横浜・大口病院事件に思う

 また、悲しい事件が起こりました。横浜市神奈川区の大口病院で、患者の点滴に異物(界面活性剤)が混入され、寝た切りの二名の高齢者(88歳)が殺害されるという事件が起きた。
 この病院の 4階では、7~9月の 2か月間に 48人が死亡していたが、事件発覚後は死亡者は出ていないと言う。現時点では、犯人は特定されていないが、外部からではなく病院内の医療・介護の従事者の関与が疑われている。
 
 これに似た事件として、さきの相模原市の知的障碍者福祉施設での大量殺人事件、また、川崎市幸区の老人ホームでの転落殺人事件などが想起される。いずれも関係する介護職員が、弱い立場の無抵抗の高齢者を狙った卑劣な犯行である。
 これまでの犯人の言い分は、“役に立たなくなった高齢者・障害者は、いなくなればよい” という趣旨の考えを述べている。

 なぜ、このような考えになったのだろうか? 
 看護・介護の仕事は、人の生命を育み護る大変重要な・やりがいのある職場である。
 看護師・介護士になるには、それ相当の教育を受け、目的観・使命感を持して職務に就いたと思います。
 ところが理想と現実のはざまで、希望もやる気も段々と無くしていったのではないかと思う。
 そうなれば、不平不満が生じてきて、すべてを他人や環境のせいにして、ますます悪の スパイラル(渦巻)のなかに、自ら落ち込んだのではないかと思います。(推測)

 人のやる気を無くす一番のものは、目的や意義もなく 無意味なことをさせることだ と聞いたことがあります。
 労役に従事させるとき、たとえば、レンガ積みさせて出来上がったたら,一旦それを全部・取り壊し、また同じように積み上げさせる。これを何回も繰り返す。結局、無意味・無価値なことをさせていることになる。これは従事者にとって、一番・心身にこたえることになるという。
 
 このような状況が、いま医療・介護の現場で起きて来ているのではないのか と思われます。
 今回の被害者は、88歳の高齢者である。失礼ではあるが、通常このお年では元気になって、退院できる病状ではないと思います。いわゆる、人生の終末期に入られていると思います。

 このような患者に対しても、現在の病院医療は、若年・壮年と同じような施術を行っている。
 たとえば、食べられなくなったといって、胃に穴をあけて、チューブで流し込んだり、呼吸が困難だからと、すぐ人工呼吸器を取り付ける。
 私は知り合いのお婆さんのお見舞いに行って、顔を見たとき別人かと思った。それは人工呼吸器をつけていて、少し浮腫(むく)んでいるようで、顔色も悪く、男の人の顔のように感じられた。
 本人はかえって、苦しみを増しているのではないかと思われた。

 かつて、堀日亨上人と記憶するが、「わしは 四~五日・何も食べず、腹の中を空っぽにして死んでいくのじゃ(趣意)」 と仰しゃったという記事を読んだことがあります。
 私はその時、人は死に逝くときは腹の中を空っぽにしなければならないのだ なぁ と思った。
 すなわち、動けなくなる・食べられなくなる・呼吸が困難になることは、死に逝くときの プロセス(過程)であり、自然の摂理である。 
 
 ところが、この自然の摂理に反する施術をしているのが、今の日本の医療であり、病院経営である。(門外漢のお前が何を言うのか と怒られそうだが)
 前から世間で言われていたことであるが、医術なのか…算術なのかと。その一端が、検査漬け・薬漬けの医療である。先生は レントゲン写真と パソコンの画面ばかり見て、ろくに患者の顔も見ていない。私は整形外科を受診して、一回も患部を触診されなかった ことがあります。

 事件の犯人たちは、治りもしない患者に無駄な施術をしていると、しかも、社会福祉関係の国家予算は、いまや 40兆円にもなっている。介護の当事者として現場の裏事情をよく知る立場だけに、変な歪んだ正義感が燃え上がり、犯行に及んだのではないかと思う。
 犯人たちを擁護しているのではないが、このような重大事件の犯人が、医療・介護の現場の内部の者から出ているということは、そこに何か、矛盾点・問題点があるという ことではないのだろうか。
 この医療・福祉の問題点を捜し出し、関係者全員・いな国民全員も、危機意識を共有し真剣に考えて、改革し・解決して行かなければ、国の前途が危うくなると憂慮するものである。

 池田先生は ハーバード大学で 「生と死」 について、次のように講演されています。 
 近代人にとって死とは、単なる生の欠如・空白状態にすぎず、生が善であるなら死は悪、生が有で死が無、生が条理で死が不条理、生が明で死が暗、等々と、ことごとに死は マイナス・イ メージを割り振られてきました。
 ………
 死は単なる生の欠如ではなく、生と並んで、一つの全体を構成する不可欠の要素なのであります。その全体とは 「生命」 で あり、生き方としての 「文化」 であります。ゆえに、死を排除するのではなく、死を凝視し、正しく位置づけていく 生命観、生死観、文化観の確立こそ、21世紀の最大の課題となってくると私は思います。


 世間では、どこそこのお家で死者が出た時、“不幸なことが起きた” “不幸になった” などと よく言います。
 “死は不幸である” という考えから、医師より 「人工呼吸器をつけますか」 「胃ろうを施術しますか」 と問われた時、すぐに 「はい、お願いします」 と答えてしまうのである。
 “「死」 は決して 「悪」 でも 「不幸」 でもない” とする、この思想を広めなければ、この問題解決の端緒にも道筋にもならないと思います。それには、各人の生死観の変革が求められています。
 
 池田先生の “死を凝視し、正しく位置づけていく 生命観、生死観、文化観の確立こそ、21世紀の最大の課題となってくる” と仰しゃるように、正しい生命観、生死観を、日蓮大聖人の大生命哲学に求めなければならないのであります。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「新・人間革命」第10巻〔言論城の章〕(学会精神)

 第10巻では、1965年(昭和40年)元旦から、翌年 3月 5日の壮年部結成大会までの模様が描かれている。

 〔言論城〕
 人間革命 ―― そこには、いっさいの原点がある。
 すべての根本をなしているのは、人間であり、自己自身であるからだ。
 ゆえに、自分自身の生命の変革が、家庭を変え、地域を変え、社会を変える。時代を変え、歴史を変え、世界を変える。
 その人間革命をなしゆく仏法の力の大潮流が、渦巻き、怒涛となって大海を走り始めた。

 「勝利の年」 と銘打たれた、一九六五年(昭和四十年)の新春は、会長山本伸一の小説 『人間革命』 の新聞連載で始まった。
  (新・人間革命10巻・7P)

 「勝利の年」 と銘打たれた昭和 40年。聖教新聞元日付から小説 『人間革命』 の連載が始まった。
 また聖教新聞は、7月15日付から日刊化されました。その準備が進む、編集、印刷、広告、業務の各担当者の奮闘の模様が語られています。実に、“仏法の力の大潮流が、渦巻き、怒涛となって大海を走り始めた” という感に打たれます。
 ある時、池田先生は職員と懇談され、“聖教を世界最高の言論城に” と指導激励されました。

 「聖教新聞は広宣流布の機関紙だということを忘れてはならない。
 一般紙は不偏不党の立場で、物事を客観的に報道するということが基本だ。 しかし、機関紙というのは、自分たちの主張を、どう伝え、いかに波動を起こし、共感を広げていくかが勝負になる。……」
 ………
 「では、聖教らしさとは何か。
 第一に、どこまでも、広宣流布のための機関紙であり、読めば、民衆の幸福と平和のために立ち上がろうという思いがわき起こる、新聞でなければならない。
 また、邪悪とは敢然と戦う、折伏の精神がみなぎっていることが大事だ。
 第二に、すべての人が、真実の仏法とは何かを、よく理解することができる新聞だ。 聖教新聞に触れることは、仏法に触れることになるんだからね。 そして、生命の大哲学の視点から、あらゆる物事を的確にとらえ、問題の解決の方途を示していくんだ。
 第三に、読者に勇気と希望を与える、“励ましの便り” でなければならない。
 聖教は、すでに学会員以外にも読者をもち、広く 『人間の機関紙』 として愛読されている。 その人たちが人間としての生き方を学び、活力の源泉となるような新聞にしていくことだ」
  (同書・72P))

 さらに日刊化によって一般の ニュースも入るようになるし、“よくまとまっていて、わかりやすいと言われるようにすべきだ。 また、文化欄、家庭欄などは、仏法を根底にした人間主義のの視点からの企画、論調が大事になってくる” と指導されています。
 ところが、大闘争の最中、米子支部長が、交通事故で、42 歳の若さで亡くなってしまった。周囲から、“学会の信心が正しくて、御利益があるのなら、なんで、幹部が事故で死ぬのか” 等々の疑問や不信が爆発し、学会を批判し始める会員の姿が見られたのである。
 先生は、急きょ、米子会館で行われていた地区部長会に出席され、次のように指導されています。

 人には宿業があるが、その宿業の深さはわからない。 たとえ、若くして亡くなったとしても、信心を貫いた人は、宿業を 「転重軽受」(重きを転じて軽く受く) しての死なのである。
 ともあれ、真の信仰者として広宣流布に邁進している人は、いかなるかたちで命を終えようとも、成仏は間違いない。
 初期の仏典には、次のような話がある。
 ―― 摩訶男(マハーナーマ)という、在家の信者がいた。彼は、もし、街の雑踏のなかで、三宝への念を忘れている時に、災難に遭って命を失うならば、自分はどこで、いかなる生を受けるのかと、仏陀に尋ねる。
 すると、仏陀は言う。
 「摩訶男(まかなん)よ、たとえば、一本の樹木があるとする。その樹(き)は、東を向き、東に傾き、東に伸びているとする。もしも、その根を断つならば、樹木は、いずれの方向に、倒れるであろうか」
 摩訶男は答えた。
 「その樹木が傾き、伸びている方向です」
 仏陀は、仏法に帰依し、修行に励んでいるものは、たとえ、事故等で不慮の死を遂げたとしても、法の流れに預かり、善処に生まれることを教えたのである。
 また、日蓮大聖人は、南条時光に、弟の死に際して与えられたお手紙で、「釈迦仏・法華経に身を入れて候いしかば臨終・目出たく候いけり」(1568P) と仰せになっている。信心に励んだ人の、成仏は間違いないとの御指南である。
  (同書・20P)

 先生のご指導のなかの釈尊の説話は、非常に解りやすく、心から納得のいくものである と思いましたのでご紹介しました。
 修行に励んでいる人は、たとえ、事故や事件に巻き込まれて不慮の死を遂げたとしても、成仏の道から外れることはないのである。
 ここで、涅槃経の文を思い出しました。「菩薩悪象等に於ては心に恐怖(くふ)すること無れ悪知識に於ては怖畏(ふい)の心を生ぜよ、何を以ての故に是れ悪象等は唯能く身を壊りて心を壊る事能(あた)わず、悪知識は二倶(とも)に壊るが故に、悪象の若(ごと)きは唯一身を壊る悪知識は無量の身無量の善心を壊る、悪象の為に殺されては三趣に至らず悪友の為に殺されては三趣に至る」 (452P) という経文です。
 三趣とは、地獄・餓鬼・畜生のこと。悪知識とは、謗法の悪友である。悪友に随い謗法を犯せば、必ず三悪道に堕ちるのである。心して重々気を付けなばならない。

 8月に入り、伝統の夏季講習会が、本山で実施された。
 先生は、この講習会で、学会精神をわが同志の胸に深く打ち込まれました。
 
 ―― 「本門の時代」 に入り、広宣流布の流れは、社会のあらゆる分野で、仏法の人間主義ともいうべき思想を実現していく、多様多岐にわたる 「展開」 の時を迎えた。 そうであればこそ、皆が原点である学会精神に立ち返ることが、何よりも大切になる。
 学会精神 とは、浅きを去って深きに就く、一人立つ 「丈夫の心」 である。
 殉難を恐れぬ、「死身弘法」 の決意である。
 間断なき、「未曾暫廃」 の持続の闘争である。
 情熱と勇気の、「勇猛精進」 の実践である。
 いかなる難も、莞爾として耐え忍ぶ、「忍辱大力」 である。
 大聖人の仰せのままに、広宣流布に生き抜く、「如説修行」 の行動である。  
 邪悪を許さぬ、「破邪顕正」 の精神である。
 正しき信心の血脈に結ばれた、「師弟不二」 の道である。
 堅固なる 「異体同心」 の団結である。
 一人ひとりを仏を敬うがごとく大切にする、「当如敬仏」 の心である。
 この学会精神を伝えるには、どうすればよいのか ―― 答えは明らかである。 自らが行動することだ。 精神の継承は、振る舞いのなかにのみある。
  (同書・90P)

 上記のように、学会精神を 10項目に分けて教えてくださいました。“この学会精神を伝えるには、自らが行動することだ。 精神の継承は、振る舞いのなかにのみある” と、先生は自ら どこで出会ったメンバーにも、寸暇を惜しんで激励を続けられました。
 “そのお姿自体が、「勇猛精進」 であり、「未曾暫廃」 であり、「当如敬仏」 であった” のであります。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

希望の源泉(3)(「危機の時代」を予見する)

 佐藤 優氏の 「希望源泉」 (池田思想を読み解く) の第 3回は、〔今の 「危機の時代」 を予見していた 『法華経の智慧』〕 です。

 〔仏法の智慧を現実社会へと展開
 佐藤 勝  『法華経の智慧』 は、常に現実社会との関わりのなかから法華経を捉えようとしていますね。 「序論」 だけでも、ボスニア紛争、ソ連崩壊後のロシア社会の混乱、生命科学の最先端などの問題が俎上(そじょう)に載ります。 そして、そのような連載当時の アクチュアル(現実的)な問題に対する言及が、約 20年後の現在も古びておらず、21世紀の社会についても深く考えさせるものとなっている。 そこが、この本の大きな特徴です。
 ………
 佐藤  そして、法華経を政治や経済など、社会の問題と結びつけて語れるからこそ、池田思想は 「生きた思想」 なのだと思います。 宗教者が宗教という枠のなかに閉じこもり、「社会問題についてはよくわかりません」 と社会から目を背けるようでは、それは 「死んだ思想」 なのです。
 池田会長自身が次のように述べています。

 「現実の社会を離れて仏法はありません。 仏法即社会です。 社会即仏法です。(中略)仏法の心、仏法の智慧を、つねに社会へ、世界へと ダイナミックに展開していく。 それでこそ真実の仏法です。 宗教の世界に閉じこもるのは宗教の自殺行為です」 (「普及版」上巻・119P) (第三文明・2016-10月・53P)

 この 「序論」 の冒頭のところで、池田先生は、次のように述べられています。
 自分が、また社会が 「どこへ」 「何のために」 進めばよいのか。 それを教えてくれる智慧を求めている。
  あるいは、戦乱の旧 ユーゴ諸国で。
  あるいは、飽食の先進国の社会で。
  あるいは、混乱の旧・社会主義国で。
  あるいは、貧困と戦う第三世界で。
 ………
 何かが間違っている。 何かが必要だ。 科学でも幸福はない。 社会主義でも資本主義でも救われない。 どんなに会議を開いても、道徳を訴えても、心理学を講じ、哲学を講じても、何かが欠けている。
 今、人類の心の情景は、このようなものではないでしょうか。
 と問題提起をなされています。
 この問題の解決への道は、一人の人間の 「生命の変革」 が一切を変えていくという、“法華経の智慧” に求めなければならないと思います。

 〔「法華経の智慧」 を今読むべき理由
 佐藤  なぜ、私のような学会員ではない人間が、『法華経の智慧』 という書物を今読むべきなのか? 
 その問いに対する一つの答えは、「今世界にとって大きな危機の時代・大変革期であり、その危機の時代を生きるための智慧が、ちりばめられた本だから」 ということです。
 ………
 『法華経の智慧』 は、約 20年前に作られた本ではありますが、現在のような 「危機の時代」 にこそ光彩を放つ書物だと思います。 そしてそれは、創価学会自体が 「危機に強い宗教」 であることの反映なのでしょう。 もちろん、学会は平時においてもきちんとした活動をしてきました。 そのうえで、平時よりは危機の時代にこそ、その真価を発揮する教団だと思うのです。
 (同誌・55P)

 なぜ、「危機に強い宗教」 なのかといえば、「難」 の捉え方に一つの要因があると述べています。
 司会者は、「きちんと信心をしていけば、それを妨げる難が起きるのは仏法上の必然であり、その難を乗り越えてこそ成長できるし、宿命も転換できる」 というのが学会の指導性です と言われています。
 佐藤氏は、苦難や危機を避けるのではなく、むしろ喜んで迎え撃つ、よい意味での 「戦闘性」 が学会にはある。だからこそ危機に強い。SGI が各国の社会に受け入れられているのは、一つにはそのためでしょう と、称賛と期待感を述べられている。

 〔「危機の時代」 のための思想
 佐藤  『法華経の智慧』 が連載された 1990年代後半は,今とは違って、「世界が危機の時代に突入した」 などという認識はなかったと思います。 局地的な紛争は当然あったにせよ、「第三次世界大戦の危機が間近に迫っている」 などと考える人はほとんどいなかったはずです。……
 要するに 90年代後半は 「もう戦争は起きない」 という楽観が世界を覆(おお)っていた。 「21世紀は危機の時代になる」 などとは、ほとんど誰も思っていなかったのです。……
 たとえば、「序論」 における ボスニア紛争への言及は、現在の シリアで当時の ボスニアとよく似た状況が現出していることを予見していたとも言えます。……
 しかし、99年に 『法華経の智慧』 の連載が終わったあと、世界は急激に 「危機の時代」 へと向かいます。 2001年の 「9・11」 同時多発テロと、03年からの 「イラク戦争」 が、その暗い幕開けでした。 そこから十数年がたった今、世界は明日さえも見えないような、混沌とした 「危機の時代」 のただ中にあります。…… 約 20年前に現今の 「危機の時代」 を予見していた点に、鋭い先見性があるのです。
 そのことを、あえてキリスト教の語彙(ごい)を用いて 「預言者的」 と評したい気がします。…… 池田会長の未来を見通す慧眼(けいがん)は、私には 「預言者のようだ」 と感じられるのです。


 ――  日蓮にも、『顕仏未来記』 のような 「未来記」、すなわち “予言の書” のような著作があります。 といっても、それは オカルト的な予言ではなく、仏ならではの 「三世(過去世・現世・来世)を見通す」 慧眼で世界が進みゆく方向を考えたとき、おのずと浮かび上がってくる ビジョンなのでしょう。

 佐藤  ええ、池田会長の場合も同じだと思います。 仏法を究(きわ)めた人ならではの鋭敏な認識力・直観力によって、未来を見通すのでしょう。……

 日蓮大聖人は、「三世を知るを聖人という余に三度のかうみよう(高名)あり」(287P) と仰せです。
 三度の高名とは、一には文応元年七月十六日・立正安国論をもって、二には文永八年九月十二日・平左衛門尉に向かって、三には文永十一年四月八日・佐渡赦免後、平左衛門尉に語って云く と。以上三回にわたって、国家諌暁を行い、自界叛逆(ほんぎゃく)難、他国侵逼(しんぴつ)難の二難が起こると警告され、それがことごとく 的中したことを言う。
 また、『顕仏未来記』 には、「本門の本尊・妙法蓮華経の五字を以て閻浮堤に広宣流布せしめんか」(507P) と仰せです。
 現在、池田先生のご指導のもと、大聖人の御予言のごとく、世界 192ヵ国にまで、創価の世界広宣流布は拡大しております。世界広布の業績を考えても、現今の 「危機の時代」 を見通す慧眼に対しても、池田先生は聖人の一分にあたられると思います。

 ――  『法華経の智慧』 も、現在の世界を見通した 「予見の書」 として読むことができるのですね。

 佐藤  そうです。 人類が 「危機の時代」 を乗り越える方途が、深い次元から考察された書だと思います。 (同誌・57P) 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR