無宗教と無宗派

 9月1日、創価大学の第 40回・夏季大学講座を受講しました。「人間学の扉 ――人間を探求するとはどういうことか?」 という講座名で、講師は文学部教授・山岡政紀先生です。

 「人間学」 といえば、私は “南無妙法蓮華経” と唱え奉ることが、自身を知る人間学の最直道であると確信はしていますが、それでは論理が飛躍しすぎて説得力はありません。そこで大学では、どのようなことを教えているのかなぁ と、思って受けてみました。

 午前90分、午後90分、計 3時間の授業で、スライドを使って分かり易い授業なのですが、何せ、頭が古くなっていて、あまり残ってない状態です。
 それにつけても、受講者の大部分が中年のご婦人の方々で、その向学心には、大いに学ばなければならないと思いました。中には三日間、続けて受講されている方もおります。
 
 はじめに、池田先生より教示された “文学部の三指針” を紹介されました。
 一、生命の尊厳の探求者たれ!
 一、人類を結ぶ世界市民たれ!
 一、人間主義の勝利の指導者たれ!


 昨今の大学を見ますと、卒業しても就職できなければ何もならないと、語学や技術などの実学を重要視する傾向にあるが、しかし、各界のトップの方々の一般的に共通していることは、文学・哲学・歴史等からよく学んでいて、造詣が深いと言うことでした。結局、何を学んできたかが問われているようです。

 つぎに、人間とは何か!動物との違いは何か!と言うことについては、色いろな定義があるが、どれが最も決定的な人間の定義なのかは未解明であるとのことでした。
 その中で、宗教的な人、宗教人について、スライドの画像を通して説明がありました。

 ある事故の現場で、花を手向けている人に “あなたの宗教は何ですか” と聞いたところ、“わたしは何も信じていません、無宗教です” と答えが返ってきた。
 この場合の “無宗教です” という言葉 は、“自分は特定の宗教をなに一つ信じていない” という意味である。すなわち “無宗派” である、ということであって、決して宗教心がない分けではない。それは、花を手向けるという行為自体が、もう既に、宗教的であるからである。
 また、“星に願いをかける” 少女がいたとする。何らかのものに願をかけると言うそのものが、宗教心のあらわれである。
 そのように考えると、人類・誰人と言えども宗教心のない、宗教人でない人間はいないのである。ここのところが、動物と違うところで人類が優れている点である。

 靖国問題で、よく “無宗教” の碑を建てようと言っているが、慰霊や碑は宗教的なものであるから、あれは “無宗派” の碑とすべきである、との指摘がありました。
 そこで、拙ブログの 「靖国と憲法」 の後半のところで、“第三に、新しい施設は、誰でも心置きなく追悼でるように無宗教の施設で ……” と書いていましたが、この無宗教を “無宗派” と訂正させて頂きますので、ご了承ください。
 ブログ 「靖国と憲法」 ―→ ここから

 そのほか、先生の「 トインビー対談」 や 「教育提言」 を通しての講義もありましたが、本を読んで見なければ思い出せませんので、後ほど、ご紹介できれば嬉しく思います。 
関連記事

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

講座 「人間学の扉」

 夏季講座 「人間学の扉」 の テキストに、次のようにありました。

 生命の尊厳の探究
 トインビー 「人間は他の動物より遥かに大きな行動の自由を持っています。他の動物より悪いこともできるし、善いこともできます」
 池田 「善と悪を見極める規範がなかったならば、それはもはや人間の社会とはいえません」 (『二十一世紀への対話』より)

 人間には行動の自由があるからこそ、善悪の見極めが必要になります。自らの意思で善の生き方ができる人こそが 「幸福な人」 ではないでしょうか。そして、教育の最大の使命はそのような生き方を啓発していくことにあるのではないでしょうか。
 池田先生は 「学問・教育の本質は、生命の尊厳を教えることである」 と述べられています。そして、生命の尊厳は頭で論理的に理解するものではなく、五感をフル稼働して感じ取っていくものでもあります。その感性を涵養するのは宗教的精神です。その意味で学問・教育は本来、宗教的でなければならないというのが先生のご主張です。
 但し、先生は 「宗教性」 と 「宗派性」 の区別を明言されています。「創価大学では宗教教育を行わない」 とされたのは、厳密には 「宗派教育を行わない」 という意味です。宗派性を超えた普遍的な宗教性、即ち 「人間が誰しももっている生命の尊厳への宗教的感性」 を育てることは人間教育に不可欠な要素です。
 宗教性を育てる方途として、池田先生は、「①対話、②古典文学の精神的遺産に触れること」、この二つを挙げられています。

 以上のように、端的に教えて下さっています。

 生命の尊厳とは、生命は崇高にして侵すべからざるものである。
 生命の輝き・躍動感は数量化できない。ゆえに、人間の研究は、この方法では全く成り立たない。しかし、ありありとしたクオリア(質感・感覚質)がある。
 生命の尊厳のクオリアに、ストレートに アプローチする学問、それが人間学である。そして人間の尊厳を伝え行く教育を、人間教育のための人間学である、と指導されました。

 池田先生の教育提言 「教育力の復権へ――内なる『精神性』の輝きを」 から(抜粋)

 宗教的使命は、人間的・社会的使命と相即不離であって、前者は必ず後者へと昇華、結実していかなければならない。もし、両者を切り離してしまうと、宗教性は宗派性へと歪曲され、ともすると宗教は、人々に害を及ぼす反人間的、反社会的な存在に堕してしまいます。多くの カルト教団が陥りがちな迷妄が、ここにあります。
 私が強調する 「宗教性」 とは、「宗派性」 とは厳しく一線を画しております。人間的・社会的側面での価値創造に繋がっていかない宗教性は、その名に値せず、どこかに偽りがあるのであります。ゆえに、私はかつて「 創価学会の社会的役割、使命は、暴力や権力、金力などの外的拘束力をもって人間の尊厳を侵し続ける “力” に対する、内なる生命の深みより発する “精神” の戦いである」 と位置づけたのです。
 この 「“精神” の戦い」 とは、精神性、宗教性の掘り起こしの謂であります。

 宗派性を超えて、精神性、宗教性の普遍的な広がりをもちうるかどうかは、その宗教が21 世紀文明に貢献していくための試金石といってよい。それと同時に、話を教育次元、特に宗派性をもち込んではならない学校教育の場に戻せば、私は、子どもたちの荒れた内面を耕し、緑したたる沃野へと変えゆく古今変わらぬ回路は、そうした精神性、宗教性を豊かにたたえた芸術作品、なかでも書物に接していくこと、即ち読書だと思います。
 コミュニケーション不全の社会に対話を復活させるには、まず言葉に精神性、宗教性の生気を吹き込み、活性化させていかなければならない。その活性化のための最良、最強の媒体となるのが、古典や名作などの良書ではないでしょうか。
   
 こういう古典を熟読吟味することが、どれほど自分の精神世界を豊かに、分厚いものにしてくれるか――優れた精神的遺産を “宝の持ち腐れ” にしておいては、もったいない限りであります。
 トルストイに限りません。ドストエフスキーでもよい。ユゴーでも ゲーテでも、何十年、何百年という時間の淘汰作用を経て生き延びてきた古典や名作には、必ず “何か” が含まれているはずです。外国の大文学が重すぎれば、日本の近代文学、あるいは河合隼雄氏などが推奨している コスミックな児童文学の中からでも、いくらでも拾い出すことが可能でしょう。
 いくら “活字離れ” がいわれても、否、“活字離れ” の時代であればあるほど、私は、時流に抗して、古典や名作と一度も本気で格闘したことのない青春は、何と寂しく、みすぼらしいものかと訴えておきたいのであります。


 先生は “古典や名作と一度も本気で格闘したことのない青春は、何と寂しく、みすぼらしいものか” と指導されています。いまの若者たちは、電車の中までも スマートフォンに、夢中になって使っている姿を、多く見受けられます。貴重な青春時代を、無駄に過ごしているようで、実に残念でなりません。

 山岡教授が、学生たちに読ませている文学作品の中から
 ビクトル・ユゴーの 『九十三年』 と 宮田 輝の 『骸骨ビルの庭』 の二作品の大意を話され、生命の尊厳性について話されました。
 これからは 「人道的競争時代」 になる。“生命尊厳の思想を普及し、社会に実現していく力をより強くもった人々を、育て啓発する教育。その基盤となるのは宗教的信念” である、との御指導でした。
 
 先生の教育提言 ―→ ここから
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

六巻抄

 「六巻抄」 とは、大石寺第二十六世日寛上人が著されたもので、三重秘伝抄第一、文底秘沈抄第二,依義判文抄第三、末法相応抄第四、当流行事抄第五、当家三衣抄第六の六巻からなるので、六巻抄という。

 日寛上人は、日蓮大聖人滅後約四百年間に発生した邪義をことごとく打ち破り、日蓮大聖人の仏法を内外に宣揚したのである。
 「此の書六巻の師子王あるときは国中の諸宗諸門の狐兎(こと)一党して当山に襲来すといえども敢(あえ)て驚怖するに足らず尤(もっと)も秘蔵すべし」(富要五巻355P) と仰せられており、“破邪顕正の書” と言われています。

 如何なる宗教も時の経過とともに、祖師の精神を忘れ、権威化・形式化が起こってくる。このような状況になった時、仏教では必ず正統の正師が出現して、その誤りを正して、仏教の正義を宣揚し、その時代と民衆を救済したのである。

 インドでは、釈尊滅後の弟子たちは、出家中心の上座部と在家中心の大衆部に分かれて行った。上座部(小経教)は保守化と権威主義化を強め、そのために釈尊は神格化されて、人々から遠くかけ離れたものになってしまった。
 そこで、大乗仏教を信奉する民衆の間から、仏教を民衆の手に取り戻そうとする革新運動が勃興した。この運動の中から、釈尊の出世の本懐である 「法華経」 の編纂がなされた。
 そして、竜樹菩薩は中論・大智度論を、天親菩薩は唯識論等を作り、小乗教を破折し大いに大乗教を宣揚した。
 
 中国では、天台大師が南三北七(揚子江流域に三派、黄河流域に七派)の各宗派の邪義を破折して、一代聖教を五時八教に立て分け、法華経最第一の正義を宣揚し、一念三千の珠を取り出だした。

 日本では、伝教大師が桓武天皇の御前で、南都(奈良平城京)六宗の碩徳(せきとく)と公場対決を決し、「法華経の円頓の別受戒を叡山に建立せしかば延暦円頓の別受戒は日本第一たるのみならず仏の滅後一千八百余年が間身毒(けんどく)尸那(しな)一閻浮提にいまだなかりし霊山の大戒日本国に始まる、されば伝教大師は其の功を論ずれば竜樹天親にもこえ天台・妙楽にも勝れてをはします聖人なり」(264P) と仰せです。これにより、平安朝の絢爛たる仏教文化の華が開きました。
 
 日蓮大聖人は、釈迦仏法の功徳が無くなった、末法の時代に御生誕なされました。民衆は念仏等の邪宗の害毒に染まり、苦悩に喘いでいました。民衆救済の大願に立たれ、その不幸の根源は邪宗・邪義にありと、「四箇の格言」 を以って諸宗を破折いたしました。
 そして釈尊の正意は法華経にありと。しかしまた、末法の正法は、法華経の文底に秘沈された妙法、すなわち 「三大秘法の南無妙法蓮華経」 であり、これを御本尊として御図顕して下さいまして、末法の衆生に与えて下さいました。この大慈悲心によって、一切衆生の成仏が可能となったのであります。

 大聖人滅後、弟子たちは各々自説を立てて分裂して行きました。ご正意に反するそれらの邪義が出尽くした後に、日寛上人はご出現になり、従来、行われていた迷論・妄説をことごとく破折した。
 日蓮仏法は、釈迦仏法の範疇を超えた画期的な仏法であり、それ故に、直弟子とか高僧と言われる者からして、解からなかったのである。
 かつて、大石寺には京都の要法寺から第15世~23世まで、9代に亘って法主を受け入れている。要法寺は京都の軟風にかぶれ、釈迦を本尊と立て造仏読誦を行っていた。現に17世日精は釈迦像の造立を行っている。このように正統を名乗る大石寺からして、何が大聖人の正義の法門なのか解かっていなかったのである。
 ここに不思議にも、日寛上人がご出現になり、ことごとく邪義妄説を破折し、日蓮仏法の “文底独一本門の久遠名字の妙法” を根底から明らかになされ、我われに教えてくださいました。日寛上人のご出現が無かりせば、日蓮仏法といえども、闇のなかに消えてしまったであろうと思うものである。

 私は昭和34年に教学部助師になりました。助師の教学研究会があり、その教材が 「三重秘伝抄」 でありました。もともと、国語や古文については勉強不足で、その上いきなり江戸時代の文献である。何がなんやら、訳の分からない思いをしたものである。

 ここ25年ぐらい組織内では、教学の教材として 「六巻抄」 は取り上げられていません。何故だろうかなぁ! と自分なりに考えてみました。
 
 まず何といっても、日寛上人は日蓮正宗の第26世の法主である。宗門と義絶している今、下手に宗門の古文書を研鑚させると、宗門側になびいたり、引き抜かれたりする者が出てくる可能性がある。これでは何のための教学か、“ミイラ取りがミイラになる” ようなものである。

 次に、世界広布を推進するうえで、SGIの海外の友にとって、権実相対や四箇の格言とか旧仏教のことを言ったって、元から、やっていないのだから無関係である。
 また、日本の若者たちも、家の宗教が何宗であるかも知らず、魅力も感じず無関心な状態である。もう既に権教・権宗は時代遅れの遺物なのである。
 しかし、そうであるから寧ろ、宗教の邪正・勝劣を厳しく判釈する 「三重秘伝抄」 ぐらいは教えても良いのではないかと思っています。

 これからは、日蓮大聖人の大仏法を研鑚しなければならない。それは法華経に込められている、生命の尊厳観、三乗のそれぞれの立場を超えて、一乗の普遍的視点に融和させる理などは、今世紀の混乱する地球社会を、平和・共存に導く大哲理であるからである。
 ますます、地涌の菩薩の使命を痛感する次第である。 
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

日寛上人

 「六巻抄」の著者である「日寛上人」について、もう少し述べてみたいと思います。それは何といっても、ご臨終のお姿の素晴らしさである。
 日寛上人は、享保十一年(1726年)正月、江戸の常在寺で信徒の要望に応えて 「観心本尊抄」 を講義した。講義満了の日に日寛上人は、

  「いま日寛が富楼那(ふるな)の弁を得、目連の神通力を現じて仏法の肝要を述べたとしても、言うところが後に誤りとわかれば信ずるに足りないであろう。そこでここに一つの予言をしておこう。私はソバが好きだ。臨終のときにソバを食べて一声大いに笑い、題目を唱えて死ぬであろう。もしそのとおりになったら、私が説いた一文一句も疑惑を生じてはならない」 と述べ、三月、大石寺に帰った。
 そして五月のころから急速に衰弱し、弟子が心配して薬をすすめたが服用せず、ひたすら臨終の準備を整えた。七月下旬、学頭日詳に法を相承し、滅後の諸事を遺言した。
 この時、日詳が薬をすすめたが服さず、「深く考えるところがあって、医療を用いないのである。当山は今、年を追って繁栄し、観解が倍増している。まさに三類の強敵が競い起るであろう。私はこの春以来、災いを攘(はら)うことを三たび三宝に祈願した。それゆえに仏天はあわれみを垂(た)れたまい、私自身の病魔をもって法敵に代えられたのである。これこそ転重軽受なのであるから決して憂えてはならない」 と明かした。
 八月十六日、法衣を著し、駕籠(かご)に乗り、本堂に詣で誦経唱題し、廟所に参詣し、日宥の隠居所、学寮に寄って、暇乞いをすませた。十八日夜、大曼荼羅を掛け、香華、灯明を捧げ、侍者に向かって種々の用心を教え、最期に末期の一偈(げ)一首をしたためた。

 本有の水風、凡聖常に同じ
 境智互に薫(くん)じ、朗然(ろうねん)として終に臨む

 末の世に 咲くは色香は 及ばねど
  種は昔に 替(かわ)らざりけり


 書き終わって 「ソバをつくってもらいたい。冥途(めいど)の出立によかろう」 と語り、七箸(ななはし)食して 「ああ面白や、寂光の都は」 といい、それから大曼荼羅に向かい、一心に合唱して題目を唱え、半眼半口にして眠るように遷化。享保十一年八月十九日の朝であった。
  (仏教哲学大辞典より)

 人は誰しも、自分の臨終の状況を予測するなんて、至難のわざで凡人の到底なし得ることではない。しかし、日寛上人は、「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり」 (文段集・548P)の金言を、ご自身で証明なされました。

 これと同じようなことが、法華経を漢訳した羅什三蔵の故事にあります。羅什はつねづね、自分の訳した経に誤りがない証拠として、死んで火葬した時に、身は灰となっても、舌だけは焼けずに残ると予言していた。そして、その通りになったので、羅什訳の 「妙法蓮華経」 はやすやすと漢土に広まったのである。

 したがって、日蓮大聖人の “三大秘法の御本尊” を、正しく受持し、信心修行に励めば、成仏得道は絶対に間違いないことを、日寛上人はご自身の実体験で、我われにご指導してくださいました。
 現在、有り難いことに、創価学会員受持の御本尊は、日寛上人御書写の御本尊である。

 日顕宗が法主の認可のない本尊は、ニセ本尊と言っているが、では、過去に書写された本尊は、全てニセ物になるのか? そのようなことを言う日顕こそ、相承を盗み取った法盗人であり、芸者遊びの放蕩堕落坊主のニセ法主である。
 中興の祖と謳われる日寛上人の事績と比べれば、天地雲泥、比べることすら、はばかれる。
 日顕は正本堂を壊し、広宣流布を破壊する、法滅の妖怪である。このようなニセ法主に付き随う法華講員こそ、哀れである。一人でも多くの講員を救うべく、その救済運動に頑張ります。

 「羅什の舌焼けず」―→ ここから
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR