戸田先生の悟り (1)(はじめに)

 戸田先生の 「生命論」 を述べるにあたって、『人間革命第四巻』 の 「生命の庭」 の章から、池田先生の文章を引用させて頂きました。
 そこには、生命論にいたるまでには、その前に深い “発想の場” があり、デカルト(フランスの哲学者・1596~1650) の哲理の 「私は考える、故に私はある」 にいたるまでの発想の場と、戸田先生のそれとを対比して論じられています。
 ここでは、デカルトについては述べませんので、詳しくは 『人間革命第四巻・生命の庭』 を繙(ひもと)いてください。
 
 この 「生命の庭」 の章の前半部分には、戸田先生の 「獄中の悟達」 について述べられています。仏法の 「悟り」 というものが、どの様なものであるのでしょうか これまた、非常に貴重な示唆に富んだものであります。
 このように重要な、戸田先生の 「悟り」 という精神的・内面的な事がらについて、私ごとき無智な者が、軽々に ブログなどに取り上げることに対して、やってよいのかと躊躇(ちゅうちょ)するものがあります。

 しかし、戸田先生が、ご自身の貴重なる体験を 『人間革命(妙悟空著)』 に発表されてから約60年、池田先生も50年になろうとしています。もうすでに、公表されている事がらでありますから、本質的に逸脱しなければ、許されるものであると思いました。
 
 それにもまして、戦後の日本国民は幸福なるものを、己心の外の外面的・物質的なものに求め、内なる精神的・宗教的なるものを求めようとはせず、あまつさえ、蔑視(べっし)し・蔑(ないがし)ろにしてきたのである。
 その結果が、今日に見る “いじめ・親子殺し・自殺・災害” 等となって、殺伐とした見るも無残な世相の姿である。

 なかには、否 そうではない。戦後、信教の自由が保障され、有名な神社仏閣は大いに繁盛している、という方々もおられるでしょう。しかし、では、そのなかで本当に信仰している人が何人おるのでしょうか。殆んど観光客なのであります。
 このような現状のなかで、“悟りや成仏” という仏教の根本思想や課題に、少しでも関心を持つことは重要なことであり、これが縁となって 「三大秘法の大御本尊」 に、お会いすることが出来ますように願うものである。

 ひるがえって、我が人生にとって一番大事な宗教(妙法)を信ぜずして、悪口・罵詈(めり)し、あまつさえ、邪教の神社仏閣に詣でることは、法華経に云く 「若し人信ぜずして此の経を毀謗(きぼう)せば即ち一切世間の仏種を断ぜん、乃至其の人命終して阿鼻獄に入らん」(29P) 等の 『立正安国論』 の誡文に迷うことになるのである。

 関連記事 “立正安国論” ―→ ここから

 「獄中の悟達」 と称されるように、戸田先生の悟りは牢獄の中でありました。
 それは、わが国が無謀にも太平洋戦争に突入すると、軍事国家は挙国一致のため国家神道を、思想・宗教・言論統制の支柱とし、国民に神社参拝と神札の護持を強要した。
 戦争反対を唱え、神札の受取りを拒否したが故に、“創価教育学会” は弾圧され、昭和18年7月6日、“治安維持法違反” と “不敬罪の容疑” で、牧口会長・戸田理事長以下二十数名が逮捕・投獄されて、学会は壊滅的打撃を受けた事件がありました。

 戸田先生は、大正九年・牧口先生とお会いし師弟の縁を結ばれました。昭和18年の大弾圧の時も、牧口先生に随って獄に下られ、お二人して、最期まで信仰を貫き通したのである。
 獄中において、宅下げした 『日蓮宗聖典』 が、不思議にもまた戻ってきたとき、戸田先生は、これは何か意味があるのだ と感じられ、「よし 読もう 読み切って見せる 法華経を読むんだ と決意しました。
 
 その時の “獄中のエピソード” ―→ ここから

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR