法華経の心(9)(折伏)

 一切衆生に仏性があるという 「法華経の心」 を実践せんがために、常不軽菩薩は一切衆生の人々を礼拝して回りました。この [不軽菩薩の礼拝行」 は、末法においては仏道修行の折伏弘教に当たります。

 「折伏(しゃくぶく)」 とは、破折屈伏ということで、相手の邪義・邪法を破折して、正法に伏させる化導法の一つで、摂受に対する語である。
 「摂受(しょうじゅ)」 とは、摂引容受ということで、相手との違いを認めつつ次第に誘引して、正法に入らせる化導法のことである。

 『佐渡御書』 に、「仏法は摂受・折伏時によるべし」(957P) 
 『開目抄』 には、「無智・悪人の国土に充満の時は摂受を前(さき)とす安楽行品のごとし、邪智・謗法の者の多き時は折伏を前とす常不軽品のごとし」(235P) と仰せです。

 仏法の弘経の方軌に、摂受と折伏があるが、“無智・悪人の国土に充満の時は摂受を”、“邪智・謗法の者の多き時は折伏を前とす” とあり、そのどちらを取るのかは、章安の云く 「取捨宜きを得て一向にす可からず」(236P) と言われますように、時代の様相によるのである。
 ここに “無智・悪人” とあるのは、愚かでろくでなし・ということではなく、仏法の道理を知らない者、まだ仏法が流布されていない国土の人という意味であります。
 “邪智・謗法” というのは、邪悪な智慧をもって正法(法華経)を謗ることである。
 『開目抄』 に、「日本国の当世は悪国か破法の国かと・しるべし」(235P) とあり、「正像の時の所立の権小の二宗・漸漸・末法に入て執心弥強盛にして小を以て大を打ち権を以て実を破り国土に大体謗法の者充満するなり」(507P) の如き日本国は、折伏の時である。

 折伏は破折屈伏のことであるが、我々が折伏したときによく言われた言葉に、“宗教は自由だ。人の宗教を悪く言うのは、信仰者として有るまじきことではないのか。(趣意)” というものがあります。
 このことについて、先生の 『御書の世界』 のご指導を学びたいと思います。(抜粋)

 名誉会長  「如説修行抄」 等には 「法華経の敵を責める」 と仰せです。 この点について、誤解のないように一言しておきたい。
 誤った教えに執着している人は、たとえ正しい教えが示されても、かえって反発し、誤った教えへの執着を強める。
 だからこそ、粘り強い対話で、教えそのものの誤り、そしてそれを信じることの誤りの両方を明確に指摘し、気づかせ、目覚めさせることが大事です。
 相手が邪見に毒されて悪口している場合は、破折が表になるのは当然です。 「破折」 を忘れたら、大聖人の弟子ではない。 悪への 「破折」 がなくなったら、創価学会の魂はありません。


 森中  「如説修行抄」 には、「諸宗の人法共に折伏して御覧ぜよ」(504P) とも仰せです。

 名誉会長  ただし、「責める」 といっても、決して言い争いをするとか、まして言論以外の手段を用いるということではない。
 「正邪を明らかにしていく」 ことであり、具体的には、「正法を言い切っていく」 ことです。
 “間違っている” という指摘だけでは、不十分です。 言われた側も納得できない。 “これが正しい” と明確に示してこそ、現実に変革へと一歩、踏み出すことができる。


 斉藤  正義を示す 「第一義悉檀(しつだん)」 と、悪を打ち破る 「対治悉檀」 は、一体不二ですね。

 名誉会長  その根本は、やはり慈悲です。
 大聖人は、「開目抄」 で、御自身が折伏を行じ、諸宗を厳しく破折されている意味を、涅槃経を解釈した章安大師の言葉を引いて示されている。

 
 森中  拝読します。
 「仏法を壊乱するは仏法中の怨(あだ)なり 慈無くして詐(いつわ)り親しむは是れ彼が怨なり 能く糾治(きゅうじ)せんは是れ護法の声聞真の我が弟子なり 彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり 能く呵責(かしゃく)する者は是れ我が弟子駈遣(くけん)せざらん者は仏法中の怨なり」(236P) 
 
 斉藤  ………
 この言葉に照らして見るときに、一切衆生を仏にしょうとの法華経の深い心を踏みにじって、仏法を破壊し混乱させている諸宗を徹底して責めることは、仏法者としての責務であり、真の慈悲の行為です。

 名誉会長  大聖人の実践される折伏行は、どこまでも邪法に惑わされている人々を目覚めさせ、救っていこうとの、大慈悲の御精神に基づくものです。
 私たちの折伏の実践もまた、どこまでも大聖人の大慈悲の御精神に連なって、一人の人を必ず救っていこうとの一念に基づくものでなければならない。
  (御書の世界3巻・26~29P)

 折伏行は、どこまでも大慈悲の御精神に基ずくものであります。それでは、もう少し、折伏の意義、功徳について、お伺いしたいと思います。

 名誉会長  折伏の意義については、何点か述べることができます。
 まず、折伏の核心は、「慈悲」 と 「哲理」 であるということです。
 「慈悲」 とは、苦悩する人々を救う仏の心です。これは、私たちが実践するうえで、友への 「思いやり」 であり、具体的には、粘り強い 「忍耐力」 と、正義を語り抜く 「勇気」 として現れるといえます。
 「哲理」 とは、すべての人が成仏できる “誰もが幸福になる権利をもつ” という法華経の哲理に対する 「確信」 です。

 ………
 名誉会長  折伏の根本は、“すべての人を何としても幸福に” という仏の願いです。 その心をわが心とすることが、末法広宣流布に戦う本物の弟子、地涌の菩薩の誓願です。
 「慈悲」 は、しばしば 「慈」 と 「悲」 に分けて論じられます。
 「慈」 は、人々をわが子のように慈しみ、教え導くことです。
 「悲」 は、人々の苦悩を悲しみ、同苦することです。
 
 ………
 名誉会長  ………
 いわゆる母性的な温かく包み込む愛と、いわゆる父性的な厳しく導く愛の両方に育まれてこそ、人間は心豊かにまっすぐ育っていくことができる。 溺愛では、自立心が育たない。 抑圧では、個性が伸びない。
 仏は、父母両方の親の徳を具えて、人々を導く。
 苦悩から解放するだけにとどまらず、さらに正しい生き方を教えて、境涯を変革させ、現実に幸福を得られるようにはたらきかけるのです。
 折伏とは、この抜苦与楽の慈悲の実践にほかならない。
  (同書3巻・20~23P)

 「抜苦与楽(ばっくよらく)」 とは、苦を除き・楽を与えることで 「慈悲」 のことである。楽を与えることが 「慈」 であり、苦を除くことが 「悲」 である。
 『御義口伝』 に、「一念三千は抜苦与楽なり」(773P) と仰せです。
 本当に、抜苦与楽の力があるのは、一念三千の当体たる南無妙法蓮華経の御本尊様だけであります。
 その御本尊を弘める折伏行の功徳について、学びたいと思います。

 名誉会長  すべての根幹は、仏の心、法華経の心と一致することです。 仏と一体となり、妙法に合致すれば、どんな困難も乗り越えられないことはない。
 仏の心は、万人救済の大慈悲の誓願です。 その誓願に連なり成就せんとする大闘争のなかで、自分の生命が鍛え磨かれるのです。


 森中  人々を救う闘争によって、自分が 「六根清浄」 となるのですね。

 名誉会長  折伏行には自他の無明を打ち破っていく力があるからです。
 ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨けない。 同様に、人間は人間によってのみ、磨かれ輝くのです。

 ………
 名誉会長  仏の教説のままに、難をも恐れず勇敢に広宣流布を目指して戦う人は、「即身成仏」 「六根清浄」 の功徳があると仰せである。
 勇気をもって戦った分だけ功徳があり、「人間革命」 できるのです。
 「御義口伝」 には 「悪を滅するを功と云い善を生ずるを徳と云うなり」(762P) とも仰せです。 勇気をもって自他の悪と戦っていくところにのみ、妙法の善なる力が現れてくる。勇気ある戦いがなければ、偉大な功徳はありません。
 偉大な人生を歩むためには、折伏が大切なのです。
 一人の人の一生は、長いようで短い。 そのなかで自ら体験できることは限られている。
 しかし、一人また一人と、他の人の悩みを我が悩みとして、共に祈り、共に戦い、共に勝ち越えていけば、人生の豊かさは、二倍、三倍、十倍、百倍と無限に広がっていく。
 ほかの人のために悩んだ分だけ、戦った分だけ、「心の財」 を積むことができる。 そして、どんなことが起ころうとも揺るがぬ幸福境涯を確立していくことができるのです。
  (同書3巻・39~40P)

 さらに、末法の折伏には、二つの意義があります。
 一つ は、「法体の折伏」 です。大聖人の法門それ自体が、他宗の教義を破折していることになり、三大秘法の 「十界の文字曼荼羅御本尊」 を顕されたことで、この義は完成されています。
 二つ には、「化儀の折伏」 です。現実社会のなかで、御本尊を護持し、広く流布して、民衆を救済することである。

 「法華経の心」 の実践は、「折伏行」 すなわち、「広宣流布」 であります。日蓮大聖人は、「法体の折伏」 すなわち、「本門の本尊」 である 「十界の文字曼荼羅御本尊」 を御図顕してくださいました。
 そして、その 「化儀の折伏」 すなわち、「化儀の広宣流布」 を、「時を待つべきのみ、事の戒法と云うは是なり、就中(なかんずく)我が門弟等此の状を守るべきなり」(1600P) と、未来の末弟等に御遺命なされました。
 
 この “仏意仏勅” を受けて、「折伏行」 を実践し、法華弘通に邁進している教団は、わが 「創価学会」 のみであります。いまや、「世界広布新時代 開幕の年」 を迎え、池田先生の御指導のもと、わが身の使命と福運を自覚して、一歩前進の行動あるのみである。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村 
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の獄中闘争(1)(難即悟達)

 『法華経の智慧』 の 「常不軽菩薩品」 のところを繙(ひもと)いていた時、「其罪畢已(ございひっち)」〈其の罪畢(お)え已(おわ)って〉(常不軽品) という法門があります。
 これは、不軽菩薩が法華経を弘めて、上慢の四衆から迫害を受けることにより、過去の正法誹謗の罪障を消滅させることができるという “宿命転換の法則” を示しています。この法理を通して池田先生は、戸田先生の獄中の大難を偲んで、次のように述べられています。(抜粋)

 名誉会長  法を説いて、どんなに反対され、迫害されても、「これで自分の罪業をけしているのだ」 と喜んで受けきっていきなさいということです。「嘆いてはならない」 と教えてくださっているのです。
 それで思い出すのは、戸田先生が、獄中で四回、殴られたことです。権力をカサにきた看守が、理由もなく、戸田先生を一度、二度と殴った。先生は、腹の底から焼けつくような怒りがわいてきたが、囚われの身では、歯を食いしばって我慢するしかない。
 やがて、房の中で法華経を読み、題目を唱えぬいていったとき、これは自分の宿業を消しているんだということがわかったというのです。
 そして三度目。……… その時、くやし涙のなかで、はっと 「そうだ もう一度、殴られる 四度目に殴られたら、それは帰れるときだ と思った、と。その確信の通り、ある時、また狂気の看守が先生の背中を麻縄で、ぴしり ぴしり ぴしり と二十数回も殴った。
 もちろん激痛だったが、先生は心の中で 「きた 四回目だ これで罪は終わった と喜び、叫んでいたというのです。そして戸田先生の獄中の悟達へと続くのです。
  (法華経の智慧5巻・136P)

 「難即悟達」 という教えがありますように、「悟り(功徳)」 を得るには 「難(罰)」 が必要なわけであります。ちょうど コインに裏と表があるように、「罰即利益」 「善悪一如」 の関係になるのであります。
 御本尊に功徳ばかりを願っても、それは無理な話であります。そして、少しばかり罰が出たからと言って、すぐ御本尊を疑うような弱い信心では、人間革命は成り得ないのであります。

 戸田先生の 「獄中の悟達」 に至るまでも、それ相応の大難を受けたのであります。
 戸田先生は実業家として、その当時、17の会社を経営されており、他に、九州の炭鉱と大阪の油脂工業の二つの会社を買収する計画があったとのことです。そのような多忙な日常生活の中では、とうてい法華経の大いなる悟りなぞ、叶うことはでき得ません。

 この大悟のためには、“無実の罪で法華経のために、牢獄にぶち込まれる” という大難が必要であったのでありましょう。
 入獄するということは,それまでの一切の名誉・地位・財産、そして人間関係までも失われ、外部との連絡等の一切の自由も奪われることになります。今の世のような人権意識など全くない、戦時下の牢獄という劣悪な環境の下で、裸一貫それこそ命を懸けて、強大な国家権力と対峙しなければならなかったのであります。

 このような状況の中、戸田先生は、間違って差し入れられた 『日蓮宗聖典』 を、わざわざ念を押して返却したのに、不思議にもまた、それが舞い戻ってきた。
 これは何かを暗示していると感じられ、昭和19年の元旦を期して、一日一万遍の唱題と法華経の解読に挑戦いたしました。そして激烈なる苦闘と思索の結果、あの 「我、地涌の菩薩なり」 という法華経の悟りを得たのであります。

 獄中の エピソード ―→ ここから

 戸田先生の悟達は、入獄という大難なくしては、有り得ませんでした。それ故に、先生は 「あなたの慈悲の広大無辺は、私を牢獄まで連れて行ってくださいました。…… なんたる幸せでございましょうか」 と、牧口先生に報恩感謝の意を捧げております。

 戸田先生の獄中の状況については、先生の 『人間革命』 が発刊されたとき、池田先生が 「読ませていただきました。前半は極力、小説そのものとしてお書きになられたと思います。後半は、先生の貴重な体験をもととした記録として、私は特に感銘いたしました」 と述べられています。
 以上のように、『人間革命』 の後半部分は、先生の獄中での貴重な体験が記録されています。私は資料としては、文庫版の戸田先生の 『人間革命』(妙悟空著) しか持っていませんが、これをもとにして 「戸田先生の獄中闘争」 を、偲んで見たいと思います。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

戸田先生の獄中闘争(2)(一撃)

 昭和16年12月8日、我が国は ハワイの真珠湾を奇襲攻撃し、勝利の展望のないまま、無謀なる太平洋戦争に突入した。緒戦の華々しい戦果に国民は酔いしれていたが、国力の差と諸天の加護から見放されている我が軍は、昭和17年6月、ミッドウェー海戦を境にして形勢は逆転した。

 この戦況を挽回せんとする軍部政府は、七百余年前の元寇の折り、暴風によって元軍が滅亡したのを、天照大神によって神風が吹いた、という歴史的な迷信にすがり付き、はかない夢に希望を託したのである。まさに、一国の国防方針が神頼みなのである。
 そのために、全国民に無理やり天照大神を拝ませ、“神州不滅” という誇大妄想なる スローガンを掲げ、その奇跡を期待したのである。
 国家権力を背景にして、神札護持と神社参拝を強要すること自体、神道の 「神々」 には力のない証拠である。天照大神を拝まぬものは、非国民と呼ばれ国賊とされた。また反戦思想の持ち主とされ弾圧されるにいたった。

 『立正安国論』 に、「世皆正に背き人悉(ことごと)く悪に帰す、故に善神は国を捨てて相去り聖人は所を辞して還(かえ)りたまわず、是れを以て魔来り鬼(き)来り災起り難起る言わずんばある可からず恐れずんばある可からず」 (17P) と仰せである。
 
 天照大神と言っても、法華経守護の善神である。三大秘法の御本尊を拝まずして、天照大神のみを祈るが故に、その神札には善神どころか 魔が住んでいて、祈りは叶わず、人々を狂乱させるのである。 
 このような状況下において、牧口先生は、「日本は危ない 国家諫暁をしなければ、日本は惨澹(さんたん)たる結果を招く と宣言なされました。この大聖人の教えに背けば罰がある、との先生のご確信に、宗門は、軍部からの迫害を恐れだしたのである。

 一九四三年(昭和十八年)六月二十七日、学会の幹部は、総本山に登山を命ぜられた。そして、当時の法主・鈴木日恭ら立会いのもと、宗門の庶務部長から、「神札」 を、一応、受けるようにしては、との話があった。
 牧口は、日興上人の遺誡置文の、厳しい一条を思い起こしていた。
 「時の貫首為りと雖も仏法に相違して己義を構えば之を用う可からざる事」(1618P)
 彼は、顔を上げると、はっきりと言い切った。
 「神札は、絶対に受けません」
 牧口は、その場を辞すと、沈痛な表情で参道を歩きながら、激した感情を抑えて、戸田に語った。
 「わたしが嘆くのは、一宗が滅びることではない。一国が眼前でみすみす亡び去ることだ。宗祖大聖人のお悲しみを、私はひたすら恐れるのだ。今こそ、国家諫暁の秋(とき)ではないか。いったい、何を恐れているのだろう? 戸田君、君はどう考える?」
 ………
 「先生、戸田は命をかけて戦います。何がどうなろうと、戸田は、どこまでも先生のお供をさせていただきます」
 牧口は、一、二度頷(うなず)いて、初めて、にっこりと笑いかけた。…… 
 この日から十日とたたぬうちに、二人は検挙されたのである。
  (ワイド人間革命1巻・228P)

 戸田先生が、自宅にて不当なる国家権力により逮捕されたのは、昭和18年7月6日の朝方であった。同じ日に、牧口先生も折伏弘教のため訪問されていた、伊豆の下田にて逮捕されています。
 容疑は、ただ 「神札」 を拒否したというだけで、 “治安維持法違反と不敬罪” という罪名である。まったく不当極まりないものである。
 牧口先生が、「神札」 を拒否したことについて、池田先生は次のように指導されています。

 名誉会長  国家悪の恐ろしさを、深く見抜いておられたのが、牧口先生であった。
 神札を受けることを拒否した時、宗内には “形だけなのだから、受けるだけ受けてはどうか” という意見もあった。
 しかし、先生は一歩も退かれなかった。先生が投獄される前から、座談会も特高警察の立ち合いで行われた。話が神札のことになると 「中止」 の声が飛ぶ。先生が話をそらし後、神棚のことに入ると、また 「中止」。周囲の幹部さえ 「注意されることがわかっていながら、どうして牧口先生は、何度も話を繰り返すのかな」 と思っていた。先生の心がわからなかった。先生が 「神札」 を拒否したということは、本質は 「国家崇拝」 を拒否したのです。
 “国家より、人間が大事ではないか 皆が不幸になっていくのを見過ごすことなど、絶対にできないという、やむにやまれぬ叫びだったのです。
  (法華経の智慧5巻・142P)

 〔一回目の難〕
 戸田先生は、逮捕されてからそのまま高輪警察署の留置場へ入れられました。外部との連絡不能に焦りを感じ、特に、牧口先生の年老いた身体への不安が起りました。また、事業のことや家族のことが気にかかり、心は烈しく悶(もだ)えはじめました。

 (どうしたら、外部と連絡できるか …… 家の様子や会社のことを知りたい
 ふと、彼は差入れのことが頭へ浮かんだ。未決監にいる刑事被告人に、その親戚や知己などが好意で品物を届ける差し入れのことである。
 (どういう手続きをしたら、差入れしてもらえるのだろうか … )
 巌(がん)さんは身を揉(も)まれているような烈しい焦燥(しょうそう)から、隣に座っている男に尋ねた。
 「差入れって、どうしてもらうんだろう」
 巌さんの眼鏡のない眼が、髭(ひげ)だらけの男の顔へ向けられた瞬間、留置場いっぱいに怒鳴(どな)り声が響いた。
 「こらッ 貴様、今、なにをいった
 巡査は怒鳴って椅子を立ち、鉄格子へ近付いて、錠前を ガチャガチャ鳴らして戸を開けた。
 「出てこい
 巌さんは呆気(あっけ)にとられ茫然(ぼうぜん)となりながら、部屋から出て行った。
 「そこへ坐れ
 巡査は獰猛(どうもう)な顔になって通路の コンクリートを指さし、佩剣(はいけん)を鳴らして机のところへ帰って、直径一寸ばかり、長さ二尺ぐらい、先が幾重にも結ばれていて拳(こぶし)ほどの瘤(こぶ)になっている …… 太い ロープを手にしていた。
 「貴様 なにをいったか
 巌さんが コンクリートの上へ座ると巡査の手の ロープが風を切って、その先の瘤がびしッ と頬(ほお)を打った。
 「あッ
 厳さんは頬を手で押さえた。
 「なんにもいいはしません。差入れは、どうすればいいか尋ねただけだ。それが、なぜ、悪いんだ
 巖さんは抗弁したが、それよりも、突風のように襲ってきた暴力にただ驚き呆(あき)れている。
 「それだけか 本当に、それだけか
 巡査はそういいながら、巖さんの頬を ロープの瘤で三つ叩いた。
  (戸田先生の文庫人間革命下・183P)

 上記のように、逮捕されて直ぐの日、同室の者に一声かけただけで、理由もへったくれもなく、暴力を加えられ、ただ驚きあきれるばかりであった。牢獄という所の、暴力で人を屈伏させようとする畜生界・修羅界の世界に、投げ込まれたのであります。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR