教義条項の解説(はじめに)

 聖教新聞の 1月29・30日に 「会則の教義条項改正に関する解説」 が掲載されました。
 昨年 11月8日の会則改正のとき、“会則の教義条項にいう 「御本尊」 とは創価学会が受持の対象として認定した御本尊であり、大謗法の地にある弘安2年の御本尊は受持の対象にはいたしません” と発表がありました。
 これを受けて宗門は、“創価学会は戒壇の大御本尊を 「否定」 した” といって、盛んに宣伝し攻撃して来ております。
 また、会員さんの中には、“書写された御本尊は持って、その本源の大御本尊を捨てるとは、どうなっているのだ” と、その他・色いろなお考えの方も居られると思います。
 この度、会則の教義条項の解説が説かれましたので、これを シッカリ読んで、スッキリした気持ちで信心に励みましょう。

 「はじめに」 について、(聖教・2015/1/29・4面)
 「創価学会の宗教的独自性」 は、会則に 「各人が人間革命を成就し、日蓮大聖人の御遺命である世界広宣流布を実現することを大願とする」 とあるように、三代会長の指導のもと、各人が自行化他の実践で人間革命を成就し、仏意仏勅である世界広宣流布を事実の上で実現するための不惜の実践を貫く教団であるという点にある」 と述べられています。

 この点を踏まえて、「生きた宗教」 として、現実的な課題や将来起こりうる課題に、責任を持って対応していくとしている。
 たとえば、池田先生は 「広宣流布は、流れの到達点ではなく、流れそれ自体であり、生きた仏法の、社会への脈動なのであります」 と語られた。
 広宣流布が目的であると言われると、何となく到達点であると思いがちですが、そうではなく “流れそれ自体” であり、終りのない戦いである。それは、「魔」 との戦いであるからです。
 あらためて、それまで一部で唱えられていた 「国立戒壇」 という表現は用いない。また、学問的研究の成果を踏まえ、釈尊の事跡、法華経の成立年代などに、学問的研究の成果を受け入れて論究もし、様々な課題に対応してきました。

 さらに、「世界を舞台に広宣流布を推進する教団として、その伸展とともに新たに生じた課題に対応して、教義解釈の見直しを行うことは、当然のことである」 として、「現代における人類救済の思想を発信していくことこそが、真に世界広宣流布実現のために前進している教団としての使命である」 と述べています。
 したがって、必要であるならば、仏法教義の新解釈もして、創価思想の人間・平和・文化主義の哲学を宣揚し、世界平和に貢献すべき使命があると謳っている。

 そして、「日蓮正宗のように古色蒼然(こしょくそうぜん)たる教義解釈を墨守(ぼくしゅ)して事足(ことた)れりとし、現実の広宣流布の伸展には責任も関心もないという立場とは全く違う」 と宗門と対比して、その違いを鮮明にした。

 今回の改正は、…… 「日蓮大聖人の仏法の本義に立ち返って、従来の教義解釈を整理し直したものである。したがって、教義の変更ではなく、教義の解釈の変更と位置づけられるものである」 と述べています。
 ゆえに、弘安2年の御本尊を 「否定する」(教義の変更)ではなく、大謗法の地に在って参詣できないから 「受持の対象としない」(解釈の変更)をしたものである。

 「今回の改正を機に、そうした仏教学の学問的な成果等も視野の入れながら、日寛教学や、相伝書等についても、慎重に研究を重ね、より普遍的な創価学会教学の構築へ一層の前進を図りたい」 と決意を述べられています。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR