歴史の歯車

 12月8日は69年前、わが国の機動部隊がハワイの真珠湾を奇襲攻撃して、太平洋戦争に突入した日である。

 今では、殆んど歴史の彼方へ忘れ去られ、人々の口の端にも上らない状況である。ただ、戦争を体験した70代以上の方々は、どうして、あんな無謀な戦争をしたのかと思っていることでしょう。私もその中の一人です。

 私は、このような結果になったのは、明治維新の改革のとき、歴史の歯車を逆回転させてしまったからだと思っています。

 政治上では、討幕派は尊王思想を掲げ、王政復古を成し遂げました。しかし、当時の世界の趨勢は、アメリカ独立宣言やフランス革命に見るが如く、王権から民権に確実に変わって行く時代でした。

 王政復古は、幕府を倒した後の政治を、武家政治の前の奈良・平安朝の昔に戻そうと謂うのだから、当に歴史の歯車の逆回転です。

 維新以後、先進諸国の思想や制度を学び、憲法を作り、選挙制度・議会開設等を成しました。しかし、制度や型は取り入れましたが、主権在民の思想までは行き着けませんでした。

 明治憲法に 「第1条 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス・第3条 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス」 と定められ、すべては天皇のためのものであり、総理大臣や裁判官も天皇の任命であり、国民も臣民と呼ばれたのである。

 軍隊は、各国は政府に所属しているが、これも 「第11条 天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」 とあり、内閣の統制が及ばないのである。

 ここから、満州事変の柳条湖・日華事変の廬溝橋事件の時のように、内閣は戦線不拡大を宣言したが、現地の将軍たちは、国際情勢に疎く・国民の苦しみも顧みず、勝手に戦線を拡大させた。

 これを問い質すと “統帥権の侵害である” と噛みつき、虎の威を藉る狐のように慢心を起こし、そのうえ、誰ひとり結果責任は取ろうとしないのである。

 あたかも、下り坂にブレーキのきかない車のように、歯止めもきかず、どんどん、戦争への道へ落ちて行ったのである。

 孫子の兵法に 「彼ヲ知ラズ己レヲ知ラザレバ、戦ウゴトニ必ず危ウシ」 とあります。アメリカの実力も知らず、慢じて自国のことも知らず、戦った結果、国民は多大な苦悩と損害を被ったのである。

 王政復古は、すべてが “天皇のため・国のため” であり、“国民のため” という目線は、敗戦という結末の時を待たねばならなかった。

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR