夏季大学講座(2015年)

 創価大学の夏季講座を受講しました。昨年に引き続き、菅野教授の 「法華経」 を読む(10) ―如来神力品・嘱累品・薬王菩薩本事品― であります。
 教授はこの講座も、後 2~3回で終るだろうと、丁度その頃、御自身も定年を迎えると言われていました。 
 来年私は、80歳になりますので、どうしょうかなぁ と、一瞬思ったこともありましたが、上京の車中で読んだ大白蓮華の池田先生の御指導のなかに、
 「人生、最後の最後まで戦いきった人は、美しい。
 ですから、生涯、青春の心と行動が大切なのです。“自分は年をとったから、ほどほどにしてもいいだろう” などという逃げの人生であってはならないのです」
とありました。  (大白・2015-9月・100P)
 この “ほどほどにしてもいいだろう” というのが、なかなかの曲者であるようで、この弱い心に妥協しないようにしなければ成りませんす。私は途中からの受講でしたが、最後まで受けたいと思っています。

 まずはじめに、『法華経』 の中心思想についてのお話がありました。
 1、一仏乗の思想。
  「開三顕一」(方便品)。三乗方便、一乗真実を顕す。三乗とは声聞・縁覚・菩薩のことで、
  声聞は四諦の法を修行し、阿羅漢の境地を。縁覚は十二因縁を修行し、壁支仏を目指す。
  菩薩は六波羅蜜を修行し、仏果を目指す。三乗は一仏乗に統合されて、共に仏果を目指す
  菩薩として、平等の存在であることが明かされた。
  このほか、「一大事因縁(開示悟入)」 「常不軽菩薩の礼拝行」 等のお話がありました。

 2、久遠の釈尊の思想。
  「開近顕遠」(寿量品)。始成正覚を開いて久遠実成を顕す。
  「五百塵点劫」 何回も繰り返すことで久遠を教えている。
  「方便現涅槃」 生命は永遠であるが、方便して涅槃を現ず。一種のショック療法である。
  このほか、「良医病子の譬喩」 等のお話がありました。

 3、地涌の菩薩の思想。
  願生の菩薩。願生とは過去世の誓願によって、今世に生まれること。「願兼於業」。
  「自ら清浄の業報を捨てて……衆生を愍むが故に……此の経を演ぶるなり」(法師品)。

  人を救うために、使命を自覚して出現したのが地涌の菩薩である。

 〔1〕 如来神力品 21 (別付嘱) 
 1、地涌の菩薩の 『法華経』 弘通の誓い
  涌出品の地涌の菩薩の出番がこれまでなかったが、この品では、釈尊に
  「私たちは仏が涅槃に入った後に、世尊と分身仏のいる国土の中の(仏が)涅槃に入った
  場所で、この 『法華経』 を敷衍して説くでしょう。その理由は何か。私たちも自らこの真実・
  清浄で偉大な法を得、受持し、読み、誦し、解説し、書写して、これを供養しょうと思うから
  です」
と地涌の菩薩の弘通の誓いを申し上げる。

 2、釈尊と分身仏の神通力
  地涌の菩薩たちが誓いを述べたとき、釈尊は昔から娑婆世界に住む大衆の前で、偉大な
  十種の神通力を示す。
  はじめに、広長舌を出して梵天まで到達させる。仏の説く内容に虚妄のないことを示す。
  その他、毛穴から光を放って、十方世界を照らすとか、通常我々の考えの及ばない現象で
  あるが、これも、妙法の偉大さを示して、その当体を地涌の菩薩に付嘱せんがためである。

 3、地涌の菩薩への 『法華経』 の付嘱  
  『法華経』 を付嘱するために、この経の功徳を説いても、まだ説き尽くすことはできない。
  『法華経』 の内容を 「要を以って之を言わば、如来の一切の所有の法と、如来の一切の
  自在の神力と、如来の一切の秘要の藏と、如来の一切の甚深の事とは、皆な此の経に
  於いて宣示顕説す」
という四句の要法にまとめて、地涌の菩薩に付嘱するのである。

 〔2〕 嘱累品 22 (総付嘱) 
  嘱累品においては、一切の菩薩たちに対して、総じて 『法華経』 を付嘱する。
  この品より後は、学会教学では馴染の薄い品ですので、省略させて頂きます。
  ただ、法華経の品の構成に異論があるとのことですので、テキストを引用させて貰います。
  「嘱累品は一般的には、経末に置かれるものなので、鳩摩羅什訳においてこのように中途
  に置かれることは奇妙な印象を与える。ただし、多宝如来の塔もここで本の場所に帰るよう
  勧められているが、後の妙音菩薩品や観世音菩薩普門品にも また登場している。
  嘱累品がこの位置に置かれてことに関して、『法華経』 の成立史を推定する場合、嘱累品
  がここにあることは、『法華経』 の発展のある段階においては、『法華経』 はここまでしかな
  かったのではないかと推定された」

  このことは、嘱累品より後の六品は、後人の付加したものであろうとのことである。

 〔3〕 薬王菩薩本事品 23  
  この品に有名な広宣流布の文証があります。
  「我が滅度の後、後の五百歳の中(うち)に、閻浮提に広宣流布して、断絶して、悪魔、魔民、
  諸天竜、夜叉、鳩槃荼等に、其の便りを得せしむること無かれ」
の文です。
  この 「薬王菩薩本事品」 は、もともと独立したものであるとの説があるそうです。                     
  「この品の中には 『薬王菩薩本事品』 という品名がしばしば出てきて、奇妙な印象を与え
  る。というのは、建前としては品名は後の経典編集者が付けたものとされるからである。
  ところが、この品では釈尊の説法の中に品名が出ているのである。そこで、『法華経』 の
  成立を推定する研究者の中には、このように自らの品名を出す品は元来は独立単行されて
  いたもので、後に 『法華経』 の中に組み込まれたのであろうと推定する者もいるが、真偽の
  ほどは未確定である」
ということでありました。 

テーマ : 創価学会
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

谷 建二郎

Author:谷 建二郎
 
FC2ブログへようこそ!

北九州市小倉北区に在住 81歳
日蓮仏法と創価思想に関する私の教学的随想

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 創価学会へ
にほんブログ村


仏教 ブログランキングへ

最新記事
カテゴリ
最新コメント
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR