体験談(3)(譬喩とは功徳と罰である)

  私の入信の動機である病気のゆえに、誰も頼りにならず孤独で寂しい思いをしたことは、既に申し上げました。
 入信後、『方便品寿量品精解』 を読んだとき、法華経に説かれている譬え話が、全く我が身に当てはまることに、驚きを禁じ得ませんでした。法華経の文を、身で読んだといえば聞こえは良いが、身に読まされたというのが実感である。
 その譬え話は、「如来寿量品第十六」 の 「良医病子の譬」 であります。

 この 「良医病子の譬」 のあらすじは、聡明で医薬に通じた良医(父)がいた。父が他国に行った留守中に、子供たちは他人が勧める毒薬を飲んでしまって、地に転げ回って苦しんでいた。
 そこに父の良医が帰ってきた。毒のために本心を失った者と本心を失っていない者がいた。父は色も香りも味も素晴らしい良薬を調合して、子供たちに与えたところ、本心を失っていない者は、良薬を服して病が治った。
 ところが、本心を失った者は素晴らしい良薬であることを認識できず、飲もうとしないで、苦しむばかりであった。そこで、父は一計を案じ、自分は年老いたから、いつ死ぬかもしれない。ここに素晴らしい良薬を置いておくから、飲みなさいと言い残して、他国に行ってしまう。そして、使者を遣わして子供たちに、父は死んだという知らせを届けさせる。
 本心を失っていた子供たちは、父が亡くなったあまりの悲しみで、ついに本心を取り戻し、父の言葉を思い出して良薬を飲んだところ、全快した。子共たちが全員助かったと聞いた父は、すぐ帰宅して、子供たちの前に姿を見せたのである。

 以上の譬え話の中で、使者から父が死んだと聞いた子供たちが、頼みがなくなり、悲嘆し、苦悩したときの状況を述べた、ところの寿量品の経文が、
 自惟孤露(じゆいころ)。無復恃怙(むぶじこ)。常懐悲感(じょうえひかん)。心遂醒悟(しんずいしょうご)」 〔自ら惟(おもんみ)るに孤露(ころ)にして復(また)恃怙(じこ)無し。常に悲感を懐いて、心遂(つい)に醒悟(しょうご)しぬ〕 であります。 (恃怙 … 頼み。よりどころ)
 この寿量品の経文が、私が入信前に実体験した情況と全く同じ状態であり、驚嘆いたしました。 
 
 譬喩とは、譬え話のことである。『御義口伝』 には次のように述べられています。
 文句の五に云く 「譬(ひ)とは比況(ひきょう)なり、喩(ゆ)とは暁訓(ぎょうくん)なり。大悲息(や)まず巧智(ぎょうち)無辺なれば、更に樹(き)を動かして風を訓(おし)え、扇を挙(あ)げて月を喩(さと)すと」 (721P)

 「譬とは比況 ―― 此をあげて彼と比し、喩とは暁訓 ―― 浅きによって深きを訓えるのである。仏の大慈悲はやむことなく、巧みなる智慧は無辺に働くのであり、さらに、迷う者のために、樹を動かして、風というものをおしえ、扇をかかげて、月というものを分からせるのである」 と。
 大悲息(や)まずと。仏様は、仏法を全く聞いたことのない衆生を憐(あわ)れむが故に、難解な仏の悟りの法門を、身近な具体的な事物・事象に即して、いかなる衆生にも解かるように説くというのである。
 ここでは、月が山や雲に隠れてしまえば、月によく似た扇を差し上げて月に譬え、風が大虚(大空)において止むと、樹木を動かして風を教えるという譬えである。

 『総勘文抄』 に、「自行の法とは是れ法華経八箇年の説なり、是の経は寤(うつつ)の本心を説き給う唯(ただ)衆生の思い習わせる夢中の心地なるが故に夢中の言語を借りて寤の本心を訓(おしう)る故に語(ことば)は夢中の言語なれども意(こころ)は寤の本心を訓ゆ」(561P) とあります。 (寤 … 目覚めている・悟り)           
 
 池田先生は、また、伝教大師は 「法華経の七喩は即ち法体であり、法体は即ち譬喩である」 と言っている。譬喩即法体 ―― 法華経の譬喩というのは、仏の心そのものであるということです。そして、この譬喩即法体の究極が南無妙法蓮華経であると、大聖人は当体義抄で明かされています。  (法華経の智慧2巻・31P)

 以上のように譬喩は、単なる譬え話ではなく、仏の心・妙法(法体)そのものであり、生命の法理を正しく説いているのである。ゆえに、譬え話と言っても妙法なるがゆえに、それがそのまま、現実の生活のうえに現象として現れてくるのである。この 「良医病子の譬」 も然りであります。
 また、「長者窮子(ぐうじ)の譬」(信解品第四) にもあるように、諸国(六道)の巷(ちまた)を巡りめぐって、やっと父の長者(仏)のもとに帰ってきた窮子(困窮する子)は、誰でもない私自身であったのである。
 このことから私は、法華経の文字は、「一字一句・皆真言なり、一文一偈(げ)・妄語(もうご)にあらず、…… 説くところの所説・皆真実なり」(188P) の御金言を、僅かながら信ずることが出来るようになりました。

 真理には普遍性があります。ゆえに、このことは私一人だけのものではなく、一族・一家で最初に入会した学会一世と謳(うた)われる方々は、ほとんどが、私のような体験を持っていると思います。
 すなわち、事故や病気等で体を害し・破産で財産を失い・人間関係で家庭・家族や友達を失った等々、何らかの代償を払って、やっと御本尊様に巡り合えたのである。私は右耳の聴力を失いました。これほどまでにしても、正しい 三大秘法の 「本門の本尊」 には、なかなかお会いし難いのである。

 そのお会いし難いことを、寿量品の経文には、
 必当生於(ひっとうしょうお)。難遭之想(なんぞうしそう)。心懐恋慕(しんねれんぼ)。渇仰於仏(かつごうおぶつ)。便種善根(べんしゅぜんこん)」 〔必ず当(まさ)に難遭の想(おもい)を生(しよう)じ、心に恋慕を懐(いだ)き、仏を渇仰して、便(すなわ)ち善根を種(う)ゆべし〕 とあります。
 すなわち、心に会い難き御本尊を渇仰して、恋い遵(したが)う信心を致さねばなりません。そして福徳を積んで行きなさいとのことです。

 池田先生は、「譬喩」 について次のように述べられています。
 譬喩とは、あくまで実体の説明である。しこうして、実体とは何か。これこそ、南無妙法蓮華経なのである。また、譬喩とは、ある意味で、われわれの生活である。そして、実体とは大御本尊である。われわれの生活のいっさいが、大御本尊の偉大な功徳を説明しているといえる。「譬とは比況なり」 とは、昨日の生活、一年前の生活、また信心する以前の生活と、今日の生活とは、明らかに相違があろう。これが比況である。また、信心しない人と信心している人の生活、ぜんぶ比況となろう。「喩とは暁訓なり」 とは、その生活の実相そのものが、偉大な大御本尊の力を教えさとしていることである。
 また、譬喩とは功徳と罰である。われわれが大御本尊を信じ、唱題し、折伏行に励むのは即身成仏のためである。われわれが最初、信心した動機は、貧乏、病気、精神的な苦しみ、家庭不和等で、さまざまな悩み、動機があったわけである。それが、信行に励んだときに、次第次第に解決していく。これこそ大聖人が 「近き現証を引いて遠き信を取るべし」(1045P) とおおせのごとく、即身成仏は絶対に間違いないと確信すべき根拠なのである。 
 また、信心に反対すれば、必ず罰がある。大聖人は 「過去現在の末法の法華経の行者を軽賤する王臣万民始めは事なきやうにて終(つい)にほろびざるは候はず」(1190P) と断言されている。ゆえに、その罰は、無間地獄に堕ちるということを意味するものである。それは即ち、大御本尊による以外に、幸福になる道は絶対にないという証拠でもある。
 (御義口伝講義上・323P) 

 「教とは三千羅列なり」(721P) とは、「因果の理法」 のことである。御本尊を信ずることは、「因果の理法」 を信ずるということである。
 “世間法” と “国法” と “仏法” という三つの法があると言われている。世間法と国法の網の目は粗く、罪を犯しても逃げ通すこともある。
 しかし、仏法律は厳しい。おまけもなければ、割り引きもなく、因果の理法によって、それ相応の果報を受けるのである。
 功徳と罰は、南無妙法蓮華経を証明する譬喩である。ならば同じくは、大功徳をもって御本尊様を荘厳申し上げたいと願うものである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

名誉会長のメッセージ(マンデラ大統領)

 「世界広布新時代第2回本部幹部会」 が8日午後、沖縄研修道場で晴れ晴れと開催されました。
 池田先生は、“メッセージ” を贈って下さり、そのなかで 「私は、きょうが18回目の沖縄訪問との思いで、皆さんの晴れ姿に大拍手を送っております」 と、最大の激励をしてくださいました。

 「名誉会長のメッセージ」 のなかに、去る5日(現地時間)に逝去された、南アフリカの ネルソン・マンデラ元大統領のことについて(抜粋)、述べられているところをご紹介したいと思います。
 
 一、この5日に逝去された偉大なる 「アフリカの人道の闘士」 マンデラ元大統領は、語り残されております。
 「幾多の災難の嵐が襲おうとしても、決意を固めた革命的闘士を押し流すことはできない。また、悲惨をもたらす不幸の連続も、その人を苦しめることはできないと確信する」 と。
 マンデラ元大統領が 27年半の獄中闘争を耐え抜かれて出獄された 1990年に、私は東京でお迎えしました。
 多くの若人の歌と舞の歓迎を、それはそれは喜んでくださいました。
 青年をこよなく愛され、後継の世代を幾重にも育成してこられた、あの マンデラ・スマイルが思い起こされてなりません。
 今、わがアフリカ広布の闘士たちが、マンデラ元大統領が歩み抜かれた不撓不屈の信念の道に陸続と続いております。
 アフリカの婦人部のリーダーが語っていました。
 「現実は大変ですが、断じてあきらめることはありません。なぜなら、困難を乗り越える力は、自分自身のなかにある。日蓮大聖人の仏法は、このことを教えてくれました」「私たちが社会で生き生きと光れば、アフリカの世紀が輝きます」 と。
 この負けじ魂が、学会精神です。
 一人一人が、自らの今いるその場所で、わが生命を最高に光り輝かせていく 「人間革命」 の勇気と正義の舞から、すべては始まるのです。
 (2013-12-10・聖教3面)

 マンデラ元大統領は、27年間・約 1万日に及ぶ獄中闘争を耐え抜いた信念の闘士であります。さぞかし、威厳があり、いかついお顔の方かと思いきや、あに図らんや、好々爺然とした、笑顔の本当に素晴らしいお方でありました。
 9日の NHKの “クローズアップ現代” で、マンデラ大統領について語られていました。記憶をたどりながら、自分なりに述べてみます。

 はじめは不当な差別や迫害や身は拘束され、心は怒りや恨みに満ちていたが、獄中闘争のなかで段々と考えて行くうちに、抑圧する側の心のなかも、人を差別し迫害するという三悪道に覆われていて、それに拘束されているという事実に気が付きました。
 このことは、抑圧される側だけでなく、抑圧する側も共に、自身の悪心からの解放が成されなければ、問題の解決にはならないことを物語っています。
 
 そして、まず身近におる看守たちから、対話を通して道理を納得させる闘いをはじめました。
 弁護士が、マンデラ氏に接見した時、ある変化に気づいたとのことです。それは、看守が マンデラ氏に随っているように見えたとのことである。このような場合、普通は大抵、看守が被告人を引っ張り出してくるように見えるとのことである。
 このように マンデラ氏は、獄中で磨かれた自身の変革の力で、人種間の融和に尽くしました。
 
 後に、南アフリカ国の大統領に就任されました。黒人政権が樹立された時、一部には報復しょうとする勢力もおったようであったが、大統領は断固として 「白人支配はもちろん、また黒人支配にも反対する(趣意)」 と叫んで、人間革命した人格の力で人種間の融和を実現させました。
 いま、シリアでは、反対勢力との泥沼の戦闘中であるが、このことを思えば、マンデラ大統領の高邁な人格と偉大な業績が偲ばれるのである。

 「沖縄総会」の意義を込めた、この “メッセージ” のなかで、池田先生は、
 青き大海原のように開かれた心で「万国の津梁(しんりょう=懸け橋)となってきた沖縄の天地から、「世界広布」 即 「世界平和」 の新時代へ、我ら創価家族は勇気凛々と、新たな大航海を開始しょうではありませんか と御指導してくださいました。 
関連記事

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

権実相対(十如実相)

 日蓮大聖人の第一法門である 「権実相対」 について、考えてみたいと思います。
 権実相対の権とは仮、実とは真実の意で、方便として説かれた権大乗教と、仏の真実の悟りを明かした実大乗教(法華経)を比較検討して、権大乗教よりも実大乗教が勝ることを示したものである。

 法華経が最高の経典だと言うけれど、法華経以外の権教(小乗・外道も含む)との違いは何か といえば、日蓮大聖人は 『開目抄』 において、次のように仰せられています。

 「此等の経経に二つの失(とが)あり、一には行布(ぎょうふ)を存するが故に仍(な)お未だ権を開せずとて迹門の一念三千をかくせり、二には始成を言うが故に尚未だ迹を発せずとて本門の久遠をかくせり、此等の二つの大法は一代の綱骨・一切経の心髄なり」(197P) と。

 これらの爾前経には二つの欠点があると、これが取りも直さず法華経との違いであります。
 一つには、十界のなかに行布(差別)を設けて、二乗・悪人・女人は成仏しないと説くゆえに、いまだ権を開せずといって、迹門の一念三千を隠している。
 二つには、インドで生まれて成仏したという始成の仏が説くゆえに、なお未だ迹を発せずとて、久遠・常住の生命観を隠している。
 この二つの大法、すなわち 「一念三千」 と 「久遠実成」 は、法華経のみに説かれた大法であるがゆえに、一代仏教の綱骨であり、一切経の心髄である。

 つづいて、「迹門方便品は一念三千・二乗作仏を説いて爾前二種の失・一つを脱(まぬか)れたり、しかりと・いえども・いまだ発迹顕本せざれば・まことの一念三千もあらはれず二乗作仏も定まらず、水中の月を見るがごとし・根なし草の波の上に浮べるににたり」(197P) と仰せです。

 迹門方便品は、一念三千の法理を諸法実相に約して説き、また二乗作仏も説いて、爾前経の二種の欠点のうちの一つを脱れた。しかしながら、未だ迹門では、仏の本地を顕していないがゆえに、本有常住の生命観を説き明かしていない。
 すなわち発迹顕本していないから、生命の実体が不明で、真実の一念三千もあらわれず、二乗も作仏すべしと説かれたものの、本有常住・十界互具の生命観が示されていないから、仏の生命も九界の生命もその実体は不明のままである。したがって、二乗作仏も不定である。
 このような実体のないものは、水面に浮かぶ月影のようなものであり、根無し草が波の上に浮かんでいるようなものである。

 日寛上人は、『三重秘伝抄』にて 「行布とは即ち是れ差別の異名なり、所謂・昔の経経には十界の差別を存するが故に仍(なお)未だ九界の権を開せず、故に十界互具の義無し、故に迹門の一念三千を隠せりと云うなり」(六巻抄・25P) と述べられています。

 行布とは、菩薩の修行の位を五十二位に分けて、次第に行列布置し差別を設けていることであり、ここでは爾前経における十界の差別をいう。
 爾前経で説く十界は、それぞれ個々別々のものとして説かれていた。したがって、修行によってその段階を一つづつ上って行くのであるが、菩薩・仏界などには、もはや、今世では到底達し得ぬ境地であり、なかんずく、仏界と他の九界との断絶は、甚だしいものがあった。
 ゆえに、必然的に何回も生まれ変わって、歴劫修行する以外にないとされた。 

 『一代聖教大意』に 「法華経已前の諸経は十界互具を明さざれば仏に成らんと願うには必ず九界を厭(いと)う九界を仏界に具せざるが故なり、されば必ず悪を滅し煩悩を断じて仏には成ると談ず凡夫の身を仏に具すと云わざるが故に、されば人天悪人の身を失いて仏に成ると申す、此れをば妙楽大師は厭離(おんり)断九の仏と名(なづ)く、…… 煩悩を断じ九界を厭うて仏に成らんと願うは実には九界を離れたる仏無き故に往生したる実の凡夫も無し」(403P) と仰せられています。
 
 このように煩悩を断じてしか、仏に成らないと説く爾前・権経では、我ら無明の凡夫は絶対に仏に成れないのである。その凡夫が仏に成ることができるのは、法華経において 「十界互具・百界千如・一念三千」 の法理が説かれたからである。

 大聖人は、「一念三千は十界互具よりことはじまれり」(189P) と仰せです。
 「十界互具」 とは、十界の各界が互いに十界を具えていることをいう。十界の各々の境涯が差別・固定化されているのではなく、瞬間瞬間に変化・流転し行く生命の実相を説いたものである。互具とは、顕現から冥伏へ、冥伏から顕現へという生命の相互関係を意味している。
 この十界互具の理によって、三毒にまみれた凡夫の生命の中にも仏の生命があり、その仏性を顕現させることによって、成仏の道が開かれたのである。

 では、法華経のどの法理によって 「十界互具」 が示されたのかと言えば、方便品第二の 「十如実相」 の法門である。
 「此の方便品と申すは迹門の肝心なり此の品には仏・十如実相の法門を説きて十界の衆生の成仏を明し給へば ……」(1015P) と説かれています。
 『十如是事』に、「我が身が三身即一の本覚の如来にてありける事を今経に説いて云く如是相・如是性・如是体・如是力・如是作・如是因・如是縁・如是果・如是報・如是本末究竟等」(410P) とあります。

 この 「十如是」 について、『三重秘伝抄』に、「初めの相を本となし、後の報を末と為し、此の本末の其の体究(きわま)って中道実相なるを本末究竟等と云うなり」(六巻抄・18P) とあります。
 “相・性・体” の三如是は諸法の本体を表し、“力・作・因・縁・果・報” の六如是はその機能面を表している。そして “相” から “報” に至る九如是は一貫した統合性・相即不離の関係を保持している。
 ゆえに、地獄界から仏界までの十界は、この九如是の法によって貫かれており、その本体と機能面、“相” から “報” までの九つのすべては、それぞれ時間・空間的にもバラバラで断絶があるのではなく、瞬間的に融合し究竟して等しいのである。それぞれを融合・統一させる観点が “如是本末究竟等” の法理である。
 この 「十界互具・十如是」 の法理は、いま自身がどの境界に在ろうとも、瞬時に他の十界の境界へ移行する可能性を示している。ゆえに、「十界互具・一念三千」 の当体たる御本尊に南無することにより、己心に内在する仏界を開き、即身成仏することができるのである。
 
 『総勘文抄』 に 「十如是」 について、説明がありますのでご紹介いたします。
 「十法界は十なれども十如是は一なり譬えば水中の月は無量なりと雖も虚空の月は一なるが如し、九法界の十如是は夢中の十如是なるが故に水中の月の如し仏法界の十如是は本覚の寤(うつつ)の十如是なれば虚空の月の如し、是の故に仏界の一つの十如是顕れぬれば九法界の十如是の水中の月の如きも一も闕減(けつげん)無く同時に皆顕れて体と用(ゆう)と一具にして一体の仏と成る、十法界を互に具足し平等なる十界の衆生なれば虚空の本月も水中の末月も一人の身中に具足して闕(か)くること無し故に十如是は本末究竟して等しく差別無し、本とは衆生の十如是なり末とは諸仏の十如是なり諸仏は衆生の一念の心より顕れ給えば衆生は是れ本なり諸仏は是れ末なり」(564P)
 
 講義 十如是は九界たると仏界たるとを問わず、あらゆる衆生の生命に共通に具わる普遍的真理を取り出したものであるから、「十法界は十なれども十如是は一」 である。
 ただし、仏界と九界とを対比すると、仏界の十如是は、本来の生命の正しい姿を悟り顕現しているのであるから 「虚空の月」 にたとえられ、九界の十如是は水中の月にたとえられる。
 ゆえに虚空の本体の月があらわれれば、水中の月も同時にあらわれ、「体と用と一具にして一体の仏と成る」 とは、正法を信じ仏界が涌現すれば、その人の生命に具わる九界も、本来の正しい働きをあらわすようになるということである。
 また、本末究竟の本末に配すれば、本とは衆生の十如是であり、末とは諸仏の十如是であると仰せられ、その理由は、諸仏といっても所詮は衆生の一念の心から顕現してきたからであると説かれている。
  (文庫総勘文抄講義・191P)

 少々理屈っぽくなって、書いている自分からして解かりかねるところであるが、要は、成仏の理論的・プロセス・可能性を解明しているのは、法華経方便品の 「十如実相」 の原理にある。爾前・権教で説かれる “即身成仏” や “極楽往生” などは、何の根拠もなく空理空論、ただの空手形を切っているだけである。
 そうであるのに、この最高の法華経を、弘法は “第三の劣・戯論の法” と侮り、法然は機根に合わないからと “捨閉閣抛” させた。実に無慚極まりないことである。一刻も早くこの迷妄から覚めて頂きたいと願うものである。 
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

「誤解を解く」と言うが

 安倍首相が政権発足1年目の26日、靖国神社に参拝した。中・韓両国が反発するのは覚悟のうえで、あえて友好親善を阻害してまで行う首相の気が知れない。
 今回は米国まで 「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させる行動を取ったことに米政府は失望している」 との異例の声明を出した。

 安倍首相は、この問題の “誤解を解く” ために対話のドアは何時でも開いていると言っているが、私は中・韓や米国が誤解していることよりも、首相の妄執や確執の方に問題があると思っています。

 安倍首相が誤解だとしている点は、
 1) 日本は戦後、自由と民主主義の平和国家の道を歩んできた。それを無視して靖国参拝にかこつけて、あたかも戦前の日本に回帰するかのように言うのは的外れである。
 2) この問題を政治・外交に絡めて、何時までも長引かせているのは、中・韓の方ではないか。
 3) どこの国の指導者でも、戦没者の追悼儀式に参列している。その国の戦没者をどう追悼するかについて、本来、他国からとやかく言われる筋合いはない。

 以上のような点が見受けられますが、このような点は誤解でも何でもない。相手は先刻承知のうえで、日本外交の弱点を突いてきているのである。このままの状態で首相は、話せば “誤解は解ける” と本気で思っているのであろうか。もしそうであるならば、能天気なことだ。

 靖国神社のことで、中・韓が問題視している点はA級戦犯の合祀である。このA級戦犯の合祀の問題を解決せずして、いくら話をしても “誤解は解けない” であろう。合祀の問題をそのままにして置けば、今度は欧米諸国から指弾を受けるように成るだろう。相手ではない、こちらが変わらなければならない。
 首相は 「すべての戦争で命を落とした方の冥福を祈り、不戦の誓いをした」 と語っているが、先の大戦の時、彼我の関係諸国に多大な人的・物的損害を与えた戦争を指導したA級戦犯を、神様と祀り称えている靖国神社に、不戦の誓いをしても、何ら不戦の誓いにはならない。
 少しでも、侵略され被害を被った相手国の国民感情をも考慮すべきである。

 A級戦犯の過去記事 ―→ ここから

 安倍首相は、第一次内閣のとき参拝しなかったことを 「痛恨の極み」 と言っているが、首相の仕事として慰霊することが、関係国との友好を阻害してまで行わなければならないほど、そんなに大事なことなのでしょうか。
 しかも、公人として一宗教団体に係われば、憲法違反になるのである。
 過去の死者の霊よりも、現在の生者の生活の方が大事な筈だ。仏法では 「本迹を分け勝劣を弁ず可きなり」(869P) と仰せです。
 どちらが大切なのか。首相として、未来を見据えた判断を誤って貰っては困る。
 国民の幸せな生活と世界の平和のために、ご尽力して下さるよう願ってやまない。

 関連記事・靖国と憲法 ―→ ここから 
関連記事

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR