四度の大難(佐渡流罪の意義)

 竜の口の法難の後、日蓮大聖人は依智(厚木市の北部)にある本間六郎左衛門尉の邸へ護送された。幕府内では、赦免すべきだとの意見もあったが、処分がなかなか決まらず、佐渡へ出発するまでの約一カ月近く、依智にとどめ置かれた。
 その間に、鎌倉では不審火や人殺し事件が頻発した。持斎念仏者らが、自ら計事をして置きながら 「日蓮が弟子共の火をつくるなり」 と讒訴したために、幕府はこれを口実に、「さもあるらんとて日蓮が弟子等を鎌倉に置くべからずとて二百六十余人し(記)るさる、皆遠島へ遣(つかわ)すべしろう(牢)にある弟子共をば頚をはねらるべしと聞ふ」(916P) と、大聖人一門を弾圧し、根絶やしにしょうと謀ったのである。

 そして結局、佐渡流罪の処分が下された。十年前の伊豆流罪は、大聖人お一人が受けた難であったが、今度の法難は弟子・檀那全体に及ぶ弾圧であった。それだけに、大聖人一門の勢力が拡大していたと言えよう。
 したがって、弾圧によって日蓮門下は 「かまくら(鎌倉)にも御勘気の時・千が九百九十九人は堕ちて候」(907P) という壊滅的な状況であった。

 北国の佐渡の配所は、「同(文永八年)十月十日に依智を立つて同十月二十八日に佐渡の国へ著(つき)ぬ、十一月一日に六郎左衛門が家のうしろ塚原と申す山野の中に洛陽の蓮台野のやうに死人を捨つる所に一間四面なる堂の仏もなし、上はいたま(板間)あはず四壁はあばらに雪ふ(降)りつも(積)りて消ゆる事なし、かかる所にしき(敷)がは(皮)打ちしき蓑(みの)うちきて夜をあかし日をくらす、夜は雪(ゆき)雹(あられ)雷電(いなずま)ひまなし昼は日の光もささせ給はず心細かるべきすまゐ(住居)なり」(916P) と、また念仏者らに昼夜を分かたず、お命を狙われるという、非常に厳しき状況であった。

 この 「佐渡流罪」 について、何点かに亘ってその意義を述べてみたいと思います。
 第一に、『三沢抄』 に、「法門の事はさど(佐渡)の国へながされ候いし已前の法門は・ただ仏の爾前(にぜん)の経とをぼしめせ」(1489P) と仰せられています。
 佐渡以前は、上行菩薩の再誕として、釈尊を立てて法華経を弘通するという 「迹」 のお立場であった。
 竜の口・佐渡以後は、「迹」 を開いて凡夫の身のままで、「久遠元初の自受用身如来」 という 「本地」 を開顕されたところの 「末法の御本仏」 としてのお振る舞いであります。
 このことは、竜の口・佐渡流罪によって、法華経の経文を身読されたことで 「末法の御本仏」 としての確証を得られました。
 『勧持品第十三』 に、「数数見擯出(さくさくけんひんずい)」 とあります。“数数(しばしば)擯出せらる”とは、二度以上に亘って追放・流罪されることをいう。大聖人は二度までも流罪に遭われた。一度目は 「伊豆伊東への流罪」、二度目は今回の 「佐渡流罪」 であります。
 かつて池田先生が入獄された頃、戸田先生が、次のようなことを仰ったと聞いたことがあります。
 それは、「私に資格があるならば、もう一度牢獄に入ることができる。しかし、入れないだろう。経文に “数数見擯出” とあるが、数数と二度も流罪に遭うのは、御本仏様だけである。(趣意)」 というお話でありました。

 第二に、佐渡流罪によって、門下の信心の純・不純が問われ、真実の弟子が育成され、「師弟不二の信心」 すなわち 「大聖人と同じ実践」 「不惜身命の信心」 を身に付けさせて、反転攻勢の第一歩とされた。
 大聖人は、「本因妙の教主」 として成仏への道を、難に打ち勝つという御自身の実体験を通して(難即悟達)、門下の弟子たちを指導してくださいました。
 『撰時抄』 に、「王地に生れたれば身をば随えられたてまつるやうなりとも心をば随えられたてまつるべからず」(287P) と仰せのように、「不惜身命」 の真の弟子の育成である。
 いくら、外的な幕府権力の弾圧をもってしても、仏法は滅びることはない。むしろ、仏弟子たちが滅ぼすのである。
 佐渡流罪では、大聖人の仏界の御生命に縁した者たちは、次々と入信者となり、協力者となって大聖人を庇護し、かえって遠く離れた北国の小島まで、教勢を拡大することになったのである。

 第三に、竜の口の時、平左衛門尉に対して強く諫暁した二難のうち 「自界叛逆(ほんぎゃく)の難」 の予言が、配所の十一月から僅か百日余りで的中した。文永九年二月十一日、北条一門の同士討ちの乱で、「二月騒動」 と言われる。
 「日蓮はなが(流罪)されずして・かまくら(鎌倉)にだにも・ありしかば・有りし・いくさに一定打ち殺されなん」(1164P) と仰せられていますように、戦乱の地に在れば、どさくさ紛れにお命は奪われたでしょう。佐渡流罪も、諸天善神の加護と言えます。

 第四に、「而(しか)るに去(いぬ)る文永八年九月十二日の夜たつ(竜)の口にて頚をは(刎)ねられんとせし時より・のち(後)ふびんなり、我につきたりし者どもにまこと(真)の事をい(言)わざりけるとをも(思)うて・さど(佐渡)の国より弟子どもに内内申す法門あり」(1489P) と仰せです。
 “内内申す法門” とは、『開目抄』 の人本尊開顕と、『観心本尊抄』 の法本尊開顕を意味しています。このように、発迹顕本なされた大聖人は、溢れんばかりの生命力で、甚深の法華経の観心の法門について、御遺誡の思いで執筆なされています。
 これらの甚深の法門は、外的な関係やまた弟子たちの出入りの激しい鎌倉よりも、誰ひとり訪う者もない雪中の配所の方が、ご不便であっても、ご思索やご執筆には良かったと思います。
 事実、長編の 「開目抄」 は、御書で五十二ページもあり、十一月からご構想を練られ、塚原問答(明けの一月十六日)の後、ひと月にも満たない期日で書かれています。
 そのほか主な御書は、「開目抄」 をはじめ 「観心本尊抄・生死一大事血脈抄・草木成仏口決・佐渡御書・祈祷抄・諸法実相抄・如説修行抄・顕仏未来記・当体義抄」 等々、四十編余りに上っていて、今日の日蓮教学の基本となっております。

 第五は、竜の口の発迹顕本の後、佐渡流罪のとき、“久遠元初自受用身如来” の御境地を、「御本尊」 として顕してくださいました。
 池田先生は、御本尊について次のように指導されています。

 斉藤  大聖人の内なる御本尊を、皆が拝せる御本尊として顕すことですね。

 名誉会長  そう。なぜ顕す必要があるのかを拝察するならば、一つは、佐渡に流されていつ帰ることができるかわからないし、また、佐渡では御命が狙われている。
 当時の弟子たちのためにも、末法における正しい法華経信仰の規範を示す必要があられたと拝したい。
 また、もう一つは、より重要なことですが、御入滅後の令法久住・広宣流布のために、大聖人が凡夫として成就された仏界涌現の道を正しく残す必要があった。
 ゆえに、「観心本尊抄」 では、南無妙法蓮華経こそが法華経の肝要であり、南無妙法蓮華経を受持していくことが、大聖人と同じく凡夫の身で仏界を顕していくための根幹であることを示されていくのです。いわゆる受持即観心の法門です。
 「観心」 とは己心に十界の生命を見ることです。特に、現じがたい仏界の生命を己心に涌現することです。そのために本尊とすべきは妙法蓮華経の五字であると、「法」 を明示されているのです。


 斉藤  「開目抄」 では、「法華経の行者」 としての全人格的な御振る舞いを通して、妙法と一体の大聖人の御内証が指し示されます。これに対して、「観心本尊抄」 では、大聖人の御内証に明らかになった本尊の核心が、妙法蓮華経の五字であることを示されているわけです。
 ………
 名誉会長  いずれにせよ、「開目抄」 「観心本尊抄」 の両方が、ある意味では補いあうことによって、末法の御本尊御図顕の意義が鮮明にされている。
 両書によって、日蓮大聖人の仏としての化導の意義がはっきりします。

 ………
 名誉会長  一言で言えば、日蓮大聖人が、久遠元初自受用身如来を証得されていくまでの戦いの御姿が示されているのが 「開目抄」 です。そして、久遠元初自受用身如来の御境地にある末法の御本仏として、全人類の救済のために御本尊を御図顕していくことを示されているのが 「観心本尊抄」 です。   (御書の世界2巻・140P)

 以上、概略述べてみましたが、四度目の 「竜の口・佐渡流罪」 の大難は、日蓮大聖人の御生涯の中で、一番厳しい暗黒の時である。しかしまた、一番充実した意義のある時であった。
 御本尊をはじめ、広宣流布への基盤が形成されていった時であり、未来への可能性を秘めた希望の時代でもあった。
 世界広布新時代の時を迎え、今再び大聖人の大難を偲び、法華弘通の大願成就へ、勇気をもって開拓して行きましょう。
 「遠国の島に流罪せらるるの人我等が如く悦び身に余りたる者よも・あらじ、されば我等が居住して一乗を修行せんの処は何れの処にても候へ常寂光の都為(た)るべし」(1343P) と仰せられ、御本仏としての大境涯と大歓喜のお姿(仏の生命)を教えてくださいました。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村

テーマ : 宗教・信仰
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます

今日は 佐渡流罪の日ですね
私のコメント欄に URL 貼らせていただきました
いつも ありがとうございます
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR