三大秘法と御本尊

 前回のブログで学びましたが、池田先生は 「三大秘法は、広宣流布を戦い抜かれた大聖人の御生命から開き顕された法体です」 と また、「三大秘法は、いわば妙法を個人の生命に、国土に、そして全世界に具現化させていけるように示された法体なのです」 と指導されています。

 したがって、日蓮大聖人の真正の弟子として広宣流布に戦う我ら学会員の生命にも、三大秘法は具現化させていけるものと確信します。
 大聖人は 「本門寿量の当体蓮華の仏とは日蓮が弟子檀那等の中の事なり」(512P) と仰せです。
 日寛上人は、この 「中」 の文字を “大聖人の御本意を拝するならば 「正信にアタル意」 である” と仰せられている。(文段集・677P)
 正信とは、まさに 「広宣流布を目指す信心」 であり、その根幹は 「不惜身命の信心」 であります。

 ところで、一体の御本尊のお姿の中にも、三大秘法が具現化されているそうであります。その相貌を拝しますと、
 御本尊の中央にある 「南無妙法蓮華経 日蓮 在御判」 のお文字は、「本門の本尊」 を表しています。
 “南無妙法蓮華経” は 「法の本尊」 を、“日蓮” は 「人の本尊」 を表しており、すなわち、「人法一箇」 の御当体であらせられることを表しています。

 つぎに 「本門の題目」 でありますが、日蓮大聖人は法華経見宝塔品第十一の 「虚空会の儀式」 を用いて、御本尊を顕わしてくださいました。
 宝塔品には、七宝で飾られた宝塔が、地より涌出して、空中に住在し、その中に釈迦・多宝の二仏が並坐し、十方分身の諸仏をはじめ、諸の大衆を接して、皆虚空に在(お)きたもう とあり、この会座を 「虚空会」 という。
 この宝塔(南無妙法蓮華経)に、参集した諸仏・菩薩その外・全大衆が合掌向仏しているすがたは 「本門の題目」 を表しています。
 虚空会は、仏界の生命のすがたを表している と言われています。
 仏界とか仏性とか言っても、言葉ではとうてい言い尽くせるものではありません。ゆえに釈尊は、“虚空会の儀式”、 また、“常不軽菩薩の礼拝行” 等の説話を用いて、仏界の生命を説明しょうとしたのであります。

 それでは次に、御本尊それ自体における戒壇を考えてみますと、それは御本尊を書き顕している “紙や板” そのものが 「本門の戒壇」 になると思います。
 今までは御本尊があって、そのうえで御本尊を御安置して、はじめて “戒壇の義” が成り立つと思っていましたが、本当はそうではないようであります。
 そのゆえは、御本尊を書き顕わそうとしても、空中には書けません。“紙や板” が無ければ、書き顕わすことが出来ません。したがって、“紙や板(戒壇)” があっての御本尊であったのだ、と言うことになります。

 “紙や板” の戒壇こそ “御本尊・具現化” の 「カギ」 であったのだ。
 そうしますと、戒壇の意義は、その教法の 「具体化・現実化・実践化」 であると言えないでしょうか。どんなに正しい教えがあっても、それが実践され具体化されなければ、何の益にもなりません。実践・実行されて始めて、その価値が生じるものではないでしょうか。
 そして次に、その具現化された御本尊を御安置する “場所(戒壇)” があって、はじめて我らも、仏道修行の実践ができ、仏国土の建設も可能になるのである。
 したがって、三大秘法の 「本尊・題目・戒壇」 は、それぞれ三つとも大切な 「秘法」 である。どれが主で、どれが従とか、そういう本迹・勝劣のあるものではないと思います。

 しかるに日顕宗は、三大秘法を合すれば一大秘法の 「本門の本尊」 になると云い、この 「弘安2年の御本尊」 のみ、“究竟中の究竟、本懐中の本懐なり”(六巻抄) として、他の 「本門の題目・戒壇」 は、「弘安2年の御本尊」 に附随したもののように考えている。
 ゆえに、「弘安2年の御本尊」 につながらなければ、たとえ日寛上人御書写の御本尊と雖も、“ニセ本尊” である と言っている。
 そのようなことを言うとは、如何なものか。 それこそ、御本尊誹謗の大罪であり、堕地獄の因になるではないのか と言いたいのであります。
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

三大秘法と三学

 三大秘法について 『御義口伝』 には次のようにあります。
 「戒定慧の三学は寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮慥(たしか)に霊山に於て面授口決(めんじゅぐけつ)せしなり、本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(760P) と仰せです。

 日蓮大聖人は 「戒・定・慧」 の三学を、末法の衆生が簡単に実践できるように、三大秘法として与えてくださいました。すなわち、戒は 「本門の戒壇」、定は 「本門の本尊」、慧は 「本門の題目」として示してくださいました。
 「戒・定・慧の」 三学とは、仏道を修行する者が必ず修学しなければならない 「戒学・定学・慧学」 の三つのことで “仏家の軌則” と云われています。

 「戒」 は、禁戒のことで、身口意の三業において悪を止め非を防ぎ、善を修すること。
 「定」 は、禅定のことで、心を一所に定めて雑念を払い深く真理を思惟して安定した境地に立つこと。
 「慧」 は、悟りの智慧のことで、真理を見究める認識作用で、無明を断じて得られる如実知見の智慧をいう。

 「戒・定・慧」 それぞれの関係は、戒をまもり生活を正すことによって定を助け、定によって智慧を発し、慧によって真理をさとり仏道を証得するという、仏道修行の過程を示したものと云うことができる。
 仏道修行の過程を示したものと云っても、それぞれが分断し独立してあるのではなく、本来一体的なものであり、ゆえに、三学具備してはじめて仏道が成就するのである。
 したがって、仏道修行は基本的には 「戒定慧」 の三学に収まるものであり、また、三学を種々に説き表したものが一代聖教であるとも云えるのである。

 さらに 『御義口伝』 の “見宝塔品第二十此経難事” のところに、
 「御義口伝に云く此の経文にて三学倶伝(ぐでん)するなり、虚空不動戒・虚空不動定・虚空不動慧・三学倶(とも)に伝うるを名けて妙法と曰(い)うと」(743P) と仰せです。

 したがって、爾前経においては小乗教では戒律を、権大乗の般若経では智慧を中心に、禅宗などは禅定に重きをおいており、三学がそれぞれ別々に説かれており、それらは経教によって軽重の差があるのである。
 しかし、法華経においては “三学倶に伝うるを名けて妙法と曰う” とありますように、戒定慧の三学は俱に説かれており、欠けてはないのである。

 では、末法における日蓮大聖人の三学について 『御義口伝』 には、
 「今日蓮等の類い南無妙法蓮華経と唱え奉り権教は無得道・法華経は真実と修行する是は戒なり防非止悪の義なり、持つ所の行者・決定無有疑の仏体と定む是は定なり、三世の諸仏の智慧を一返の題目に受持する是は慧なり」(744P) と仰せです。

 “南無妙法蓮華経と唱え奉り権教は無得道・法華経は真実と修行する是は戒なり防非止悪の義なり” と仰せのように、三大秘法の御本尊以外に、絶対に、幸せになる道はない、他はすべて、邪宗教なりと折伏修行する。
 これが 「戒」 であり、“防非止悪” の意味になるがゆえに 「本門の戒壇」 となるのである。

 “持つ所の行者・決定無有疑の仏体と定む是は定なり” と仰せのように、この御本尊を持つ行者は、かならず即身成仏する。すなわち、この身が仏体であると定められ、これが 「定」 であり 「本門の本尊」 となる。
 ゆえに、「本尊とは法華経の行者の一身の当体なり」(760P) と仰せられているのである。

 “三世の諸仏の智慧を一返の題目に受持する是は慧なり” と仰せのように、三世の諸仏の智慧は、一返でも南無妙法蓮華経と唱える、その題目の中に収まっている。これが 「慧」 であり 「本門の題目」 となるのである。

 上記のように、日蓮仏法における 「戒・定・慧」 の三学は、大聖人の行じられる自性清浄にして虚空不動たる三学であり、これを末法の三毒強盛の荒凡夫に、誰もが受持し行じ易いように、「三大秘法」 に開いて示し与えてくださいました。

 『観心本尊抄』 に、「釈尊の因行果徳の二法は妙法蓮華経の五字に具足す我等此の五字を受持すれば自然に彼の因果の功徳を譲り与え給う」(246P)
 『御義口伝』 に、「末法当今は此の経を受持する一行計りにして成仏す可しと定むるなり」(772P)
 「此の本法を受持するは信の一字なり、元品の無明を対治する利剣は信の一字なり」(751P)
と仰せです。

 何んと有り難きことか、“南無妙法蓮華経” を信受する一行ばかりにて成仏できるのである。それには “元品の無明” すなわち、不幸の根本原因を断ち切るためには、御本尊を信じ奉る “信の一字” しかないのである。
 我ら、この本法を受持する地涌の菩薩の自覚に立ち、池田先生の御指導のもと 「世界広布新時代 躍進の年」 の完勝目ざして邁進しましょう

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村
関連記事

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

「21世紀文明と大乗仏教」を読む(1)(序文」から)

 先日、壮年部主催の仏法セミナーがありました。担当の講師の方の講演の中で、池田先生の 「21世紀文明と大乗仏教」 を通してのお話がありました。
 その中で、その宗教が “人間を強くするのか弱くするのか、善くするのか悪くするのか、賢くするのか愚かにするのか” という判断を誤ってはならないと話されていました。久しぶりに聞きまして懐かしく思い、また、あらためて読みなおして見ようと思いました。

 「21世紀文明と大乗仏教」 の講演は、1993年9月24日、アメリカの ハーバード大学で行われました。丁度、2年前にも 「ソフト・パワーの時代と哲学」 という題名で講演されており、今回で 2度目でありました。(2度も招かれることは、希有なことであります)
 池田先生の海外諸大学・学術機関での講演は、全部で 32回にも及んでいます。その全てが、その国を代表する世界有数の名門校であります。

 池田先生は、海外諸大学講演集 『21世紀文明と大乗仏教』 の 「序文」 のなかで、
 「講演は、大変に骨の折れる仕事で、一回、一回、思索と熟考を重ね、力を尽くした。 私には、学いまだ成らずで、大きな荷物を背負っている感があり、講演が終わるまで、生命をすり減らすような作業であった。 しかし、戦争の世紀の終局と次の世紀を前に、いま語らずしていつ語るのか――という気持ちが、苦労や困難を乗り越えさせてくれた」 と述べられています。

 先生は、“生命をすり減らすような作業であった” と、そして “戦争の世紀の終局と次の世紀を前に、いま語らずしていつ語るのか” という気持であったと語られています。先生のこの思いに、襟を正さねばならないと思います。

 この講演は、もう既に20年以上も経っていますが、決して色褪せるものではありません。それどころか、21世紀になって、ますます混迷の度を増している現在、求めるべき重要な指針であると思います。
 この問題の解決の道は、大乗仏教なかんずく、“日蓮仏法” 以外にないと確信している者の一人でありますが、しかし、何せ、度忘れの多くなってきた脳味噌では、海外講演のすべてを研鑚するには頭がパンクして仕舞いそうです。
 したがって、講演集の書名にもなっている 「21世紀文明と大乗仏教」 の講演だけでも、学ばなければ申し訳ないことだと思っています。

 日蓮大聖人は、「力あらば一文一句なりともかたらせ給うべし」(1361P) と仰せです。
 この御金言の如く、一人たりとも対話に励んで、広布の指導者・池田先生とその思想を教え広げていきたいと思います。  

 講演 : 「21世紀文明と大乗仏教」 ―→ ここから
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR