は、唱題行を修業として立てることにより、十界互具という一生成仏の原理を実現する道を開きました。ここにこそ、民衆の成仏を目指す仏教の完成形態があるのです。
  (一生成仏抄講義・50P)
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

仏教の正統の流れ (その2)

 前に 「仏教の正統の流れ」 というブログを書き、そのなかで 「私は末法広宣流布を考えたとき、釈尊・天台・日蓮大聖人に、戸田城聖先生を加えて 『新・三国四師』 と、称することも可能ではないかと思っています」 と書きました。

 そうしますと、“「新・三国四師」は、大変誤解を与える表現ではないでしょうか? ” “学会が今まで多くの誤解を招いたのも、そういうことが原因だったと、わたしは考えています” と、ご心配されているコメントがありました。

 私は誤解を恐れたり、理解して欲しいと思ってブログを書いているのではありません。しかしながら、もともと法華経は 「難信難解」 「猶多怨嫉・況滅度後」 の経であります。
 日蓮大聖人は、「信ぜん人は仏になるべし、謗ぜん者は毒鼓の縁となって仏になるべきなり」(552P) と仰せられています。私はただ、自分の学んだ考えを述べさせてもらって、その中の一つでもご理解いただければ、望外の喜びとするものです。

 「三国四師」 は日蓮大聖人が、仏教史の上から法華経の正統の正師を述べられ、ご自身が末法の正師(御本仏) であるとのご確信を述べられたご金言です。
 私が 「三国・五師・六師」 と言えば、エスカレートしているとのご批判もありましょうが、「三国四師」 の範囲内で、かつまた、大聖人御入滅後・末法流布の700年のことを考え、法華経の正師はいらっしゃっるのか・どうかを見る分には、何ら差し障りもないし、ご金言の意に反しているとは思っていません。

 大聖人門下には、六人の高弟(六老僧) がいましたが、第二祖日興上人以外の五人は、大聖人の文底独一本門の奥義が解からず、御入滅後は自分勝手に自説を唱え、てんでんばらばらに自宗派を開いたが故に、門下は分裂状態になりなした。

 時代は下って江戸時代の中期、大石寺第二十六世・日寛上人は、これまでに蔓延した日蓮宗各派の邪義をことごとく破し、文底下種・三大秘法の御本尊の奥義を示され、日蓮仏法の正義を宣揚なされました。しかし、流布にまでは至りませんでした。

 それは徳川幕府の宗教政策(檀家制度) によって、仏教の衆生救済の精神を忘れてしまい、明治政府の 「肉食妻帯勝手たるべし」 との布告により、僧侶の堕落はここに極まったのである。これによって日本の仏教界は、祖師の精神を実践する者はなく、ただ死者と関わる葬式仏教に成り下がったのである。

 日蓮正宗(日顕宗) もご多分に漏れずこれらと同じで、特に戦時中、軍部から徴用された堂塔に、神棚をまつるという大謗法を犯し、挙げ句の果てに、客殿の焼亡と法主の焼死という仏罰を被った。ここに日蓮仏法は、存亡の危機にひんしたのである。
 このころ創価教育学会は、神札を拒否したことにより、不敬罪と治安維持法違反で、牧口会長・戸田理事長は、逮捕・入獄されていました。この両先生の師弟不二の 「不自惜身命」 の信心により、辛うじて日蓮仏法の命脈は保たれたのである。

 大聖人御入滅後・700年、日蓮門下の中で、国家権力と対峙して弾圧を被ったものがいるのでしょうか。それは創価学会のみである。牧口先生は獄中にて殉教、戸田先生は法華経を身読なされ、不思議なるご境界を感得なされました。いわゆる 「獄中の悟達」 と称されるものです。 
 この 「獄中の悟達」 こそ、戸田先生の法華経であり、また創価の法華経であり、学会の原点であり、誇りであり、財宝であり、独自性であり、正統性であり、血脈のある証左であり、広布大願の使命と責任と決意があると思っています。

 戸田先生は、死身弘法のうえ七十五万世帯の大願を成就なされました。池田先生はこの使命を引き継がれ、今や世界192ヶ国にまで広宣流布の拡大を達成し、仏教史上に燦然と輝く未曽有の大偉業を成し遂げました。この大偉業を成された戸田先生が、「法華経の正統の正師」 でなければ、何方が正師でしょうか。

 業績を考えれば、池田先生は戸田先生を超えられていますが、広宣流布の原点も 「獄中の悟達」 にあると思いますので、「新・三国四師」 の中の 「正統の正師」 に、創価学会を代表して戸田城聖先生の名をお入れして、顕彰申し上げても良いのではないかと思います。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR