公明党を支援する理由①(『人間革命』 展開の章より)

 1月度の人間革命池田塾の教材は、「人間革命第9巻・展開の章」 であります。
 「展開の章」 は、昭和30年(1955年)4月の統一地方選挙において、東京都議会・区議会その外・若干の他の市議会に、初めて候補者を立てて戦った時のことが述べられています。
 この選挙戦に面食らったのは世間ではなく、その地域の学会員たちであった。選挙といえば、買収や供応という暗いイメージしかなく、大多数の会員たちは選挙活動などしたこともなかった。
 このような中で、公明選挙で行くという方針を強く打ち出し、多くの有力な対立候補者を相手にして必勝を期するためには、ただ一つ、不可能を可能にする信心しかないことを教えたのである。
 そして戸田先生の広宣流布のご構想を、池田先生が述べられたのが、この章である。

 広宣流布とは、仏法(三大秘法の御本尊)を広く世界に弘め伝えることによって、平和な社会を築くことをいう。 この点について
 「広宣流布は、創価学会の会員の拡大だけを意味するものではない。御本尊を受持して信心に励んだ人は、まず、人間として自己自身を革命することは当然のことだ。革命された個人は、自己の宿命をも変え、家庭をも革新する。このような個々人の集団というものは、地域社会にも、一つの根本的な変革をもたらすはずである。いや、地域社会ばかりではない。それらの個々人は、あらゆる社会分野に英知の光を放ち、変革の発芽をもたらしていくであろう。
 政治の分野でも、経済活動の分野でも、生産活動の部門でも、教育や文化や、科学、哲学の分野でも、自らの生命を革命した、わが学会員の日々の活動というものは、その才能を十二分に発揮した蘇生の力となるにちがいない。それは、社会に大きな波動を与え、やがては新世紀への斬新な潮流となって、来るべき人類の宿命の転換に偉大な貢献を果たす時が来よう。
 これが妙法の広宣流布の活動というものだ」
と、戸田先生は心に期していました。
  (ワイド人間革命9巻・展開・171P)

 そして、「もともと広宣流布の活動は、宗教革命を基本として、それによって、広く遠く人類社会に貢献する活動である。日蓮大聖人の仏法が、行きづまった現実の社会を見事に蘇生させることを目的とする以上、この宗教活動が、いつか社会化していくことは必然の道程であった」 と述べられています。  (同書・179P)

 広宣流布は、ただ単に政治の改革のみを目指しているのではなく、社会全般にわたる改革(総体革命)である。
 しかし、政治の腐敗堕落は、直接に民衆の日常生活の幸・不幸と結びついているが故に、戸田先生はこの現状を、座視することが出来なかったのである。
 昭和30年といえば戦後10年、まだまだ戦後の混乱期を完全に脱してなく、政治的には左・右の勢力は国民不在の政権抗争に明け暮れ、国民の政治不信は募るばかりであった。
 保守系の政党は大企業の資本家ばかりを擁護し、革新系の政党は大きな労働組合の利益ばかりを優先した。
 そのような政治対立の谷間で、組合もない中小企業で働く大多数の庶民は、政治の恩恵から置き去りにされていた。
 戸田先生は、このような国民不在の政治を国民の手に取り戻すために、政治権力を内奥から変革することを、広宣流布の一活動として取りあげられたのである。 
 そして、「私は政治のための政治をしているのではありません。あくまでも日本の民衆の福祉のために戦うのです。政治は、そのための一つの手段です(趣意)」 と言われました。

 池田先生は、広宣流布とは 「総体革命」 のことであると述べられています。したがって、「総体革命」 について先生の指導を引用させて頂きます。
 「それは、日蓮大聖人が示された 『立正安国』 と同じ意義であり、その現代的な表現といえます。
 つまり、どこまでも人間を原点とし、仏法によって社会建設の主体である人間を変革する、人間革命が根本となります。人間こそ、社会を形成する基盤である。ゆえに、人間の生命が変革されれば、それは、人間社会の営みのすべてに反映されていきます。
 たとえば、一人ひとりの人間が、生命の尊厳を自らの生き方として確立すれば、教育、科学、政治、経済、芸術等々、あらゆる分野で、生命を尊重し、人間を守るための方策や制度が、必然的につくられていくことは間違いありません。
 人間を蘇生させ、さらに、文化と社会を蘇生させていくことが総体革命であり、それが、広宣流布の一つの定義なのであります」

 さらに、伸一は、総体革命は武力や暴力による人間の外からの革命に対して、人間の内側からの自発的、能動的な革命であると強調した。
 そして、外からの革命が、破壊をともなう急進的な革命であるのに対して、総体革命は、どこまでも平和的であり、漸進的な革命であると述べ、こう訴えた。

 「この総体革命は、宗教による精神の革命を機軸にして、初めて可能となるのであり、そこに私ども創価学会の、宗教運動の意義があることを知っていただきたい」 
 (新・人間革命16巻・24P)

 “総体革命は武力や暴力による人間の外からの革命に対して、人間の内側からの自発的、能動的な革命である” と、また、“宗教による精神の革命を機軸にして、初めて可能となる” と、人間の内側からの革命と言われても、おおむね他人様のことと思い、自分自身からやるべきことなんだとは、なかなか気づかないし、信じられないようである。
 それだけ広宣流布の戦いは、平和的で崇高な革命であるだけに、世の人々の理解し難いものがある。しかし、難事中の難事であっても、勇気をもって仏法対話に励み、日蓮仏法を人々に伝えて行かねばならないのである。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR