靖国神社問題

 靖国神社の春季例大祭に、与野党の国会議員が、過去最多の168名も参拝した。中国・韓国が反発するのは分かっているに、“今やめたらダメになる” と、何か意固地になってやっているように見える。

 歴代内閣は、先の大戦において近隣諸国に多大な損害と苦痛を与えたことについて、そのつど謝罪をしてきた。しかし、いくら謝罪しても、靖国問題・慰安婦問題等は収まるどころか、事がだんだん大きくなってきている。
 なかには、何回、謝罪すれば済むのか。 自虐(じぎゃく)外交ではないか、と言う者もおる。

 何故、このような事になってしまったのだろうか?
 それは戦後、国家神道・国家主義の悪思想を、徹底的に弾劾(だんがい)せず、中途半端なままにしてしまったからであると思う。 過去を忘れ、過去を水に流す、国民性の故であろうか?
 その一つの表れが、国家主義・軍国主義の象徴たる 「靖国神社」 に、国の指導者からして、いまだに参拝していることである。
 
 一方、同じ敗戦国ドイツは、ナチスの悪を徹底的に断罪し、当時の西ドイツの アデナウアー首相は、ホロコーストの ユダヤ人犠牲者の墓碑のまえで、深く謝罪をしました。
 そして、ナチスやヒットラーを称賛し、宣伝したりする者がおれば、逮捕し罰するという徹底ぶりであると言われている。

 両国のこの違いが、ドイツは EU の盟主として信頼を勝ち取り、わが国は戦後、70年になんなんとしているのに、近隣友好どころか、いまだ日中・日韓の新首脳会談さえも開かれないと言う、現今の状況である。 
 
 あまつさえ、朴槿恵・韓国大統領は、このあいだの訪米の時 “日本の歴史認識の誤りが、東アジアの平和を阻害している(趣意)” との発言をし、第三国に対して、また、世界世論にまで訴えようとしている。
 この動きは、決して等閑視できるものではない。この問題の処理を誤れば、わが国はかつて来た道、“世界の孤児” にならないとも限らないと、はなはだ憂慮するものがあるのである。

 来たる参院選に自民党が大勝すれば、8月15日の終戦記念日には、またぞろ大挙して参拝するのではないかと思われる。“火に油を注ぐ” ようなことに成らなければ良いがと思う。
 国民の負託を受けた国会議員ならば、もう少しこの問題の本質を真剣に見極めて、平和友好のために働いて貰いたいと思う。 

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR