A級戦犯問題

 A級戦犯とは、 ポツダム宣言に基づき、極東国際軍事裁判(東京裁判)において、「平和に対する罪」 という新しい戦争犯罪の概念により、有罪判決を受けた者たちである。
 中国や韓国は、A級戦犯が合祀されている靖国神社に、首相ほか国の公人が参拝することに、猛烈に反発し外交問題にまで発展している。これが 「A級戦犯問題」 である。

 1978年(昭和53年)10月、靖国神社は、A級戦犯を合祀しなければ、東京裁判史観を容認することになるからといって、すでに死亡していた14名を 「昭和殉難者」(国家の犠牲者)として合祀に踏み切った。

 東京裁判の 「平和に対する罪」 は、それまでの国際法には無かったもので、事後法と言われるものである。
 ゆえに、インドの パール判事は、この裁判は法の不遡及(ふそきゅう)の原則に反しているとして、被告人全員の無罪を主張したが、受け入れられなかった。ただ、そこには法の正義・法の真理を取り戻さなければならないという、パール判事の決意がうかがわれる。
 パール判事が、無罪を主張したからと言って、我が国が起こした太平洋戦争の行為を、いささかも肯定しているものではない。

 後日、パール博士が来日した時、「戦争が犯罪であるというなら、いま朝鮮で戦っている将軍をはじめ、トルーマン、スターリン、李承晩、金日成、毛沢東にいたるまで、戦争犯罪人として裁くべきである。 戦争が犯罪でないというなら、なぜ日本とドイツの指導者のみを裁いたのか。 勝ったがゆえに正義で、負けたがゆえに罪悪であるというなら、もはやそこには正義も法律も真理もない。 力による暴力の優劣だけがすべてを決定する社会に、信頼も平和もあろう筈がない。 われわれは何よりもまず、この失われた《法の真理》を奪い返さねばならぬ」 と述べています。
 勝者が敗者を裁くというものは、いかに法律的な装いをこらしても、所詮は、執念ぶかい復讐とならざるを得ないのである。

 このような問題点のある東京裁判の判決であるが、ポツダム宣言を受諾し、無条件降伏した我が国は、これに従わざるを得ないのである。
 また、サンフランシスコ平和条約において、東京裁判並びに国外の他のBC級戦犯の裁判を受諾した上で、講和条約を締結し、国際社会に復帰できたのである。この歴史的事実を、重く受け止めねばならない。
 いくら国内法で、戦争犯罪人の汚名が回復されたとしても、国際法上ではいまだ、そのままの状態であるという認識である。
 そのような現状のままで、A級戦犯を合祀している靖国神社に、一国の首相ほか国会議員が団体を組んでまで参拝するようなことは、はばからなければ、ならないのではないでしょうか。
 それは、サンフランシスコ平和条約の和解と信頼の精神によって、もたらされた戦後の国際社会秩序に、日本は不満なのかと受け取られる危険性があるのである。

 もともと靖国神社は、戦死者を祀ることになっていた筈である。合祀されたA級戦犯は、戦死者ではなく、刑死並びに勾留中に病死した人である。この点は、靖国神社の本来の趣旨に反することである。
 また、軍国主義国家の精神的支柱となり、そこへ合祀された人々を 「英霊」 と称えることで、戦争を正当化し、美化し、侵略戦争を 「聖戦」 とするための施設として発展してきたのである。

 このような問題のある施設に、その上にA級戦犯まで祀って崇め奉っているところに、慰霊に行くと言えば、直ちに靖国神社だと、無思考・無批判的に受け入れて参拝している。このことが、首相ほか国の指導者層にあるということは、いかに 「国家神道」 という邪教の病根の深さに憂慮するものがある。

 慰霊のためならば、政府主催の全国戦没者追悼式で十分である。その他、広島・長崎・沖縄等、各地でも行われている。
 靖国神社でなければならない必然性はない。それどころか靖国神社は、慰霊・追悼のところではない。そこは戦争を肯定・讃美し、戦死の将兵を神として顕彰するところである。顕彰するのを、慰霊と思う、はき違えてはならない。
 
 しかるに、“慰霊・哀悼の誠をささげる” といって、首相ほか 当然のように振る舞っている。 大多数の国民も、これを諒としている。
 このことは、また、次回考えてみましょう。

テーマ : 思うこと
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

初めまして、谷様。私は大阪在住の者てす。

東京裁判については、かつて戸田第二代会長が「死刑は絶対によくない、無期が妥当だろう。また、原爆を使用した者も同罪であるべきだ。」と言っておられたと記憶しています。別の視点で言えば、A級戦犯は原爆と同じ位の重罪であるという事でしょう。確かに今の日本は、原爆を否定しても、A級戦犯の責任については見て見ぬ振りをしている様におもいますし、世界で起きている自爆テロも誤った宗教が背景に潜んでいる点では戦前の国家神道と何ら変わりないですね。

Re: No title

 初めまして、私も同感でございます。

 ご返事が遅くなり申し訳ありません。
 前に、稔さま・プクさまより頂いていまいたが、失礼しております。

 北九州市議選大勝利、皆さまの真心からのご支援、有り難うございました。
 小生、風邪をひきまして、その間、妻が入院するやら、いろいろありまして、ここのところ筆が上がりませんでした。
 もうそろそろ、自身の勉強のためにも、始めようかと思います。
 今後とも、よろしくお願いいたします。

 
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR