「青年学会 勝利の年」を思う

 「青年学会 勝利の年」明けましておめでとうございます。本年も “創価随想” を宜しくお願い申し上げます。
 本年は世界広布の本陣である、総本部が完成します。その大勝利に相応しい戦いが、北九州市議選・東京都議選・参議院選であると思います。わが北九州市議選の大勝利をもって、その突破口を開きたいと思います。
 
 池田先生は、聖教新聞の元旦第2部で、“勇気” の大切さについて述べられています。

 勇気は 生命の太陽なり。
 ゆえに我らは 新たな一年も 勇気に燃えて生き抜く!
 これが一番 幸福になりゆく道であるからだ。
 
 勇気の光がなければ 不幸の闇は打ち破れない。
 勇気の熱がなければ 冷酷な世は凍えてしまう。

 わが創価の丈夫たちよ!
 君が一人立ち上がれば そこから 蘇生の夜明けが始まる。……

 
 大白蓮華の巻頭言には、“新年の歌” が掲載されていました。そして、“祈り” について、三つの指針を示してくださっています。
 
  元初より 誓いし我らの この一年  勝利の大城 厳と築けや
 わが師・戸田城聖先生は言われた。
 「題目は、個人の悩みから社会や人類の課題まで、一切を打開していける大良薬である。信心で勝つと決めて祈り抜くのだ。題目は無限の勇気である」 と。 

 我らの祈りは、「人間革命の祈り」 である。
 人や周囲が変わってくれるのを待つのではない。強盛な一念で自分自身が変わり、その波動を広げるのだ。
 我らの祈りは、「自他共の幸福の祈り」 である。
 あの友も、この友も、共々に仏の生命を開きながら、絶対に幸福をつかんでいくための原動力なのだ。
 我らの祈りは、「誓願の祈り」 である。
 広宣流布の大願へ、拡大と勝利を誓い、自ら行動を起こし、実現していくのだ。ここに地涌の菩薩の誉れがある。

 
 我らの信心修行の要点である、“勇気と祈り” ついて指導されています。
 また、大白の企画 「本門の陣列は立つ!」 の証言者のなかに、旧知の方の名があると、“先輩もお元気で活躍されているのだなぁ!” と、懐かしく想われます。
 先月号のなかに、山田光子さんが載っていました。山田さんは、北九州で女子部の幹部として、第一線で戦われた方であります。その証言のなかに、信心のポイントとも言うべきものがあると思いますので、ご紹介させて頂きます。
 
 ◆証言(山田光子さん)
 “昭和25年から26年にかけて戸田先生の事業が最も大変だった時に一人、池田先生が師匠を守られた場面が綴られている第4巻に、「この期間の秘史のなかに、今日の創価学会発展と存在との真の要因があったといえよう」 とありますが、その 「秘史」 について、さらに綴っていただけるのでしょうか” と――。学会を発展させた 「秘史」 を学びたかったのです。

 先生は短く、「それは、あなた自身の人間革命なんだよ」 と。

 ハッと胸を突かれました。学会発展の 「秘史」 は、ほかでもない私たち一人一人の人間革命、境涯革命にある、成長にある。そう先生は教えてくださいました。小説 『人間革命』 は、私たち弟子のために書かれていたのです。
  (大白2012-12月・21P)

 ここには、“学会発展の 「秘史」 は、私たち一人一人の人間革命にある” とのことです。この 「秘史」 を 「勝利」 と置き換えても、意は通ずるものと思います。
 「青年学会 勝利の年」 も、わが身に当てはめなければ、ただ単なるスローガンに終わってしまいます。その成否は、じつに我が身の 「人間革命」 にあるわけです。人間革命した姿をもって、お応えする決意であります。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR