教義条項の解説(御本尊を認定する権能)

 去る 1月末、聖教紙上に 「会則の教義条項改正に関する解説」 が掲載されました。(大白蓮華 4月号にも掲載されています)
 ところでこれまで、私の考えを少々述べさせて頂いていますが、もともと筆が遅いうえに、色々なこともあり遅くなっています。
 教義条項の解説の “2 創価学会に御本尊を認定する権能” と “3 「広宣流布大誓堂」 と 「創価学会常住御本尊」 について” は、紙面をよく読んで頂ければご理解いただけると思います。
 よって、前項までで止めようかなと思いましたが、中途半端なままで止めてはスッキリしないので、遅くなっても・少ししか書けなくても、書いてみようと思いました。よろしくお付き合いください。

 「創価学会に御本尊を認定する権能」 について、聖教紙上には次のように述べています。 
 いずれの宗教団体も、独立した教団である以上、その教団の本尊、聖典、礼拝施設等を決定する権能を有するのは当然である。仏意仏勅の世界広宣流布推進する創価学会は、受持の対象としての御本尊を認定する権能を有する。

 上記のことは、日顕宗から独立した教団である以上、至極当然のことであると思います。
 かつて、池田先生の教学部大会における 「仏教史観を語る」という 記念講演 や 「生死一大事血脈抄」 の講義に、宗門から取るに足りない イチャモンを付けられてきて、訂正させられた苦い思い出があります。平成3年に “魂の独立” を勝ち取って、本当に良かったと思っています。  

 御本尊の本義は、「広宣流布のための御本尊」 である。大聖人は仰せである。
 「爰(ここ)に日蓮いかなる不思議にてや候らん竜樹天親等・天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅を・末法二百余年の比(ころ)はじめて法華弘通のはた(旌)じるしとして顕し奉るなり」(1243P)
 池田名誉会長は、この一節をこう講義している。

 「私たちは、…… 万人の幸福を実現し、平和の楽土を築くために、立正安国と広宣流布の旗を掲げて勇んで出現した地涌の菩薩です。その先駆けとして不惜身命の大闘争をなされた日蓮大聖人が顕された御本尊は、この私たちの崇高な使命を呼び覚ます 『広宣流布のための御本尊』 なのです」 (『勝利の経典「御書」に学ぶ』第11巻「日女御前御返事」講義)
 ………
 この 「広宣流布のための御本尊」 を弘通してきた教団が創価学会である。学会出現以前、当時の日蓮正宗に御本尊流布の実践がなく、本格的な御本尊流布は、牧口初代会長、戸田第2代会長から始まったことは歴史の示す通りである。
 そしてまた、受持即観心の本義に照らせば、御本尊を正しく拝する信心があってこそ、釈尊の因行果徳二法を具足した妙法蓮華経の㓛力を現実に現すことが可能になる。「観心の本尊」 は、「信心の本尊」 でもある。この信心を私たちに教えてくださったのが創価の三代会長、なかんずく池田名誉会長であることは言うまでもない。
 

 上記のように、我われに “竜樹天親等・天台妙楽等だにも顕し給はざる大曼荼羅の 「観心の本尊」” と、“折伏弘教” の信心を教えてくださったのは、創価学会であり、なかんずく池田先生であります。宗門の法主や僧侶からではないのである。この事実を忘れてはならない。
 大聖人は、「法華経の大海の智慧の水を受けたる根源の師を忘れて余(よそ)へ心をうつさば必ず輪廻生死のわざはいなるべし」(1055P) と仰せです。
 “根源の師” とは、別しては日蓮大聖人でありますが、総じては創価の御歴代会長、初代牧口常三郎先生・二代戸田城聖先生・三代池田大作先生であります。 

 ところで、この項で語られている 「権能」 という言葉ですが、日顕は法主を詐称して以後、“御本尊書写の権能は法主の専権事項である(趣意)” と、法主の権威づけのために盛んに言っていたと記憶しています。 
 この 「権能」 という言葉は、御書にはありません。そこで、広辞苑を引いてみました。そうしますと、
 ① ある事柄について権利を主張し行使できる能力。
 ② ある事柄をすることが許される資格、 とありました。

 法主という立場は、②番の資格になるのではないかと思います。すなわち、大聖人より 「広宣流布のための御本尊」 を書写する資格を与えられている立場であると思います。
 それを謙虚に受け止めて、広布のため、人々の幸せのために、書写に励みて身を尽くす福運を、御本尊に報恩感謝申し上げるのが法主の務めであろうと思います。
 ところが、法主詐称という “臑(すね)に疵持つ” 日顕は、それをも感謝せず、皆々が頭を下げて拝する御本尊を作る能力が、自分にあるのだと慢心を起こし、事も有ろうに 「法主は御本尊と不二の尊体」 という邪説まで唱えるに至り、大聖人と同格などとは、その思い上がりも甚だしいものだ。このような悪侶が三宝の 「僧宝」 になるとは、おこがましい限りだ。

 出家の多くが、慢心を起こすことについて 『御義口伝』 には、次のように説かれています。
 「比丘比丘尼の二人は出家なり共に増上慢と名く疵(きず)を蔵(か)くし徳を揚ぐるを以て本とせり、優婆塞(うばそく)は男なり我慢を以て本とせり優婆夷(うばい)は女人なり無慙(むざん)を以て本とせり」(718P) と仰せです。

 「増上慢」 とは、「我慢の心充満し、未だ得ざるを得たりと謂(おも)う」(173P) ことで、“疵(きず)を蔵(か)くし徳を揚ぐるを以て本とせり” と仰せのように、日顕は猊座(げいざ)を盗み取り、徳もないのに自分ほど偉いものはないという、自己顕示欲に凝り固まっておる。
 宗門史上においても稚児法主等、信用に値しない法主が出現した時ほど、「法主本仏論」 なるものが叫ばれたのである。

 『佐渡御書』 に、「悪人は如来の正法を破りがたし仏弟子等・必ず仏法を破るべし師子身中の虫の師子を食(はむ)等云云」(957P) と。
 日顕は 「広宣流布のための御本尊」 の下付を停止し、仏意仏勅の創価学会を破門し、仏の広宣流布の大願を破壊するという暴挙を行った。 まさに “仏弟子等・必ず仏法を破るべし” の御金言の通りである。
  したがって、“師子身中の虫の師子を食(はむ)” の通り、日顕の所業は 「三類の強敵」 の 「第三・僭聖増上慢」 の高僧に相当するのである。袈裟・衣の権威に、騙(だま)されてはなりません。気を付けましょう。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご質問です

約半年に渡る詳細な解説ありがとうございました。
私は御書を話す機会が多いのですが、少しでも判りやすくと思い言葉を足すときも過去の学会書物を依文として我見は厳禁と心がけてきました。
前回の戒壇の解説はとても判りやすいのですが、公式発表では「場」とだけ、また、日寛教学については「見直しをしていく」と書かれています。
今後会員さんに話していくにあたり、誠に失礼ですが谷様の解説も含め、どこまでが我見にならないとお思いでしょうか。
私的には六巻抄講義改訂版が出るまでとか考え過ぎ、御書講義をするのが怖くなっています。
アドバイスを頂けたら幸いです。

追記
私の浅学で考えると、日顕は破和合僧を犯した同門増上慢であり、それ故大石寺は謗法の地に成り果てたと思っているのですが、公式発表でないのでこのような質問の場でしか言えず、この機会にお伺いしたいのでお願いします。

Re: ご質問です

 はじめまして。お便り有り難うございます。

> 我見は厳禁と心がけてきました。

 常日頃、ここまで心がけておりさえすれば、何も心配することはないと思います。
 大聖人のお心、先生のご指導から著しく逸脱しない限り大丈夫です。
 具体的には、学会の出版物(大白蓮華等)の解説をよく読んで、確信をもって御書講義に臨んでください。
 もし、少々外れたところがあっても、後はシッカリお題目を唱えていれば、許されると思います。
 「普賢経」に「若し懺悔せんと欲せば、端坐して実相を思え、衆罪は霜露の如し、慧日能く消除す」と説かれています。
 我見や慢心の恐いところは、御本尊や学会から離れて行ってしまうことです。
 この点、貴兄は大丈夫だと思っています。

> 追記に、“公式発表でないので” とありますが、

 すでに、聖教紙上に “「弘安2年の御本尊」は、大謗法と化した他教団の大石寺にあるから、受持の対象としないということである。” と、学会の公式見解を発表しております。故に、公式発表として見てよいのです。

 簡単ですが、ご参考になれば幸いに存じます。

学会のご本尊について

はじめまして。神奈川県在住の壮年部です。
不躾な質問で大変恐縮なのですが、以前より宗門から「創価学会の本尊はニセご本尊だ」と耳にしております。
 私は教学に浅いため、よくわかりません。いったいどのようなことなのでしょうか?宜しくお願いします。

Re: 学会のご本尊について

 はじめまして、コメント有り難うございます。

>「創価学会の本尊はニセご本尊だ」と。いったいどのようなことなのでしょうか? 

 とのご質問ですが、学会授与の御本尊は、第26世日寛上人御書写の御本尊であり、“ニセご本尊” でも何でもありません。
 日顕は創価学会を破門し、御本尊下付を停止し、広宣流布を破壊せんとした、法主に有るまじき魔僧である。
 日顕は御本尊に関する権能は自分にあるから、自分が許可しない御本尊は、皆ニセモノと言っているだけである。ニセ法主が何を言うか、実に噴飯ものである。

 宗門史上においては、法主の認可も無くて御形木御本尊を作っていたことは普通であった。
 交通事情の悪い時代では、末寺の住職が御本尊を書写して信徒に授与していたときもある。
 その他、御本尊の脇書を消している。ひげ文字のかすれたところを修正している。十界が揃ってない等々、
 宗門の坊主なぞ、学会寄進の寺に住みながら、その御本尊の脇書に日達上人が「願主 創価学会会長 池田大作」とお認めの文字を削り取ったりしているのだ。
 宗門は自分達がやったことは棚に上げて、学会にとやかく言う資格なんか、無いのである。

 要は、御本尊を信じ、自行化他の実践のあるところに、御本尊の力用が発揮されます。
 ニセ御本尊なんかの言動に、惑わされないようにしてください。

 学会授与の御本尊に関しては、“「地涌」選集 第697号” をご参照ください。
 http://www.houonsha.co.jp/jiyu/19/697.html

ニセ本尊

むしろ、
正しい本尊に祈っているのに、
(信心のほうが間違っているから)
ひどい実証を出しまくってる集団のほうが、どちらかと言えば、「ニセ日蓮正宗」のような気もしますが。
(あまり、大きな声で言えませんが)


そのニセ本尊に祈っている学会員のほうが、次々と実証を示していることに、どう言い訳する気でしょうか? あの方々は。

まさに、文証・理証より現証は強し。です。

自分の信仰の原点も、理屈ではありません。母の実証です。

Re: ニセ本尊

 正しい本尊に、祈ることは当然のことですが、同時に正しい信心が必要となります。

 大聖人は「但し妙法蓮華経と唱へ持つと云うとも若し己心の外に法ありと思はば全く妙法にあらず麁法なり」と仰せです。

 この正しい信心を教えてくださるのは、創価の池田先生です。宗門の坊主たちではないのである。

 この点を、分からない人たちに教えていきましょう。よろしくお願いいたします。
プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR