「世界広布新時代 躍進の年」を思う

 2015年、「世界広布新時代 躍進の年」 明けましておめでとうございます。早々に訪問してくださり有り難うございます。本年も何卒 “創価教学随想” をよろしくお願い申し上げます。

 「躍進」 の意義について、池田先生の御指導が 『大白・2015・1月・25P』 にあります。
 また、かつて拙ブログにも書いたことがあるなあ と思って見たところ、それは “2011年1月” であります。この年は 「人材・躍進の年」 でした。早いもので、この記事も 5回目の新年を迎えることが出来ました。毎度の御訪問、真に有り難うございます。
 そして、忘れてはならないことは、この年の 3月11日に “東日本大震災” が起きたことです。
 「大悪をこれば大善きたる」(1300P) で、このような中から、真の人材が数多く育成されたと思っています。
 2011・1月 の拙ブログの記事 ―→ ここから

 池田先生の 「勝利の経典 『御書』 に学ぶ」 の冒頭のところに、
 新しき躍進の夜明けです。
 赫々(かくかく)たる太陽を仰ぎながら、今、親愛なる同志の皆さまの胸中には、清々しい希望の光が満ち満ちていることでしょう。
 新しき一歩を勇んで踏み出す時です。
 今日から、自身の新たな前進の歴史を勝利の金文字で刻んでいくのです。師弟が共に、そして世界の同志が共々に、朗らかに 「未来までの・ものがたり(物語)」(1086P) を綴っていくのです。
  (大白1月・26P)

 “未来までの・ものがたりを綴れ” とのことです。未来までも、わが人生これだけはやり遂げたという、自身の生命の充実感を伴なうことを、残さなければならないと思います。この世に生を受けた証しとして。
 では、本当の充実感は 「蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり身の財より心の財第一なり」(1173P) と仰せのように、“心の財” に勝るものはありません。
 
 戸田先生は、「地上から “悲惨” の2字をなくしたい」 と叫ばれました。
 広宣流布とは、人類の苦を抜き去り、「慈悲の行業」 を世界に広げる戦いです。平和と幸福の種を蒔き続ける永遠の挑戦です。我ら創価の連帯は、この 「慈悲」 の精神で、人類を結びゆくのです。
 「世界広布新時代 躍進の年」 とは、その 「希望の春」 の到来です。地涌の生命の連帯が、大きく躍進する時がきたのです。
  (大白1月・41P)

 “平和と幸福の種を蒔き続ける” と、40年前の1975年(昭和50年)の1月26日、グアム島の第1回 「世界平和会議」 の席上、池田先生は 「皆さん方は、どうか、自分自身が花を咲かせようという気持ちでなくして、全世界に妙法という平和の種を蒔いて、その尊い一生を終わってください。私もそうします」 と指導されました。
 “「慈悲」 の精神で、人類を結びゆく” 以外に、平和と幸福の道はありません。「躍進の年」 とは、その 「希望の春」 が到来したことを言うのである。さあ 勇んで平和の種を蒔いて参りましょう。

 元日の聖教新聞の 『新・人間革命』 に、
 「躍進」 とは、歓喜踊躍の前進だ。
 御聖訓には、「我心(わがこころ)本来の仏なりと知るを即ち大歓喜と名(なづ)く所謂(いわゆる)南無妙法蓮華経は歓喜の中の大歓喜なり」(788P) と。
 私たちは、本来、仏である。その仏が、末法の衆生救済を請願し、あえて悪業を担い、苦悩を背負って、この世に出現したのだ。
 それは、大仏法に巡り会い、宿命転換することをもって、仏法の厳たる㓛力(くりき)を証明するためだ。ゆえに、打開できない宿命も、苦悩も絶対にない。この最極の真実に目覚め、わが使命を自覚し、自ら勇んで戦いを起こす時、生命は大歓喜に包まれ、悠々(ゆうゆう)と苦悩に打ち勝つ大境涯へ、自身を高めていけるのだ。
  求道あるところに、歓喜はある。
  祈りあるところに、歓喜はある。
  実践あるところに、歓喜はある。
  信仰とは、あふれる歓喜の源泉なのだ。
  (聖教元日・広宣譜三十六)

  歓喜は、勇気を呼び覚ます力だ!
  歓喜は、苦悩を突き抜ける力だ!
  歓喜は、生命を蘇生させる力だ!
  歓喜は、共感の調べを奏(かな)でる力だ!
  (1/5・広宣譜三十七)

 師は呼び掛けられています。“さあ、心に太陽をいだいて、躍進の第一歩を踏み出そう!” と。歓喜の信心をもって、お応えしましょう。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR