幸福製造機

 池田名誉会長講義 “勝利の経典 「御書」 に学ぶ” の 『新尼御前御返事』 のなかで、御本尊について次のように述べられています。
 
 日蓮大聖人は、乱世に生きる私たちが、一人ももれなく、自身に内在する、仏と等しい生命を開き、絶対の幸福境涯を確立するための方途として、御本尊をあらわし、末法の全民衆に与えてくださいました。
 この御本尊の偉大なる力を、戸田先生はよく “もったいないことだが” と前置きされながら、分かりやすい表現として 「幸福製造機」 に譬えられていました。

 
 先生は明快に指導されています。 
 「この御本尊は、仏法の最高理論を “機械化” したものと理解してよろしい。たとえば、電気の理論によって、電灯ができたと同じと考えてよろしい。仏教の最高哲学を “機械化” した御本尊は、何に役立つかといえば、人類を幸福にする手段なのである。
 されば日蓮大聖人の最高哲学の実践行動は、この御本尊信じて、南無妙法蓮華経を唱えるにあたって、この実践行動によって、人類は幸福になりうるのである」
 
 
 この御本尊は 「信心の御本尊」 です。受持した我らの信力・行力によって仏力法力があらわれ、一人一人が自らの可能性と使命に目覚め、人生の勝利を築いていくのです。そこに真の世界の平和実現の基盤もあります。ゆえに戸田先生は、この御本尊を流布することを、民衆の幸福拡大の指標とされたのです。 (大白2012年8月・37P)

 戸田先生の 「幸福製造機」 と仰ったことに対して、あるいは御本尊に対して不敬ではないか、不謹慎ではないかと思われる方々も、多々居られると思います。
 しかし、日蓮大聖人も御自身の御本尊を、“はた(旌) じるし” になぞらえている御文もあります。
『日女御前御返事』 に、「法華弘通のはたじるしとして顕し奉るなり」 (1243P) と仰せです。

 また、仏教には多くの説話が説かれています。特に、法華経の難解な法理を理解させるために説いた、「法華経の七譬」 といわれる、代表的な七つの譬喩は有名です。

 戸田先生は、人びとが一人ももれなく幸福になって貰いたいと願い、御本尊の偉大なる力を製造機に譬えて、解かりやすく教えて下さったのである。

 今までの宗教は、礼拝する本尊や神仏等を 「絶対なる存在」 と位置づけ、信者はそれらを仰ぎ見て、ただその前にひれ伏すだけの 「弱い存在」 としか教えて来なかったのである。

 しかし、日蓮大聖人は、「凡夫は体の三身にして本仏ぞかし、仏は用(ゆう) の三身にして迹仏なり、然れば釈迦仏は我れ等衆生のためには主師親の三徳を備へ給うと思ひしに、さにては候はず返つて仏に三徳をかふらせ奉るは凡夫なり」(1358P)、「本仏と云うは凡夫なり迹仏と云ふは仏なり」(1359P) と仰せです。

 大聖人は、凡夫(人間) が本仏であり、絶対者と思われている神仏は、実は迹仏、すなわち架空の存在であり、人間のための 「用(働き・作用・功徳等)」 であり、「人間のための手段」 にしか過ぎないと仰せである。まさに、今までの宗教観がひっくり返ってしまった御言葉です。

 現今の世相は、“拝金主義・科学信仰・国家崇拝” 等が、かっての神仏に取って代わり、人間生命の尊厳を抑圧しています。
 このような転倒を正すためには、今までの「宗教のための人間」 から 「人間のための宗教」 へと価値観を転換させなければなりません。
 これを成しうる道は、この日蓮仏法を広宣流布する以外にないと断ずるものである。

 “凡夫が仏”の記事 ―→ ここから

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR