相模原事件に思う(1)(宗教を失った社会)

 神奈川県相模原市の知的障害者福祉施設 「津久井やまゆり園」 に、元職員だった男が侵入し、入所者らを刃物で次々と襲い、男女 19人が殺害され、重軽傷者も 27人に上った。この種の事件で、これほどまでの大惨事は過去にもなかったとのことである。

 加害者の男は、取り調べに 「障害者なんていなくなればいい」 という供述をしているという。
 また、「障害者は生きていても周りに迷惑をかけるだけ、無駄に税金をかけるより、その分を子育て等に有効に使った方が国のためになり、国を救うことになる」 という趣旨の発言をしているという。
 このような考えが、世のためになると一種の正義感を持って、事件を起こしているようである。実に、思想ほど恐ろしいものはないのである。

 こんな思想は、まったくもって 道理を弁えない身勝手な独りよがりの暴論という外はない。
 誰もが障害者になるかもしれない。否、誰もが必然的に誰かの手を借りなければならない時が来る。そのように考えれば障害者の問題は、じつは自分自身の問題なのである。
 高齢化社会に突入して、ますますこの問題の重要性が増してきております。自分には関係ないと無関心を決め込むのではなく、自分から主体的にかかわって、いまの社会をみんな仲良く・安心して暮らせる・生きていて楽しい、という世の中を建設していきたいと思います。

 今年の 8月6日は、非常に意義ある日である。
 8 時より、71回目の広島原爆死没者慰霊式典が挙行された。
 同じ時刻に、ブラジルの リオ 2016 オリンピックの開会式も挙行された。
 本日の聖教新聞の連載小説 「新・人間革命(清新45)」 には、池田先生の 「宗教を失った社会」 についての指導がありますのでご紹介します。  

 近代 インドの思想家 ビベーカーナンダが 「宗教を人間社会から取り去ったら何が残るか。 獣類のすむ森にすぎない」 と喝破(かっぱ)したように、宗教を失った社会も、人間も、不安の濃霧のなかで、欲望という荒海に翻弄(ほんろう)され、漂流を余儀なくされる。 そして、人類がたどり着いて先が、科学信仰、コンピューター信仰、核信仰、拝金主義等々であった。
 だが、際限なく肥大化した欲望の産物ともいうべき、それらの “信仰” は、精神の荒廃や空洞化をもたらし、人間不信を助長し、公害や人間疎外を引き起こしていった。
 科学技術も金銭も、それを人間の幸福、平和のために使っていくには、人間自身の変革が不可欠であり、そこに宗教の役割もある。
  (聖教・2016-8/6-3 面)

 現代は、宗教を必要とする人が少なくなり、心が宗教から離れつつある情況である。これは、憂慮すべき問題である。
 ウィルソン教授は 「本来、宗教は人間にとって必要不可欠なものです」 と言われております。
 宗教を失った社会は、欲望という荒海に翻弄され、その産物ともいうべきもの(結果)が、“精神の荒廃や空洞化をもたらし、人間不信を助長し、公害や人間疎外を引き起こしていった” と指導されています。
 相模原事件は、「宗教を失った社会」 の深刻なる様相の一断面を映し出しているものであると思います。
 したがって、絶対に宗教は必要なのである。その正しい宗教によって、個人は 「人間革命」 をし、社会は 「広宣流布」 をする以外に、これらの問題の解決の道はないのであります。 

続きを読む

関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

相模原事件に思う(2)(万法は己心に収まりて)

 前のブログで、人は必ず年を取って死を迎える。そのように考えれば障害者の問題は、じつは自分自身の問題なのである と書きました。
 これらの見解は普通一般的なもので、誰にでも分かるものですが、人はややもすれば自身の若さや健康なるをもって、老齢者や障害者を嫌悪し、蔑視・差別化してしまいがちである。
 この事件の加害者も、このような考えのうえに、人の生命を金銭と天秤にかけ、効率主義・成果主義の風潮に流されたのではないか、と思われる。したがって、「障害者なんていなくなればいい。税金の無駄遣いになる」 等々の発想が生まれたのではないのかと思う。
 詰まるところ、生命の実相を知らず、生命の軽視が生んだ弊害ではないかと思います。

 池田先生は、米国のハーバード大学での講演で、「死を忘れた文明」 について述べられたところがあります。ご参考になると思いますので、是非お読みくだされば幸いです。
 講演 「21世紀文明と大乗仏教」 ―→ ここから

 仏法では人間の生命は、宇宙生命と同等であるとする、生命至上主義ともいうべきものをとなえています。
 日蓮大聖人は、「万法は己心に収まりて一塵もかけず九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり」(1473P) と仰せです。

 私はこの御文を、初めて拝したとき、“九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり” とは、なかなか理解できませんでした。自分の頭脳で想像できるからだ と思ったりもしたが、そんな思考の次元の問題でもないようだ。
 通常、私達は、自身と山川草木・日月・衆星などの森羅万象とが別々に存在していると、分けて考えている。この対立的・分割的な思考に、そのうえ自分を中心に考えると、日月・衆星などが己心に収まるとは、とうてい理解できないのである。

 仏法では、「無量義は一法より生ず」(無量義経) と説いている。
 法華経は人間や日月・衆星などの全てが、この 「一法」 から顕現したものであると説いている。そして、この 「一法」 こそ “南無妙法蓮華経” であり、“妙法” と称するものである。
 ゆえに、山川草木・日月・衆星などは、宇宙根源の 「一法」 から創出されたもので、したがって、その一法である “南無妙法蓮華経” の 「当体」 であるといえます。
 それと同じく、人間もこの根源の 「一法」 より生じたもので “南無妙法蓮華経” の 「当体」 である。
 「当体」 とは “事物そのもの” ということで、 “南無妙法蓮華経そのもの” が、そこに “ある・収まる・備わる” ことを示している。
 ゆえに、大聖人は “万法は己心に収まりて” と。 同じく、こん度は “九山・八海も我が身に備わりて日月・衆星も己心にあり” と仰せられたのである。 

 涅槃経に 「一切衆生悉有(しつう)仏性 (一切衆生に悉く仏性有り)」 と説かれています。
 一切衆生に仏性有りということは、いかなる障害者にも尊極なる仏性が有るということです。
 我が己心に、障害者の命も、否、一切衆生をも収めているのである。なかなか理解し難く信じ難い法理でありますが、仏さまの智慧はそのように説いているのである。
 ゆえに、その人々を殺すということは、実は我が身を殺していることになる。因果の理法により、大罰の報いを受けなければならなくなるのである。

 上記の法理は、人間だけでなく、国土世間すなわち、環境面においても成り立つのである。通常は 「依正不二論」 として論じられており、教学的には有名な用語であります。
 依正とは、「依報」 と 「正報」 のことで、過去の行為の報い(果報)を受ける衆生を 「正報」 といい、正報の拠りどころとなる環境・国土を 「依報」 という。
 この依報と正報は、ともに一念(生命)のなかにあり、現象面では二つであるが、相互に深い関係性があり 「不二」 (二にして二ならずの意) となる。

 大聖人は 「天崩(くず)れば我が身も崩る可し、地裂(さ)けば我が身も裂く可し、地水火風滅亡せば我が身も亦滅亡すべし」(568P) と仰せです。
 したがって、生物の頂点に立つ人間が、自己の欲望を肥大化させて、地球環境を破壊して行けば、人類自身が滅亡することになる。
 その上に今時は、人間自らが作った核兵器により、人類滅亡の瀬戸際に立たされている。
 この危機を乗り越えるには、人類が日蓮大聖人の生命哲学を持つて、自身の欲望・怒り・無明の心を変革する、「人間革命」 を成し遂げていく以外にないと思います。

 相模原事件を縁として、話が大きくなってしまったが、所詮、個人であれ、人類全体であれ、自分自身の生命について無知なることが、この世の不幸の根源であると思います。
 宗祖大聖人曰く、「命限り有り惜む可からず、遂に願う可きは仏国也」(955P) と。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

夏季大学講座(A)(2016年)

 創価大学の夏季講座、本年も菅野博史教授の 「法華経」 を読む(11) ―妙音菩薩品・観世音菩薩品・陀羅尼品― であります。
 本年は27日、台風の影響で雨になりましたが、無事受講することができました。
 この 「法華経」 を読む シリーズも、あと 妙荘厳王本事品 と 普賢菩薩勧発品 の二品であるが、教授は来年には何か予定があるそうで、開講できないだろう とのお話がありました。

 まず序論として、「法華経」 の三つの中心思想 について論じられました。
 1) 一仏乗の思想
 2) 久遠の釈尊の思想
 3) 地涌の菩薩の思想

 以上のことは、昨年にも論じられており、中には何度も同じことを聞いたと言われる方もおられるが、“仏法は実践が大事である。実践するには何度も聞くことも大切である。(趣意)” とのお話でした。
 私もこの頃は、御書や大白蓮華を読んで勉強しても、殆んど記憶に残りませんが、勉強したという行為(業)は、自身の生命に善業となって積まれているのだと信じ、心慰めております。

 〔妙音菩薩品〕
 釈尊の眉間白毫相から放つ光によって、浄華宿王智仏の浄光荘厳世界が照らされ、そこに妙音(どもるもの、口ごもるものの意であるが、妙音とはまったく一致せず、不明)菩薩がいた。
 妙音菩薩は、三十四種類の身に変身して 「法華経」 を説き、娑婆世界の衆生を救済するのである。
 さらに華徳菩薩が、妙音菩薩の住する三昧の名を質問すると、釈尊は現一切色身三昧に住していると答える。またの名を普現色身ともいい、衆生救済の力を持ち、三十四種類とはあらゆる身に変身できることを示している。


 ここで、菅野教授の講義ではありませんが、『法華経の智慧』 から該当の部分を引用させて頂きます。

 斉藤 妙音菩薩は、薬王菩薩や観音菩薩と同様、「現一切色身三昧」 を体得しています。
 民衆を救うためならば、どんな姿にでもなって行動していこうという境涯です。
 遠藤 経典には、あるいは梵天王の身を現じ、あるいは帝釈の身を現じ、あるいは自在天の身を現じ……とあります。
 ………
 斉藤 大聖人は、こう仰せです。 「所用に随つて諸事を弁ずるは慈悲なり是を菩薩と云うなり」(774P)

 名誉会長 相手にあわせて自在です。自由自在であり、自由奔放(ほんぽう)です。
 人を鋳型にはめて、ロボットのような人間を作るのが宗教ではありません。 ロボットのように縛られた生命を解放するのが仏法です。
 妙音の三十四身とは、創価学会が、社会のあらゆる分野で、多角的に、また立体的に行動している正しさの証明です。
 分野は違っても、すべて 「慈悲」 です。 「人間主義」 です。 「悩める人の最大の味方になっていこう」 という炎が燃えていなければならない。 それがなくなれば 「妙音」 ではりません。


 斉藤 かつて ヤコブレフ博士(ペレストロイカの設計者)が、池田先生の行動を見て、こう言われていました。 ドストエフスキーの 「美は世界を救う」 という言葉について、この 「美」 とは 「人間主義」 のことではないか ―― と。
 「人間主義」 で、社会のなかへ、社会のなかへ入っていくことですね。

 名誉会長 それが 「美」 です。 それが 「妙音」 です。 それが 「法華経」 です。 学会の行き方は絶対に正しい。  (法華経の智慧6巻・86P)
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR