希望の源泉(4)(法華経は直説か創作か)

 「希望源泉」(池田思想を読み解く) の第4回は、〔超越性と現実の間を往還する思想〕 であります。
 今回から、法華経の 「序品」 についての章に入ります。

 〔法華経は釈尊の 「直説」 か
 佐藤 優  この章で池田会長は、いわゆる 「大乗非仏説」(法華経など大乗仏教の経典は釈尊の 「直説(じきせつ)」 ではなく、後世の 「創作」 であると捉(とら)える説) の問題に踏み込んでいますね。 会長は次のように述べています。
 「(法華経においては) 革新となる釈尊直説の思想が、編纂(へんさん)当時の時代状況、思想状況に応じて、一つの形をとったと考えられます。
 時代が釈尊の思想を希求し、釈尊の思想が、時代を感じて出現してきた。 『感応道妙(かんのうどうみょう)』 (仏と衆生が互いに通じあうこと) です。 普遍的な思想とは、そういうものです。 真実の思想の生命力と言ってもいい。 形態は新たになったとしても、時代状況のなかでは、それが、より、その思想の 『真実』 を表しているのです。 その意味で、私は、直説か創作かと問われれば、直説だと言いたい」
 (「普及版」上巻・85P)
 時代状況に応じて表現形態は変わっても、釈尊直説の思想がその核心にある以上、法華経を直説と捉えてよい、というものです。  (第三文明・2016-10月・53P)

 古来から、「大乗非仏説論」 というものはありました。以前のブログに、戸田先生が、ある東大生語られた指導がありますので、お読みくだされば幸いです。
 拙ブログの過去記事 ―→ ここから

 池田先生は、“真実の思想の生命力は、形態は新たになったとしても、時代状況のなかでは、それが、より、その思想の 「真実」 を表している” 以上、釈尊の 「直説」 と捉えてよい と指導されています。

 〔思想の 「編集」 という大切な営為
 この項目のところで佐藤氏は、キリスト教神学を駆使しながら次のように述べています。

 佐藤  要するに、文献批評をどれだけやっても、聖書ほど古い文献になると、確定的なことはめったに言えないのです。 蓋然(がいぜん)性(確からしさ)を追求することしかできない。 それは、仏典についても然りだと思います。……
 そういうこともありますから、信仰者である以上、学問的成果を絶対視すべきではない。 それよりも、カール・バルト(スイスの神学者)が言うように、「霊感説」 的な信念と直感がもっと重視されるべきだと思います。

 
 佐藤氏は、“信仰者である以上、学問的成果を絶対視すべきではない” と言われています。
 この点は、非常に重要な事であります。些細な違いにこだわって、信心の本筋を踏み外さないように気を付けなければなりません。

 佐藤  それから、私が 「序品」 の章で強い印象を受けたのは、池田会長が、法華経について次のように述べる部分です。
 「それにしても、法華経編纂者の編集能力は素晴らしい。文字や暗誦で伝えられてきた仏説の中から、釈尊の思想の核心を選びとり、見事に蘇(よみがえ)らせている。 編纂者のなかに、釈尊の悟りに肉薄し、つかみとった俊逸(しゅんいつ)がいて、見事に リーダーシップを発揮したとしか思えません」 (上巻・87P)
 この言葉は、イエス・キリストと パウロの関係や、釈尊と日蓮の関係、ひいては日蓮と創価学会の三代の会長の関係にも当てはまると思います。 イエスの思想を、イエスの死後に信仰に入った パウロが 「編集」 し、釈尊の思想を日蓮が 「編集」 し、日蓮の思想を池田会長らが 「編集」 して、後代に蘇(よみがえ)らせた …… そのような構図が、世界宗教のなかには共通してあるのです。 (同誌・54P)

 佐藤 氏は、“釈尊の思想を日蓮が 「編集」 し、日蓮の思想を池田会長らが 「編集」 して、後代に蘇らせた” と述べられている。
 前の 「創価学会とは何か」 という テーマの対談者である、 (同誌・2016‐1月より)
 松岡幹夫 氏は、“牧口初代会長の 「価値論」、戸田第二代会長の 「生命論」 を、池田第三代会長が 「人間主義の哲学」 として完成させた。
 そして今、学会員は池田会長の教えに従って正しく日蓮の御書を読んでいると言えます。「智者」 である池田会長が認めた日蓮の御書は、すべて 真正テキストと認めてよいというのが、私の考えです” と述べられている。
 佐藤 氏は、“「解釈者」 というものは、原テキストをより深く解釈することができるのです。池田会長は、まさに日蓮のよき 「解釈者」 と言えるでしょう” と述べられている。
 池田先生 は、“革新となる思想が、当時の時代状況、思想状況に応じて、一つの形をとった。…… 普遍的な思想とは、そういうものです。 真実の思想の生命力と言ってもいい” と述べられている。

 戦時中、宗門は国家権力に屈し、神札を祀るという大謗法を犯し、日蓮仏法は滅亡の状態になった。
 日蓮大聖人の大慈大悲は、戸田先生の 「獄中の悟達」 となって顕わされ、滅亡の危機から救われたのである。
 それまでは、「仏」 といえば絵像・木像の イメージしかなかったものが、戸田先生の 「仏とは生命なり」 の悟りによって、現実の我が身のうえに生命実感として把握することができるようになった。
 池田先生は、「仏界・仏性」 といえども、それは己身の “人格や友情や慈悲心” となって、その “人の振る舞い” のうえに顕われるもの と教えてくださいました。
 今や、創価学会は、生命尊厳の 「人間主義」 を標榜して、世界広布新時代を拡大し、世界の平和と人類の幸福のために、戦っている 教団であります。
 そして、法華経の精神に則っている 創価の 「人間主義」 は、大聖人の 「直説」 であると言っても過言ではないと思います。 
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR