会い難き御本尊 (1)

 前の 「法華経の心(2)」 のところで、いくら法華経を読んでいても、日蓮大聖人の御図顕された “三大秘法の御本尊” がわからなければ、「法華経の心」 を知ったことにはならないと申し上げました。
 それについて、かつて “五老僧は御本尊のことがわからなかった” という文を、読んだことを思い出し捜してみました。それは 『人間革命第7巻』 の 〔原点の章〕 にありました。そこのところを引用させて頂きます。
 
 戸田先生は 「方便品・寿量品講義」 の後で、質問会を催されました。
 そのとき一人の壮年が、“『富士一跡門徒存知の事』 のなかに、五老僧たちが御本尊を、非常にお粗末にしているとあります。大聖人様は、御本尊を大事にされていますのに、五老僧とまで言われる方が、どうして御本尊をお粗末に扱ったのか、それが私には、どうしてもわからないのですが?” という質問であります。
 大聖人御在生の時、高弟六人を定めました。日昭・日朗・日興・日向・日頂・日持の六人(六老僧)です。五老僧とは、第二祖・日興上人以外の五人を言います。

 『富士一跡門徒存知の事』 には、本尊の事について次のようにあります。
 一、五人一同に云く、本尊に於ては釈迦如来を崇(あが) め奉る可しとて既に立てたり、随つて弟子檀那等の中にも造立供養の御書之れ在りと云云、而る間・盛に堂舎を造り或は一躰を安置し或は普賢文殊を脇士とす、仍(よ) つて聖人御筆の本尊に於ては彼の仏像の後面に懸(か) け奉り又は堂舎の廊(ほそどの) に之を捨て置く。(1605P)
 一、上の如く一同に此の本尊を忽緒(こっしょ) し奉るの間・或は曼荼羅なりと云つて死人を覆(おお) うて葬る輩も有り、或は又沽却(こきゃく) する族も有り、此くの如く軽賎(きょうせん) する間・多分は以て失せ畢(おわ) んぬ。(1606P)
  (忽緒……軽んずる ・ 沽却……売り払う)

 五老僧のこのような御本尊を拝する姿勢は、何たることでしょうか。惨憺(さんたん)たる状態です。
 戸田先生は、上記の質問に次のように答えられています。

 「第一に、五人は大聖人様のお傍での給仕が足りなかったのです。故に師弟としての深い境地の一致に欠けるところがあった。みんな大聖人様に心服して、南無妙法蓮華経を弘めにかかりましたが、いつもお傍で本当のことを聞く時間が足りなかった。これが一つ。
 それから、大聖人様の仏法の行き方を、お傍ですっかり見なかったからわからない。なぜならば、第一番に大聖人様が仰せになったのは、南無妙法蓮華経だけなんです。しかし、南無妙法蓮華経を言われるまえに、法華経、法華経とおっしゃっておられた。これも教相と観心の問題ですが、五人は教相の面において服していた。みんなそのころの学者の通例なのです。法華経ということは知っていたが、南無妙法蓮華経の真実はわかっていなかったのです。
 大聖人様は、まず南無妙法蓮華経ということを沁(し)みこませようとなされた。それから佐渡へおいでになってから、御本尊のご出現となる。そこで、佐渡以後の本尊建立ついては、五老僧はさっぱりわからないのですよ。
 ですから、御本尊とはどういうものか、どれほどのものかということは、常随給仕と申しましてね、ずっと傍について離れなかった、御開山日興上人しかわからなかったのです。御本尊に関しては、厳密にいうと、唯授一人と申しまして、ただ一人にしかわからぬことなのです」

 
 回答は明確であったが、問題は極めて微妙なところにさしかかった。…… そして、現代と鎌倉時代とを思いくらべながら話を続けていった。

 「あの当時は、今のように交通機関も発達していませんから、大聖人の指導というものも、伝えにくい時代であった。ともかく南無妙法蓮華経なんて聞いたこともない時代です。そういう時代の人びとですから、南無妙法蓮華経とわかっただけでも感心と思いますね。
 それで、ともかく五人は地方在住の棟梁でした。ところが、ただ南無妙法蓮華経だけ覚えて、御本尊を覚えないでしまった。それだから、日興上人はお叱りなったのです。『南無妙法蓮華経がわかったら、御本尊がわからない理由はないではないか』 と。
 あのころの宗教の風習として、人が死んだら、阿弥陀とか大日如来などを棺の中に入れてやるのです。それで、大聖人様の御本尊も平気で棺の中に入れちゃったのでしょう。まったく愚かな、困った弟子たちです。
 そこで日興上人から 『もったいない、御本尊を全部集めなさい』 という命令が出されて、御本尊を集めたのです。
 こんなわけで、五老僧というのは、題目論はわかったが、本尊論がわからなかったのです。ここに三重秘伝の奥義がある。いま、学会で日寛上人の 『三重秘伝抄』 をやかましく勉強させているのは、このためなのです。五老僧は日興上人に叱られたのであって、なにも反対していたのではない。『五人所破抄』 の御文は、そういうふうに読まなければならんのです。
 まァ、こういうわけです。どうです、納得しましたか。……」 
(文庫人間革命第7巻・117∼120P)

 五老僧は、お題目を唱えなければならないことは解かったが、大聖人御図顕の御本尊と爾前経の画像・彫像の仏像との判別・勝劣が解からなかったのである。すなわち、大聖人の下種仏法と釈迦・天台の熟・脱益仏法の違いが解からず、大聖人は末法に於いて、「釈迦の法華経」 を身読し、それを再び弘めておるのだという位の認識しかなかったのである。

 それらの故か、五老僧は大聖人御入滅後、すぐさま “われわれは天台沙門だ” と言い出したのである。
 この点に関しては、次の人の質問の回答で、天台沙門と名のった経緯が述べられています。ここのところで、大事なことも指導されていますので、ぜひ 「人間革命第7巻・原点の章」 の質問会の続きをお読みください。

 五老僧ともあろう高弟からして、日蓮大聖人の出世の本懐たる 「三大秘法の御本尊」 が解からなかったのである。それほど大聖人の仏法は、釈迦仏法の範囲・概念を超えた、画期的・革新的な法門で、凡人の想像を絶するものがあるのである。

 ただ一人、日興上人のみ、大聖人の正義を受け継ぎ、御本尊についても、「日興が云く、聖人御立の法門に於ては全く絵像・木像の仏・菩薩を以て本尊と為さず、唯御書の意に任せて妙法蓮華経の五字を以て本尊と為す可しと即ち御自筆の本尊是なり」(1606P) と決定なされております。 

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR