夏季大学講座(1)(2014年)

 8月29日、創価大学の夏季講座を受講してきました。講座名は 『法華経』 を読む(9)―随喜功徳品・法師功徳品・常不軽品― です。講師は、菅野博史教授であります。

 ここのところは、法華経の流通分であり、寿量品を聞いて随喜した者の功徳を説いている章である。そして、寿量品について、三点に亘って話された。
 第一に、釈尊が成仏したのは、五百塵点劫というはるか遠い過去であり、合わせて未来も不滅であると説くことで、釈尊の仏としての寿命の長遠を説いている。

 第二に、寿命が長遠であるのに、如来はどうして涅槃するのか、という問題がある。寿量品には 「方便現涅槃」 とある。即ち、衆生を救済するために、あえて方便として涅槃を現ずるのであるという。 
 方便品は、方便の力を讃えている。仏は智慧と慈悲をもって救う。智慧に裏づけされた慈悲である。智慧があっても方便がなければ救えない。譬喩品の “三車火宅の譬え” のように、羊・鹿・牛の三車の方便をもって救ったのである。

 第三に、涅槃された仏を見仏、即ち、信仰のある者は仏を見る、仏と出会うことができるという。 今までの瞑想から心の現実性へ、「時に我れ及び衆僧は俱に霊鷲山に出ず」 と。故に、信ずる者の眼前に出現するという功徳を説いている。

 随喜功徳品
 五十展転の功徳、法華経を聞いて随喜して人に伝え、段々として第五十番目の人の功徳は、計ることもできないほど優れている。

 法師功徳品
 法華経を、受持・読・誦・解説・書写する、いわゆる五種法師の得る、眼・耳・鼻・舌・身・意根の六根清浄を説いている。
 受持とは、本来は暗記することであり、伝持の法師が重要視された。

 その他、六根清浄など、いろいろなお話があったが、先生の講義が滔々として淀みなくお話しされるので、ノートする間がなく、途中で止めました。
 受講中は分かるような気がしたが、後になると思い出せなくて、すっかり忘れてしまいました。
 断片的な単語でもよいから、ノートしておけば思い出すことの糧になるだろうと思いました。  

テーマ : 仏教・佛教
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR