学会永遠の五指針③(難を乗り越える信心)

 創価学会永遠の五指針③ は、「難を乗り越える信心――獅子の心で挑みゆけ」 であります。
 冒頭、池田先生は、“レオナルド・ダ・ヴィンチ” の例を引かれて、人間生命に秘められている偉大な力について語られています。

 人間は元来、偉大な存在です。
 逆風を発条(ばね)に飛翔する精神の力を本然的に持っているからです。
 ………
 “大切な仏子を一人ももれなく幸福に” との恩師・戸田城聖先生の切なる願いが込められた指針が、「難を乗り越える信心」 です。


 御義口伝に云く 妙法蓮華経を安楽に行ぜむ事末法に於て今日蓮等の類いの修行は妙法蓮華経を修行するに難来るを以て安楽と意得可きなり。(750P)

 〔真の安楽とは〕 という項目には、上記の 「御義口伝」 の文を通して講義されています。
 真の安楽とは、苦難と戦う中にこそあるという 「難即安楽」 の法理を示されています。
 「難」 には、まず、正しい信仰ゆえに、三類の強敵から迫害を受けるという法難の次元があります。また、自身の仏の境涯を開くために、人生に生ずる困難や宿命とあえて戦うという次元があります。いずれにしても、信仰を破壊する三障四魔に打ち勝ってこそ、一生成仏も広宣流布も、成就するのです。

 では、「安楽」 とは、どのようなことを言うのでしょうか。
 天台大師は、「安楽」 の字義について、「安」 とは 「不動」、「楽」 とは、「心に憂悩無き」 ことであると示しています。
 つまり、「安」 とは、何があっても揺(ゆ)るがない信心であり、「楽」 とは、何があっても憂(うれ)いなく生き抜いていける信心です。

 戸田先生は、「試練の山を一つ切り抜けるたびに、成仏という、崩すことのできない境涯となっていくのである」 と、一つ一つ、乗り越えていくことの大切さを教えられました。
 「一つ一つ」 です。信心が深まるのを待って、それから難に向かうのではありません。難に向かっていく中で生命が磨かれ、金剛の信心が鍛え上げられるのです。「剣なんどは大火に入るれども暫(しばら)くはとけず是きたへる故なり」(1169P) と仰せの通りです。
 ………
 「難を乗り越える信心」 とは、「難を乗り越える祈り」 であり、「難を乗り越える唱題」 の異名です。
  (大白・2016‐3月・36P)

 一般的に 「安楽」 とは、心身に苦痛がなく、楽々としていることをいう。しかし、仏法では難や苦悩のあることが 「安楽」 になるという。とは言っても、苦難=安楽 と言っているのではない。ここでは、“妙法蓮華経を修行するに” という前提条件があるのである。
 考えてみますと、安楽な生活を願っていても、凡夫の生身の体では、何時、丁度 5年前の東日本大震災のような災難に遭わないとも限らない。そうなれば、安楽な生活なぞ、望みようもないものである。
 仏法は、環境によって変わるような安楽ではなく、どんな困難が起こってもそれに打ち勝つことで、真の安心立命の境地が獲得できると説いています。それには、難や苦痛は、絶対・必要条件なのです。

 〔どこまでも 「積極的人生」 を〕 の項目には、
 私たちは、いかなる障魔が競い起ころうとも、強き信心で、御本尊に祈ることができます。そして、共に励ましあえる同志がいます。
 したがって、学会とともに歩む人生、それ自体が、最高の 「難即安楽」 の人生を歩んでいることになるのです。
 ………
 「さあ何でも来い」 「難があるからこそ、人生を大きく楽しめるんだ。多くの人を救えるんだ」 という、究極の積極的人生にこそ、真実の安楽があると教えられているのです。
  (同誌・37P)
 
 〔難に対する姿勢の大転換〕 という項目には、
 戸田先生は、「大聖人の仏法は、逆境にある人が、幸せになる宗教なのだ。苦難にあった人ほど、それを乗り越えた時、すごい力が出るのだ。その人こそが、本当に不幸な人々の味方になれるのだよ」 と語られました。
 地涌の使命を自覚すれば、偉大な力が出る。難は、民衆を救うために、自ら願って受けた難となる。そして、それを乗り越えることで、人々を救うという願いを果たすことができる。使命を果たすために難はあるのです。
 「なぜ自分が」 という嘆きから、「だからこそ自分が」 という誇りへ、難に対する姿勢の大転換を教えられているのです。
  (同誌・39P)

 「積極的人生」 は、ただ難に打ち勝ち自身の安楽を得るだけでなく、人々を救うという “地涌の使命” を果たすためにあるのである。
 そこには、難に対する姿勢を、受動ではなく能動的に “自ら願って受けた難だ” とする価値観の転換がある。これを 「願兼於業(願、業を兼ぬ)」(203P) とも言います。

 〔師子王の如く悠然たる第境涯を〕 の項目では、
 法華経の安楽行品には、「游行するに畏(おそ)れ無きこと 師子王の如く 智慧の光明は 日の照らすが如くならん」(法華経・447P) と説かれています。
 ………
 正しき信仰とは、永遠の 「勇気の翼(つばさ)」 であり、「幸福の翼」 であり、「勝利の翼」 です。
 苦難の烈風があればあるほど、喜び挑(いど)んで悠々と飛翔し、境涯をどこまでも高めていけるのです。
 さあ、胸を張り、頭(こうべ)を上げて、不撓不屈の誉れの 「創価の翼」 で、常勝の空へ晴れ晴れと舞ゆこうではありませんか
 難を乗り越えて、「私は勝った」 「私たちは勝った」 と、見事なる凱歌の人生を飾っていこう 皆の勝利の報告に、恩師がほほ笑んでいます。


 池田先生は、“「創価の翼」 で、常勝の空へ晴れ晴れと舞ゆこうではありませんか” と、そして “皆の勝利の報告に、恩師がほほ笑んでいます” と、我ら弟子たちの戦いを見てくださっています。
 7月の戦いを、師に大勝利の報告でお答えして参ります。

 聖教 3・11 の 「わが友に贈る」 は、
  我ら創価家族には
  変毒為薬の信心がある。
  「悲哀」 を 「勇気」 に
  「宿命」 を 「使命」 に
  自他共の幸福を開け
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

公明党と共産党の違い

 雑誌 『第三文明』 には、佐藤 優氏の “「公明党50年の歩み」 を読む” が連載されています。
 第3回目にあたる 4月号には、ここ1~2年の平和安全法制や軽減税率をめぐる与党内の交渉は、殆んど公明党の案が採択された。このことは、政権内での公明党の持つ 「力」 が大きくなった証拠である。
 2014年の結党 50年までを 「助走期」 とすれば、2015年から、いよいよ本格的な 「飛翔期」 に入ったと。そして、結党 100年を迎えるまでには、公明党首班政権が必ず誕生するとまで言われています。

 次に、〔公明党と共産党の本質的差異とは〕 という項目には、
 共産党は公明党に激しい対抗意識を燃やしてきたのは、なぜだろうかと。それは、“共産党は 「共産主義という名の宗教」 を奉ずる宗教政党だからである” と。歴史学者の トインビー博士も同じ趣意の言葉を述べられています。   (トインビー博士の関連記事 ―→ ここから
 共産党の人たちは、共産主義が異種の宗教であるとは、夢にも思っていないと思います。それどころか、マルクスの “宗教アヘン説” の方を信じ、宗教を蔑視している人が大半であると思う。
 そのようにして、同じ宗教政党として、公明党を異端視するが故に、敵愾心(てきがいしん)を燃やすのでないかと思われます。

 佐藤氏は、クリスチャンとしての独自の理論を展開し、いろいろ説明されていますのでご紹介いたしたいと思います。
 キリスト教においては、「原罪説」(アダムとイブがエデンの園で犯した神に対する罪が、人間の本性を損ねってしまったとする思想)が、信徒たちが自らを律する重要な 「歯止め」 の役割を果たしている。つまり、「自分たちが絶対正しい」 という唯我独尊に陥らないための歯止めとなるのだ。
 創価学会の場合、「原罪」 にあたる考え方はないが、師弟不二の思想、師匠との誓いというものが、信徒が自らを律する歯止めとなっているのだろう。
 それに対して、“宗教としての共産主義” には歯止めがない。だからこそ、どこまでも唯我独尊で突き進んでしまう怖さがある。

 20世紀を代表する キリスト教神学者の一人である ディートリッヒ・ボンヘッファーの、究極的なもの究極以前のもの という概念がある。この概念をふまえて考えると、公明党と共産党の本質的な差異が理解できる。
 共産党にとっては、政治が 「究極的なるもの」 である。しかし、公明党にとって政治は 「究極以前のもの」 である。そこが、両党のいちばん根本的な違いなのだ。
 公明党にとって、ひいては創価学会員にとって、政治も学問も仕事も 「究極以前のもの」 である。「究極的なるもの」 は、宗教的真実のなかにあるのだ。


 我ら学会員にとって、宗教的真実とは、「久遠の法」、すなわち 「妙法」 そのものであろうと思います。「妙法」 を信ずるとは、言い換えれば “因果の理法” を信ずることである。公明党の議員は、この根本法規を持しているから、わが身を律することができるのである。

 政治が究極ではないからこそ、公明党は政治において、妥協すべきときに適切に妥協できる。「妥協」 というと、よい イメージではないかもしれない。だが、ドイツの鉄血宰相 ビスマルクに 「政治とは妥協の産物であり、可能性の芸術である」 という名高い言葉があるとおり、妥協は政治に不可欠である。妥協すべきときに妥協できることが、政治家の最重要の資質とも言えるのである。
 だが、共産党にとっては政治が究極であり、政治自体が目的になってしまっている。だからこそ、彼らには柔軟な妥協ができない。「何でも反対」 のその姿勢は、彼らが適切な妥協ができない政党であることを示している。
(第三文明・2016-4月・55P)

 共産党は、共産主義を究極として、その政権樹立を目的としている。目的のためには、人間生命までも手段として利用し、暴力行為をも是認する 恐ろしい思想を、内に秘めているのである。
 この前の1月、天皇陛下を迎えての国会開会式に、突如、出席したり、一人区で選挙協力をすると言い出したり、この頃の ソフト路線には、騙(だま)されないように気を付けねばならない。
 そして、世の中の極悪を打ち破り、創価学会と公明党の勝利の旗を打ち立てよう
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「新・人間革命」第7巻〔文化の華の章〕(教育について)

 〔文化の華〕
 偉大なる宗教は、偉大なる文化を生む。これは歴史の法則である。
 太陽の光が雪をとかし、大地の眠りを覚ませば、そこには芽が吹き、やがて、花々が咲き乱れる。
 同じように、仏法の慈光が、凍てついた人間の生命の大地をよみがえらせる時、絢爛たる 「人間文化の華」 が開くに違いない。
 広宣流布とは、社会建設の担い手である一人ひとりの人間革命を基軸に、世界を平和と文化の花園に変えゆく、まことに尊き偉業なのである。

 一九六二年(昭和三十七年)という年は、弘教の広がりのなかで耕された民衆の大地に、山本伸一の手によって、次々と文化の種子が下ろされ、発芽していった年であった。
  (新・人間革命7巻・7P)

 文化の華は、政治の分野では、一月に公明政治連盟が正式に スタート、七月に公明会が発足している。
 また、学術研究の分野では、一月に東洋学術研究所(後の東洋哲学研究所)が創設され、その機関誌も創刊されている。
 さらに、八月一日、東京の杉並公会堂で、歴史的な教育部の第一回全国大会が開催された。

 池田先生は、1962年の 『大白蓮華』 7月号の巻頭言 「文化局の使命」 のなかで、教育に対して多大な期待を述べられています。そのなかで、
 「民族の盛衰、一国の興亡が、一にかかって教育のいかんにありということは、古今東西の歴史が如実にこれを示している。
 とくに、教育の効果は、二十年、三十年後に現れるともいえよう。教育こそ、時代の民族の消長を決定する、まことに重大な問題である。
 しかるに、日本の現状はいかん。敗戦後十有余年の歳月を経た今日、いまだに確固たる理念もなく、迷いつづけているのは、じつに教育界ではないか。まことに嘆かわしいかぎりである」
(同書・9P) と訴えられています。

 当時、昭和37年の教育白書 『日本の成長と教育』 を見ると、教育は 「経済の成長に寄与する」 有効な投資であることが強調されていた。
 “「なんのための教育か」 「なんのために学ぶのか」 との根本の目的を問わず、ただ国家の経済成長に貢献する人材を輩出すればよい――これが日本の教育の実態であったといえる”
 戦前の日本は、欧米列強国に追いつくために “富国強兵” 策を用い、そのために “忠君愛国” を国民教育の指導理念とした。
 戦後は。民主教育が推進されたが、“国家の経済の発展に寄与する” ための人材育成が、主な目的になってしまった。

 つまり、看板は替わっても、本質は “国家の役に立つ” 人間の育成である。教育を国家の繁栄の手段としてのみ考えることは、国民を手段化することと同義であるといってよい。
 そこには、子供にとって教育とは何かという視点が欠落している。それが非行問題とも、深くかかわっていたといえよう。

 本来、教育の根本の目的は、どこに定められるべきであろうか。
 牧口常三郎は 「教育は児童に幸福なる生活をなさしめるのを目的とする」 と断言している。“国家の利益” ではなく、“児童の幸福” こそ根本だというのである。
 牧口は、この信念から、創価教育の眼目は、一人一人が “幸福になる力を開発する” こととした。そして、この幸福の内容が 「価値の追求」 であり、人生のうえに創造すべき価値とは、「美・利・善」 であると主張した。
 つまり、牧口は、価値創造こそ人生の幸福であり、さらに、社会に価値を創造し、自他ともの幸福を実現する人材を輩出することが、教育の使命であると考えていたのである。

 彼は 『創価教育学体系』 の緒言(しょげん)で、「創価教育学」 を世に問う熱烈な真情を、こう記している。
 「入学難、試験地獄、就職難等で一千万の児童や生徒が修羅の巷(ちまた)に喘(あえ)いで居る現代の悩みを、次代に持越させたくないと思ふと、心は狂(きょう)せんばかりで、区々たる毀誉褒貶(きよほうへん)の如きは余の眼中にはない」
 そこには、子供への、人間への、深い慈愛の心が厚く脈打っている。この心こそ教育の原点といえる。
 そして、その教育を実現していくには、教育法や教育学の改革はもとより、教育者自身の人間革命がなければならない。子供たちにとって、最大の教育環境は教師自身である。それゆえに、教師自身がたゆまず自己を教育していくことが不可欠となるからだ。
 教師は 「教育技師」 であると主張する牧口は、「教育は最優最良の人材にあらざれば成功することの出来ぬ人生最高至難の技術であり芸術である。是は世上の何物にも替え難き生命といふ無上宝珠を対象とするに基づく」 と述べている。

 さらに、教師たるものの姿を、こう論じる。
 「悪人の敵になり得る勇者でなければ善人の友とはなり得ぬ。利害の打算に目が暗んで、善悪の識別のできないものに教育者の資格はない。その識別が出来て居ながら、其の実現力のないものは教育者の価値はない」
 牧口が提唱した、創価教育の精神を、現実に、縦横無尽に実践したのが、若き戸田城聖であった。彼の私塾・時習学館からは、人間性豊かな、実に多彩な人材が育っている。
 山本伸一は、教育部員に、この先師・牧口常三郎、恩師・戸田城聖の志を受け継いでほしかった。
  (同書・15~17P)

 池田先生は、“先師・牧口常三郎、恩師・戸田城聖の志を受け継いでほしい” 、また “私の最後の事業も、教育である” と仰っています。
 もともと、創価学会は、戦前、「創価教育学会」 と称していて、学校の先生方が、創価教育学を研鑽する団体であった。
 創立者の牧口先生が、昭和 3年、日蓮仏法に入信し、修行・研鑽の結果、ご自身が創出された 「美・利・善」 の価値創造の哲理が、法華経の哲理と何ら矛盾することなく、むしろ唱題行による 「人間革命」 こそが、教育その他あらゆる革命の根本とすべき哲学であると確信されたのである。
 したがって、“子供たちにとって、最大の教育環境は教師自身である” と。創価教育にとって、教師自身の人間革命が不可欠となるのであります。
 初代・牧口先生は、戦前、教育の改革をもって、国民と国家を救おうと(立正安国の実践)されましたが、軍事政権より弾圧を受け、名誉の殉教をなされました。
 第二代・戸田先生は、戦後、“その根本の目的は、宗教革命にあるとして、会の名称から 「教育」 の二字を外して”、「創価学会」 と改め、大折伏を敢行し、広布拡大 “七十五万世帯達成” の大誓願を成就なされました。
 偉大なる教育者であられた、牧口・戸田両先生の御精神を受け継ぎ、教育革命・宗教革命に頑張りましょう。

 参考 : 「美・利・善」 について ―→ ここから 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR