会い難き御本尊 (3)(何なる幸あって後五百歳に生れん)

 日蓮大聖人の五老僧という高弟からして、大聖人の下種仏法がなかなか信解することが出来なかったと述べました。
 もともと、人界に生を受け、仏法(法華経)に会い、仏様に会うということは、非常に難しいことなのであります。その会い難きことを、法華経の説法に見てみたいと思います。

 『法華経方便品第二』 に 「諸仏世に興出(こうしゅつ)したもうこと 懸遠(けんのん)にして値遇(じぐ)すること難し 正使(たとい)世に出でたもうとも 是の法を説きたもうこと復難し 無量無数劫にも 是の法を聞くこと亦難し 能(よ)く是の法を聴く者 斯(こ)の人亦復難し 譬えば優曇華(うどんげ)の 一切皆愛楽(あいぎょう)し 天人の希有(けう)にする所として 時時に乃(いま)し一たび出ずるが如し 法を聞いて歓喜し讃(ほ)めて 乃至(ないし)一言をも発せば 則(すなわ)ち為(こ)れ已に 一切三世の仏を供養するなり」
 『安楽行品第十四』 に 「是の法華経は 無量の国の中に於いて 乃至名字をも聞くことを得べからず 何に況や見ることを得 受持し 読誦せんをや」 とあります。

 方便品には、そもそも、仏がこの世に出現することからして難しいのであると。だからその時に生まれ合わせて、仏に会えることは非常に困難である。たとい世に出現されたとしても、法華経を説くことは極まれなのである。 (説法)
 たまたま、法華経を説法したとしても、それを聞くことすら困難なのである。 (聞法)
 さらに、この法門を聞いても、能く聴く即ち、信受することは、ますます難しいことなのである。 (信受)
 安楽行品には、名字(名前)すら聞くことが出来ないと、すなわち、法華経の “説法・聞法・信受” の困難さと、それ故に、どれほど偉大な福運があるのか、想像すらできないのであると説かれている。

 『法華経題目抄』 に 「さればこの経に値いたてまつる事をば三千年に一度華(はな)さく優曇華(うどんげ)・無量無辺劫に一度値(あ)うなる一眼の亀にもたとへたり、大地の上に針を立てて大梵天王宮より芥子(けし)をなぐるに針のさきに芥子の・つらぬかれたるよりも法華経の題目に値う事はかたし、此の須弥山に針を立ててかの須弥山より大風のつよく吹く日・いとをわたさんにいたりてはりの穴にいとのさきの・いりたらんよりも法華経の題目に値い奉る事かたし」(941P) と仰せです。

 大聖人様も、“優曇華・一眼の亀・針と糸” の譬えをもって、いかに法華経の題目の会い難きことか、どれほどの大功徳なるかを御指導なされています。 (“一眼の亀” の譬えは、『松野殿後家尼御前御返事』(1391P)に詳しく述べられています)

 日蓮大聖人は、末法の広宣流布の時に、巡りあうことの喜びを述べられています。
 『顕仏未来記』 に、法華経の第七に云く 「我が滅度の後・後の五百歳の中に閻浮提に広宣流布して断絶せしむること無けん」 等云云、予一たびは歎(なげ)いて云く仏滅後既に二千二百二十余年を隔(へだ)つ何なる罪業に依って仏の在世に生れず正法の四依・像法の中の天台・伝教等にも値(あ)わざるやと、亦一たびは喜んで云く何なる幸あって後五百歳に生れて此の真文を拝見することぞや、(505P) と仰せです。

 大聖人は、仏の在世に生れなくて釈尊にお会いすることが出来なかったことを、一たびは歎かれています。また一たびは、末法に生まれ合わせて 「後五百歳・広宣流布」 の真文を拝見できることを喜ばれています。

 私も初信の頃、“鎌倉時代に生れて大聖人様にお会いしたかったなぁ” と思ったことがあります。でもしかし、鎌倉時代に日蓮門下となることは、実に命がけのことなのでありました。
 実際に “小松原の法難” では、工藤吉隆・鏡忍房が大聖人をお守りして討死しました。“竜の口の法難” では、四条金吾は殉死の覚悟でお供しました。“熱原の法難” では、農民信徒の神四郎・弥五郎・弥六郎が、退転を拒否し、妙法に殉じました。「其の外に弟子を殺され切られ追出・くわれう(過料)等かずをしらず」(1189P) と述べられ、また 「日蓮が弟子等は臆病にては叶うべからず」(1282P) と指導されています。
 
 このような厳しい時代状況の中での信仰に、正直いって、自分は耐えられるだろうかと危ぶまれます。今日の信教の自由が保障された時代とは、天地雲泥の差です。
 富木殿をはじめ当時の弟子たちは、日蓮大聖人の大慈悲あふれる仏のご境涯に触れて、みな命を惜しまぬ修行をいたしました。その功徳による即身成仏は、絶対に間違いないのであります。

 しかし、鎌倉時代は広宣流布の上から言えば、“逆縁広布” の時代です。大聖人から 「広宣流布の大願も叶うべき者か」(1337P)、「大地を的とするなるべし」(1360P) と、お聞きしていても、広宣流布への実感は湧いてこなかったと思います。
 それに比して、現在は創価学会三代会長の死身弘法の戦いによって、“順縁広布” の時代は切り拓かれ、広宣流布が世界192カ国まで進展いたしました。

 大聖人は 「日本国の一切衆生に法華経を信ぜしめて仏に成る血脈を継がしめん」(1337P) と仰せです。“すべての人を成仏させよう” との “仏の心” とは、“広宣流布の大願” そのものであります。
 この “広宣流布の大願” を教えて下さったのが、創価学会であり、御歴代の会長・なかんずく池田先生であります。そして、広宣流布の大願、異体同心の信心・組織、師弟不二の実践のあるところ、成仏の血脈が流れることを教えて下さいました。

 今や我々は、創価学会のお蔭で 「会い難き仏法」 に会えて、「会い難き御本尊」 を信受することが出来ました。そしてまた、「何なる幸あって 『後五百歳中 広宣流布 於閻浮提(後の五百歳の中に、閻浮提に広宣流布して)』(薬王品) の此の真文を拝見することぞや」 の御金言を、この身で読めることに感謝いたします。
 この報恩感謝のためには、来たる都議選・参院選には全員当選を勝ち取り、池田先生に “創価完勝” のご報告を申し上げますことをもって、創価学会総本部完成を慶祝いたします。
  
 『寂日房御書』 に 「夫れ人身をうくる事はまれなるなり、已にまれなる人身をうけたり又あひがたきは仏法・是も又あへり、同じ仏法の中にも法華経の題目にあひたてまつる結句題目の行者となれり、まことにまことに過去十万億の諸仏を供養する者なり」(902P) と、末法に生を受け、「会い難き御本尊」 にお会いすることができた身の福運を感謝し、「世界広宣流布」 の戦いに、池田先生のご指導のもと、「青年学会 勝利の年」 を勝利して参ります。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR