難信難解 (なぜ、公明を支援するのか)

 法華経に「難信難解」という語があります。法華経の理は、信じ難く理解し難いということです。

 公明党の全国比例票の得票数は、確か2003年の時、873万余だったと思うが、それから毎回のごとく減らして、今年の参院選では、763万余であった。

 難信難解を説明するのに、選挙の例題は適切か・どうか分からないが、少なくとも、創価学会の言わんとするものが、あまりにも分かってもらえないし、支持されていないのではないかと思う。

 創価学会が公明党を支援するのは、何もマニフェストが良いからだけではないのである。
 いくら良いマニフェストの政策が実現できても、ただ、それだけでは政治は良くならないのである。政治を行うのは、あくまでも人間であるからである。

 その人間が悪人であれば、制度を悪用し、政治悪・社会悪をも生み出し、国民は不利益を被るのである。
 現今の政治家の姿を見れば、名聞名利を求め、ただ、大臣に成るため、また、次の選挙で再び、赤ジュウタンを踏めるか・どうかが、一番の関心事になっている議員たちが、多いように思われます。

 政治の改革は、制度や政策という外的・皮相的なものを、いくら変えても不可能でしょう。より本源的には、政治家自身の生命の改革が必要不可欠なのであります。

 この視点は、政治の世界だけでなく、人間の営むあらゆる分野にわたる法則なのであります。
 ゆえに、あらゆる改革・行動の出発点は、妙法による 「人間革命」 を根本とすべきであると主張するものであります。これがまた日蓮仏法・創価思想・池田思想と言われるものであります。

 公明誕生以来、50年の長き支援活動を以ってしても、創価思想の流布は難事中の難事で、また 「難信難解」 なのであります。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR