宗教教育

 法華経の 「六難九易」 の譬えのように、正しき宗教に出会い、それを信ずることは難しいことである。

 わが国では、自称・無神論者が多いいようです。では、いっさいの神仏を信じてないかと言えば、そうでもないらしい。ただ、特定の宗教を信じて、実践はしていないと言うことであろう。

 何も信じられなくてやっていないと言うことは、裏を返せば、何でも信じてやってしまうことになる。それは核となる宗教的信念を持ってないからである。

 クリスチャンでもないのに教会で結婚式を挙げ、正月には神社巡りをし、死者の弔い等お悔みごとは寺に頼む。その上、お祓いだ・厄除けだ・お守りだ・みくじだ・祈願だ・と言って、何でもかんでもやっている。これ等のものが、本当に功力のあるものであれば、一つあれば良い筈である。

 特に、この頃の若者たちの間では、星占い・相性・血液型・挙句の果ては霊魂・ゾンビ等・オカルトまがいのものまで、流行っているそうである。実に、嘆かわしく憂慮すべきことである。

 このような事態になったのも、わが国では宗教教育がなされていないからだと思っています。宗教教育と言えば、戦前のことを思いだし、タブー視する方もいますが、明治政府のやったことは、廃仏毀釈・国家神道の強制であり、宗教蔑視政策なのであります。

 明治政府の富国強兵・大国主義、戦後は経済・効率・成果中心主義に走り、宗教を蔑視し・忘れ去ったその結果が、今日の世相の親殺し子殺しのように、見るも無残な姿に成り果ててしまったと言えるのではないでしょうか。

 宗教教育と言っても、何も特定の宗派の教義を教えろ、と言っているのではありません。特定の宗派教育の弊害は、戦前の国家神道の強制で、否というほど身につまされた。

 人間と人間、人間と社会を繋ぐためにも、教育に全体性と精神性を復権することが必要であると言われています。宗教とは・人間とは・報恩とは・等々、極々基本的な事柄でよいですから、そして人生にとって、如何に正しい宗教が、絶対必要不可欠なものであるのかを教え・認識させるべきだと思います。

 大聖人は 「教主釈尊の出世の本懐は人の振舞にて候けるぞ、穴賢・穴賢、賢きを人と云い・はかなきを畜といふ」(1174P)
 「寿量品の仏をしらざる者は父統の邦に迷える才能ある畜生とかけるなり」(215P)
 と仰せられています。

 同じ動物でも、畜生と人間は違います。人間は教育によって、人間となることになります。“才能ある畜生” とならぬためにも、よくよく思索すべきである。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR