戸田先生の悟り (10)(末法の悟り)

 戸田先生の悟りを通して、成仏とは 「虚空会の儀式」 に参加したことを、思い出すことであると学びました。それはまた、そこに “自身の根源” “生命の故郷” “永遠の宇宙生命” という、万人に共通する生命の基盤があり、それを悟ることになるわけです。

 しかし、末法の我ら衆生、普賢・文殊の智慧もなく、理即・但妄(たんもう) の凡夫が、どうして久遠を思い出すことが出来るのでしょうか。
 そこで日蓮大聖人は、大慈悲を起し 「虚空会の儀式」 を用いて、その内証のご境地を 「御本尊」 としてご図顕なされました。

 『本尊抄』 に 「一念三千を識らざる者には仏・大慈悲を起し五字の内に此の珠を裹(つつ)み末代幼稚の頚(くび)に懸(か)けさしめ給う」(254P) 
 『経王殿御返事』 に 「日蓮がたましひ(魂)をすみ(墨)にそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ、仏の御意(みこころ)は法華経なり日蓮が・たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし」(1124P) 
 『阿仏房御書』 に 「あまりに・ありがたく候へば宝塔をかきあらはし・まいらせ候ぞ、……出世の本懐とはこれなり」(1304P) と仰せです。

 上記のように、大聖人は末法の衆生を哀れみて、たとえ智慧や能力がなくても、直ちに 「霊鷲山の会座」 に参加できるように、「御本尊」 を顕わしてくださいました。
 しかし、“親の心、子知らず” で、これほどの大御本尊を 「而謂不美」〈美(うま)からずと謂(おも)えり〉(寿量品) といって、信じようとはしないのである。それもその筈、このような重大な意義が、理解できないのである。

 『法華経譬喩品』 に 「汝舎利弗すら 尚此の経に於いては 信を以って入ることを得たり 況や余の声聞をや 其の余の声聞も 仏語を信ずるが故に 此の経に随順す 己が智分に非ず」 とある。

 そもそも法華経は、仏自身の内証の悟りをそのまま説き示した “随自意” の経なるが故に、あの智慧第一と謳われた舎利弗でさえ、迹門の諸法実相の理を理解することはできなかったのである。況や、本門の久成や文底秘沈の大法など、思いも寄らないことである。

 しからば、どうすれば良いのか。それは舎利弗のように、「信」 をもって入り 「慧解」 を得る以外にないわけです。このことを 「以信代慧」〈信を以って慧に代(か)う〉 とも言います。
 『四信五品抄』 に 「慧又堪ざれば信を以て慧に代え・信の一字を詮と為す、不信は一闡提謗法の因・信は慧の因・名字即の位なり」(339P) と仰せです。
 この 「信解」 ついて、池田先生は次のように述べられています。

 名誉会長 法華経が 「信」 を強調する理由を、生命次元でいえば、法華経の目的は生命の根本的な無知、すなわち 「元品の無明」 を断ち、「元品の法性」 すなわち “本来の自己自身を知る智慧” に目覚めることにある。この法性を “仏性” “仏界” と言ってもよいでしょう。
 
 ところが、これは生命のもっとも深層にあるゆえに、より表層にある理性等では開示できない。それらを含めた生命の全体を妙法に向かって開き、ゆだねることによって、初めて “仏性” “仏界” は、自身の生命に顕現してくるのです。

 大聖人は 「此の信の字元品の無明を切る利剣なり」(725P) と仰せです。「信」 は 「開」 であり、「疑」 は 「閉」 です。
 妙法に対して自身を開けば、妙法が自身に開かれるのです。だからこそ 「法華経を信ずる心強きを名づけて仏界と為す」(日寛上人) なのです。「信」 も仏界、その結果の 「智慧」 も仏界です。

 宇宙根源の 「法」 を、その宇宙の一部である人間の小さな頭でつかむことはできません。その 「法」 が自身の生命に顕(あらわ)になるように心身を整える以外にないのです。
 そのための妙法への 「信」 であり、「帰命」 です。大聖人は 「信は不変真如の理なり」 「解は随縁真如なり」(725P) と仰せです。帰命でいえば、信は 「帰」、解は 「命」 です。

 妙法を信じ、妙法に 「帰する」 ことによって、妙法が自身の上に顕現し、妙法に 「命(もとづ)く」 生命となるのです。妙法が躍動する生命になった証が、隨縁真如の 「智慧」 であり、信解の 「解」 です。
 「信は価の如く解は宝の如し三世の諸仏の智慧をかうは信の一字なり」(725P) と仰せの通りです。

 その意味で、信と解は対立するものでないことはもちろん、信が解を支えるというだけの静止的なものでもない。
 本来、一体のものであるが、あえていえば、「信から解へ」、そして解によってさらに信を強める 「解から信へ」 ―― この双方向のダイナミックな繰り返しによって、無限に向上していくのが 「信解」 の本義といえるでしょう。

 そう考えれば、梵語の 「アディムクティ」 が 「志」 とも訳せることは興味深い。成仏といっても、一つの静止した状態のことではない。智慧即慈悲を深めつつ、限りなく向上し続ける境涯、―― それが仏界です。人間として限りなき向上へ。その 「志」 に進む両輪が 「信」 と 「解」 なのです。
 (法華経の智慧第2巻・77P)

 『日女御前御返事』 に 「此の御本尊も只信心の二字にをさまれり以信得入とは是なり。日蓮が弟子檀那等・正直捨方便・不受余経一偈と無二に信ずる故によつて・此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり」(1244P)
 『御義口伝』 に 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉りて信心に住する処が住在空中なり虚空会に住するなり」(740P) と仰せです。

 このように、御本尊に帰命し “南無妙法蓮華経” と唱え奉ることが、日々瞬時に “此の御本尊の宝塔の中へ入るべきなり” と同じことで、「虚空会の儀式」 に参加していることになります。
 そう考えれば、“三大秘法の大御本尊を信ずる” ことが、我ら衆生の 「末法の悟り」 となるわけであります。

  「法華経の悟り」 について、池田先生は次のように指導されています。
 名誉会長 「悟り」 というと、前世がわかるとか、未来世が見えるとか、何か神秘的なことを思い浮かべるようだが、決してそうではない。そんなことを軽々しく言う人は、まやかしと思って間違いない。戸田先生は、おっしゃっていた。「末法の悟りとは何か。それは御本尊を信じきるということだ」 と。
 どんなことがあっても御本尊を疑わない。いちずに信じきっていく。これが 「末法の悟り」 です。「信心」 即 「悟り」 なんです。

 ………
 名誉会長 もちろん戸田先生には戸田先生の不可思議の境地があられた。しかし、それは、だれよりも強い 「御本尊への絶対の確信」 と一体だったのです。大確信そのものだったのです。  (法華経の智慧第四巻・27P)
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の悟り (11)(創価学会仏)

 御本尊を信じきることが 「末法の悟り」 であると述べました。そうしますと、御本尊を信じている創価学会員の方々は、もう既に “悟っている” わけであります。
 しかし、このことについて、その殆んどの方は知らないか、またそのような意識はもっていないと思います。それは、現実の煩悩にまみれた自身が、とうてい 「仏」 であるとは思えないからである。
 しかしながら、これは権教・権宗、特に念仏宗の考え方なのであります。念仏宗はこの世の我が身・我が国土を、穢れたものとして忌み嫌うのである。そして、わが身土から遠く離れたところに、理想の仏と国土を求める、はかない教えなのである。
 法華経はしからず、「仏とは生命なり」 とありますように、この世の我が生命・我が国土を離れた 「仏」 はあり得ないと説いているのである。  

 日蓮大聖人は、「此の法華経は知らずして習い談ずる者は但爾前の経の利益なり」(404P) 
 「但し此の経の心に背いて唱へば其の差別有るべきなり」(1382P)
 と仰せです。
 “法華経の心” を知らなくてはならないと仰せです。この点については、また後日、考えてみたいと思います。
 
 それでは、法華経に説かれている 「虚空会の儀式」 について、自身の現実の修行の場では、どのように考えられるのか。池田先生は次のように述べられています。

 日蓮大聖人は、釈迦・多宝のもとへ十方の仏菩薩が集った虚空会の儀式を 「我等衆生を仏になさんとの御談合なり」(1360P) と仰せである。
 全員を 「一生成仏」 の直道へ
 一人ももれなく 「幸福勝利」 を
 この仏意に完璧に合致した荘厳な妙法流布の会座こそ、座談会を中心とする創価の会合なのである。ゆえに、そこには、参加者の仏性を引き出さずにはおかない、鮮烈な 「人間革命」 の “磁力” が生じてくるのだ。
 (大白巻頭言・2012-1月)

 “妙法流布の会座こそ、座談会を中心とする創価の会合なのである” と仰せです。学会活動の場における、本部幹部会や各種の会合は、まさに 霊山一会儼然未散の姿そのものなのであります。
 
 二処三会における、霊鷲山は 「現実の世界」 であり、虚空会は 「永遠の生命(悟り)の世界」 であります。「現実の世界」 の前霊鷲山会から 「永遠の生命の世界」 の虚空会へ、そこで勤行唱題して得た仏界の生命力に基づいて、そして再び 「現実の世界」 の後霊鷲山会へ戻っていくという、この往復作業とも言うべき唱題と学会活動の中に、折伏も人間革命(成仏)も広宣流布も、その他すべてのものが含まれているのである。

 池田先生は、戸田先生の七十五万世帯の誓願が成就されたことを喜ばれ、先生のお考えを偲ばれて、次のように述べられています。

 彼の脳裏に、あの獄中で身で拝した、「御義口伝」 の 「霊山一会儼然未散」 の御文が浮かんだ。
 ―― そうだ、霊山の一会は儼然として未だ散らぬがゆえに、この世に私たちは集い来たのだ。私は、あの法華経の会座に、たしかにいたことを身をもって知った。私だけでなく、皆、あの座にいた久遠の兄弟、姉妹であり、同志なのだ。生死を超えて、あの久遠の儀式は永遠につづいているのだ ……。それゆえに、大聖人の御生まれになった日本という地球の一角に、創価学会が生まれ、七十五万世帯を成し遂げることができたのだ。そこに、私の生涯の使命があったことは間違いあるまい。

 私は、学会を組織化し、広宣流布を敢行した。そこに、大きな広がりが生まれ、「地涌の義」 を現実のうえにあらわす、ひとつの方程式を示すことができたといえる。広布の方程式を確実なものとすることができたからには、あとは臨機応変な応用、展開の時代に入っていこう。そして、この広布の潮は、日本から世界へと広がり、五大陸の岸辺を洗う日も、そう遠くはないはずである。

 日蓮大聖人は、御本尊を御図顕あそばされ、末法の衆生のために、御本仏の大生命をとどめ置かれた。まさに 「我常在此。娑婆世界。説法教化」(寿量品) の経文のごとく、仏が常に此の娑婆世界にあって説法教化されている御姿である。創価学会は、その大法を末法の民衆に教え、流布するために、御本仏の御使いとして出現した。そして、大聖人の御精神のままに、苦悩にあえぐ人びとを救い、菩薩道を行じてきた唯一の団体である。それは未来永遠につづくであろう。すると、学会の存在もまた、「我常在此。娑婆世界。説法教化」(寿量品) の姿ではないか。してみると、学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう ――。
 戸田の胸に、熱い感動が込み上げ、あふれでる感涙が枕を濡らした。
  (文庫人間革命第12巻・235P)

 戸田先生は、“学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう” と仰せです。
 この 「創価学会仏」 とは、取りも直さず “戸田先生の悟り” であり、我ら創価学会員の確信であります。何と有り難きことか、「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり」(文段集548P) と仰せられるように、我が身が 「仏身」 と顕われることができるのであります。
 『御義口伝』 の 「五百品」 のところに 「貧なる人 此の珠を見て 其の心大いに歓喜す」 の経文を文底より解釈して、
 「此の文は始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名く 所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」(788P) とあります。

 池田先生は、「広宣流布に生き抜くことは、わが色心に妙法の力を漲(みなぎ)らせゆく仏事だ。「歓喜の中の大歓喜」 が湧きあがらないわけがない」 (大白巻頭言・2010-2月) と御指導されています。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の悟り (12)(広宣流布と師弟不二)

 特筆すべきことは、「戸田先生の悟り」 によって、滅亡の危機に瀕していた日蓮仏法が救われたということである。 
 仏法の滅亡は、外部からの弾圧の力だけではなく、実質的には内部の腐敗堕落から起きるのである。それも末端の僧ではなく、上層部の法主からして腐っていたのである。

 戦時中、日蓮正宗は軍部の弾圧を恐れて、日蓮大聖人が 「末法の御本仏」 であるという御書の文証を悉く削除し、勤行要典の御観念文を、神道風に改ざんしたのである。そのうえ、総本山の諸堂にまで 「神札」 を祀り、大謗法を犯すという始末である。
 昭和18年6月、学会の幹部は登山を命じられ、一応 「神札」 を受けるように、会員に命ずるようにしてはどうかと、日恭法主立ち会いのもと一僧侶から申しわたされた。
 牧口会長は、“神札は絶対に受けません” と強く申し上げて、下山の途中、戸田先生に “わたしが嘆くのは、一宗が滅びることではない。一国が眼前でみすみす亡び去ることだ。宗祖大聖人の悲しみを、私はひたすら恐れるのだ。いまこそ、国家諫暁の時ではないか。いったい、なにを恐れているのだろう” と述懐なされています。

 このような状態であり、宗門は立正安国の精神も、難を受ける覚悟もなく、日蓮大聖人の御精神を忘却してしまい、邪法邪義に染まってしまった。その結果、昭和20年6月、大坊・客殿等を焼失し、このとき日恭法主は焼死するという仏罰を被ったのである。
 このことは、もう既に日蓮正宗には、日蓮大聖人の正法正義や信心の血脈は、実質的に消滅し切れて無くなった、という証左なのである。それでも形の上では、66世日達上人まで続きましたが、上人が誰にも相承せず遷化なされましたので、この時点で名実ともに、宗門側の法脈は完全に切れたと思っています。

 一方、大難の中、まさに日蓮仏法の滅せんとした時、命を懸けて立ち上がったのが、牧口・戸田両先生であります。身は囚われの身であっても、国権の検察と対峙し、立正安国の正義をもって、国家諫暁を実践いたしました。
 牧口先生は、老齢の身で獄中にて名誉の殉教をなされました。戸田先生は、苛酷なる獄中を生き抜き、大聖人の大慈悲を賜わり、あの 「獄中の悟達」 を得ることができました。
 このことは、日蓮大聖人の御精神・御意志・法脈はどこにあるのかと言えば、それは 「戸田先生の悟り」 を通して 「創価学会」 のみにある、という証左なのであります。

 戸田先生は、「地涌の菩薩の本義は、広宣流布にある」 と、戦後の焼け野原に一人立ち上がりました。昭和26年5月3日、第二代会長推戴式の席上、「私は広宣流布のために、この身をすてます! 私が生きている間に、七十五万世帯の折伏は私の手でいたします」 と、生涯の誓願を宣言いたしました。
 
 日淳上人は、戸田先生の偉業を称えて言われました。
 「この七十五万は南無妙法蓮華経の五字七字であると、私は常に察しておったのでございます ……。
 御承知の通り、法華経の霊鷲山において、上行を上首として四大士があとに続き、そのあとに六万恒河沙の大士の方々が霊鷲山に集まって、必ず末法に妙法蓮華経を弘通いたしますという誓いをされたのでございます。…… その方々を会長先生が末法に先達になって呼び出されたのが創価学会であろうと思います。即ち、妙法蓮華経の五字七字を七十五万として地上へ呼び出したのが会長先生だと思います。……
 …… 皆様方が相応じて心を一つにし、明日への誓いを新たにされましたことは、全く霊山一会儼然未散と申すべきであると、思うのであります。これを言葉を変えますれば真の霊山浄土、仏の一大集まりであると、私は深く敬意を表する次第であります」
 (文庫人間革命第12巻・419P)
 以上のように、戸田先生と創価学会を “仏の一大集団” であると称え敬意を表されました。

 戸田先生は、七十五万世帯の誓願を見事に成就なされ、昭和33年4月2日、霊山へと旅立たれました。会長在任の期間は僅か七年間でしたが、その間の仏法上の業績は計り知れないものがあります。
 特に、滅亡の瀬戸際にあった日蓮仏法を蘇えらせ、今や全世界に発展する 「創価学会の原点」 は、実に戸田城聖先生の 「獄中の悟達」 にあるのであります。 
 
 題名の 「戸田先生の悟り」 は、私には荷が重すぎる課題であります。お役に立てたかどうか分かりませんが、日蓮仏法と歴代会長と創価学会について、少しでもご理解いただければ幸いに存じます。

 “まとめ” として、池田先生の戸田城聖先生について 『人間革命』 に記載されている御文を紹介させて頂きます。
 創価学会の原点は、初代会長牧口常三郎の殉教と、その弟子である戸田の獄中の悟達にこそある。
 牧口は、総本山が戦時中の軍部政府の弾圧を恐れて、謗法厳誡の御遺誡をも破って、神札をまつるにいたった時、正法正義を守り抜かんと、決然と立ち上がった。そして、御本仏日蓮大聖人の仰せのままに、国家の諫暁を叫び、戦い、捕らえられ、獄中に逝いた。まさに、牧口は法華経を身で読み、如来の行を行じたのである。
 この殉教こそ、死身弘法の証であり、日蓮大聖人の御精神の継承にほかならない。五濁の闇夜に滅せんとした正法の命脈はここに保たれ、学会は大聖人に直結し、信心の血脈を受け継いだのである。

 その牧口を師と定め、随順した戸田は、ともに牢獄につながれた。彼の胸には、凡愚の身にして法に命を賭し、法華経の一句を身で読める歓喜が脈打っていた。戸田はこの獄中で、唱題の末に、「仏」 とは 「生命」 であることを悟った。この時、難解な仏法の法理は、万人に人間革命の方途を開く生命の哲理として、現代に蘇ったのである。

 さらに、彼は、唱題のなかで不可思議な境地を会得していく。大聖人が地涌千界の上首として口決相承を受けられた、法華経の虚空会の会座に連なり、金色燦然たる大御本尊に向かって合掌している自分を感得したのであった。戸田は、込み上げる歓喜と法悦のなかで、自分は師匠牧口常三郎とともに、日蓮大聖人の末弟として、末法弘通の付嘱を受けた、地涌の菩薩であることを覚知した。地涌の菩薩の本義は、広宣流布にある。彼は、この時、この世で生を受けた自らの久遠の使命を、深く自覚することができた。
 「これでおれの一生は決まった。きょうの日を忘れまい。この尊い大法を流布して、おれは生涯を終わるのだ!」 
 これこそが、戸田の獄中の悟達の結論であり、彼の大業の原動力であった。

 さらに、この時、「御義口伝」 の 「霊山一会儼然未散(霊山の一会は儼然として未だ散らず)」 の御文を、生命の実感として拝することができた。彼は、師に随順するとによって、大難にあい、獄中にあって悟達を得たことを思うと、不思議な感慨を覚えた。
 そして、牧口との師弟の絆もまた、「法華経」 の化城喩品の 「在在諸仏土 常与師倶生(在在諸の仏土に 常に師と俱に生ぜん)」 の文のままに、久遠の昔より、永遠であることを感得したのである。
 しかし、ちょうどその頃、師の牧口は、秋霜の獄舎で息を引き取ったのであった。

 戸田は、恩師の三回忌法要で、牧口の遺影に向かい、感涙のなか、嗚咽(おえつ)をこらえながら語っている。
 「あなたの慈悲の広大無辺は、私を牢獄まで連れていってくださいました。そのおかげで 『在在諸仏土 常与師倶生』 と、妙法蓮華経の一句を、身をもって読み、その功徳で、地涌の菩薩の本事を知り、法華経の意味を、かすかながら身読することができました。なんたる幸せでございましょうか」

 師の牧口は獄中に散り、死身弘法の大精神をとどめた。その精神を受け継いだ弟子の戸田は生きて獄門を出て、広宣流布に一人立った。この生死を貫く師弟の不二の共戦のなかに、創価の精神はある。牧口と戸田とを不二ならしめたもの ―― それは、根源の師・日蓮大聖人の御遺命である広宣流布に殉じゆく強き信心の一念であった。

 山本伸一は、戸田という師なくしては、広宣流布もなければ、民衆の幸福も、世界の平和の実現もありえないことを、命に感じていた。事実、日蓮大聖人の精神は、ただ一人、牧口の弟子戸田城聖に受け継がれ、広宣流布の未来図は、彼の一念のなかに収められていた。

 仏といっても、決して架空の存在ではない。衆生を離れては、仏はありえない。法を弘める人こそが仏使であり、その人を守るなかにこそ、仏法の厳護はある。
 それゆえに伸一は、戸田の手駒となり、徹して師を守り抜いてきた。その億劫の辛労を尽くしての精進のなかで、彼は、自らの使命と力とを開花させていった。そして、戸田の精神を体得し、師の境地に迫っていったのである。

 戸田城聖は、無名の庶民に地涌の使命を自覚せしめ、七十五万世帯の達成をもって、六万恒河沙の地涌の菩薩の出現を現実のものとしゆく原理を示した。それは、法華経の予言の実現であり、日蓮大聖人の御精神の継承の証明といってよい。山本伸一が、今、その師のあとを受け、創価学会の会長としてなすべき戦いもまた、この地涌の義を世界に実現することにあった。

 一人ひとりの胸中にうちたてられた地涌の使命の自覚 ―― それは自身の存在にもっとも深く根源的な意味を与え、価値を創造し、悲哀の宿命をも光輝満つ使命へと転じ、わが生命を変えゆく人間革命の回転軸にほかならない。
 そして、その使命を果たしゆく時、一人の人間における偉大な人間革命がなされ、やがて、一国の宿命の転換をも可能にするのである。
 (文庫人間革命第12巻・447~451P)

 あらためて、歴代会長への報恩感謝の意を表したいと思います。
 創価学会初代会長・牧口常三郎先生、二代会長・戸田城聖先生、三代会長・池田大作先生を広宣流布の永遠の師匠と仰ぎ、その死身弘法の御徳に報恩感謝申し上げます。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR