未曽有の大御本尊

 弘安2年(西暦1279年)10月12日は、我らの信奉する、一閻浮提総与・三大秘法の大御本尊が、御建立された意義ある日であります。

 御本尊については、本尊の右下のところの讃文に、簡潔・明瞭に示されていますのでご照会いたします。

 「仏滅度後二千二百三十余年之間・一閻浮提之内・未曾有之大漫荼羅也」 と書写されております。
 仏滅後、日蓮大聖人の時代の弘安2年まで、二千二百三十余年の間、全世界の内で、いまだかってない大御本尊である、との仰せであります。

 仏滅後、正法・像法時代の正統の聖師、竜樹・天親・天台・伝教等は、心の内では知っていたが、外に向かっては弘通しなかった正法なのであります。

 故に、これらの聖人たちは、末法の時を恋い慕ったのであります。
 『撰時抄』 には次のように仰せられています。
 天台大師云く 「後の五百歳遠く妙道に沾わん」
 妙楽大師云く 「末法の初め冥利無きにあらず」
 伝教大師云く 「正像稍(やや)過ぎ已つて末法太だ近きに有り、法華一乗の機今正しく是れ其の時なり」
 「彼の天台の座主よりも南無妙法蓮華経と唱うる癩人とはなるべし」(御書260P)

 像法の仏教界の最高権威である天台座主よりも、癩人でもよい、末法に生まれて大御本尊を拝し、自行・化他に亘って、南無妙法蓮華経と唱えたいと願ったのである。

 日蓮大聖人が、三大秘法の大御本尊を建立してくださったお蔭で、末法の一切衆生の成仏が可能となったのであります。

 この大御本尊を我らは、辛労も無く行功も無く、受け取ることができました。何たる幸せでございましょう。この御恩は、一人でも多くの方に語って、報じたいと思います。

 立正安国論に曰く 「唯我が信ずるのみに非ず又他の誤りをも誡めんのみ」(御書33P) と。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR