法華経の心(6)(広宣流布)

 「法華経の心」 について、釈尊は何のために、法を説いたのかを知らなければならないと思う。それは、一切衆生の救済のためであります。
 釈尊の 「四門出遊」 の説話にあるように、人生には 「生・老・病・死」(四苦)という、誰人にとっても逃れることのできない、本源的な苦しみがあります。この四苦からの解放・救済を目指したのが仏教である。
 
 釈尊は数多くの経文を説かれましたが、その中で真実・最高の経典である、『法華経方便品第二』 に 「一大事因縁」 という教えが説かれています。
 そこには 「諸仏世尊は、唯一大事の因縁を以っての故に、世に出現したもうと名づくる。諸仏世尊は、衆生をして仏知見を開かしめ、清浄なるを得せしめんと欲するが故に、…… 衆生に仏知見を示さんと欲するが故に、…… 衆生をして、仏知見を悟らしめんと欲するが故に、…… 衆生をして、仏知見の道に入らしめんと欲するが故に、世に出現したもう」 とあります。
 仏がこの世に出現した目的は、衆生の生命に内在する仏知見を、“開かしめ・示し・悟らしめ・入らしめん” がためであるというのである。
 同じく 『方便品』 に、「欲令一切衆 如我等無異」(一切の衆をして 我が如くして異なること無からしめんと欲しき) とあります。
 これも同じく、仏が御自身と等しい境地にまで、一切衆生を導くことが目的であると言っています。

 『崇峻天皇御書』 に、「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり、此の御文を御覧あらんよりは心の財をつませ給うべし」(1173P) と仰せです。衆生を救う方法には、
 第一に、“蔵の財” 即ち、物質的な物や金銭を与えること、これは一時的なものである。
 第二に、“身の財” 即ち、教育を施して知識や技術を身につけさせること、これは前者よりも長期的に救うことができる。
 第三に、“心の財” 即ち、己身の生命次元からの改革である。凡夫の煩悩に覆われた無明の心を、仏の法性の心へと変革する戦いである。即ち人間革命である。これは永続性があり、根本的な救済方法なのであります。
 ゆえに、仏は一切衆生の救済のために、法華経の 「広宣流布」 を願われたのである。

 『波木井三郎殿御返事』 に、仏記して云く 「我が滅度の後・後の五百歳の中に広宣流布し閻浮提に於いて断絶せしむること無けん」 等云云、天台記して云く 「後の五百歳遠く妙道に沾(うるお)わん」 等云云、伝教大師記して云く 「正像稍(やや)過ぎ已つて末法太(はなは)だ近きに有り 法華一乗の機今正しく是れ其の時なり」 等云云、此れ等の経釈は末法の始を指し示すなり(1372P) と仰せです。
 「末法の始」 とは、広宣流布の時である。釈尊を初め天台大師・伝教大師・三世十方の諸仏までも、みな 「令法久住(法をして久しく住せしめん)」(宝塔品) を念じ、末法の始めを願行したのである。

 日蓮大聖人は、「御義口伝に云く大願とは法華弘通なり」(736P) と、
 『報恩抄』 に、「日蓮が慈悲曠大ならば南無妙法蓮華経は万年の外・未来までもながるべし、日本国の一切衆生の盲目をひらける功徳あり、無間地獄の道をふさぎぬ」(329P) と仰せです。
 
 大聖人の御心は、「広宣流布」 にあります。この御精神を持して広宣流布に邁進している教団は、創価学会のみであり、その指導者は、池田大作先生であります。
 池田先生は、ありのままの凡夫が、奧底の一念を 「広宣流布」 に向けることによって、生命の基底部が仏界になっていくと、次のように指導されています。

 名誉会長 そのためには、広宣流布への強き責任感に立つことだ。
 「だれかがやるだろう」 とか、「何とかなるだろう」 という、いいかげんな気持ちが一念にあれば、自分で自分の仏界を傷つけるようなものだ。
 たとえば今月の予定・スケジュールが決まる。それをただ手帳に書いているだけなら、自分の一念の中に入っていかない。なすべきことを全部、自分の一念の中に入れていくことです。入れていけば、それが祈りとなっていく。一念三千で、勝利の方向へ、勝利の方向へと全宇宙が回転していく。
 自分の魂の中、一念の中に、「広宣流布」 を入れていくのです。一切の 「我が同志」 を入れていくのです。広宣流布を祈り、創価学会の繁栄を祈り、我が同志の幸福を祈り、行動するのです。それが広宣流布の大闘士です。
 悪人は 「悪鬼入其身(悪鬼其の身に入る)」(勧持品) だが、その反対に、いわば 「仏(ほとけ)入其身」 とならねばならない。
 広宣流布こそ仏の 「毎自作是念(毎に自ら是の念を作さく)」(寿量品) です。この一念をともにしていこうとするとき、仏界が躍動し、はじめて真の十界互具・一念三千となっていく。
 凡夫の九界の身に、御本仏の生命がわいてくる。十界互具です。
 「一念に億劫の辛労を尽せば本来無作の三身念念に起るなり」(790P) です。
 “億劫の辛労” です。広宣流布のために、極限までの辛労を尽くしてこそ、仏界は太陽のごとく輝いていく。この御文にこそ、十界互具の要諦があるのです。 
(法華経の智慧第四巻・295P)

 まさに、仏の大願たる 「広宣流布」 こそ、「法華経の心」 であります。広宣流布に反対しその破壊を企てる者は、「其人命終 入阿鼻獄」(其の人命終して 阿鼻獄に入らん)(譬喩品) の人に当たるのであります。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR