体験談(1)(私の入信動機)

 太陽会の11月の区定例会で、体験発表することになりました。今までこれと言った体験もないので、入信動機の話をしょうと思っています。折伏等の時に個人的に話をしたことはありますが、このような会合では初めてです。

 私の入信動機は病気であります。中学1年の頃、海水浴中に右耳に水が入り中耳炎になりました。初期の手当てが適切でなく慢性化させてしまいました。
 昭和29年1月頃、高校三年の卒業直前に、地元の医院で一回目の根治手術を受けましたが、なかなか治りません。
 そこで次は昭和31年春頃、九州大学病院で二回目の根治植皮手術を受けました。退院後、九大まで通院するわけにもいかず、地元の医院にて術後の治療を受けていましたが、まだ、それからでも1年以上通院してもなかなか治りません。
 九大にて点耳用の “クロロマイセチン” という抗生物質の治療薬を使っていたのを思い出して、意を決して先生にお願いしました。ところが、先生は非常に立腹され、自分も九大を出たものだとか何とか言い、何が何だか分からず、後から考えると患者から、指摘・要望されたことが気に障ったようでした。
 このとき私は、一類の望みも消えお先真っ暗になり、絶望の底に突き落とされた感に打たれました。まだ両親も健在だったが、両親もどうこうする力もなく、九州で最高の九大病院まで行ったけれど、医学も医者も駄目で、頼ろうにも頼るものは何一つなく、たった独りぼっちになった感にうたれ非常に寂しい思いをしました。そして本然と、以前から聞いていた創価学会の信仰を、してみようかなぁ という思いが起きてきました。
 今から思えば、医者の先生が立腹され、私は突き放されたが故に、創価学会に入会する踏ん切りがつきました。その頑固な先生は、まさに、私にとって善知識となりました。

 創価学会の話を聞いたのは、昭和30年頃・一時期、同じ会社で机を並べて仕事をした学会壮年部員の 氏からです。仕事の合間に、ちょくちょく話は聞かされていました。
 私は浄土真宗の家の生まれで、気が小さくて吃(ども)っていました。そのうえ不治の病の中耳炎ときていますので、何事につけても消極的な平凡な一青年でした。
 氏は信心の強信なる故か、何せ生命力あふれて元気の良いこと、その姿には大いに魅力を感じていました。上記の件の後、自ら訪ねて行って昭和 33年 2月、創価学会に入会いたしました。
 
 入会後はすぐに男子部に所属して、毎晩のように11時・12時過ぎまでの活動で、こんなに遅くまですることは中耳炎には良くないなぁ と思いながら、半ば嫌々ながらついて行ったというような情況でありました。
 このような信心だから、中耳炎はなかなか治りませんでしたが、しかし、不思議にも心の苦悩は、だんだんと霧が晴れるように無くなりました。
 信心の実践は性格の故か消極的な方で、たとえば、男子部の隊長に任命されるのに、三年半もかかりました。このような私の信心でしたが、福運あって昭和 37年 4月、聖教新聞販売店主の任を拝命しました。それから 34年間、平成 8年 2月の定年退職まで、皆さまのご支援のもと無事この任を務め上げることができました。
 この間、昭和 37年夏頃、交通事故で右足を骨折し 2か月入院し、これを機に耳鼻科とは縁を切りました。

 思えば二十代の初め、悩みの壁にぶち当たり、人生の敗残者となりました。健康的にも二十一世紀まで生きられるのかなぁ と思っていた私が、今や両親の年齢(70)を超え、人並みの生活が出来るようになりました。
 これも 「蒼蝿(そうよう)驥尾(きび)に附して万里を渡り碧蘿(へきら)松頭に懸(かか)りて千尋を延ぶ」(26P) との御金言のように、只ただ創価学会についてきただけで、御本尊の功徳に浴することができました。ひとえに、池田先生・そして創価学会会員の皆様のお陰であると感謝申し上げます。

 「大願とは法華弘通なり」(736P)と、“大法弘通慈折広宣流布大願成就” の “創価学会常住” の大御本尊を御安置申し上げる “広宣流布大誓堂” の落慶を期して、世界広宣流布の新時代へ、いま再び地涌の使命に目覚め “正義と希望の大前進” を開始して参りましょう。

 関連記事 「命の変革」―→ ここから

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

2016年8月より

2016年8月久しぶりに任用試験の合格責任者になり、教義事項の変更のことを詳しく知りたいと思いnetで探していたら谷さんのブログによりたどりつきました。いつも楽しみにしてます。小生栃木県で支部長をやらしてもらっている57歳です。またコメントします。頑張って✊😃✊
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR