一本の矢

 「一本の矢」 の話がありましたが、かつてずいぶん前に、池田先生が 「SGIの日」 の提言で、述べられていたことを思いだしました。
 その当時は、このような難解な仏法哲理のお話をされて、仏法を知らない海外の方々は解かるのだろうかなぁ と思いました。
 だがしかし、先生は相手がどうであれ、言わなければならない時は言うべきである とのお考えであったと思っています。

 現在では、多くの海外の諸大学が、先生の著作物(「21世紀への対話」等々)を教材として活用しているそうです。お隣の中国では、国を代表する大学が 「池田大作研究会」 等々の会を作り、池田思想・創価思想の研究を行っています。
 それに反し、わが国では国公立・その他の大学で、法華経の研究はなされているようですが、池田思想の研究をしておるとは聞き及んでおりません。
 SGI の発展と相まって、今では海外の方が、より多く池田思想を良く理解する力を有しているのではないか と思われます。

 そこで 「一本の矢」 の記事は、どこにあるのだろうかと捜しましたら、15年前の “第25回 「SGI の日」 記念提言 『平和の文化 対話の大輪』” という論文で、2000年(平成12年)3月号の大白蓮華に収録されていました。
 開いてみましたら、今の大白より数段小さな活字で、20ページに亘ってビッシリ書かれているかなり長文のもので、読むだけでも大変なことで、理解するまでには至りませんでした。
 「一本の矢」 が記載されているところまでの前段の文章が 8ページもありました。したがって、各々の章のはじめにある項目の太字の部分だけでも引用してみれば、ご理解への一助にもなるかなぁ と勝手に思いましてご紹介させて頂きます。

 「戦争と憎しみの人類史」 転換し――
 民衆と民衆の力強き連帯で 「希望の千年」の大道を

 「文化帝国主義」の弊害を克服

 国家の枠超える 「人間の顔」 をした文化交流
 「文化民際主義」を21世紀の潮流に


 「外なる差異」の絶対化が
  生み出した20世紀の悲劇


 「言葉による支配・呪縛」を
 打ち破る仏法の善悪無記論


 内なる差異克服し 自他ともに善の価値を実現
 「対話」こそ地球文明構築の黄金律


 そうした 「無記」 という考え方が示している 「内なる差異の超克」 ということを、我々の日常生活の実感に即した文脈でいえば、さきほど、釈尊の 「見がたき一本の矢」 のところで触れたように、差異への 「こだわりが消える」、差異が 「気にならなくなる」 という言い方ができます。
 この点に関して、戦後間もないころ、恩師・戸田城聖先生が、忘れることのできない留言(るげん)を残しています。恩師は、日蓮大聖人の因果観に基づく宿命転換に触れたあと、こう述べています。
 「帰依して南無妙法蓮華経と唱えたてまつることが、よりよき運命への転換の方法であります。この方法によって、途中の因果がみな消え去って、久遠の凡夫が出現するのであります」
 まさしく信仰を発条(ばね)にした「内なる差異の超克」 といえましょう。 「途中の因果」 とは、境涯面、肉体面、精神面で、自分が現在担(にな)っているあらゆる差異を生じさせた、原因であり結果であります。
 国籍、肌の色、家系、学歴、職業、性格、性別等々、十人十色のすべての差異は、自らがなした過去の因によってもたらされた現在の果である――これは、通途(つうず)の仏教で説く、よく知られた因果律です。
 こうした 「途中の因果」 が 「消え去る」 ということは、なくなるということではありません。そんなことはありえない。人間の社会である限り、人相ひとつをとってみても、誰もが差異的存在であり、それを貫く因果律も、三世にわたって厳然と続いていきます。
 そうではなく、「消え去る」 ということは、差異への 「こだわり」 が消え、差異を 「気にする」 ことがなくなる。それが 「内なる差異の超克」 ということなのです。
 真実の仏法に帰依することによって 「久遠の凡夫」 が自らの命の中に立ち現れてくる。「久遠とははたらかさず・つくろわず・もとの儘(まま)と云う義なり」(759P) という意味ですから、一切の作為的なものを拭(ぬぐ)い去った、巧(たく)まずして放射されるその威光勢力に照らされると、「こだわる」 心、「気にする」 心など、夢の中の出来事のような淡(あわ)い、あるかなきかのごとき些細な事柄と化していくのであります。
 ………
 真実の信仰とは、このような偉大なる生命力を涌現させるものなのです。先に 「金剛にして不壊なる澄み切った大境涯」 「創造的エネルギーに満ちた宇宙生命の内的な働き」 と述べたのも、恩師の不磨(ふま)の留言を想ってのことでした。
  (大白2000-3月・30~38P)

 少々長い引用になりましたが、戸田先生の “久遠の凡夫が出現する” とのお言葉はすごいことだな と思いました。
 「久遠の凡夫」 とは、仏界の生命、仏の境涯になるということだと思います。その方法は、御本尊に “南無妙法蓮華経と唱えたてまつる” ことによって実現できるのです。
 たとえば、アメリカでは法律は整備されておりますが、未だ人種差別問題は解決しておりません。この一カ月ぐらい前にも、白人の青少年による銃の乱射事件が起きています。
 一方、SGI の座談会等では、白人・黒人の差別なく全人種の方々が、仲良く集い・語らい・唱題している姿こそ、「内なる差異の超克」 ということの実証であると思います。

 池田先生は、「まさに対話こそ、仏教運動をベースに、地球文明構築へ我々が推進しゆく文化民際主義の “黄金律” といってよい。
 大聖人の仏法は、「此の心が善悪の縁に値(お)うて善悪の法(この「法」は「言葉」と、ほぼ同義語です)をば造り出せるなり」(564P) と仰せのように、対話を縦横に展開しながら、いかに善の価値を創造し、悪を善に転じていくかという能動的な変革、実践の哲理なのです」
と述べられています。

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR