四度の大難(松葉ヶ谷の法難)

 前のブログで、戸田先生の獄中の受難について、概略、述べてみました。そこで感じたことは、看守が、ごく些細なことで権力を傘にきて、自分の感情のまま、囚人たちを殴打していることである。
 戸田先生は、初めは訳もわからず、ただ驚くばかりであった。しかしそうした中で、法華経を読み、題目をあげ抜いていったとき、これは自分の罪業を消すために撲ってくれているのだ、ということが解かりました。
 三回目の難の後、… 「今日で三度目…」 (そうだ! もう一度、撲られるぞ! 四度目に撲られたら、それは帰れる時だ!) と思いました。
 その通りになった四度目の時、先生は心の内で、(罪が終わった! 四回目がきて、罪が終わった!) と喜び、叫びました。  (戸田先生の 『人間革命』 より)

 「四度の難」 ということで思い出すことは、日蓮大聖人が、『開目抄』 において、
 「既に二十余年が間・この法門を申すに日日・月月・年年に難かさなる、少少の難は・かずしらず大事の難・四度なり」(200P) と仰せられていることです。
 「大事の難・四度なり」 とは、すなわち、
 一度は、文応元年八月二十七日、御年三十九歳のとき、鎌倉の松葉ヶ谷(まつばがやつ)の御法難。
 二度は、弘長元年五月十二日、御年四十歳のとき、伊豆伊東の御流罪。
 三度は、文永元年十一月十一日、御年四十三歳のとき、安房小松原の御法難。
 四度は、文永八年九月十二日、御年五十歳のとき、竜の口の頸の座、それにつづく、佐渡の御流罪。

 以上の四つであります。大聖人様の御法難と比べることは、恐れ多いことですが、四度という回数の一致は、何か、不思議な関係性、相似性があるように思われます。

 大事の難の一度目は 「松葉ヶ谷の法難」 です。
 文応元年(1260年)八月二十七日、鎌倉の松葉ヶ谷の草庵で、大聖人が念仏者達に襲われた法難である。
 松葉ヶ谷とは、大聖人が鎌倉において折伏の拠点として草庵を結ばれていた所の地名である。

 『下山御消息』 に、「先ず大地震に付て去る正嘉元年に書を一巻注したりしを故最明寺の入道殿に奉る御尋ねもなく御用いもなかりしかば国主の御用いなき法師なればあやまちたりとも科(とが)あらじとやおもひけん念仏者並に檀那等又さるべき人人も同意したるとぞ聞へし夜中に日蓮が小庵に数千人押し寄せて殺害せんとせしかどもいかんがしたりけん其の夜の害もまぬかれぬ」(355P) と仰せです。

 その頃、正嘉の大地震や飢餓・疫病が蔓延し、庶民は塗炭の苦しみに喘(あえ)いでいた。日蓮大聖人は、その真因が真言・念仏・禅・律宗などの僧が、法華経を誹謗する故であると喝破なされました。
 文応元年七月十六日、宿屋左衛門尉を仲介として、北条時頼に一刻も早く念仏などの誤った宗教を捨てて、正法に帰依するように諫めた、国主諫暁の書 『立正安国論』 を提出した。
 しかし、このことについて、幕府の権力者は用いない許りか、怒りを成し、また念仏者をはじめ諸宗の僧達も大聖人に恨みを懐き、翌月二十七日、北条重時ら念仏を信仰していた権力者を後ろ盾とした念仏者達が、深夜に松葉ヶ谷の草庵を襲撃した事件である。
 大聖人はこの難を辛うじて逃れ、一時、鎌倉を出て下総国の富木常忍のもとに身を寄せられた。以後、幕府側は大聖人に対して、さまざまな迫害を加えっていくのである。

 引きつづき、「然れども心を合せたる事なれば寄せたる者も科なくて大事の政道を破る」(355P) と仰せです。
 北条時頼が、大聖人の大慈悲の諫言を用いないと知ると、念仏者達は時の執権北条長時の父・極楽寺重時を後ろ盾として、多くの民衆を扇動して、大聖人を殺害せんと企てたのである。しかし、このような不法な暴力行為を行った側には、その後、何の咎(とが)めもなかった。
 このことについて、「されば人のあまりににくきには我がほろぶべきとがをもかへりみざるか御式目をも破らるるか」(355P) と仰せです。

 “御式目” とは、幕府が法制化した武家法典の 「御成敗式目」(貞永式目) のことである。
 幕府側は、自らが制定した法律を、自らが破るという、誤りを犯しているのである。道理をもって世を治めようとした貞永式目の精神は踏みにじられたのである。 これによって、大事の政道は曲げられ、「国は安穏なるべからず」(356P) と成るのである。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR