六大秘法・本門の題目について

 日寛上人は、「本門の題目」 を、「信」と 「行」 に開いています。
 「信」 とは、御本尊をしっかり信じて疑わないことです。
 「行」 には、自行と化他行(折伏)がありますが、ここでは自行(唱題)することのみを考えていきます。

 「本門の題目」 とは、当然のことながら 「南無妙法蓮華経」 のことであります。
 「南無妙法蓮華経」 は、また、御本尊のことでもあります。しかし、通常我われは 「お題目」 と聞けば、御本尊を思い浮かべるより、お題目を唱える 「唱題行」 の方を思い出します。

 「本門の題目」 は、日蓮大聖人が、宇宙生命の根源の一法である 「妙法蓮華経」 に、帰命の意味である 「南無」 を冠して 「南無妙法蓮華経」 としました。
 この 「南無妙法蓮華経」 を唱うることは、心地よいリズム感もあり、非常に唱え易い修行法として、我ら末法の衆生にお与えくださいました。
 したがって、天台の像法時代の修行法である 「観念観法」 という、難しくて煩雑な、凡夫にはとうてい出来もしない修行をする必要もなく、末法はただ唱題するとい一行ばかりにて、成仏する方途を教えてくださいました。何んと有り難きことではありませんか。
 これにより、すべての人の成仏が可能になり、ここに末法において、日蓮大聖人の 「民衆仏法」 が確立されたのである。

 日蓮大聖人は、「妙法蓮華経と唱うる時・心性の如来顕る耳にふれし類(たぐい)は無量阿僧祇劫の罪を滅す一念も随喜する時即身成仏す縦(たと)ひ信ぜざれども種と成り熟と成り必ず之に依(よっ)て成仏す」(415P)
 「我が己心の妙法蓮華経を本尊とあがめ奉りて我が己心中の仏性・南無妙法蓮華経とよびよばれて顕れ給う処を仏とは云うなり」(557P)
 と、唱題行の絶大なる功徳を説かれています。

 南無妙法蓮華経の 「お題目」 は、帰命という 「南無」 を冠したことで、身命をささげて随いますという行動・修行の意義があります。
 この修行の場において、南無妙法蓮華経の 「お題目」 を、「信」 と 「行」 に分けることは、理論的には理解できますが、実践面では区別が出来ないのである。 
 たとえば、唱題会で中心者が、“今までは 「信の題目」 を上げました。これから 「行の題目」 を上げましょう” と言っても、唱題行の中でどの部分が 「信の題目」 で、どの部分が 「行の題目」 であるのか、区別はつきません。
 それは、「信」 の中に 「行」 があり、「行」 の中に 「信」 があるという、もともと 「一体不二」 な関係性のものであるからです。

 いや、そうでもない場合がある。ある人が “御本尊は絶対であると信じていると言いながら、勤行・唱題を一回もしない人がおる” というのである。この場合は、唱題もしないということは、本当は御本尊を信じている とは言えないのである。
 日常生活において、全ての行動・振る舞いは、「信」 があって成り立っているのである。日常の振る舞いは、経験上・理解し安心であり、別段・気に掛けてないだけである。

 「身・口・意」 の三業という教えがある。身とは身体で為す行為。口とは言語による所作。意とは心で思う思慮をいう。善にも悪にも通じる行為である。
 この三業の振る舞いは因果の法則により、未来に種々の果をもたらすのである。
 大聖人は、「此の身口の二業は意業より起るなり」(738P) と仰せです。

 したがって、唱題という身口の二業も、意業によって強く確かなものにすることが出来る筈である。
 日寛上人が、「本門の題目」 を 「信」 と 「行」 に開いて示されたのも、「信」 の力で御本尊を信ずる強き信念(意業)と、「行」 の力で題目を上げ通す決意・誓いを、実践・行動(身口の二業)で示す、ことの大切さを教えられていると思います。

 「本門の題目」 を、あえて開くとすれば、私は 「読」 と 「誦」 に分けることが出来るのではないかと思います。
 「読」 とは、御本尊に向かって南無妙法蓮華経と唱えること。
 「誦」 とは、御本尊に向かわないで題目を諳んずることである。
 この分け方なれば、「読の題目」 と 「誦の題目」 の区別は、ハッキリと判ります。「誦の題目」であっても、唱える題目の功徳に違いはないと聞いています。

 私も後期高齢者の仲間に入っています。御多分に洩れず、多くの方々が “膝が痛い。腰が痛い。長く座れない” 等々、身体のどこかに故障を抱えています。
 このような場合、これからは御本尊の前で端座して唱える 「読の題目」 だけにこだわらず、「誦の題目」 の大切さも心がけて行かねばならないと思います。それには、常日頃から何処にあっても、お題目を誦して行こうという意識(意業)を持つことが大切であると思います。
 これを契機として、私も努力して参りたいと思います。  

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR