戸田先生の悟り (6)(「法華経の智慧」から①)

 ところで、戸田先生の 「獄中の悟達」 について、池田先生は、どのようにお話なされているかと思い、『法華経の智慧』 を繙いてみました。

 名誉会長 一言でいえば、戸田先生の悟達は、創価学会こそ日蓮大聖人の仏法の継承者であることを明らかにした、記念すべき瞬間です。
 今日の広布進展の原点であり、仏教史上、画期的な出来事であったと、私は確信しています。
 難解な仏法を現代に蘇生させ、全民衆のものにしたのです。
 私も、若き日、戸田先生から直接、その内容を聞かせていただいた。学会の宗教的・哲学的確信が、ここにあると思った。
 それはそのまま、日蓮大聖人の仏法の極説に通ずる。
 戸田先生の悟達は、人類の行き詰まり打開への 「道」 を開いたと、私は信じている。この 「道」 をあらゆる次元へ広げていくのが弟子の使命です。
  (法華経の智慧・第1巻・31P) 

 名誉会長 だからこそ、いずこであれ、「一人の人間」 の蘇生から出発することが必要となる。それが 「人間革命を通しての社会革命・地球革命」 です。その法理が、法華経です。その行動が、法華経の智慧と言いたい。  (同書・19P)

 名誉会長 ともあれ、大切なのは 「智慧」 である。智慧を体得することです。……
 智慧も知識も両方あるのが理想ですが、根本は智慧である。目的は 「幸福」 であり、知識だけでは 「幸福」 はないからです。
 その意味で、二十一世紀を幸福にするには 「智慧の世紀」 とする以外にない。
 そして知識は伝達できても、智慧は伝達できない。自分が体得するしかないのです。実はそこに、法華経が 「師弟」 という全人格的関係を強調する一つの理由もあるのです。
  (同書・24P) 

 名誉会長 仏法が二十世紀に蘇った瞬間です。

 遠藤 その無量義経の文には 「其の身は有に非ず亦無に非ず 因に非ず縁に非ず自他に非ず……」 と始まって “三十四の非ず” が繰り返されています。

 名誉会長 「其の身」 とは仏の身のことです。経文を読めば、そのことは分かる。しかし、その実体は分からない。
 それは 「非ず」 という否定形を重ねてしか表現できない何かである。どんな 「定義」 をしても、そこから、はみ出してしまう面をもつ何かである。しかも、どんなに否定形を重ねても、それでもなお厳然と存在する実在である。
 だからといって、それを単に言語表現を超えたものとか、不可思議なもの、空なるものとか言って、仏を超越的なものに祭り上げても、何も分かったことにはならない。戸田先生は 「実感」 としてつかみたかった。「体得」 されたかった。空虚で観念的な理解では、決して満足されなかった。
  (同書・33P)

 名誉会長 まさに 「身」 で読もうとされたのです。
 法華経では 「一切衆生の成仏」 を説く。しからば、その仏とはいかなる実在か。成仏とは何か。これは仏教全体の根幹にかかわる問題です。戸田先生は、この根本問題を深く思索され、追求されたのです。
 そして、突如として戸田先生の脳裏に 「生命」 という言葉が浮かんだ。「仏とは生命なり」 と読み切られた。  
  生命」 は有に非ず亦無に非ず
  因に非ず縁に非ず自他に非ず
  方に非ず円に非ず短長に非ず
  ……紅に非ず紫種種の色に非ず――
と。
  (同書・34P)

 斉藤 戸田先生は、“実在として” つかまれたからこそ、「生命」 という言葉で表現されたのですね。
 
 名誉会長 そう。現代人にも分かる、平易で生きた言葉。しかも、深遠な仏法の真髄を表現し切った 「一句万了」 の一言です。
 「生命」 は、現に万人にそなわっている。だから万人が実感できる具体性がある。その意味でも、戸田先生の悟達は仏法を万人のものとしたのです。
 また 「生命」 には多様性がある。豊かさ、闊達さがある。それでいて、法則的であり、一定のリズムがある。この 「多様性の調和」 を教えたのが一念三千です。その一念三千を体得したのが仏だ。
 しかも 「生命」 には解放性がある。外界と交流し、物質やエネルギーや情報をたえず交換する開かれた存在である。それでいながら、自律性を保っているのが生命です。宇宙全体に開かれた開放性。そして調和ある自由。これが生命の特徴である。
 仏の広大無辺の境涯とは、生命のこの自由、開放、調和を、最大限に実現した境涯だとも言える。
 妙の三義には 「開く」 義、「円満」 の義、「蘇生」 の義がありますが、これこそ 「生命」 の特質です。そして 「仏」 の特質にほかならない。
 ある意味で、仏典はすべて生命論です。……   
(同書・35P)

 このほかにも “生命” について、貴重なご指導が数多く記載されております。『法華経の智慧・全6巻』 は、必読の書であると確信します。
 池田先生は、「戸田先生の残された “生命論” が、どれほど先見に満ちた、一大哲理の結晶であるか。後世の歴史は証明するでしょう」 と述べられています。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の悟り (7)(地涌の菩薩と虚空会)

 戸田先生の二回目の悟りは、我、地涌の菩薩なりということであります。
 まずはじめに、「地涌の菩薩」 と 「虚空会」 について、少し述べてみたいと思います。
 
 地涌の菩薩とは、末法に妙法を弘通するために出現する菩薩を言います。
 法華経の 『従地涌出品第十五』 に、「仏、是れを説きたもう時、娑婆世界の三千大千の国土、地皆震裂して、其の中より無量千万億の菩薩摩訶薩有って、同時に涌出せり。…… 是の菩薩衆の中に、四導師有り。一を上行と名づけ、二を無辺行と名づけ、三を浄行と名づけ、四を安立行と名づく。是の四菩薩、其の衆中に於いて、最も為れ上首唱導の師なり」 とあります。
 このように大地の底から涌き出てきたので 「地涌の菩薩」 という。日蓮大聖人の外用のお姿は、この上首・上行菩薩の再誕であらせられます。また、本法(南無妙法蓮華経)所持の人は、ことごとく地涌の菩薩であります。

 「虚空会」 とは、法華経説法の会座の一つで、説かれた場所(処)は “霊鷲山 と 虚空” の二か処あり、会座は “前霊鷲山会・虚空会・後霊鷲山会” の三会あり、これを、「二処三会」 という。見宝塔品第十一から嘱累品第二十二までの十二品が 「虚空会」 に当たります。
 『見宝塔品第十一』 に、「爾の時に仏前に七宝の塔あり。高さ五百由旬、縦広二百五十由旬なり。地より涌出して、空中に住在す。…… 爾の時に大衆、二如来の、七宝の塔中の、師子座の上に在(まし)まして、結跏趺坐(けっかふざ)したもうを見たてまつり、…… 即時に釈迦牟尼仏、神通力を以って、諸の大衆を接して、皆虚空に在(お)きたもう」 とあります。
 
 以上のような法華経の経文を見ますと、恒河沙の菩薩が大地から湧き出たとか、巨大な宝塔や諸の大衆を虚空に置いたなど、空想の世界のおとぎ話かと思われています。
 しかし、大聖人は 「法華経の文字は六万九千三百八十四字・一字は一仏なり」(971P)・「一字一句・皆真言なり一文一偈・妄語にあらず」(188P) と仰せです。ゆえに、これには深い深い意義があるのである。阿弥陀仏の西方極楽浄土・薬師仏の東方浄瑠璃世界等の譬え話とは、次元が違うのである。
 
 そもそも、法華経の最初の序品からして、霊鷲山に集まった大衆は、「大比丘衆万二千人と倶(とも)なりき、菩薩摩訶薩八万人有り。天、龍、夜叉、…… 各眷属百千万数にして……」 とあります。これ等のことは、歴史上現実にあったことではありません。このことについて、池田先生は次のように述べられています。

 戸田先生も、序品で集まった衆生について、こう言われていた。
 「その何十万と集まったのは釈尊己心の声聞であり、釈尊己心の菩薩なのです。何千万おたってさしつかえない」
 戸田先生は、法華経を、仏法を、人間の現実とかけ離れた架空の話や、観念論にはさせたくなかった。また、絶対にそうではないという確信があった。生命の法であり、己心の法であることを如実に知っておられたのです。
  (法華経の智慧1巻・85P)

 戸田先生の仰しっやるように、法華経が表現しょうとしているものは、生命の法であり、己心の法である。また、仏の己心の世界であり、悟りの世界です。
 この仏の生命を表現するには、荘厳なる 「虚空会の儀式」 と七宝で飾られた巨大な 「宝塔」 で示す、以外に方法はなかったと言えると思います。このことの意義について 『法華経の智慧』 には、次のようにあります。

 遠藤 例えば、ネパールのシャキャ博士は、こう言われていますね。
 「虚空会の儀式は、仏の偉大な境地の象徴であり、その 『現在』 のうちに、『過去の十方世界』 も 『未来の十方世界』 も含んでいると考えられます。時空を超越しているのが 『仏界』 です。虚空会で説かれている世界を悟れば、人間には何でもできる力が出るということです」 と。

 須田 戸田先生は、虚空会の儀式について次のようにおっしゃっています。
 「われわれの生命には仏界という大不思議の生命が冥伏している。この生命の力および状態は想像もおよばなければ、筆舌にも尽くせない。しかしこれを、われわれの生命体のうえに具現することはできる。現実にわれわれの生命それ自体も冥伏せる仏界を具現できるのだと説き示したのが、この宝塔品の儀式である」  と。

 名誉会長 先生は、宝塔出現の意義、宝塔とは何かを明確に教えてくださった。あの巨大な宝塔も、私たちの生命に潜在する仏界を表現したものなのです。生命の宇宙大の尊貴さを教えているのです。  (法華経の智慧・第1巻・120P)

 法華経の 「虚空会の儀式」 は、生命に潜在する仏界を表現したものですが、それだけではなくその他、重要な事がらを説き示しているのです。
 日蓮大聖人は、御本尊を 「虚空会の儀式」 を用いてお顕わしになられています。「宝塔」 とは、南無妙法蓮華経のことであり、御本尊のことであります。
 提婆品では、提婆達多(悪人) と竜女(女人) の成仏を示し、涌出品では、地涌の菩薩を召し出し、神力品で末法の弘経を付嘱した。
 寿量品では、久遠実成の開顕(本果)、我本行菩薩道と本因を明かし、仏の本国土は娑婆世界であると説いている。(三妙合論)

 以上、ごく簡単に示しましたが、このように虚空会の説法は、仏法の中の肝心肝要の法文を数多く含んでおります。
 御書に 「謹んで法華経を披(ひら)きたるに諸の如来の所説の中に第一なりと云えり、又已今当の三説に勝れたりと見えたり」(1208P) とあります。
 ゆえに、法華経が 「已今当説最為第一」(法師品) と言われる所以は、この 「虚空会の儀式」・「久遠の仏の生命」 が説かれているからだと思います。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の悟り (8)(「法華経の智慧」から②)

 池田先生は、戸田先生の 「獄中の悟達」 について、『法華経の智慧』 に次にように述べられています。

 名誉会長 大事なことは、私どもの原点である戸田先生の悟達が、この 「獄中」 でなされたという一点です。
 法華経ゆえの投獄です。「四恩抄」 に仰せのごとく、これは四六時中、片時も休まず法華経を身読していることに通じる。そのなかで、戸田先生は 「我、地涌の菩薩なりと、豁然(かつぜん)と悟られた。大難のまっただなかでこそ、人間革命されたのです。難即悟達です。これこそ、まさに 「日蓮と同意ならば地涌の菩薩たらんか」 の御金言を身をもって証明された姿といえよう。厳しく言えば、難なくして、本当の 「日蓮と同意」 とは言えないのです。
 この 「獄中の悟達」 こそ、私どもの永遠の原点です。法華経を現代に蘇らせた一瞬であり、「人間革命」 という太陽が現代に昇った一瞬だった。その時、闇は深く、だれも気がつかなかったが、夜明けは戸田先生の胸中で始まっていたのです。
  (法華経の智慧第3巻・313P)

 遠藤 「仏とは生命なり」 との悟達は、どちらかと言えば知的な側面が強いのではないでしょうか。それが、全人格的な体験へと深まったものが 「地涌の菩薩の自覚」 ではないかと思われます。その意味で、二つの悟りは一連のものと言えるのではないでしょうか。

 名誉会長 戸田先生の悟りの全容は、到底、語り尽くせないが、先生は法華経ゆえに投獄された。迫害に耐えて信念を貫いた。そのこと自体が法華経を身をもって読むことであり、全人格的な体験です。忍難即仏界です。難と戦う信心によって、生命に大変革が起きたのです。「諸難ありとも疑う心なくば自然に仏界にいたるべし」(234P) との仰せの通りです。
 悟りとは単なる認識ではない。ここが大事です。永遠の生命は認識するものでなく、それを生きるものです。修行が必要なのです。なぜならば、認識しょうとしても、そうしょうとしている自己自身をも支えているのが 「生命」 だからです。「波」 に 「海」 をつかむことはできない。「小」 で 「大」 をつかむことはできない。では、どうするか。
 大いなる永遠の生命を、小さな我が身の上に顕現する ―― 涌現する ―― 以外にないのです。そのためには、全存在をかけた自己浄化が必要です。それが仏道修行です。
  (同書・317P) 

 「虚空会の儀式」 は、釈尊の久遠の仏としての生命の姿を、そのまま虚空に描き出したものであると思います。戸田先生は、獄中で法華経を読み切られることによって、それがそのまま、大聖人の御本尊であることを悟られました。
 昭和20年7月3日出獄の日の夜、法華経の 「虚空会の儀式」 を体得された戸田先生が、ご自宅の御本尊にお会いした時のことが、『人間革命』 に記載されております。

 戸田城聖は、暗幕に遮蔽(しゃへい)された二階の一室で、仏壇の前に端座していた。空襲下の不気味な静けさが、あたりを包んでいた。彼はしきみを口に加え、常住御本尊をそろそろとはずした。そして、眼鏡をはずした。
 彼は、御本尊に頬をすりよせるようにして、一字一字たどっていった。
 ―― たしかに、このとおりだ。まちがいない。まったく、あの時のとおりだ。
 彼は心につぶやきながら、獄中で体得した、不可思議な虚空会の儀式が、そのままの姿で御本尊に厳然として認められていることを知った。彼の心は歓喜にあふれ、涙は滂沱(ぼうだ)として頬(ほお)をつたわっていった。彼の手は、わなないた。心に、彼ははっきりと叫んだのである。
 ―― 御本尊様、大聖人様、戸田が必ず広宣流布をいたします。
 彼は、胸のなかに白熱の光を放って、あかあかと燃えあがる炎を感じた。それは、なにものも消すことのできない、灯(ひ) であった。いうなれば、彼の意志をこえていた。広宣流布達成への、永遠に消えざる黎明の灯は、まさにこの時、戸田城聖の心中に点(とも) されたのである。
  (文庫人間革命1巻・49P)

 名誉会長 有名なご金言に 「此の御本尊全く余所(よそ)に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり」(1244P) とある。戸田先生は、この御文をありありと実感されたのです。
 そして大聖人が、信心によって 「此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり」(1244P)  と仰せの通り、宝塔のなかに入られた。
 御本尊即宝塔、宝塔即自身、その真実を、先生は生命全体で知ったのです。
  (法華経の智慧第3巻・323P)

 大聖人は 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉りて信心に住する処が住在空中なり虚空会に住するなり」(740P) と仰せです。

 戸田先生は、久遠の仏の生命 (永遠の生命) の覚知を、「虚空会の儀式」 に自ら参列している自分自身を発見するという形で、覚知・体得なされました。
 そして、法華経の一文一句は、すべて真実であることを実証されました。それは、歴史的事実としての真実というよりも、“生命の実相・仏の悟り” そのものを、顕わしているという意味で真実なのであります。
 “生命の実相・仏の悟り” などは、現実の事象・現象の次元では、とうてい説明しきれるものではありません。

 「虚空会の儀式」 「地涌の菩薩の出現」 など、700年間、法華経を読んでも譬え話だと思っていたものが、じつは真実であったのである。それを戸田先生は、艱難辛苦の獄中闘争のすえ体得なされ、我われに教えてくださいました。なんと、有り難き偉大なる師匠ではありませんか。
 戸田先生の 我、地涌の菩薩なりの悟達は、我ら弟子たちに、この世に生まれてきた “意義と使命” を教えてくださいました。すなわち、「地涌の菩薩の自覚」 であります。
 今や一千万世帯と世界192カ国における、地涌の菩薩の出現となって実証されたのである。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の悟り (9)(霊山一会厳然未散)

 戸田先生は、「法華経の霊鷲山会」 の儀式に参列している御自身を発見されたと仰せられています。この霊鷲山の会座について、『続 私の仏教観』 の中に次のように述べられています。

 野崎 慧思が 「法華三昧」 を開悟したというのも、そのように法華経に肉薄していった結果、文底に秘沈された久遠の本種を、忽然と覚知したということですね。

 池田 簡単に言ってしまえば、要するに久遠を思い出したということです。私の恩師戸田先生も、生前よく 「久遠を思い出した」 と言われていた。それは、戸田先生の小説 「人間革命」 にも描写されているように、獄中において唱題を重ね、白文の法華経を読み進めるにつれ、ある日突然に、先生は霊山における法華経の会座を思い出された。このことは、あるいは不思議なことのように思われるかもしれないが、わが生命に 「仏」 を覚知したことと、まさに一つのものなのです。 
 
 松本 後に大蘇山を訪れた智顗(天台)が、まず最初に慧思(南岳)から言われたことは 「昔日、霊山に同じく法華を聞く、宿縁の追う所にして今、復た来たる」 ということですね。これは南岳が、新来の弟子智顗を尊敬した言葉であるとか、激励の意味であるとか、親愛の情をこめた発言であったとか、さまざまに解釈されていますが、やはり慧思も、そして大蘇開悟以後の智顗も、生命の奧底から霊山の法華聴者であったことを確信した言葉ですね。

 池田 そう思います。なぜなら、後に天台も 「霊山の一会、厳然として未だ散らず」 という有名な言葉を発しているからです。
 ここで一言、誤解のないために言っておけば、末法当今の菩薩の仏道修行としては、なにも南岳の 「法華三昧」 や、天台の 「摩訶止観」 に説かれる修行を必要とするものではない、ということです。

 
 野崎 それは、強いて霊山の儀式を思い出すまでもない、という意味に通じますね。

 池田 そうです。末法今時においては、日蓮大聖人が 「霊山一会厳然未散」 の儀式を借りて、その内証の境地を御本尊として図顕されているからです。私たちは、その御本尊を受持することによって、受持即観心で 「直達正観」 つまり直ちに仏道を成ずることができ、そのまま霊山の会座につながっていることになるのです。  (續 私の仏教観・141P)

 南岳は、はるばる訪ねてきた天台に対して、“霊山に同じく法華を聞く” と言い、ともに霊山の法華聴者であったことを確認し、喜びあっています。
 池田先生は、“先生は霊山における法華経の会座を思い出された。このことは、わが生命に 「仏」 を覚知したことと、まさに一つのものなのです” と述べられています。
 
 「仏」 を覚知したこととは、また 「永遠の生命」 を覚知し、久遠を思い出したことであり、まさに 「成仏」 されたということであります。
 したがって法華経の悟りとは、自身が 「虚空会の儀式」 に参加していることを、実感する・体得することに尽きると思います。それはそのまま、自身の生命のなかに 「虚空会の儀式」 はある、ということと同じであるわけです。

 大聖人は、「此の御本尊全く余所に求る事なかれ・只我れ等衆生の法華経を持ちて南無妙法蓮華経と唱うる胸中の肉団におはしますなり」(1244P) 
 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉りて信心に住する処が住在空中なり虚空会に住するなり」(740P)
 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉る者は生死即涅槃と開覚するを皆在虚空と説くなり生死即涅槃と被摂(ひしょう)するなり、大地は色法なり虚空は心法なり色心不二と心得可きなり虚空とは寂光土なり」(742P)
 と仰せです。
 
 名誉会長 「仏とは何か」 を追求し抜いて、仏とはほかならぬ自分のことであり、宇宙の大生命であり、それらは一体であるとわかった。
 “足下を掘れ、そこに泉あり” という言葉は有名だが、自身の根源を掘り下げていく時、そこに万人に共通する生命の基盤が現れてきた。それが永遠の宇宙生命です。戸田先生は、まさに自身の根源を悟られるともに、“あらゆる人が、じつは根本において地涌の菩薩である” という人類共通の基盤を悟られたのです。この “生命の故郷(ふるさと)” を知ったのが、学会員です。
  (法華経の智慧第3巻・328P)

 池田先生は、“あらゆる人が、じつは根本において地涌の菩薩である” という人類共通の基盤、“生命の故郷” を知ったのが、学会員です、と述べられています。

 学会草創期の頃、鶴丸のバッジ(会員徽章) を見かけたとき、それが車中であっても、初対面の人であっても、“学会員だ!・ 同信の朋だ!” と、旧知のように懐かしく感じたものである。
 この想いを全民衆に広げていけば、それがそのまま、世界平和への道に通ずるものであると思います。したがって、現今の混沌たる世情を思うとき、地涌の菩薩の自覚にたつならば、世界の広宣流布は絶対にやり遂げねばならない使命である。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR