四度の大難(竜の口の法難)

 大難の四度目は、「竜の口の法難と佐渡流罪」 であります。
 佐渡流罪は、竜の口の法難に引き続いて起こりましたので、この場合は、一つの難として数えます。
 
 文永八年(1271年)九月十二日、日蓮大聖人が竜の口(鎌倉幕府の刑場)で、斬首刑に処せられようとした法難のことである。この法難については、文永五年から建治二年まで九か年間の御自らの御振る舞いを 『種種御振舞御書』(909P) に詳しく述べられています。
 特に、この九か年間は、大聖人御一生のなかで、大聖人の法華経の 「身業読誦」 と 「発迹顕本」 の御姿を通し、御本仏としての御振る舞いを示されました。

 身業読誦(しんごうどくじゅ)とは、「身・口・意」 の三業のうち、身をもって経文を読むことをいう。その代表的な経文が、法華経勧持品第十三の 「二十行の偈(三類の強敵)」 の文である。
 『勧持品』 に、「諸の無智の人の悪口罵詈(あっくめり)等し及び刀杖を加うる者有らん」(224P) とあります。
 日蓮大聖人においては、“刀の難” は 「小松原の法難」 と 「竜の口の頸の座」 の二度も遭われており、少輔房(しょうぼう)に法華経第五の巻で顔を打たれたことが代表的な “杖の難” に当たります。

 当時の社会情勢は、文永五年(1268年)正月十八日、大蒙古国より従わなければ兵を用いるという牒状が到来した。これは、文応元年の 『立正安国論』 で予言した 「他国侵逼(しんぴつ)の難」 の適中である。
 幕府は、大聖人の諫言を用いようともせず、なす術も知らず、ただ諸宗に命じて敵国調伏の祈祷をなすばかりの無策ぶりであった。

 大聖人は十月十一日、幕府の権力者並びに諸大寺に十一通の書状を送って、国を救うため正邪を決せんとして、公場対決を要請した。
 これに対して、表面上は何の反応も示さなかったが、裏では極楽寺良観をはじめ七大寺の僧らは、周章狼狽し、権力者や上臈(じょうろう)・尼御前たちに対して、大聖人を不当な讒言(ざんげん)をもって訴えた。
 幕府は蒙古対策に苦慮しており、内部を固めるために、いわゆる悪党鎮圧に乗り出していた。
 大聖人に対しては、安国論の国家諫暁以来、幕府に楯突き、世間を乱す不逞の僧侶という認識であり、折あらば、逮捕し無きものにしょうと企てていたのである。

 かくして、文永八年九月十二日午後四時ごろ、松葉ヶ谷の草庵に平左衛門尉が直接、数百人の兵士を率いて逮捕しに来たのである。その様相は、たった一人の身に寸鉄も帯びてない僧侶を捕えるのに、あたかも謀叛人の徒党に向かうような、法に過ぎたものであった。

 「さて平左衛門尉が一の郎従・少輔房と申す者はしりよりて日蓮が懐中せる法華経の第五の巻を取り出しておもて(面)を三度さいな(呵責)みて・さんざんとうちちらす、又九巻の法華経を兵者(つわもの)ども打ちちらして・あるいは足にふみ・あるいは身にまとひ・あるいはいたじき(板敷)・たたみ(畳)等・家の二三間にちらさぬ所もなし、日蓮・大高声を放ちて申すあらをもしろや平左衛門尉が・ものにくるうを見よ、とのばら(殿原)但今日本国の柱をたをすと・よばはりしかば上下万人あわてて見えし、日蓮こそ御勘気をかほれば・をく(臆)して見ゆべかりしに・さはなくして・これはひが(僻)ことなりとや・をもひけん、兵者どものいろ(色)こそ・へんじて見へしか」(912P)

 大聖人は、第五の巻で顔を打たれ、他の経巻類も家中、打ち散らして、あるいは足で踏み、身にまとったりして、散々狼藉(ろうぜき)を働いた。
 当時は今よりも、文字を書いている文物は大事にされていた。特に、仏教の経文・経巻は、崇拝の対象にもされていたほどの貴重なものである。それを足蹴にするとは、“平左衛門尉が・ものにくるうを見よ” と一喝されたように、正気の沙汰ではないのである。
 そして、お前たちの行業は、“但今日本国の柱をたをすと” の大聖人の確信ある大音声に触れた、兵者たちは “これはひが(僻)ことなりとや・をもひけん、兵者どものいろ(色)こそ・へんじて見へしか” と、自分たちは間違ったことをして地獄へ堕ちるのではないかと思い、顔色が蒼白になったのである。

 そして一瞬、静まったところで、ゆうゆうと平左衛門尉に向かって強く諫めたのである。
 『撰時抄』 に、「日蓮は日本国の棟梁なり予を失なうは日本国の柱橦(はしら)を倒すなり、只今に自界反逆難とてどしうちして他国侵逼難とて此の国の人人・他国に打ち殺さるのみならず多くいけどりにせらるべし、建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をばやき(焼)はらいて彼等が頚をゆひ(由比)のはま((浜)にて切らずば日本国必ずほろぶべしと申し候了ぬ」(278P) と仰せです。
 これが、二度目の 「国家諫暁」 のときであります。

 法華経・第五の巻について、『上野殿御返事』 には、
 「杖の難にはすでにせうばう(少輔房)につら(面)をうたれしかども第五の巻をもつてうつ、うつ杖も第五の巻うたるべしと云う経文も五の巻・不思議なる未来記の経文なり、されば・せうばうに日蓮数十人の中にしてう(打)たれし時の心中には・法華経の故とはをもへども・いまだ凡夫なればうたて(無情)かりける間・つえ(杖)をも・うば(奪)ひ・ちから(力)あるならば・ふみをり(踏折)すつべきことぞかし、然れども・つえ(杖)は法華経の五の巻にてまします」(1557P)

 第五の巻には、勧持品第十三が含まれている。勧持品には如来の滅後末法において、法華経を弘通するとき 「諸の無智の人の悪口罵詈等し及び刀杖を加うる者有らん …… 悪口し顰蹙(ひんじゅく)し数数(しばしば)擯出(ひんずい)せられん」(224P) と、二十行の偈文をもって 「三類の強敵」 が出現することを予言している。
 ゆえに、“うつ杖も第五の巻うたるべしと云う経文も五の巻・不思議なる未来記の経文なり” と、不思議なる符合であり、非常に感慨深いことであると仰せです。
 したがって、日蓮大聖人にとって 「刀杖の難・流罪の難」 ともに、勧持品の予言を 「身・口・意」 の三業で読まれたということは、末法の 「法華経の行者」 すなわち、「御本仏」 であることの証明である。

 『御義口伝』 に、「勧とは化他・持とは自行なり南無妙法蓮華経は自行化他に亘(わた)るなり、今日蓮等の類い南無妙法蓮華経を勧めて持たしむるなり」(747P) と仰せです。
 
 この勧持品の精神は、勧とは折伏(化他)、持とは唱題(自行)である。全世界の人々に一日でも早く、“南無妙法蓮華経を勧めて持たしむるなり” と、世界広宣流布の実践に尽きるである。 
 『富木入道殿御返事』 に云く、「命限り有り惜む可からず遂に願う可きは仏国也」(955P) と。

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Re: 迷い

 はじめまして。
 奥様のご病気、ご主人様の事故等、大変な中お察し申し上げます。
 自身の宿命転換のため、強き信力を出して戦い、勝利されんことを祈ります。

 創価学会授与の日寛上人御書写の御本尊は、改ざんコピーでもニセ本尊でも何ものでもありません。
 正真正銘の三大秘法の御本尊であります。
 御本尊に、“奉書写之” と書かれていますが、“之” 即ち一閻浮提総与の御本尊を書写し奉ったということです。書写即ちコピーであります。
 したがって、大聖人の御真筆御本尊以外、いま世にあるのは全てコピー御本尊であります。
 御真筆御本尊であっても御相貌は、仏・菩薩や十界が有ったり無かったり、種種あります。
 その他の脇書き等のことは、枝葉末節(迹)の問題であります。
 その枝葉末節にこだわって、脇書きが無いから、文字がかすれていないからとか言って、日寛上人御書写の御本尊をニセもの視することは、謗法にあたります。

 では、御相貌にあって、“本” とは何かといえば、「南無妙法蓮華経 日蓮在御判」であります。
 あとの、仏・菩薩・人天等は “迹” となります。
 総じて、御本尊のことは、我々信仰者はとやかく言わずに、ただ自身の信心が、正信なのか、邪心盲信に陥っていないかを、常に心がけねばなりません。

 「信心の血脈なくんば法華経を持つとも無益なり」(1338P)
 「かかる日蓮を用いぬるともあしくうやまはば国亡ぶべし」(919P)

 要は、成仏するかしないかは、正しき信心にあります。
 その正しい信心を教えて下さるのが、池田先生であり、創価学会であります。 
 以上、宜しくご賢察ください。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR