世界広布新時代 開幕の年

 「世界広布新時代 開幕の年」 明けましておめでとうございます。本年も “創価教学随想” を何卒よろしくお願い申し上げます。
 聖教新聞元日号のトップに、池田先生から全同志に贈られた 「新年の歌」 が掲載されています。

  いざ昇れ 勝利の旭日 全世界
   広布の誓願 歓喜の船出よ


 世界広宣流布という全人類の幸福の実現へ、池田先生と共に、同志と共に全世界へ “広布の誓願・歓喜の船出” の出帆の時は今である。
 聖教新聞元日号にて、池田先生の “新年のメッセージ” を期待しておりましたが、残念ながら掲載されていませんでした。もうすでに、先生の御指導を一々仰がなければ、何も出来ない、指示待ちの時では無いということを感じました。
 これからは、各人が自身の修行の成果をもとにして、自分で考え、勇気をもって行動し、広宣流布の使命と責任を果たし行かねばなりません。
 喜ばしいことに、池田先生はお元気です。先生ご夫妻のご健康とご長寿をお祈り申し上げますと共に、いま執筆なされている聖教新聞に連載の 「新・人間革命」 と大白蓮華の 「勝利の経典『御書』 に学ぶ」 の二つは、しっかりと研鑚しなければならないと思います。

 大白蓮華1月号の 「勝利の経典 『御書』 に学ぶ」 は 『十字(むしもち)御書』 である。
 大聖人は、「正月の一日は日のはじめ月の始めとしのはじめ春の始め・此れをもてなす人は月の西より東をさしてみつがごとく・日の東より西へわたりてあきらかなるがごとく・とく(徳)もまさり人にもあい(愛)せられ候なり」(1491P) と仰せです。 

 池田先生は、次のように指導されています。
 大聖人は、この正月一日を、妙法をもって祝う人は、月が次第に満ち、太陽が赫々と昇るように、わが身の功徳も勝り、人にも愛されるようになると仰せです。
 正月一日は 「始まり」 の日です。誰でも清新な決意で、一年を 「始める」 ことができる。自身を、いわば 「本因妙」 の精神に目覚めさせる好機になるのです。わが生命が喜びに躍動しないはずはありません。
 ………
 また『妙密上人御消息』 には、「日本国の中に但一人・南無妙法蓮華経と唱えたり、これは須弥山の始の一塵大海の始の一露なり」(1241P) と仰せです。「始」 の一字には、広宣流布の戦いに一人立つ精神が烈々と燃えているではありませんか。
 その意味からも、私たちは、一日また一日と、御本尊に朗々と題目を唱えながら、わが身に新鮮な生命力をわきあがらせて出発していきたい。毎日が元日であり、元初の旭日に照らされながら、最高に充実した人生を歩んでいくための信心です。
 (大白2014年1月・31P)

 “正月一日は 「始まり」 の日です” と、「始まり」 の重要なることを指導しています。中には “自分は三日坊主だから” といって、何もしない人も見受けられるが、三日でも決意し実践すれば価値は生まれます。それを繰り返して行けば、一生のものになるわけです。悪いのは、善いことを何もしないということです。
 まず、基本中の基本である、御本尊にお題目を唱えることから挑戦しましょう。

 そして 「世界広宣流布新時代」 といっても、何も難しく考えることはありません。実は、我ら一人ひとりの日常の実践のなかにあるのです。
 世界平和といっても遠きにあるのではない。他人を大切にする心を育み、自らの振る舞いを通して、地域の中で友情と信頼の絆を一つ一つ勝ち取っていく中にこそ、世界は平和へと一歩一歩前進するわけです。
 一日一日の自身の振る舞い、そして地道な友人との対話を通し、「生命の尊厳」 「人類の融和」 への思いを高め合う中で、「平和の文化」 の土壌は豊になり、「世界広布新時代」 「世界の平和」 の幕は花開くと思います。 

 講義の最終のところは、 
 さあ、「世界広布新時代」 の開幕を告げるファンファーレは鳴り響いています。絢爛たる時代が到来しました。
 信ずるわが同志よ!
 愛するわが青年たちよ!
 新たな広宣流布の誓願に燃え立ちながら、今年もまた、共々に、勇気凛々と戦おうではありませんか!
 (同・43P)と、師の呼びかけにお応えしましょう。    

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR