国家神道と靖国神社

 「国家神道」 とは、幕末から明治維新にかけて政治変革の エネルギーであった王政復古・尊王思想を、明治新政府樹立のための基本的・精神的支柱として、神道思想を中心に創りだされた、明治期の国家のための新興宗教である。
 ゆえに、日本古来からの古神道より大きく逸脱して、異質なものであるという認識を先ず持たねばならない。

 明治政府は、欧米列強の侵略に対抗できる国づくりのために、国民の天皇への尊皇心を利用したところの天皇主権国家を樹立した。
 そこには天皇を、現人神(あらひとがみ)として絶対化し、古事記・日本書紀を基底とした惟神(かむながら)の道を説き、国家の精神的支柱とした。これが 「国家神道」 である。
 国家神道は、他の宗教を超越したところの国教的地位を与えられ、国家護持し、神職には官吏(公務員)の地位が与えられた。

 国家神道の思想(惟神の道)は、必然的に国家主義・軍国主義への道を開いた。特に、満州事変以後は、その教義に従わない者や団体は、自由を奪われ、排除や弾圧や投獄の対象とされた。それ故に国民に対して、個人の思想・信条や生活全般にわたり深刻な影響を与えた。
 創価教育学会もまた、平和を唱え、神札を受けないというだけで、牧口会長・戸田理事長は、“不敬罪” と “治安維持法” 違反で、弾圧・投獄され、牧口会長は獄死するという法難を受けた。

 王政復古・天皇親政のための国家神道、その思想の実現のための施設が 「靖国神社」 である。したがって、“国家主義・国家神道・靖国神社” の三者は、切っても切れない一体なるものなのである。

 「靖国神社」 は、戊辰戦争及びそれ以後に戦争等の国事に殉じた人々の霊を祀(まつ)った招魂社の一つで、大村益次郎が推進して、明治2年に東京招魂社として建てられ、明治12年に靖国神社と改称された。昭和14年に各県にある招魂社は 「護国神社」 と改称したが、靖国神社は改称されなかった。

 「靖国神社」 は、単なる慰霊碑や墓所の類いではなく、レッキとした国家神道の宗教施設なのである。首相ほか国の公人が、一宗教法人に肩入れして、戦没者を慰霊するためとは言え、参拝することは “憲法違反” に当たることは当然のことである。
 
 その靖国神社の教義は、天皇のために死すれば、神様(祭神)として祀られると言うのである。
 しかし、戦没者なら誰でも祀られるかと言えば、そうではなく、現人神(あらひとがみ)である天皇のために戦った皇軍の将兵だけであり、民間人や他国の将兵は祀られていないのである。このことは日本古来の伝統的精神に反するのである。

 その昔、日本の武将たちは、戦い終わった後は、敵も味方も区別なく、戦死者の霊を弔(とむら)っておりました。元寇のときの元軍の将兵や島原の乱の キリシタンの人たちに対しても、その霊を弔っています。
 ところが、幕末の戊辰戦争のとき、会津若松藩の白虎隊士の遺体は、半年以上にわたって、山野に晒(さら)されたままであったとのことである。
 明治政府は、かれらが天皇に反逆した賊軍なるが故に追善供養することを禁止し、あまつさえ、違反する者は厳罰に処するとしたとのことである。じつに、死者にむち打つ酷(むご)い仕打ちである。

 沖縄の 「平和の礎(いしじ)」 には、敵・味方の区別なく民間人も含めて二十四万人余、沖縄戦でのすべての戦没者の氏名が刻銘されています。これこそが平和を愛する沖縄の心であり、我が国古来の伝統精神です。
 この 「怨親(おんしん)平等」 の伝統精神を、破壊したのが国家神道であり、靖国神社です。まさに、死者の霊までも 「差別・排除の論理」 を持ち込んだのである。 

 かかる偏狭(へんきょう)な国家主義の精神が、そのまま現在の 「靖国神社」 に受け継がれているのである。自国のことばかりで、相手国の立場は考えようともしない、その象徴が 「A級戦犯の合祀」 である。
 この問題は、わが国が 「平和国家・文化国家」 であるか・どうかを、試されている試金石であると思う。
 このように重大な問題であるが故に、無関心であってはならない。熟慮して善処しなければならないと思う次第である。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR