「希望の源泉「(9-b)(譬喩品「仏の心を伝える」)

 「希望源泉」 の第 9回は、途中から 「譬喩品」 の章に入ります。
 『法華経の智慧』 第二巻(5P) には、〔譬喩 ――「慈悲」と「智慧」の馥郁(ふくいく)たる結晶〕 という副題がついています。

 はじめに 譬喩(ひゆ)とは、たとえ ということです。難解の法の義を解らせるために、身近な事物に譬えを取って説き示すことである。
 「方便品」 の説法で、最初に悟りを開いた舎利弗が、「他の弟子たちのためにも、法を説いてください」 と釈尊に願った。それに応えた説法のなかに 「三車火宅の譬え」 が説かれることから、「譬喩品」 の名があります。

 〔譬喩によって 「仏の心を伝える」〕
 佐藤 優  キリスト教においても、『新約聖書』 の イエス・キリストの言葉のなかには、多様な譬喩が用いられています。 むしろ、キリストの言葉には譬喩以外ないといってもよいほどです。 したがって、聖書学の仕事のほとんどは、キリストが述べた譬喩の意味の読み解きなのです。 と述べている。
 佐藤氏は、聖書の 「毒麦のたとえ」 を例にとって、創価学会史における 「第一次宗門事件」 の時は、宗門との決別までには至りませんでした。仮にあの時点で決別していたら、学会側にも大きな ダメージがあったでしょう。学会が時を待ったのは賢明でした。
 時を待てと教えている 「毒麦のたとえ」 を当てはめることで、外部から見ていても事の本質がつかめるのである。譬喩にはそうした力がありなすね、と述べられている。
  
 佐藤  『法華経の智慧』 には、譬喩を用いる意義が三つに分けて説明されていて、得心がいきました。
 第一に、仏の悟りは言葉では表現しがたいものだからこそ、譬喩を駆使してわかりやすく伝えるということ。
 第二に、譬喩の持つ 「イメージの力」 によって、聞く者が受け身ではなく能動的に捉えることができるということ。
 第三に、譬喩を効果的に用いることによって、話し手 ――直接には釈尊―― と聞き手の間の一体感をもたらすことができるということ。 ……
以上の三つに要約して述べられています。

 対談者は、池田会長はこの章のなかで、「法華経の七喩は即ち法体であり、法体は即ち譬喩である」 との日蓮の 「当体義抄」 の一節を引かれ、「譬喩即法体――法華経の譬喩というのは、仏の心そのものであるということです」 (上巻・260P) と述べています。
 譬喩は、ただ単なる譬え話ではなく、生命の法理を説明しているのであり、すなわち仏の心・妙法(法体)そのものであるということです。この 「譬喩即法体」 の究極が “南無妙法蓮華経” であります。

 佐藤  経典というものは、「仏の心を伝えるもの」 ですね。 論文であれば論理的に説明すればよいわけですが、経典は心を伝えるものだからこそ、単なる説明では不十分で、譬喩の持つ力が必要なのでしょう。
 そして、池田会長というたぐいまれな 「言葉の使い手」 がおられることによって、創価学会/S G I の皆さんは、わかりやすい形で 「仏の心」 を伝えてもらうことができるわけですね。
 ………
 また、学会の皆さんは池田会長と一緒に現代を生きておられるから、「仏の心」 を同時代の言葉として伝えてもらえる……私はそのことを、時にうらやましく思います。 
 ………
 一方、創価学会/S G I は、近代的な世界像、しかも ポストモダンに近いところにおいて、宗門との決別を通して宗教改革を進め、今まさに世界宗教化を進めている。 リアルタイムでその ダイナミックな変化を感じつつ生きることができる学会員の皆さんは、宗教者として幸福だと思います。

 佐藤氏は、“学会の皆さんは池田会長と一緒に現代を生きておられるから、「仏の心」 を同時代の言葉として伝えてもらえる” と このことが、本当にうらやましいと述べています。
 氏は、イエス・キリストは二〇〇〇年前の方ですから、どうしても時空の隔たりを感じてしまうことが多い と述べています。
 我われも、御書はあっても、池田先生がいらっしゃらなければ、正しい “大聖人の御精神(法華経の心)” を、識(し)ることはできないのであります。

 〔全編にみなぎる 「言葉の力」 への信頼〕
 佐藤  池田会長はたぐいまれな 「言葉の使い手」 だと申し上げましたが、同時に、私が会長の著作を読んで感じるのは、「言葉の力」 というものに強い信頼を持っておられる方だということです。
 ………
 「言葉の力」 への信頼を失うと、どうしても我流の解釈に執着してしまい、「野狐禅」(我流の禅で悟ったと思い込むものの、実際には悟りとはほど遠い状態) や 「魂の インフレーション」 のような迷妄(めいもう)に陥(おちい)ってしまいやすいのでしょう。
 対照的に、池田会長の思想には 「師弟」 というしっかりとした軸があり、「言葉の力」 への信頼があります。 そのことが池田思想の強靭(きょうじん)さの一つの土台ではないかと、『法華経の智慧』 の 「譬喩品」 の章を読んで私は感じました。

 対談者は、日蓮仏法それ自体が、「言葉の力」 への信頼を強く持っていますと。
 それに対し禅宗は、「不立文字」 という教義を立てており、文字や言葉による教えの伝達を軽んじている。ゆえに大聖人は、仏の言葉を軽んずる禅は [天魔」 である、と厳しく破折しています。
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

「新・人間革命」第13巻〔金の橋の章〕(日中友好の金の橋)

 〔金の橋〕
 人間を離れて宗教はない。 ゆえに、社会を離れて宗教はない。
 日蓮大聖人は、仰せである。
 「一切衆生の異の苦を受くるは悉く是れ日蓮一人の苦なるべし」(758P)
 君たちよ、惨禍の果てしなく続く世界をば、直視せよ
 そして、苦悩の渦巻く現実から眼をそらすな
 常に人間は、人びとの幸福のために、平和のために、勇気の叫びをあげていくべきだ。
 英知の言葉を発していくべきだ。
 ともあれ、行動だ。 生きるとは戦うということなのだ。
 そこに、仏法者の使命があり、大道がある。
 
 一九六八年(昭和四十三年)も、既に九月の声を聞いていた。 しかし、残暑は厳しかった。
 (新・人間革命13巻・7P)

 池田先生は、昭和四十三年九月八日、第11回学生部総会の席上、歴史的な 「日中国交正常化提言」 を世に問いました。それは予想通り世間の反発を呼ぶが、日中友好の先達である 松村謙三・高崎達之助・有吉佐和子氏らは高く評価した。
 また、周恩来総理ら中国指導部も、提言に注目する。 周総理は、「池田先生に、ぜひ、中国においでいただきたい。 ご招待申し上げます」 との伝言を、有吉氏に託しました。
 〔有吉佐和子(1931~1984)小説家。作 「紀ノ川」 「恍惚の人」 「複合汚染」 など現代の社会問題を描き、広く問題を提起した〕

 後日、有吉氏から中国の友人が、学会の幹部との語らいを希望している、との連絡が入った。そこで、秋谷英介をはじめ、三人の青年幹部が会うことになった。
 会談の日、出発前に、先生のところへ、あいさつに行った。
 青年幹部の一人が、「共産主義国では、宗教を否定的に見ているにもかかわらず、なぜ、学会と交流を希望するのか疑問です。何か、別の意図があるように思います」 と語ると、先生は、厳しい口調で言いました。

 「そういう先入観をもって、人と会うのは失礼だ。 それは偏見につながり、真実を見る目を曇らせてしまう。 たとえ、どこの国の人であれ、いかなる イデオロギーの人であれ、また、どんな肩書や立場の人であれ、みんな同じ人間なんだ。 人間に変わりはない。
 友情を育み、友好を結ぼうと思うなら、同じ人間であるという意識で、語り合うことだ。 相手の国や民族、あるいは、地位や肩書などによって、態度を変えるというのは、人間として卑屈ではないか。 また、それは、裏返せば、傲慢(ごうまん)でもあるということだ。
 相手によって威張ったり、下手に出たり、また、“立場” を鼻にかけてものを言うような生き方では、本当の友情は芽生えないし、本当の外交もできない。 しかし、一個の同じ人間であるとの視点に立てば、共通項が見え、互いに身近に感じられるものだ。 それが相互理解の手がかりにもなるし、共感も生まれる。
 私は、学会員の一婦人に会う時も、世界的な学識者に会う時も、いつも同じ人間として接して、理解し合うように努めている。 だから私は、相手が誰であろうと恐れないし、見下すこともない。 率直な語らいができ、心も通い合う。 共感し、尊敬し合えるんです」
 (同書・34P)

 池田先生は、人と会い友情を育み、友好を結ぶためには、どのような立場の人であれ “いつも同じ人間として接して、理解し合うように努めている” と、大事な基本的な姿勢について指導されています。
 ともすれば、我ら凡夫は、相手も同じ人間であり、仏性を持っている仏様であることを、ついつい忘れがちである。この人を敬うという一点は、常日頃から、心に懸けなければならないことだと思います。
 初対面の時の互いの緊張を解きほぐしていくには、笑顔である。相手をほっとさせるようなユーモアや、ウイットに富んだ言葉も大切である。                   
 それから、相手がどういう経歴をもち、どういう家族構成かなども、知っておく努力をしなけれあならない。それは礼儀でもあるし、渉外の基本といってよい、等々の指導があります。

 先生は、後々のために、青年たちに、外交の在り方を語ってくださいました。
 「それから、中国などのように、日本に支配され、辛酸をなめてきた国の人と接する場合には、その歴史を、正しく認識しなければならない。
 アジアには、日本軍によって肉親が虐殺されたり、家を焼かれたり、略奪されたりした悲惨な歴史をもつ国が多い。 それは、その国の人びとにとっては、永遠に忘れることのできない、憤怒と悲哀の屈辱として、魂に刻印されている。
 ところが日本人は、その事実をあいまいにしょうとする。 また、若い世代も、その歴史を知ろうともしない。 それでいて日本人は、経済力に鼻にかけ、アジア諸国の人びとに、傲慢で横柄な態度で接する。 こんなことでは、本当の信頼も、友情も、育つわけがない。 誰がそんな国と、そんな人間と、永遠に おつきあい したいなんて思いますか。
 まずは、歴史を正しく認識し、アジアの人びとが受けた、痛み、苦しみを知ることです。 その思いを、人びとの心を、理解することです。 そうすれば、日本人として反省の念も起こるでしょう。 当然のこととして、謝罪の言葉も出るでしょう。 それが大事なんです。 相手が、こちらの人間としての良心、誠実さを知ってこそ、信頼が生まれていくからです。
 国と国との外交といっても、すべては人間同士の信頼から始まる。 だから、私たちは、日本の国が、どういう政策をとろうが、中国の人たちとの、人間性と人間性の触れ合いを常に大切にし、人間としての誠意ある外交をしていかなければならない」
 (同書・38P)

 池田先生は、“国と国との外交といっても、すべては人間同士の信頼から始まる” と述べられている。
 日本は、江戸時代・約 270年間、戦争のない平和な時代であった。しかるに、明治維新からは戦争に明け暮れ、挙句の果ては亡国となったのである。
 戦後、どこが悪かったのか、何が原因だったのか、誰が悪いのか、思想・宗教はどうなのか、等々の真の原因を徹底的に究明せず、あいまいのままにして今日を迎えている。侵略戦争の反省のないままでは、アジア諸国の真の信頼を受けることは、できないであろうと憂慮するものである。

 周総理と池田先生との会見は、第二次訪中となった、一九七四年(昭和四十九年) 十二月五日の午後十時近くであった。
 この一期一会の歴史的な会見の模様をご紹介いたしたいと思います。

 待ちに待った対面であった。 会見には、伸一の妻の峯子も同席した。
 周総理 七十六歳。 伸一 四十六歳――。
 二人は、固い、固い、握手を交わした。 その瞬間、伸一は、互いの魂と魂が通い合い、熱く脈動し合うのを覚えた。
 瞬(まばた)きもせずに、彼を見つめる総理の目は、鋭くもあり、また、限りなく優しくもあった。
 「二十世紀の最後の二十五年間は、世界にとって最も大事な時期です」
 「中日平和友好条約の早期締結を希望します」

 総理の発する一言一言が、遺言のように、伸一の生命を射貫いた。
 彼は、総理の言葉に、“日中の友好の永遠の道を” との魂の叫びを聞いた。 平和の バトンが託されたと思った。
 「桜の咲くころに、再び日本へ」 との伸一の申し出に、総理は、寂しそうに微笑み、静かに首を振った。
 「願望はりますが、実現は無理でしょう」
 胸が痛んだ。
 これが、世世代代にわたる、日中の民衆交流の新しき歴史を開く、一期一会の出会いとなったのである。
 伸一は、深く、深く、心に誓った。
 “私は、わが生涯をかけて、堅固にして永遠なる日中友好の金の橋を、断じて架ける
 師走の北京の深夜は、底冷えがしていた。 しかし、彼の胸には、闘魂が赤々と、音を立てて燃え盛っていた。
 (同書・102P)
関連記事

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR