戸田先生の悟り (11)(創価学会仏)

 御本尊を信じきることが 「末法の悟り」 であると述べました。そうしますと、御本尊を信じている創価学会員の方々は、もう既に “悟っている” わけであります。
 しかし、このことについて、その殆んどの方は知らないか、またそのような意識はもっていないと思います。それは、現実の煩悩にまみれた自身が、とうてい 「仏」 であるとは思えないからである。
 しかしながら、これは権教・権宗、特に念仏宗の考え方なのであります。念仏宗はこの世の我が身・我が国土を、穢れたものとして忌み嫌うのである。そして、わが身土から遠く離れたところに、理想の仏と国土を求める、はかない教えなのである。
 法華経はしからず、「仏とは生命なり」 とありますように、この世の我が生命・我が国土を離れた 「仏」 はあり得ないと説いているのである。  

 日蓮大聖人は、「此の法華経は知らずして習い談ずる者は但爾前の経の利益なり」(404P) 
 「但し此の経の心に背いて唱へば其の差別有るべきなり」(1382P)
 と仰せです。
 “法華経の心” を知らなくてはならないと仰せです。この点については、また後日、考えてみたいと思います。
 
 それでは、法華経に説かれている 「虚空会の儀式」 について、自身の現実の修行の場では、どのように考えられるのか。池田先生は次のように述べられています。

 日蓮大聖人は、釈迦・多宝のもとへ十方の仏菩薩が集った虚空会の儀式を 「我等衆生を仏になさんとの御談合なり」(1360P) と仰せである。
 全員を 「一生成仏」 の直道へ
 一人ももれなく 「幸福勝利」 を
 この仏意に完璧に合致した荘厳な妙法流布の会座こそ、座談会を中心とする創価の会合なのである。ゆえに、そこには、参加者の仏性を引き出さずにはおかない、鮮烈な 「人間革命」 の “磁力” が生じてくるのだ。
 (大白巻頭言・2012-1月)

 “妙法流布の会座こそ、座談会を中心とする創価の会合なのである” と仰せです。学会活動の場における、本部幹部会や各種の会合は、まさに 霊山一会儼然未散の姿そのものなのであります。
 
 二処三会における、霊鷲山は 「現実の世界」 であり、虚空会は 「永遠の生命(悟り)の世界」 であります。「現実の世界」 の前霊鷲山会から 「永遠の生命の世界」 の虚空会へ、そこで勤行唱題して得た仏界の生命力に基づいて、そして再び 「現実の世界」 の後霊鷲山会へ戻っていくという、この往復作業とも言うべき唱題と学会活動の中に、折伏も人間革命(成仏)も広宣流布も、その他すべてのものが含まれているのである。

 池田先生は、戸田先生の七十五万世帯の誓願が成就されたことを喜ばれ、先生のお考えを偲ばれて、次のように述べられています。

 彼の脳裏に、あの獄中で身で拝した、「御義口伝」 の 「霊山一会儼然未散」 の御文が浮かんだ。
 ―― そうだ、霊山の一会は儼然として未だ散らぬがゆえに、この世に私たちは集い来たのだ。私は、あの法華経の会座に、たしかにいたことを身をもって知った。私だけでなく、皆、あの座にいた久遠の兄弟、姉妹であり、同志なのだ。生死を超えて、あの久遠の儀式は永遠につづいているのだ ……。それゆえに、大聖人の御生まれになった日本という地球の一角に、創価学会が生まれ、七十五万世帯を成し遂げることができたのだ。そこに、私の生涯の使命があったことは間違いあるまい。

 私は、学会を組織化し、広宣流布を敢行した。そこに、大きな広がりが生まれ、「地涌の義」 を現実のうえにあらわす、ひとつの方程式を示すことができたといえる。広布の方程式を確実なものとすることができたからには、あとは臨機応変な応用、展開の時代に入っていこう。そして、この広布の潮は、日本から世界へと広がり、五大陸の岸辺を洗う日も、そう遠くはないはずである。

 日蓮大聖人は、御本尊を御図顕あそばされ、末法の衆生のために、御本仏の大生命をとどめ置かれた。まさに 「我常在此。娑婆世界。説法教化」(寿量品) の経文のごとく、仏が常に此の娑婆世界にあって説法教化されている御姿である。創価学会は、その大法を末法の民衆に教え、流布するために、御本仏の御使いとして出現した。そして、大聖人の御精神のままに、苦悩にあえぐ人びとを救い、菩薩道を行じてきた唯一の団体である。それは未来永遠につづくであろう。すると、学会の存在もまた、「我常在此。娑婆世界。説法教化」(寿量品) の姿ではないか。してみると、学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう ――。
 戸田の胸に、熱い感動が込み上げ、あふれでる感涙が枕を濡らした。
  (文庫人間革命第12巻・235P)

 戸田先生は、“学会の存在は、それ自体、創価学会仏ともいうべきものであり、諸仏の集まりといえよう” と仰せです。
 この 「創価学会仏」 とは、取りも直さず “戸田先生の悟り” であり、我ら創価学会員の確信であります。何と有り難きことか、「我等この本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち一念三千の本尊、蓮祖聖人なり」(文段集548P) と仰せられるように、我が身が 「仏身」 と顕われることができるのであります。
 『御義口伝』 の 「五百品」 のところに 「貧なる人 此の珠を見て 其の心大いに歓喜す」 の経文を文底より解釈して、
 「此の文は始めて我心本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名く 所謂南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」(788P) とあります。

 池田先生は、「広宣流布に生き抜くことは、わが色心に妙法の力を漲(みなぎ)らせゆく仏事だ。「歓喜の中の大歓喜」 が湧きあがらないわけがない」 (大白巻頭言・2010-2月) と御指導されています。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR