原理主義

 『第三文明 5月号』 で佐藤優氏は、異教よりも異端の方が、いろいろと面倒くさい問題が生じてくると言われています。
 そこで思い出しますことは、「原理主義」 という言葉です。「原理主義」 とは、原理・原則を厳守して、その徹底をはかろうとする立場である。これの対極にあるのが 「修正主義」 である。

 かつて 1960年代頃、中ソ論争が起きて、喧しく遣り合っていたことを思い出します。
 現在は IS (イスラム国)が出現し 「イスラム原理主義」 を唱え、イスラム世界の西欧化・世俗化を否定し、原点に帰ってイスラム法の適用された国家・社会を築こうとしている。
 IS の行動規範は、敵対する者は武力によってでも殲滅するという 過激なもので、過日、日本人二名を拘束し殺害して、世界を震撼(しんかん)させた。
 「原理主義」 と 「修正主義」 を比較した時、どうも 「原理主義」 の方が ドグマ(教条主義) 的であり、それによって反社会的な問題行動を起こすようである。
 
 宗門は、御書・日寛教学を厳守して、その徹底をはかろうとする立場であるから、あえて言えば 「原理主義」 といえよう。
 御書・日寛教学を基本としていると言えば、日蓮仏法の正統派のように聞こえるが、ご多分に洩れず ドグマ によって思考停止に陥り、硬直化し役に立たなくなってしまった。

 ゆえに、教義条項の解説に 「日寛上人の教学には、日蓮大聖人の正義を明らかにする普遍性のある部分と、要法寺の法主が続き、疲弊(ひへい)した宗派を護るという要請に応えて、唯一正統性を強調する時代的な制約のある部分があるので、今後はこの両者を立て分けていく必要がある」 と述べられている。  (大白2015/4月・94P)

 この点について、『第三文明4月号』 の対談の中で、松岡幹夫氏の論点を主にご紹介したいと思います。
 松岡  今回、その日寛教学のなかの時代的制約がある部分については再検討し、普遍的な部分についてはしっかり受け継いでいく…… 「時代的制約がある部分」 は、言いかえれば 「普遍的ではない」 ということになりますが、学会はそのことを 「悪い」 と言っているわけではないんです。
 ………
 ただ、そのような時代的制約がある部分について、二一世紀の今になって固執(こしつ)することは間違いです。宗門はまさに、時代的制約がある部分に固執しつづけてきた。それゆえに、現代の人々を救えない宗教になっているのです。
 ………
 その原理自体は普遍的で変わらないわけですが、原理の表現 ―― Expression の仕方が、宗門と現在の学会では異なっているのです。
 日寛教学においては、日蓮大聖人が弘安二(一二七九)年に御図顕された御本尊に求心性を持たせる表現の仕方をしてきました。特に宗門の正統性が問われた時代には、各人の信仰を深めるうえでも、大石寺の御本尊の意義を強調する必要がありました。
 しかし、日蓮仏法が世界中に広まった今は、そうした求心性の段階を経て、むしろ平等性や民衆性が求められる段階に入っています。布教のうえでも、平等性・民衆性を前面に出すやり方でなければいけないでしょう。 教学部の解説で “世界広布の伸展に対応して教義解釈の見直しを行う” と発表されたのは、そういう意味からだと思います。


 佐藤  同感です。私も 『潮』 の連載 「新時代への創造」 のなかで、今回の改正について、「これによって教義においても創価学会は日蓮正宗から完全に決別した。その結果、日本という ナショナルな枠組みにとらわれない世界宗教として発展していくことになる」 と書きました (『潮』 二〇一五年二月号)。   (同誌4月号・54~55P)

 世界広宣流布の時代が来り、御本尊の意義・絶対性を強調することよりも、布教のうえでは 平等性・民衆性や尊厳性を前面に出すやり方でなければ、世界には通用しないのである。
 宗門は僧侶の職業化によって、「大願とは法華弘通なり」(736P) の御遺命を忘れ、弘安二年の大御本尊の唯一絶対性を称え、御本尊の袖の下に隠れて供養を窺(うかが)っている計りである。

 涅槃経に云く 「我れ涅槃の後・像法の中に当に比丘有るべし持律(じりつ)に似像(じぞう)して少(わず)かに経典を読誦し飲食(おんじき)を貪嗜(とんし)して其の身を長養せん袈裟を服(き)ると雖(いえど)も猶(なお)猟師の細視(さいし)徐行するが如く猫の鼠を伺(うかが)うが如し、常に是の言を唱えん我羅漢を得たりと外には賢善(けんぜん)を現し内には貪嫉(とんしつ)を懐く唖法(あほう)を受けたる婆羅門等の如く実には沙門に非ずして沙門の像(かたち)を現じ邪見熾盛(しじょう)にして正法を誹謗(ひぼう)せん」等云云(228P) とあります。まさにこの経文通りなのであります。

 要は 「原理主義」 と言われ、「修正主義」 と呼ばれようとも、どちらが正統派なのか 
 宗祖日蓮大聖人の御遺命を奉じて、大聖人の仏法を世界へ広宣流布したのは誰か 
 それは 「創価学会」 なのであります。なかんずく、池田大作先生であります。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR