トインビー対談

 きょう10月2日の 「世界平和に日」 の聖教新聞の一面トップは、「池田国際対話センター 設立20周年記念セミナー」 が盛大に開催されたと報じている。
 各国・各界を代表する識者約60人が出席。創立者・池田大作SGI会長は祝福の メッセージを贈り、同センターが文化・宗教・学問の分野を超えた対話の舞台となり、新しき生命 ルネサンスの光源になりゆくことを願った。
 そして、SGI会長の メッセージのなかに、トインビー博士との対談最終日の模様が述べられていますので、ご紹介したいと思います。(抜粋)

 20世紀から21世紀への大転換の20年、わがセンターは、「地球市民ネットワークの要たれ」 「『文明の対話』 の懸け橋たれ」 「『生命の世紀』を照らす灯台たれ」 との遠大な モットーを掲げて、一歩また一歩と前進してまいりました。……

 人類のために
 一、 発展しゆく、わがセンターの姿を、そして、きょうのこの晴れの集いを、ぜひとも、ご覧いただきたかったと思う先哲の一人が、イギリスの歴史家 アーノルド・トインビー博士であります。
 40年前(1973年)の 5月19日――。
 ロンドンの博士のご自宅にて、2年越しで続けてきた対談の最終日のことを、私は鮮烈に思い起こします。
 ちょうど、この日、ニュースでは、当時のソ連共産党のブレジネス書記長が西ドイツを訪問し、ブラント首相と会談したことが大きく報じられていました。その話題に及んだ時、トインビー博士は毅然と語られたのであります。

 「政治家同士の対談に比べ、私たちの対談は地味かもしれません。しかし、私たちの語らいは、後世の人類のためのものです。このような対話こそが、永遠の平和の道をつくるのです」 と。
 深い信念に満ちた凛乎(りんこ)とした声の響きを、私は忘れることができません。
 対談を終える際、博士は私の手を握りしめながら言われました。
 「私は、対話こそが、世界の諸文明、諸民族、諸宗教の融和に、極めて大きな役割を果たすものと思います。人類全体を結束させていくために、若いあなたは、このような対話を、さらに広げていってください。ロシア人とも、アメリカ人とも、中国人とも……」

 この時、トインビー博士は 84歳。 私は 45歳。
 博士は慈父の如く、若い私に、人類の未来を開く 「文明の対話」 「民族の対話」 「宗教の対話」 のバトンを託してくださったのだと感じ取りました。
 (聖教・2013‐10‐2・3 面)

 その外に、お越しいただきたかった、もう一人の先哲として、経済学の巨人 ジョン・ガルブレイス博士を挙げられています。詳しくは聖教新聞へ。

 私はトインビー博士の “政治家同士の対談に比べ、私たちの対談は地味かもしれません。しかし、私たちの語らいは、後世の人類のためのものです。このような対話こそが、永遠の平和の道をつくるのです” とのご発言に、深く感動を覚えます。
 たしかに今、アメリカ・ボストン近郊の国際対話 センターで行われている記念 セミナーは、どの一般紙でも、一行も報道していません。ゆえに、聖教読者以外は、誰も知らないということです。
 しかし、博士より池田先生に託された 「平和への対話」 は、世界各地に於いて、着実にその成果を発揮しています。いまや SGI は、世界 192カ国までに、発展していることがそれを物語っています。
 池田先生は、対話について述べられています。

 名誉会長  どこまでも 「同じ志」 に立って、語りあうことです。
 次元は違うかもしれないが、「対話」 は善です。連帯を築き団結を創(つく)るからです。 「拒絶」 は悪です。分断を招き破壊をもたらすからです。まず会うこと、そして話すことです。相手と違う面があるのは当然です。 しかし、話し合えば、違いがあっても信頼が芽生える。 社会にあっても、対話は平和の礎(いしずえ)であり、拒絶は戦争の門です。
  (御書の世界第1巻・237P)
 
 ひるがえって、わが身に当てはめて考えれば、「平和への対話」 「文明間の対話」 と言っても、何も難しく考えることはありません。“対話は平和の礎” であれば、勇気をもって実践する以外にありません。
 我が本国土の地域の中で、一人ひとりの日常の振る舞い、そして友情と地道な対話を通して、「生命の尊厳」 への思いを高め合う中で、世界は平和へと一歩一歩前進していくのであります。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR