文字曼荼羅 (3)(文字とイメージ)

 「文字」 の意義について、日蓮大聖人の教えを学びました。自身の思いが声となり、声変じて文字となる。ゆえに、仏の御心あらわれて法華の文字となったとのことです。

 日蓮大聖人は、御自身の一念三千の当体を御本尊として御図顕なされて、我ら末代幼稚の者の頸に懸けてくださいました。
 『経王殿御返事』 に、「日蓮がたましひ(魂)をすみ(墨)にそめながして・かきて候ぞ信じさせ給へ、仏の御意(みこころ)は法華経なり日蓮が・たましひは南無妙法蓮華経に・すぎたるはなし」(1124P) と仰せられています。

 この “日蓮がたましひ” である “南無妙法蓮華経” という 「法」 は、今までの絵像・木像の本尊では、とうてい顕わすことは出来ません。
 それは 「法」 というものを顕わすためには、「文字」 でなければならないからです。「文字」 で書かれた本尊は、「法を顕わした本尊」 と言えると思います。

 「文字」 について述べれば、例えば、“貴方の誕生祝いに、五万円プレゼントします” という短い言葉でも、これを絵や彫像で表現することは難しく、また、これら絵・像を見る人のそのときの精神情況や環境等によって、受ける感覚は種々変わってきます。しかし、この点 「文字」 ならば、簡単・かつ正確に伝達することができます。

 また、画・像で仏の姿や境地を顕わすこと自体にも限界があります。例えば、小説で 「この山は天下の嶮(けん)である」 という文章があったとして、それを読んだ人は、その人の好みに合わせて、箱根や蜀の桟道等・種々の断崖絶壁の風景を思い浮かべることが出来ます。
 しかし、これを絵に描いたり、TV等で映像化したりしますと、作者の意向によって、天下の嶮の イメージが具体化されてしまいます。それとともに、イメージを限定してしまうことにもなります。
 なるほど、絵や彫像の本尊でもその姿を通して、境地の素晴らしさ・優しさ・慈悲深さ等の イメージは表現されていますが、それ自体が イメージの限定になっているわけです。限定されると言うことは、それ以上のものは顕わせないと言うことです。

 「文字」 は意味を持っていますが、イメージを限定しておりません。ゆえに、一念三千という多様な仏の力用・生命の全体像を表現するためには、絵や彫像よりも、「文字」 のほうが優れておるわけです。
 この頃の学生さん達は、読書をあまりしなくなり、マンガや スマホ・TV等の映像ばかり見ていたのでは、イメージの一方通行ばかりであり、これでは思考力・想像力等が、育たないと憂慮されている状況です。

 『草木成仏口決』 に、「一念三千の法門をふ(振)りすす(濯)ぎたてたるは大曼荼羅なり、当世の習いそこないの学者ゆめにもしらざる法門なり」(1339P) と仰せです。

 大聖人は、この一念三千の法門を 「ふりすすぎたてたる」 のが大曼荼羅であるとお教えられている。“振り灌ぐ” というのは、振り動かして清め、その エッセンスを取り出すことである。
 自身が、知らなかったから、分からなかったからといって、「当世の習いそこないの学者」 と言われないように、御本尊に対して、絶対の信を確立しなければならない。

 日蓮大聖人の 「事の一念三千」 の法理を本尊として顕わすには、絵像・木像の本尊ではどうしても限界があり、「文字」 によらなければ、それを顕わすことは出来ないのです。

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ありがとうございます   

谷様、あなたのこのブログのおかげで、僕は蘇生できそうです。特に「凡夫が仏」(2011、2、4)には感動しました。あなたの解説は解りやすく、生き返りました。「人間が一番尊貴……凡夫があって仏がある……神仏が上、人間が下としたところに、いまだ宗教のために、人間と人間が殺しあっている。これを人間のための宗教に価値転換しなければならない。」など凄く感銘し、勤行にも力が入りました。明日、地区で会合があるので、5年ぶりに顔を出し、そしてまた男子部時代のように10年振り位に学会活動に復帰して見ようと思います。谷さんもブログ続けてください。できれば出版していただきたいです。頑張ってください。

Re: ありがとうございます   

 拙ブログをお読みくださり、また過分な評価を頂き有り難うございます。

 「蘇生できそうです」のお言葉を聞き、これ程の喜びはありません。
 日蓮仏法と池田先生の創価思想を、一人でも多くの方にご理解願えればと思って始めました。
 体の続く限り、ボケ無い限り、続けるつもりです。

 「できれば出版していただきたいです」のお言葉ですが、今のところ出版までは、考えておりません。
 それは私が書いたことは、すべて池田先生の著書の中にあります。
 それを原典として御書とともに、ご研鑚のほどを。これからも、宜しくお願い申し上げます。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR